28
あままこ @amamako
放浪息子に関する議論に違和感。「ゲイきもい」なんていうのは論外だが、それに対して「差別はよくない」と答えても何か心に残るわだかまりがある。というか僕も実は放浪息子はあまり好きでない。ただその感覚を言葉に出す方法が見当たらないから、「ゲイきもい」みたいな言葉になるのではないか?
あままこ @amamako
いい悪いは別として、いまどきアニメの中で同性愛が描かれること自体を批判する人なんか、そんなに居ないと思うのよね。それこそCCさくらから一体何年経ってるか。
あままこ @amamako
放浪息子のやつは、あれが全員異性愛者だったとしても、別の理由で非難されているんじゃないかなぁ。
あままこ @amamako
例えば『放浪息子』なんかより『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』のほうが絶対おかしいし社会的規範からも外れてる。でもじゃあそれが『近親相姦きめぇ』って言われるかといえば、余程のアニメ見る才能がないやつでない限りそんなこと言わないと思うんだよな。
あままこ @amamako
あるいは『かなめも』とかも同性愛的だったけどそれが「レズきめぇ」とか言われるか?言われないでしょう。
あままこ @amamako
そういうのよりかは、たぶん、『とらドラ』っぽいんじゃないかとも思ってしまう。僕がとらドラについてどう思っているかは→参照。http://d.hatena.ne.jp/amamako/20090210/1234212368
あままこ @amamako
まあでも回りの人は好きそうだなあこういうマンガ。ちょうどとらどらがやっぱりいくら言っても好評であるのと同じように
あままこ @amamako
放浪男子disについても同じことを思うんだけど、まず思いがあって、しかしそれを示す言葉が政治的に正しくなく、そしてそれ故に意図を正しく伝えられない時っていうのは、やっぱどーしてもある。だから普段から言葉の持ち数は貯めておかなきゃならないのだけれど、でもそれでも追いつかない時はある
あままこ @amamako
そういう時、何も言葉を出さないで思いを溜め込んでその溜め込んだものに押し潰されるのではなく、正しくない言葉でもなんとか思いを伝えようとするのは、これはどうしようもないんじゃないかと。それは止められるもんではない。もちろん、その時悪いのは適切な言葉を選べなかったその人自身だけれど
あままこ @amamako
そして更に言えばそんな言葉で正しく意図が伝えられるわけもなく、誤解は増し、周りからは嫌われ、孤立していく。だから言葉を沢山知ることは重要。だけれど、それが思いに追いつかない時もある。人間なんて怠惰な生き物だからねぇ。googleみたいに勤勉にはなれない。
あままこ @amamako
政治的に正しくなく、世界をより悪くするかもしれない。人を、そして自分を傷つけるかもしれない。友はいなくなり、侮蔑と嘲笑があなたを待ち、やがて破滅へと至るだろう。しかし例えそんな言葉であっても、その言語を紡がなきゃならなくなるときっていうのは、あるんだよ。人間なんだから。
あままこ @amamako
もちろん何回も強調するが、それは罪であり、その罰、というか責任は受けなければならない。togetterで晒されたり、はてブで「これはひどい」と言われたり、コメント欄が炎上することになったり、リアルに害が及んでも、それは罪に対する罰なんだから、甘受しなければならないのだろう
あままこ @amamako
↑ここまで僕が記事を書いた背景を説明したツイート/↓ここから記事への反応
うさみー @usamie_f
なるほど、僕が1話を見て結構面白いかなと思って細部まで見直した後、やっぱりいいやと感じた原因もこの辺りにあるな - 放浪息子への嫌悪感の正体 http://d.hatena.ne.jp/amamako/20110126/hourou
@baccanot
意見は人それぞれってことを改めて実感…正直この切り口は好きじゃない RT @news_tw: 放浪息子への嫌悪感の正体 - 斜め上から目線 http://bit.ly/hnrzIi
白潟@入渠中 @_imaki
他人の「深層心理」を代弁してる点と「今のアニメに求められているのは」とか「現実を変える」云々とか言いさえしなけりゃなあ……。http://j.mp/gvf6tR
白潟@入渠中 @_imaki
「名作臭」というより「文学臭」かなあ。自然主義文学かよ、とは思った。
白潟@入渠中 @_imaki
わざわざそんな「社会派」じみた糞リアルをアニメでというかフィクションで見たくない、というのはわからん話ではない。放浪息子という作品自体はともかく、そういう持ち上げられ方を目にすると
こま(母レベル1y) @koma_noko
たしかに見ていて嫌悪感とまではいかないけど、モヤモヤしたんだよねぇ。その理由がちょっと分かった。 『放浪息子』への嫌悪感の正体 http://d.hatena.ne.jp/amamako/20110126/hourou
しらたき @yysk_08
娯楽だろw肩の力抜けよ【『放浪息子』への嫌悪感の正体 - 斜め上から目線】 http://d.hatena.ne.jp/amamako/20110126/hourou
小躍り @maison_enu
こんな事が起こってたなんて…!アニメまだ観てないけど、アニメと原作では感じ方が違うのかもですなぁ。そういうとこを拾ってどうこう言う作品ではないのにね。 RT: 放浪息子への嫌悪感の正体 - 斜め上から目線 (78 users) http://bit.ly/eTJNL1
村澤 智之 @tomo_murasawa
あの感じをあんな風に描けるという点において、放浪息子は評価したい。フィクションだから見れるよなー。 / 放浪息子への嫌悪感の正体 - 斜め上から目線 http://goo.gl/UHrj1
渕*崎(ふちさき) @huchi_k
アニメ未視聴なのでどう描かれてるかわからないんだけど、原作読んでて各キャラの放浪っぷりに「あぁ、そういう年齢なんだな」て思ってしまう私はどっかずれてんのだろうか… RT @hatebu: 放浪息子への嫌悪感の正体 - 斜め上から目線 http://bit.ly/eTJNL1
えだ@続きが読みたい @noidea7eda
放浪息子は「女装癖男装癖」やら同性愛とかがメインではないと思う。多分。 RT @hatebu: 放浪息子への嫌悪感の正体 - 斜め上から目線 (78 users) http://bit.ly/eTJNL1
Yuuki Ohta @yuuki_with2us
@gerumanium2_0 抜粋ありがたいです。元記事は長くて読む気がしないのでw 僕としては、性・ジェンダーに関する問題は、『放浪息子』においても、思春期的な人間関係の微妙さ、難しさの切り口の一つであって、それ自身根本的なテーマであるかのように観る必要はない、という態度です。
残りを読む(67)

コメント

あままこ @amamako 2011年1月28日
@sukuraia @gerumanium2_0 @PAQERらへんのツイートを追加。無茶苦茶腹が立ってくるツイートだけど、ということは僕の文章が嫌いな人にはきっと好評なのでしょうね。
あままこ @amamako 2011年1月28日
ただ一言言うならば、自分が作品に対して抱いた重いをきちんと言葉にすることを「自己正当化」とか言って馬鹿にし、宇野とか大塚とかそういう借り物の知識を弄することが「批評」だと思ってる君たちのようなクズを潰すことが、僕がウェブ上で文章を書く理由でもあるんだよ。> @sukuraia @gerumanium2_0 @PAQER
nagisama_kawaii @nagisama_kawaii 2011年1月28日
このエントリーさぁ~無駄に長すぎて「書いた奴文章ヘッタクソだなぁ」としか思わなかった。「同性愛を大きな問題にすること自体だめです」の一言でいいでしょ。典型的な「長文ほど偉い」って勘違い
カトウベニ@ウサヅケ @usdk 2011年1月29日
ホモフォビア的なものだけが、この作品への嫌悪感を生むものでもあるまいに、ずいぶんと声高だなあ。
@ss11232 2011年1月29日
長文かよ、まとめろハゲ
サキオ @sakiok 2011年1月31日
「放浪息子」の世界が普通に居心地いいおいらが通りますよ。 そういうわけで、記事を読んだとき、「今アニメに求められていることは」という表現を「僕がアニメに求めていることは」という表現に変えてもらえないだろうか、と思った。
yamazakura @yamazakura5963 2011年1月31日
『放浪息子』嫌悪=同性愛嫌悪ではない、としても、この論は受け入れがたい。天から美少女が降ってきた的な「エキセントリックな設定」こそ「逃げ」だと思うし、かといって僕はそれを否定はしないが、筆者はそれこそ「今アニメに求められていること」と断定しちゃってるあたり偏狭だ。
yamazakura @yamazakura5963 2011年1月31日
あと「放浪息子が仮にヒットしたとして、じゃあそれが現実に何か現実を(中略)変えるか?」という問いはブーメランでしょう。「エキセントリックな設定」のアニメだって、なおさら「現実を変える」ことはできない。
Sleeping Dead @holychickenhead 2012年4月7日
ここの元記事、昔読んだ事あるなあ。要約すると「リアルで萌えない」だったかな?
箸呂院マジチキ @kairidei 2012年4月20日
「ノンケでも見やすい」からつい見てしまって期待を裏切られた気分になるんだろう。この問題を未然に防ぐことは考えて無駄ではないと思う。
箸呂院マジチキ @kairidei 2012年4月20日
蕎麦アレルギーの人がうっかり蕎麦まんじゅう食って苦しんでからじゃ遅いから、食わない努力と食わせない努力の両方があればいいんだよね。