出雲大社庁の舎について

※16/11/01追記 以下に続きがあります。解体工事が始まりました。 出雲大社庁の舎:その後の動き http://togetter.com/li/950543 続きを読む
38
やまもと @flange_web

すばらしい記録。「けんちく が いっぱい」(1955nonnon.jugem.jp/?day=20120115pic.twitter.com/lCuNHtt2oT

2016-02-01 23:45:55
拡大
やまもと @flange_web

「神職に聞くと「雨風酷い時には、ダダ漏れ」だそうで、、」instagram.com/p/oR0WcWtt9d/

2016-02-01 23:48:15
やまもと @flange_web

結論としては「こりゃ漏るわ」。だって構造体(大梁)が防水ラインの外に飛び出してるんだから。ぱっと見の印象はだいぶ違うけど、雨漏りで有名な都城市民会館と同じ構造。 pic.twitter.com/yVx2u2d4TK

2016-02-14 00:18:28
拡大
拡大
拡大
拡大
やまもと @flange_web

1年半以上もビニールシートを掛けられたままで憤慨していたのですが、これはたしかに修繕がむずかしい。このままではダメだけど、本気で直そうとするとたぶん外観が変わる。建物の価値を理解している人ほど尻込みする。

2016-02-14 00:32:29
よんます @yonmas

「出雲大社庁の舎」の解体が内定している、との記事をFacebookで見かけた。

2016-02-18 09:26:44
よんます @yonmas

「全般的に 意匠と構造技術が高い次元で統合されており、建築の専門家からの評価は極めて高いが、その一方で維持管理面では建設当時から慢性的な雨漏りに悩まされてきたことも指摘しておかねばならない。」facebook.com/groups/1267629…

2016-02-18 09:28:39
makawakami @makawakami

ちょうのや…いやだ…

2016-02-18 09:49:36
makawakami @makawakami

大社、お金ないわけじゃないと思うんだけどな。これも神社+近代建築か…。

2016-02-18 09:51:27
よんます @yonmas

@sourd 一悶着、ありそう。でも機能的な面で難があるとするとなぁ…。

2016-02-18 09:53:21
よんます @yonmas

はてさて、建築は誰のものか。手垢のついた話ではあるけれど。

2016-02-18 10:03:17
Motonaga Jiro @motonagajiro

@makawakami お金がないわけではないとは思いますが、無駄にはしたくないのでしょう。何が無駄かはさておき。で、あれは継続が大変すぎる、との現場の声を以前聞きました。残せるなら残して欲しいですけど、あの作りで抜本的に防水をやり直すとしたら、大変でしょうね。。

2016-02-18 10:37:09
makawakami @makawakami

@motonagajiro 毎日使う人はそりゃ大変ですよね…。

2016-02-18 11:00:56
日埜直彦 @naohikohino

出雲大社庁の舎は、せめてあのPC大梁下から持ち出してる水平材を外せばもうちょっと雨仕舞いも良くなりそうな気がするんだけどなぁ。僕が見たときも良い状態ではなかった。菊竹さんの稲掛けのイメージにはあの材がないと納まらないところではあるが、背に腹は変えられんだろう。

2016-02-18 11:22:58
makawakami @makawakami

まあ雨漏りはつらいよね。中が使いづらいのも有名だといっても過言ではないし。

2016-02-18 11:24:59
makawakami @makawakami

内装取っ払って境内の他の場所に曳家して東屋として使えんかな?

2016-02-18 11:25:36
makawakami @makawakami

あと防水は工夫してまったく同じのを再現してどっかに建ててみるのはどうだろう。近代で復元(復原?)、のサンプルとしてちょうどいい感じの大きさ。

2016-02-18 11:30:54
makawakami @makawakami

そんなん意味ないのは重々承知の上で。世の中に三菱一号館とかあるわけだから。

2016-02-18 11:31:24
製図試験com-激励bot @seizushikenbot

これはのこさなあかん。菊竹先生(涙)。 fb.me/7NOJWfah3

2016-02-18 11:31:55
残りを読む(244)

コメント

sho_Yal @YaltSho 2016年2月18日
全く建築には明るくないのでわからないのだけど、そもそも「建設当時から慢性的な雨漏りに悩まされてきた」「中が使いづらいのも有名だといっても過言ではない」建築が、なぜ名建築という扱いになっているの?
8
makawakami @makawakami 2016年2月18日
YaltSho 読んでいただいてありがとうございます。ものすごく乱暴ですが、建築家の、建築というものに対する考え方が見事に表れていて、かつ時代性を映し出した唯一無二の空間になっている、と言えるでしょうか。もちろん名作だから雨漏りしてもよい使い勝手悪くてよいのではなく、雨漏りする「けど」名作、エクスキューズつきです。そして雨漏りする「のに」長きにわたって使われました。
1
海洋地形学の物語 @Sails_Of_Charon 2016年2月18日
このようにたかが50年で解体内定な状況になっている時点で、決して名建築ではないと思う。美術品としての価値は認められるとしても、だ。どうしても保存したいなら中尊寺金色堂みたいに保存すればいいんじゃないですか
3
もこ @mocomb 2016年2月18日
名建築であることには変わりないよ。その辺は建築史の中での評価と一般人の感覚の乖離はある。そりゃ一般的には雨漏りしないほうがいいだろうし見てくれよりも機能だろう。こういう話をするとツイッター界隈ではデザイン(笑)みたいに嘲笑されるけど、学問的価値という評価軸があるということくらいは理解して欲しい。保存する、しない、保存する場合の手段等は所有者が判断することだけど。
5
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年2月19日
まぁ、「建築は誰のモノか」「建築は建築家の御遊戯なのか自己満足なのか」「建築は審美眼のみで評価すべきか否か」というお話しではある。ただ、少なくとも僕は、半世紀にわたりオーナーに雨漏りを強要するようなシロモノを無責任に名建築などと言って欲しくない。そういう御遊戯は現代美術(笑)のオブジェで充分だ。
4
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年2月19日
たしかに建築なんかにはまったくの素人の私から見ても、外観やらはカッチョイイナーとは思う。けど、雨漏りか……。これをデザインされた方は、デザインをとるか実用性をとるかという、建築物には基本でありまた悩ましい命題を突きつけてくれましたね。
0
もこ @mocomb 2016年2月19日
建築家のお遊戯というレベルを超越しているから名建築なのでは、という視点が欠落してる。お遊戯では作れないよ。
4
Amts @amts1 2016年2月19日
構造的に漏水を起こす建築というのは、そもそも一般的には欠陥建築と呼ばれるのでは……?
5
重-オモ- @__oMo__ 2016年2月20日
歴史的学術的価値があるとはいえ、最初の設計段階で防げたであろう欠点を回避せず、機能性を欠いている物を名建築とはあまり呼びたくないものだ。個人的な考えではあるが。
3
重-オモ- @__oMo__ 2016年2月20日
もちろんこれが内部で人が快適に活動するための建築でないのなら、このままでも問題はないと思うが。わざわざ管理に苦労させるために作った建物でもないのだろう。
1
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月20日
こんなもんよく50年も我慢してたな。下手に名のある人が関わってしまうと問題があってもなかなか修正できないという意味でいかにも日本的。
1
瑞樹 @mizuki_windlow 2016年2月20日
歴史的価値ねぇ~神話の時代から短く見積もっても1000年以上の歴史の中、本殿すら何度も何度も建て替えてきた出雲大社の歴史、その中でわずか50年前に作られた欠陥建築物にどのような『歴史的価値』があるのかな?むしろ、最初に雨漏りがした時点で、ふざけんなって建築屋にねじ込まれて、補修か出来なきゃ、建て替えさせられるべき代物だと思うけど……なんで今までの欠陥のまま放置されてたんだろうね……?建築家様が偉大だと、施主の方が下手に出なきゃいけないのかしらね……
3
ぬこ田ぬこ道(国民脇差協会会長) @nukomiti 2020年11月21日
あれほど、保存を求めるツイートがあったにもかかわらず、誰一人として移築保存費用を集めようとしないところが、欠陥建築を芸術作品として崇め奉る閉じた集団としか、私には思わせないんだ。50年もの間、欠陥建築を使い続け、雨が漏る度に、修繕した施主と業者に対する尊敬と感謝がなさすぎる。
1