このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 20:47:18
    【更新!】やるときにはやる、そんなtwitter小説アカウントでありたい。今年のレッズ・エララ神話体系は誤字をも気にせず攻勢に出ます!というわけで突発更新、「過去のレッズ・エララの短編をリライトしてみよう」計画第一弾をやります。とりあえず1時間くらいぶっ通しで。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 20:49:07
    【更新!】実況タグ、感想タグ、突っ込みタグ、過去話読んだよタグは、#レッズエララ をご利用くださいませ。今回のリライト対象作品は、ncode.syosetu.com/n7900bs/ この「小説家になろう」に投稿した「夜明けの釣り人」を即興リライトします。今の詩小説文体で……!
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 20:52:19
    詩小説・レッズ・エララ神話体系 現代/近未来編「ほうき星町シリーズ」 「夜明けの釣り人(あるいは暇人キギフィのささやかなお悩み相談)」(2016年リライト版再放送)
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 20:53:58
    登場人物 ・キギフィ(金髪美少女) ・釣り人(スッピン地味女) ・セリゼ(ニート貴族) (元テキストは、2012年から2013年にかけて書いたものです。「なろう」にアップしたのは2013年の八月です)
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 20:55:59
    夜明け前の暗がりに、ハァ夜明け前の暗がりに、歩く歩くはどこぞの暇人、そうさ皆の美少女キギフィさん。夜明け前の暗がりに、ハァ岸辺を歩くはどこの人。ああどっちにしたって暇人暇人、今ちょうど、3時半。ここは北国イーシィ湖、澄んだ澄んだの水流れるは、ほうき星町。1
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 20:58:44
    一面暗闇、視界わるしのbad statas。だがそれを奇矯と咎める村八分はこの町には似つかわしくない……。自由の気風尊びけれ。北風運ぶツバメのように、ひるりひらりと翻して羽ばたけfree bird。そんな町に住まうキギフィは酒びたり。美少女……酒びたり!free bird…?2
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:01:28
    酒びたりの崇高なるS・フィッツジェラルドは言った「魂の三時半を見てはならない……ひとは」と。……北方の、北国の、寒北の夜は……寒い。暗い。その厳しさは自省をもたらす。その厳しさは時勢を無視する。その厳しさは……己を見つめさす。あるいは、見てはならぬ時間にこそ。3
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:04:08
    読者諸賢!君はビーチコーミングという所作を知っているだろうか?……波うち際。ザザ。波打ち際。ザザン。そうだ浪打ち際には、さまざまが流れ着く。キギフィはそんな漂着物を見るのが好きだった。時折それを拾う。世界から零れ落ちた美しいガラクタ。そうだそれがビーチコーミング。4
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:06:38
    貝殻、不思議な宝石、マシン・ジャンクと魔法紅玉が複雑怪奇にスチィムパンクに絡み合う……流れ流れてほうき星町。来たる……そこに意識ありや?汝眠りしや? ビーチコーミングのルールはひとつ「早いもん勝ち」。だが競争ではない…心、やすらかにただ漂着にこころを浸す。キギフィはそれが好き。5
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:10:13
    常人と異なるは、ライトがいらぬ。もと特殊部隊のキギフィには、夜目というものは通常目なのだ。キギフィは…思い出す。凍える北天球の下、思い出す記憶の星屑 銃身でテロリストを殴って陥没さしたり/巨竜のウロコを槍で貫通さしたり/あの紅い日に、黒雲の下で決闘したり …ずいぶん多い生傷を。6
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:13:08
    静かだ。彼女のこころが。それを客観視できるくらいには、現役と、血しぶきを退いて。懐かしい。それはなぜか。年老いたか。「修羅は薄まるものなのか」?場合によってはあまりに大きな問いだ。「惨劇は忘れられるものなのか」……そうだ、と答えてしまった、ここに過去の痛苦を裏切る心地。7
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:15:27
    別に散策と思索を、悲しい趣味とか言うのではない。ずいぶんと、この町にほだされて、高台の家の暇人ども…セリゼ、月読、フレアという奇矯な天才たちと触れ合うことで、自分の限界を知り、小ささを知り、同時に……安らぎを知る。 それでも、時々。こうやって早く起きて、散策と思索をする。8
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:19:30
    バランスが、とれないのだろう。そうでなければ。傷はおそらく、それに対する何かを支払わなければ癒えることはないのだろう。時間、力、知識、魔法、あるいは忘却。そんなことを考える。彼女が拾っているのは、岸辺のガラクタだけではないのだ。……だが、「今回の」は、あまり発見はない。9
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:22:22
    そんな日もあるさ(読者諸賢は、イクサバの修羅がこのような言葉を吐けるようになるに、どれほどのどれほどが必要か、ふと立ち止まって考えてみていただきたい)。 ……そんな日が多い凡愚だからこそ、たまの「お宝」が色めきたって来る。 「――釣りみたいだね」 ふと眼前に、友達がいた。10
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:24:54
    「釣れますか?」殷周太公望の昔より、かける言葉は相場が決まっておる。「まあまあね」淡々と答える釣り人女性は麦わら帽子のスッピン地味。傍目から見てキギフィのカガヤキとどれだけ違う、釣り人の地味。「……また呑んで」「趣味だからね」「アル中」「釣りキチ」「中毒」「ガイキチ」11
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:27:20
    「「ふふっ」」ビリー・ホリディも歌っておる。「君微笑めば世界が輝く」と。キギフィの笑みは当然ながら……この釣り人の笑みというものも、捨てたもんではござりません。竿を投げて、ただ淡々と釣る彼女。その笑みは、誰にも媚びていず。独立独歩、世界に対して屹立と。12
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:30:07
    今日の彼女の釣果は、このようなモノーー 星屑の欠片/盗めないはずの秘玉/クトゥルフ生き物のような蒸気機関アイテム……なぜにそのようなモノばかりがつれるのか。読者諸賢よ……だが、それを知ることは、この話の主眼にあらず。事実釣り人は極意を、こうキギフィに言う。13
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:31:03
    「無心に竿を下ろしていればね」この世の誰をも騙す……もと、国際スパイだった釣り人の彼女は、ゆっくり言うのだ。「いろいろなモノが引っかかってくれるのよ」14
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2016-01-07 21:31:53
    詩小説・レッズ・エララ神話体系 現代/近未来編「ほうき星町シリーズ」 「夜明けの釣り人(あるいは暇人キギフィのささやかなお悩み相談)」(2016年リライト版再放送) 前半部、了ーー後半部に、つづく。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「語学」に関連するカテゴリー