中学生・高校生(中高生)のための、はじめての新書・選書・学術文庫 入門

書籍(本)には、ライトノベル以外にも、フィクションではなく専門的な知識を得るための本があります。 進学や就職を考えて、自分の好きな学問的な分野をみつけることはフィクションを読むのとは別の楽しさがあります。
19
前へ 1 ・・ 8 9
ほおづきン @kagachi_ecm

読書会といって、やり方はさまざまですが、読んだ本をテーマに語りあうことがおこなわれています。

2016-03-10 19:25:47
ほおづきン @kagachi_ecm

インターネットを調べれば、大人の見ず知らずの人が集まっておこなう読書会も、いくつか、見受けられますが、不文律的な、きめごとがいくつかって、初見で参加すると、そのきめごとが理解できていないと、あからさまに批判されることもあり、必ずしもハードルの低いモノではありません。

2016-03-10 19:26:19
ほおづきン @kagachi_ecm

最初は、家族や宿題を、いっしょにやるような知っているなかまと読書会をするのがいいのではないでしょうか?

2016-03-10 19:26:36
ほおづきン @kagachi_ecm

課題の本を決めて、おんなじ本を読み合って読書会をするのもいいですが、発表者を1人とか2人決めて、その人が読んだ本を発表するようなカタチがいいのではないでしょうか?

2016-03-10 19:27:13
ほおづきン @kagachi_ecm

事前に、取りあげる本を知らせてもらって、興味のある人は読んでもかまいませんが、基本は発表者以外は、本を読んでいないこととします。(みんなが同じ本を読んでいれば「僕はこう考える」から話せばいいのですが、読んでいない人がいれば荒筋を要約する必要があります)

2016-03-10 19:27:45
ほおづきン @kagachi_ecm

最初は、A4くらいの紙に、目次を見ながら話の要(かなめ)になるようなキーフレーズを書きあげていきます。(発表用のアウトラインの原稿をレジュメといいます。キーフレーズがまとめられているので出締め(でじめ)だと思っている人も少なくないです)

2016-03-10 19:28:17
ほおづきン @kagachi_ecm

今は家庭用のスキャナーが発達しているので、図やグラフがあった方が話しやすいと思えば、コピーをとって、切り貼りをしてもかまいません。家にスキャナーがなければ、コンビニでコピーすることも方法です。

2016-03-10 19:28:49
ほおづきン @kagachi_ecm

レジュメが完成したら、人数分コピーして、最初のうちは、手短に10〜20分で説明できるように練習した方がいいかもしれません。

2016-03-10 19:29:16
ほおづきン @kagachi_ecm

大人の口頭発表だと、その後に文字おこしする場合もあり「えー」とか「あー」という文字にしてみっともないことはいわないという決まりもありますが、まあ、最初から上手にやろうとせず、順番になれればいいのではないでしょうか?

2016-03-10 19:29:51
ほおづきン @kagachi_ecm

読書会は、まず発表者が、レジュメを使って本の内容を説明して、あとで、参加者が分からなかったことを質問して、参加者たちの意見をきいていくのがいいでしょう。

2016-03-10 19:30:21
前へ 1 ・・ 8 9