映画「スティーブ・ジョブズ」の自分感想まとめ。

映画「スティーブ・ジョブズ」はiTunesで販売しているはずなのに、という記事を書くためにみたのだが、想像以上のひどさだった。ネタバレにはならないかもしれないけど、これから見ようとしている方はご注意を。
映画 スティーブ・ジョブズ
5
リンク ITmedia ニュース 映画「スティーブ・ジョブズ」はiTunesで販売しているはずなのに 米iTunes Storeで販売しているはずなのに、店頭には並べていない、その理由は……。
Koya Matsuo @mazzo
スティーブ・ジョブズの映画、近くの映画館にないので行くのを躊躇していたが、USのiTunes Storeにあるのがわかってよかった。こっちのほうが安い。レンタルもある。
Koya Matsuo @mazzo
というわけで、iPadで見始めています:映画「スティーブ・ジョブズ」はiTunesで販売しているはずなのに - ITmedia ニュース itmedia.co.jp/news/articles/…
Koya Matsuo @mazzo
ジョブズ映画を半分まで見た感想。演劇だよなこれ。
Koya Matsuo @mazzo
ジョブズはスカリーに見えるし、スカリーはアメリオに見える映画。
Koya Matsuo @mazzo
しかしアメリカ人は親子話好きだよね。これはコレジャナイジョブズ映画だった。
Koya Matsuo @mazzo
なんでも親子愛ものにするのやめてくんないかな。
Koya Matsuo @mazzo
ジョブズとリサの関係のグダグダとかさ、別に見たかないんだよな
Koya Matsuo @mazzo
テクノロジーもイノベーションも一切入ってないジョブズ映画ってのがすごい。
Koya Matsuo @mazzo
「映画」「演劇」としてはいいのかもしれないけど、「ジョブズの映画」「アップルの映画」「コンピュータ業界の映画」としてはダメすぎた。
Koya Matsuo @mazzo
またハリウッドでジョブズ映画を作るのなら、ジョブズとかスカリーとかスピンドラーとかアメリオとかがアメコミヒーローになってアップルリーグ作るとかじゃないと許さない。それ以外はたぶんダメだ。
Koya Matsuo @mazzo
あの映画を認めないクック船長は正しいし、ローリーン夫人が嫌がるのも当然だ。親子の確執を描きたがる演劇界、映画界の方々向け映画で、われわれ向けのものではない。いろんなフレーズを巧みにセリフにまぜているみたいだが中身は見事に空虚。ぼくらが知っているジョブズの姿と知識だけで十分だよ。

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月22日
パソコン史的にすごく面白い時代なんだけど、そういうの興味ない人向けに作ってあるんだろうな……方針としてはたぶん正しいんだろうけど、パソコン史とか興味ある人にはせっかくの題材でなにやってんだ感ってとこだろうか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする