このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2016-02-14 23:24:47
    2月14日『居坐りのひ』上演のたびに更新される創作と上演、全日程が終了しました。あと一週間で一年になってしまうところでした。必要以上に拘束されるのを厭う心に正直でありたい。自身の生活の立て直しと公演の後片付けをしながら次回作の準備を始めます。今日まで本当にありがとうございました。
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2016-02-14 23:20:32
    まだ残務は山のようにありますが取りあえず一段落です。今日までの『居坐りのひ』の「上演」について、またどこかでお話する機会があれば幸いです。関係者の皆様のお心遣いに厚く御礼申し上げます。来年度の予定は現在ございません。『水平と婉曲』という仮題と昔に着ていた制服だけがここにあります。
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2016-02-14 23:20:08
    先週のウイングフィールドでの第4回公演に続き、大大阪舞台博覧会vol.2 N₂ 劇詩『居坐りのひ』大阪市立芸術創造館にて終演いたしました。いづれの「創作」も「私」の要望からは外れた手法を採ることとなりましたが、その乖離に、現実に、立たされている時間はとても貴重で重厚なものでした。
  • 山本握微 @elevator_p 2016-02-13 12:40:15
    途中で開け閉め、闇から光、物を外へ投げたり叫んだり。
  • 山本握微 @elevator_p 2016-02-13 12:40:09
    ウィングでサイトスペシフィックな舞台は良かった、が活かし切れてもいない。開場中に窓は既に開けられる、開演中は閉まる。MOTTAINAI。窓を使った演出、もっと劇中に活かすのはやはりあざとい、のだろうか(でもその辺が結局、っぽい従来通りの芝居をやっているに過ぎない感じを強調する)。
  • 山本握微 @elevator_p 2016-02-13 12:38:55
    数をカウントする、というテキストが何度か反復され、興味深いけど印象には残らない。その中「二の足を云々」「酔いが云々」(うろ覚え)と来たので、偶数で韻を踏んでる? と思ったが続かなかった。無茶は、やめて、遠くへ今日中に。その他、言葉遊びも少々だが、マッサージ程度(即ち、あんまし)。
  • 山本握微 @elevator_p 2016-02-13 12:37:58
    ともかく作品は、作者の内面の構築、のみに見える。作者を超えない、飛ばさない。勿論、作者の意図はわからない。普段は吉本新喜劇みたいなコテコテの芝居をやっていて、今回、詩的とは何やねん、なんぼのもんじゃねん、ぱぱっとやったろやないけ、という結果かもしれない。
  • 山本握微 @elevator_p 2016-02-13 12:35:55
    「っぽい」ってのは例えば、開場時間中、俳優の一人は舞台上に仰向けに倒れていて、各種それらしい小物の他に、謎の木枠(宮崎駿アニメにおける「歯車」みたいな雰囲気小物)が覆い被さっている、というような。それで「ああ、はい」と理解でき、その後上演される全てはその「ああ、はい」を超えない。
  • 山本握微 @elevator_p 2016-02-13 12:35:29
    先日のことになりますが、劇団N₂「居坐りのひ」観劇。間接的なご縁あり、また同一作品名義で長期的に様々な形態で作られるワークインプログレスな展開も興味あり、実際その一環にあったCTT作品も「俳優不在」と面白く、若手……と、そこそこ期待していたが、それほどでなく。
  • N₂ / エヌツー @n2_official 2016-02-13 03:08:09
    N₂『居坐りのひ』0206~0207 劇場の幕を引いてから開けるまで。 作品の概要や観劇の感想や稽古の日誌など。 ネットの海に落ちていた言葉を拾い集めました。 togetter.com/li/937659
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2016-02-09 18:20:09
    @iamxxx_eye それを演じる俳優とは…演じた俳優にもたらされるものは一体何なのかといったことは常々悩んでしまいますね。立場上それを言語化しないといけないこともあり…。わたしの戯曲の言葉の条件は極限までに「一般式」であることなのかな…とか。
  • もすら(灰 kai) @iamxxx_eye 2016-02-09 17:51:53
    やはり言葉を尽くすしかないけれども、今回の舞台には惚れました。
  • もすら(灰 kai) @iamxxx_eye 2016-02-09 17:50:13
    @vermeil_vermeil 何かが記号で意味されるってことは、もう値が決まってるってことだと思うんです。『居坐り』はいわゆる“謎”や“意味”とかいわゆる“役者”とかいわゆる“悲しみ”から脱するものだと思いますよ。しかも反抗的にではなく、能動的に!
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2016-02-09 17:46:58
    @iamxxx_eye ぜひぜひ語り明かしましょう。わたし、哲学に関しては無学でして…色々教えてください。あ、でも猫の入った箱は大好きです!
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2016-02-09 17:41:15
    @iamxxx_eye 『居坐りのひ』は物語や筋立てはあっても…あると見做さない人もいるけれど兎に角「意味がない」とはよくいわれますね。特に今回は曲…歌ではなくピアノ曲を作る際の姿勢で書くように努めていましたが…。
  • もすら(灰 kai) @iamxxx_eye 2016-02-09 17:35:49
    @vermeil_vermeil ワケワカラン話をしてしまいました…語り明かせると思います笑
  • もすら(灰 kai) @iamxxx_eye 2016-02-09 17:29:03
    @vermeil_vermeil 哲学にはめるのではなく、築かないとなあ。ソシュールでいうなら、実はシニフィエ(意味されるもの)なんてない、あるのはシニフィアン(意味するもの)ではなくシーニュ(記号)だけだということまで考えるべきかなあと。
  • sugimoto natsuki @vermeil_vermeil 2016-02-09 17:20:13
    @iamxxx_eye 概ね同感です…にしても、演劇は哲学で語られることが多いですね。
  • 石田 千尋 @crimbers_chi 2016-02-09 03:29:48
    キムラは会うたびに大人びていくから驚く。出会った頃はまだ幼さ残る少年だったのに。きっと、たくさん吸収しているんだなあ。 カメラマンだった彼が役者になると言い始めたときは少し心配もしたけど、ちゃんと行動で示し結果を出している。尊敬している。
  • 石田 千尋 @crimbers_chi 2016-02-09 03:23:16
    MV「ワーゲンバスの中で」主演の木村聡太氏が出演した舞台も観に行きました。 キムラ、物語の始まりや節目、かなり重要な役回りだった。演者それぞれの横顔がキレイで見惚れたな。 pic.twitter.com/zdZxvdrcnh
     拡大
  • あかウサギ@演劇垢 @rabbit_abyk 2016-02-09 00:47:34
    観た直後は何ものこってない気がしたけど日をあけるといろいろ思い出せるし、整理されてる。台詞はのこってないけど。
  • あかウサギ@演劇垢 @rabbit_abyk 2016-02-09 00:45:17
    遅くなったけど、N2「居座りのひ」観ました。なんだか、もっと上手い表し方や引き付け方があったのではないかなと悩まさせられる作品。まだ終わらないの繰り返し。緊迫は全体として上手いのに、狂気が微妙だなと。でも、含み持たせた言い方好きでした。もっとパターンが見てみたい劇でした。
  • もすら(灰 kai) @iamxxx_eye 2016-02-09 00:16:56
    @vermeil_vermeil はやくまたお話したくてうずうずしております!
  • 梅園翠@居坐りの衣装屋 @Umezono3106 2016-02-08 21:44:07
    遅くなりましたが、劇団N2「居坐りのひ」を観に来て下さった皆様方、本当にありがとうございました。メイクや衣装へのコメントも頂けて嬉しいばかりです。次回は少し個人の都合(簡単に言うと資格試験の勉強ですね)で参加が減りますが、3月に自校の演劇部で衣装作ってます。宜しければ是非!

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「総合」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする