「初のユダヤ系アメリカ大統領」候補としてのバーニー・サンダースをめぐる考察

【参考まとめ】 ・「ソ連はユダヤ人に支配されてたの? ― 「ユダヤ・ボリシェヴィズム」陰謀論のウソ」(http://togetter.com/li/639115) ・「ウクライナ暫定政府の首相と大統領がユダヤ人? ― いかにして「ユダヤ人」は捏造されるか」(http://togetter.com/li/639636) ・「ポロシェンコがユダヤ人?! - ウクライナ大統領選と捏造される「ユダヤ人」」(http://togetter.com/li/673687
国際 レオン・ブルム オバマ イスラエル ディズレーリ シオニズム 反ユダヤ主義 トロツキー 社会主義 ユダヤ バーニー・サンダース
6
直立演人 @royterek
ヒラリー・クリントンと拮抗しているバーニー・サンダーズの躍進振りが伝わってくる中、左派の巻き返しという点では諸手を挙げて歓迎するものの、他方で、サンダースが共和党候補との一騎打ちになることへの一抹の不安も拭えない。つまり、初のユダヤ系大統領の登場は時期尚早なのではないかという…。
直立演人 @royterek
2000年以上におよぶユダヤ文化史を通じて、ユダヤ人が国政のトップの座に就いたことは、まったくないわけではないものの、極めて希である。『聖書』のヨセフがエジプトの宰相になって以来、ユダヤ人が政治権力の座につくとしても、せいぜい「ナンバー2」までという鉄則が綿々と受け継がれてきた。
直立演人 @royterek
しかし、翻って考えてみると、アイルランド系のケネディがかつて大統領になり、そしてとりわけ黒人のオバマが大統領になった現在のアメリカで、ユダヤ系の大統領が忌避される理由などもはや無きに等しい。しかも、候補者の誰よりもイスラエルに批判的なのだから、その件で特別非難される謂われもない。
こたつぬこ @sangituyama
戦前だとレオン・ブルムがフランスの首相になってるよね。まあ首相だからNo2か。戦後はいないのかな? twitter.com/royterek/statu…
直立演人 @royterek
母方のみだけどサルコジ。@sangituyama:戦前だとレオン・ブルムがフランスの首相になってるよね。まあ首相だからNo2か。戦後はいないのかな?
こたつぬこ @sangituyama
アメリカでユダヤ系がもっとも高位にいったのは、2000年大統領選挙の民主党副大統領候補のリーバーマン上院議員かな。もっとも、ネオコンだからのちに民主党やめちゃったけど。 twitter.com/royterek/statu…
直立演人 @royterek
ちなみに、ユダヤのフォークロアでは、国政の「ナンバー2」が実はユダヤ人だったとわかり、その人物の介入によって、危機に晒されたユダヤ人共同体が間一髪で救われるという物語がしばしば語られてきた。ユダヤ人「ナンバー2」の系譜は、ファラオの宰相として国政を預かった聖書のヨセフ物語に遡る。
直立演人 @royterek
さらに、そのような物語の系譜の一つに、ユダヤ人ローマ法王伝説がある。もともとユダヤ人の家庭に生まれたものの、キリスト教に改宗してキリスト教の聖職者として高位にまで上り詰めた挙げ句にローマ法王となったが、何らかの拍子に過去を思い出し、危機に瀕したユダヤ人社会を救うというストーリー。
直立演人 @royterek
「初のユダヤ系大統領の登場は時期尚早なのでは」と書いたことで、お叱りを受けたり「レイシストか?」と詰られたりした。たしかに問題視されても致し方ない発言だった。私としては、ユダヤ人が世界の覇権国家の最高権力者になることがメシア的次元さえ帯びることに注意を喚起したかっただけなのだが。
直立演人 @royterek
とはいえ、サンダースの経歴や思想信条、特にユダヤ教やユダヤ人社会との距離感について詳しく知れば知るほど、そのような「ユダヤ的」深読みが大げさに過ぎたかもしれないと思い始めている。サンダースはほとんど完全にユダヤ人共同体の外で生きてきた人であり、それがかえって強みになるに違いない。
直立演人 @royterek
ユダヤ教のメシアとは全世界の贖い主であると同時に「ユダヤの王」のことだが、ユダヤ人共同体との絆を積極的に敬遠してきたサンダースのようなユダヤ人の場合、自分がユダヤ人として他のユダヤ人から評価されるのは迷惑だし、ユダヤ人共同体もそのようなユダヤ人を「同胞」として担ぐのは困難である。
直立演人 @royterek
近現代の歴史において、ユダヤの出自をもった者が国家権力の中枢にまで上り詰めた例として真っ先に思い浮かぶのは、ベンジャミン・ディズレーリとレオン・ブルムとトロツキーの三人である。このうちディズレーリはキリスト教に改宗し、ブルムとトロツキーはファシズムの台頭と闘った社会主義者だった。
直立演人 @royterek
両大戦間期に国政の舞台で権力の中枢にまで上り詰めたユダヤ人としてもう一人忘れてはならないのは、ワイマール共和国のドイツで外務大臣となったヴァルター・ラーテナウだ。大実業家の息子としてプロイセン風の教育を受け、ドイツの国粋主義にもかぶれたラーテナウはしかし、右翼青年の凶弾に斃れた。
直立演人 @royterek
「社会民主主義者」を自任するサンダースは、思想信条の点ではブルムやトロツキーと似ているが、時代状況やユダヤ人が置かれた社会状況がまったく違う。ブルムやトロツキーが活躍した時代はユダヤ人が最も政治的に攻撃されやすい時期であり、実際、二人とも「ユダヤ人」として右派の集中砲火を浴びた。
直立演人 @royterek
19世紀末から両大戦間期を経てイスラエル建国の時期まで、ユダヤ人は「コミュニスト」と同一視されるのが常だった。それゆえ、社会主義を信奉するユダヤ人が自らをユダヤ人である前に一人の人間であると考え、ユダヤ社会との絆を完全に断ち切ったところで、周囲からは度々ユダヤ人として攻撃された。
直立演人 @royterek
一方、シオニストのユダヤ人は、ユダヤ人であるが故に攻撃の的になった点では社会主義者のユダヤ人と同様だが、少なくともその思想信条故に攻撃されることははるかに稀だったはずである。ただし、イスラエルの建国以降は社会主義陣営でユダヤ人が今度は「シオニスト」として攻撃されることになったが。
直立演人 @royterek
この点について、以下のユダヤの小話は示唆的である。:ロシア革命で勃発した国内戦の最中、ポグロムの頻発を憂慮したモスクワのラビが、赤軍の総司令官だったトロツキーを訪れ、ユダヤ人を迫害から守ってくれるように懇願した。それに対し、トロツキーは「私はユダヤ人ではない」とそっけなく答えた。
直立演人 @royterek
ラビは大いに落胆して言った。「それはたいへん残念です。なぜなら、いつだってあなたがたトロツキーたちのおかげで、われわれブロンシュテイン(トロツキーの本名)たちが真っ先に血祭りに上げられるのですから」
直立演人 @royterek
【脚注】ただし、トロツキーの名誉のためにつけ加えておくと、10月革命後のロシア内戦の途中でトロツキーが反ユダヤ主義的な言説や暴力を徹底的に取り締まる鉄の規律を打ち立たことから、それ以来、少なくとも赤軍の兵士たちがポグロムに関与するケースは格段に減ったと言われている。
直立演人 @royterek
現在の国際情勢は、トロツキーが赤軍の最高司令官だった内戦期のロシアの状況とも、ブルムがフランス人民戦線内閣の首班を務めたファシズム台頭下のヨーロッパの状況とも、「コミュニスト」狩りや「シオニスト」狩りが猖獗を極めた第二次世界大戦後のアメリカや旧社会主義圏の状況ともまったく異なる。
直立演人 @royterek
現在の欧米社会では、反ユダヤ主義を含むレイシズムの根は未だに散見されるとはいえ、少なくとも社会的なエスタブリッシュメントやメインストリームにおける露骨な反ユダヤ主義の表明はほとんど考えられないばかりか、当のユダヤ人の多くも、ユダヤ出自を恥じることなく社会的エリートを形成している。
直立演人 @royterek
他方で、反シオニズムの立場を一貫して表明してきた超正統派の一部を除けば、正統派から改革派に至るまでのユダヤ教諸派とともに、世俗的なユダヤ人組織のほとんどが、イスラエルの支持を積極的に打ち出すか、仮にそうでなくとも、大なり小なり密接な関係を築いてきた。
直立演人 @royterek
このように、いわゆる「ユダヤ・エスタブリッシュメント」が大なり小なりイスラエルと緊密な関係を保持ないし誇示してきた中で、チョムスキーやフィンケルスタインのような一部の例外的なユダヤ系知識人たちが、イスラエルの占領政策に対する容赦ない批判を展開してきた。
直立演人 @royterek
このような両極に分かれた「ユダヤ社会」にあって、サンダースは「ユダヤ・エスタブリッシュメント」とは事実上断絶された社会環境で生きてきたことは間違いないが、かといって、アメリカの政治家として、チョムスキーやフィンケルスタインのように過激な反イスラエル批判を展開してきたわけでもない。
直立演人 @royterek
とはいえ、政治家であろうとなかろうと、今の欧米社会で「社会民主主義者」を公に自任するようなユダヤ人は、ユダヤ社会の全体からすれば、ほとんど稀で例外的な存在とさえ言っていいのではないかと思う。社会的公正や「世界の修復」といったユダヤ教の理想を忘れないリベラル派は少なくないにしても。
残りを読む(18)

コメント

絶望党員 @zetuboutouin 2016年2月12日
「ユダヤ人が国政のトップの座に就いたことは、まったくないわけではないものの、極めて希である。」イスラエルって知ってますか?
直立演人 @royterek 2016年2月12日
イスラエル以外の話をしていることは自明のことですよね。それとも違うのでしょうか?
絶望党員 @zetuboutouin 2016年2月12日
royterek 自明じゃないから上記のコメントをしたことはことは自明のことですよね。それとも違うのでしょうか?
直立演人 @royterek 2016年2月12日
それが自明であることが読み取れない方がおられることは理解しました。
直立演人 @royterek 2016年2月12日
いずれにしても、私はイスラエルに5年間暮らしたことがあり、ユダヤ研究は20年近くやってきましたので、イスラエルが「ユダヤ人国家」であり、建国以来、国のトップがすべてユダヤ人であったという事実は少なくとも理解しているつもりです。
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2016年2月12日
《ユダヤ人が世界の覇権国家の最高権力者になることがメシア的次元さえ帯びること》 『やる夫は歴史に名を残すようです』思い出した。http://yaruyalibrary.blog.fc2.com/category83-7.html ドイツのユダヤ人一家に生まれたやる夫が亡命先のソ連で駆け上る。完結済みの良作ですぞ!(ムックは出ません)
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2016年2月12日
あの世界、あの後どうなるんだろうな……。
絶望党員 @zetuboutouin 2016年2月12日
royterek 「読み取らないといけない」という時点で「自明」じゃないんですよね。単に貴方の言葉が(不特定多数に向けての発言としては)足りなかっただけです。twitterでフォロワーとかだけ相手にしている分には良いですよ?でも、togetterでまとめられれば、不特定多数の目にさらされるんですよ。そしてまとめたのはあなた自身でしょ?他人がまとめたんなら同情の余地もありますけどね。
直立演人 @royterek 2016年2月13日
自明ではないにしても、普通、少し考えたらわかりますよね。
直立演人 @royterek 2016年2月13日
世の中では、言わずもがなのことは省略することが少なくありませんが、それでも誤解の余地を与えるから腹に据えかねるということでしたら、それは残念だとしか言いようがないですね。私自身について言えば、(不特定多数に向けての発言としては)言葉足らずだったなどとは一切思えませんので、悪しからず。
ウミドリくん @umidori_kun 2016年2月16日
大統領職にこだわらなければ、キッシンジャーとか戦前のカール・レンナーとか普通にいる。政界とは国民国家のものに限るという枷も外せば、国連、EU、世界銀行の関係者に大量。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする