「ビハインド・ザ・コーヴ(Behind the Cove)」の嘘を暴く~いろんな意味で「ザ・コーヴ」を超えた〝トンデモ竜田揚げプロパガンダ映画〟

どうせ1500円と100分の時間を費やすなら、もっとちゃんとしたドキュメンタリー映画を観た方がいいよ。 それと、クジラをテーマに映画を作りたいという人は、捕鯨問題そのものについても、漁業や環境、動物、戦争の問題についても、もっとしっかり勉強しよう! *主な内容* ・八木監督が探せなかった米〝極秘文書〟完全公開! ・映画をご覧になった方々の感想 ・八木監督の釈明&逆ギレ&証拠隠滅作業
behindthecove ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨 クジラ 陰謀 ベトナム戦争 イルカ
kamekujiraneko 32582view 45コメント
48
ログインして広告を非表示にする
  • 疑惑発覚!?

    捕鯨問題に詳しい国際政治・環境問題の専門家で『クジラコンプレックス』(東京書籍)の共著者である真田康弘氏(@Sanada_Yasuhiro)と石井敦氏(@ishii_atsushi)が、新宿ケイズシネマを皮切りに全国で上映中の話題(?)のドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ」を観た感想を。映画のクライマックス、〝衝撃の結末〟に登場した「陰謀の証拠」に重大な疑惑が!?

  • 真田康弘 @Sanada_Yasuhiro 2016-02-21 16:05:12
    『ビハインド・ザ・コーブ』観ました。八木監督も毎日舞台挨拶されますので、ご興味のある方は是非。感想は後ほど。ちなみにこの映画を見る上で拙共著『解体新書「捕鯨論争」』『クジラコンプレックス』は必読かと思いますので、併せて是非(^ ^) pic.twitter.com/SqenFefsX1
     拡大
  • 真田康弘 @Sanada_Yasuhiro 2016-02-22 09:35:00
    なぜ米国が1970代以降商業捕鯨モラトリアムを主導するようになったかは『解体新書「捕鯨論争」』第二章にうちの飼い主が史料を駆使して詳述しているらしいよ。残部僅かなので興味のある方は是非。amazon.co.jp/%E8%A7%A3%E4%B… pic.twitter.com/O56dIrRG2a
     拡大
  • 石井敦 @ishii_atsushi 2016-02-22 18:37:29
    観ましたが、事実誤認(イルカは国際捕鯨委員会の管轄外)や誤訳("support"の発言を「金(カネ)」と訳したり)が非常に多いです。これでは捕鯨問題の議論の端緒にはなりえません:「ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜」 behindthecove.com/index.html
  • 真田康弘 @Sanada_Yasuhiro 2016-02-21 19:18:52
    ビハインド・ザ・コーブっていう映画見たんだけど「捕鯨問題を米国が提起したのは、ベトナム戦争から世界の目を逸らさせるためで、米国の極秘文書にも書いてある」って結論なんだけど、僕も持ってるその文書、そんなこと一言も書いてないけどなぁ。 pic.twitter.com/HHpoNUF3QQ
     拡大
  • 能川元一 @nogawam 2016-02-22 09:01:57
    ↓RT 私もウブだった頃は右派論壇人やネトウヨが「××という資料に……と書いてある」と主張していたら「誤解、曲解はあるとしてもまあなにかそれに相当することは書いてあるんだろう」と思ってましたよ。
  • 早川タダノリ @hayakawa2600 2016-02-22 09:26:48
    これはホントそのとおりで、たとえば「米国立公文書館に731部隊は細菌戦研究はしていたものの、細菌戦を行った証拠は全くなかった」ネタとか、短いプレスリリースもまともに読めていないことは、調べ直さないとわからなかった。twitter.com/nogawam/status…
  • 能川元一 @nogawam 2016-02-22 09:33:37
    ↓RT ひどい場合には存在しない「資料」を創作したりしますからね。「ニミッツ提督の詩の原文」とか。
  • T-T @tcy79 2016-02-22 21:57:38
    ウソつくのと別次元で単純になにも理解できてないというのはあるよ。
  • 調べてみたら、当の〝証拠資料〟そのものが米国政府のサイトであっさり見つかった!!!!

    〝正義の竜田揚げ仮面〟に見つからないよう、米国政府がこっそり隠したってなわけでは全然なかった・・・

  • カメクジラネコ @kamekujiraneko 2016-02-22 18:07:18
    【重要】映画 #behindthecove の核心部分の〝致命的な誤り〟〝真っ赤な嘘〟が発覚。八木監督が米国公文書館に赴き「非公開でアクセスできなかった」と詳細を伏せた〝怪文書〟が普通に公開されているのを、私は日本にいながら確認した>2001-2009.state.gov/r/pa/ho/frus/n…
  • カメクジラネコ @kamekujiraneko 2016-02-22 18:07:53
    掲載されているのは米国国務省のアーカイブサイト。ユーザー登録も、金を払う必要もない。世界中の誰もが簡単に見られる。テキスト形式と文書自体をPDFファイルにしたもの、両方用意してくれていて、実にサービス精神旺盛だw 大国アメリカの陰謀の証拠が記された極秘文書にしては・・
  • 真田康弘 @Sanada_Yasuhiro 2016-02-22 20:16:32
    「米国が反捕鯨になったのはベトナム戦争から世界の目を逸らされるためで、現在非公開の米政府極秘文書に書いてある」というビハインド・ザ・コーブの結論にある「極秘文書」がネットで見放題だよ!2001-2009.state.gov/r/pa/ho/frus/n… pic.twitter.com/QqNnekgUrP
     拡大
  • 真田康弘 @Sanada_Yasuhiro 2016-02-22 23:31:42
    映画ビハインド・ザ・コーブの結論として提示される「非公開の極秘文書」、ネットで見れるというのは驚いたけど、これがFRUSという国務省編纂の基本文献であることにさらに驚愕。詳細はFBにてfacebook.com/yasuhiro.sanad… pic.twitter.com/9RBjsjwYbw
     拡大
  • ※以下は米国国務省の公式サイトに掲載されている〝極秘文書〟の全文


    EXECUTIVE OFFICE OF THE PRESIDENT COUNCIL ON ENVIRONMENTAL QUALITY
    722 JACKSON PLACE, N. W.
    WASHINGTON, D. C. 20006
    JUN 19, 1972

    MEMORANDUM FOR THE PRESIDENT

    Subject: UN Conference on the Human Environment

    From: Russell E. Train

    The UN Conference on the Human Environment (Stockholm, June 5-16) concluded on schedule, last Friday night.

    It is my personal assessment that the Conference was a success. The United States played a strong role and gained practically all of its objectives.

    The United States proposal for a $100 million Environmental Fund (your personal initiative in your February 1972 Environmental Message) provided the single concrete proposal which helped pull the entire action program together. Our commitment of $40 million toward the Fund was matched by about $25 million in specific pledges by other governments. A number of other expressions of general support were given.

    The Conference also recommended establishment of a small, permanent environmental unit in the UN to coordinate UN environmental activities. This was another key US objective. Other major US objectives which were approved: support for an ocean dumping convention, support for a 10-year whaling moratorium (to be tested next week at the International Whaling Commission meeting in London which I am attending), approval of your recommendation for a World Heritage Trust, and a global environmental monitoring program.

    We consistently opposed "politicizing" of the Conference with war and similar issues, and had good success, given the makeup of the Conference. We also consistently opposed using the C nference as an excuse for new development "add-ons". However, it is evident that it is not possible to discuss environmental protection wit the LDC's completely outside the context of development objectives.

    The absence of Soviet Russia and the Eastern bloc countries was noted at the outset and thereafter went practically unremarked. Soviet non-participation had little effect on the Conference wok.

    China, on the other hand, played a very visible role in the Conference. While they tended not to enter into substantive discussions in the working committees (and, in fact, gave little evidence of having much substantive environmental competence
    in their delegation), it was plain that they were using the Conference to identify strongly with the "Third World" and to establish their leadership in that regard. While others can doubtless appraise their performance better than I, it is my view that they failed to win any new ground in this respect, and actually seemed to be losing ground at the end. China was alone at the closing session in not agreeing to a Declaration on the Human Environment.

    Aside from my brief and quite measured reply to the Chinese attack on US policy, we avoided any criticism of China and entered into no direct arguments. Chinese attacks tended to be directed at "the superpowers" and at the "nuclear monopolists."


    The US played a major role in the preparation for the Stockholm Conference and in the Conference itself. We now have an opportunity for positive follow-up activity. For example, a number of Conference recommendations (e.g., regulation of ocean dumping, control of toxic substances) are directly keyed to items in your domestic legislative program. The Stockholm recommendations should be called to the attention of Congress (already done by cable from Stec holm in the case of ocean dumping.)

    Domestic follow-up should have an effective public dimension. There were about 500 accredited private organizations at Stockholm--many American. They are anxious to participate further and this interest can be developed effectively. Public discussions this summer and autumn, particularly at regional meetings, can help provide continuing attention to the Administration's very positive environmental program. I have already suggested to Bill Rukelshaus that we utilize EPA's regional organization to help this effort, recognizing that a number of other agencies, such as Interior, have a special interest. Media coverage, particularly TV, should be sought. Members of the US delegation at Stockholm, such as Shirley Temple Black, have indicated their readiness to help in such an effort.

    This effort should get underway rapidly while public and media interest are high.

    I also recommend your personal identification with the Stockholm Conference at the earliest practical date. I believe you should endorse the results in general terms.

    A draft statement for your consideration is attached.


    文書の詳しい解説はこちら

  • 石井敦 @ishii_atsushi 2016-02-22 18:49:47
    米国が1972年の国際会議で捕鯨問題をベトナム戦争批判の回避のために使った、という根拠とされている公文書はu0u0.net/sdOJそんなことは書いてありません:「ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜」 behindthecove.com
  • 石井敦 @ishii_atsushi 2016-02-22 18:52:02
    米国が1972年の国際会議で捕鯨問題をベトナム戦争批判の回避のために使った、と述べているが、その会議ではスウェーデン首相が実際にベトナム戦争をecocideとして批判しています:映画「ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜」 behindthecove.com
  • 石井敦 @ishii_atsushi 2016-03-01 19:58:54
    #behindthecove のパンフレットですが、20~21頁のクジラの生息頭数、そもそも出典が明記されていない上に、クロミンククジラの生息頭数が間違っています。現在は、360,000 – 730,000頭(信頼区間95%)ということが科学委員会で合意されています。#hogei
  • カメクジラネコ @kamekujiraneko 2016-02-24 10:31:52
    「よくネット上に『突然アメリカは捕鯨問題を出して来た』なんていうのがあるんだけど実際は日本政府も事前に提案されることは重々知っていたのね」(引用、国会答弁へのリンク付) textream.yahoo.co.jp/message/183457…
  • カメクジラネコ @kamekujiraneko 2016-02-22 18:11:09
    当該文書はIWC下関年次総会のあった2002年、BS-TBSの「捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る」なる番組で用いられた>pbs.twimg.com/media/CZ88kv0U…
  • カメクジラネコ @kamekujiraneko 2016-02-22 18:12:04
    コピーのごく一部がチラッと画面に映っただけで、後はおどろおどろしい演出付のナレーションと日本語キャプションによる「陰謀」の解説で済まされたが、当の文書の中身とはおよそかけ離れたものだ。八木氏はその情報をそっくり流用しただけ
  • カメクジラネコ @kamekujiraneko 2016-02-22 18:18:03
    私は疑り深い性格だけど、当人が公にはっきり「非開示」と口にした以上、さすがにそれさえ嘘だとは思いもしなかった。「なんでそんなもんを米国政府は再度非開示にしたんだ?」と首をかしげはしたが。で、何か関連する情報の片鱗でも手に入らないかと、ダメモトで検索していただけだったのだ。
  • ※注 米公文書の開示問題について

    疑惑発覚後、八木監督はこの点について表現を修正している(後掲)。
    だが、初期に実際に「ビハインド・ザ・コーヴ」を観た方々には、米国公文書館が八木監督に当該文書の存在を隠したとの受け止め方が多い。

    例:
    「八木らは公文書の開示を要求し拒否され」(引用)
    http://katabire.blog64.fc2.com/blog-entry-392.html
    (捕鯨擁護ブログ)

    また、まとめ人は映画を鑑賞した複数の方々から、上映後の談話、直接のやりとりの中で、監督自身が「開示を拒否された」「都合が悪いから自分に対して隠したのではないか」という主旨の見解を示したと聞いている。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「声優」に関連するカテゴリー