まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

鶴丸国永の手記

一周年企画。 心在るがゆえに、悩み、傷つき、笑うのだ。 だけどひとりじゃない。ひとりじゃないよ。ひとりで抗う必要はない。ひとりで悲しむ必要はない。 隣に立つから、友になろう。
ゲーム 刀剣乱舞
2021view 0コメント
21
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 手数が揃い始めたからか我らが主は何かを仕掛けるようだ。出陣とはまた別のものを想定しての、構成員を完全固定した部隊の作成。果たして、それにどれだけの意味があることやら。隊長に任ぜられてもどうにも重みがない。まともに六名揃っているのは、第一部隊と称された当家の精鋭達だけだ。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 呼び出しがあった。部屋にいたのは近侍の加州清光と、獅子王、和泉守兼定。加州から三と書かれた札を渡された。俺と兼定の小僧は主より命を受けたが、二の長は違うようだ。当初その席にと主が考えていた鯰尾の推薦だという。同じく彼の推薦で獅子王の所には大和守安定が配属になるらしい。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 鯰尾の推薦が通ったということは己の隊に欲しい人員を指名出来るのかもしれない。試しに「最古参で経験値のある同田貫に来て欲しい」と加州に伝えてみたところ、「駄目に決まってんじゃん。役目考えなよ」と一蹴された。役目って何だ。好みや気紛れで俺を選んだわけではないということか。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 獅子王、安定と遠征任務で出掛けてきた。安定は早速獅子王を「隊長、隊長」と呼んでいるようで、獅子王のほうも普通に応じている。二人で鯰尾への土産を選んだり、関係良好で何よりだ。俺のところもああいう雰囲気をつくれる奴が揃えばいいが。ところで君たち、本当に鯰尾に懐いてるな。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 兼定の小僧が長の任を仰せつかったと聞いた之定が次の瞬間第四部隊に配属された。何を言っているかわからんだろうが俺も何が起きたのかわからなかった。文系の真の恐ろしさを垣間見てしまったようだ。さて之定は何故許可を得られたのか。恐らく、兼定の隊でなければ承諾されなかっただろう。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 本日は光忠に代わり第一部隊に放り込まれて厚樫山に出陣してきた。あいつらの中にひとり放り込まれると練度の差を嫌というほど体感する。太刀の俺よりも脇差の骨喰のほうが一撃が重い。身軽さや察知能力に劣るぶん、安定した戦運びだけはひけを取りたくないもんなんだがな…
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 粟田口の短刀による雪合戦を見物した。薬研と厚が大将だったが、ありゃァ手綱握る奴がいないと駄目だな。大将獲られたら負けの試合で最前線に出る奴があるか。血の気が多いぞ。結局屋根から狙撃してきた骨喰に全員が討ち取られて引き分けで終了。今夜は全員で骨喰を倒す作戦を練るらしい。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 獅子王が堀川派を一手に引き入れたそうだ。古参である山姥切は、鯰尾が第一部隊に入る以前にまとめていた控え部隊(第二部隊の前身とも言える)に頻繁に選出されていたので獅子王や安定とは馴染みが深い。加えて堀川派は刀種が被らず、昼夜の均衡が崩れない。これで第二部隊はほぼ完成だ。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 誰と組まされることもなく、その日、その日で、違った面子と出陣する。個々の癖や好む戦法、苦手な地形などを、共に戦う中で発見して知っていく。この現状が最良のように思うんだが、主は別の何かを見据えているようだ。ま、今しばらくは何に縛られることもなく色んな連中の姿を見ていよう。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 あまりに一期一振が現れないので藤四郎の短刀たちと似顔絵を描く願掛けをした。驚いたのは遠目にさえ彼を見たことがない子らまでもが己の想像で白群の髪をした優しげな風貌の兄を描き上げたことだ。長年共にいた平野の絵と遜色がない。存在の根底を同じにするものの為せる業だろうか…。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 一期一振が顕現した。 蔵の中の記憶とは少し違って見えたが、それは大勢に囲まれる姿を初めて見たからだろうか。 今日は短時間で終わる遠征と函館への出陣を体験させた。しばらく、彼の面倒を見ることになりそうだ。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 今日は手合わせをした。多少傷を負わせる程度打ち込んだが、慣例に倣い、最初の怪我は翌朝まで放置する。肉体への自覚を持つための措置らしい。……先程一期一振の部屋の前を通りがかったとき、呻くような声がした。悪い夢に魘されているような、そんな声。…炎、と聞こえた気がするが、……
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 石切丸が兼定隊に配属されたらしい。あそこも着々と揃ってきているが、相変わらず俺のところは音沙汰がない。今日もその場限りのゆるい編成で出陣してきた。このままでも構わないっちゃ構わないんだが、それなら何故長などという形を設けたのか。主は何を見定めているのか。あるいは、…。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 一期一振の順応力の高さには驚かされる。三日でもう一通りのことはこなせるようになった。初めて対面した弟を懐に引き込む早さ、本丸の誰もが好印象と語る物腰、手合わせとなると相手の技を一つも漏らさず盗もうとする、あの目。なるほどまさに人誑しと謳われた男の刀だったようだ。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 友成が兼定隊に配属された。そういうことか。俺の上奏が却下されたのは、俺を長に据えたこの隊が指揮系統を担うことを想定されているからだ。一向に音沙汰がないのも、俺があらゆるものと出陣していたのも、俺自身に手足を選ばせるためだろう。最初からそう言ってくれりゃァ良いものを。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
【手記】 一期一振と遠征任務に行ってきた。茶化して「一期ちゃん」と呼んだら一瞬滅茶苦茶嫌そうな顔をされた後申し訳なさそうに「ちゃん付けはちょっと」と言われたんだが、知らん仲でもなし、もっとぶつかってくれば良いものを。………
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
俺が目を離すと、何処か遠くをぼんやり眺めていた。……君はどうしてそんなに悲しそうな顔をしているんだい。そこに何が見えるんだ。 誰か気づいているものはいないのか。誰か、こいつがこんなふうに現から離れていってしまうのを知るものは、いないのか。語らう相手はいないのか。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
君は目を離したら消えそうだな。 誰もいない場所で、ひとり、空を見ていた一期一振にそう言ってやった。 彼は少し驚くと、困ったように笑って、俺にこう言ったのだった。 「あなたも同じではないのですか」
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
……今日は隣人はちゃんと眠れているだろうか?いつぞやのように魘されてはいないだろうか。せめて目を覆ってやるくらいは、俺にも出来る。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
「なァ、加州。我らが主様に取り次いじゃくれないか」 「内容による」 「一期一振を俺のところへ寄越してくれ、と」 「───オッケー、了解。直ぐに伝える。いい返事期待しててよ」 「ああ、頼んだ」
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
君は目を離したら消えそうだな。 誰もいない場所で、ひとり、空を見ていた一期一振にそう言ってやった。 彼は少し驚くと、困ったように笑って、俺にこう言ったのだった。「あなたも同じではないのですか」。 だから、近くにいることを決めたのだ。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
一期一振が、ここではない何処かを見る暇などないほど騒がしくて、慌ただしくて、目を離してなどいられない現実のひとつの欠片として。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
君を待ちわびていたものたちを知っている。 見も知らぬ君と、決して揺らぐことない縁を持っていたものたちを、知っている。 上手く騙せないときは手を貸そう。何度でも叩き込んでやろう。 君に残されたたったひとつの確かなものを。 彼らとの縁、その絆を。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
隣に立つから、友になろう。 迷うときは、先達として、俺が先を示そう。
金御コンビがわちゃつくだけbot @goldfishx2
「一期一振の第三部隊への所属を審神者の名においてここに命ず。───というわけだ。俺の右腕、副隊長として、明日からよろしく頼むぜ、お前さん」 「かしこまりました。こちらこそよろしくお願いいたします、隊長」
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする