2016年2月22日

深海棲艦の姫の世代を追って

艦隊これくしょん(艦これ)に出てくる敵:深海棲艦の、特にボスクラスの敵を「姫」(または鬼)と呼称しますが、彼女たちは出現から今に至るまで、デザインが変わりつつあります。その変遷を追っていきましょう。
14
悪堕研究機構 @utakuochi

深海棲艦の姫クラスのデザインは添付画像のように第七世代に突入していると考えています。 pic.twitter.com/trWVlAxRpq

2016-02-21 12:05:58
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

第一世代「赤錆」: 錆(腐食)を思わせるテクスチャと、赤熱した部位を持つことが特徴的な最初期の深海棲艦の姫たち。巨大な腕や深海棲艦の特徴である口を持つものの無機質な印象を与え、本体の人間部分は白肌・赤目・白く長い髪を共通して持つ。 pic.twitter.com/r0k9hGsvT3

2016-02-21 20:17:00
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

錆(腐食)は深海で腐り果てていた状態、つまり深海棲艦の姫が深海からやってきたことを表し、赤熱した部位は艦艇が沈む際の炎に焼かれたことを示し、大きな口は怒りを表現、白肌・赤目・白く長い髪は人間の形でありながら死者を連想させ、見るものに恐怖を与える効果があると考えております。

2016-02-21 20:25:50
悪堕研究機構 @utakuochi

第二世代「黒」: 異形部分・武装部分を含めて全体的に黒いことが特徴。本体の人間部分は黒く長い髪を持ち、服装もドレス・オペラグローブ・ストッキング・靴と全て黒衣で包まれ、全体的な黒と部分的な赤の中に優雅さを見出だせる意匠がポイント。 pic.twitter.com/BGd4rg6460

2016-02-21 20:59:40
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

「黒いドレス」といえば喪服、つまり「大切なモノを失ったが今ここに生きながらえている」という表現だと考えられないだろうか。全身黒色は見るものに底知れぬ恐怖を与える一方で、黒いドレスを身にまとっている優雅さは、生前の美しく輝いていた姿に未練があったのではないかと思いを馳せる。

2016-02-21 21:08:28
悪堕研究機構 @utakuochi

なお、第二世代「黒」と第三世代「白」は同時期の出現であるが、「白」の深海棲艦の姫は以降も多く長く登場していることから、「黒」の深海棲艦の姫を第二世代、「白」の深海棲艦の姫を第三世代とした。

2016-02-21 21:09:55
悪堕研究機構 @utakuochi

第三世代「白」: 白肌・白服・白く長い髪と、全体的に白いことが特徴的。人間部分は第一世代と似た特徴だが錆びによる腐食がなく、また、整った衣類を着用しているという違いがある。いずれも人間部分の一部が独特(角や巨大な手)になっている。 pic.twitter.com/QGcY7Db97V

2016-02-21 21:33:35
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

北方棲姫の詳細は不明だが、姫は基地と融合していることから、彼女たちは海に沈んだ艦艇でないため錆びていないと考えられる。衣服が整っているのもそのためだろう。だが基地を滅ぼされた怨念は、同じく怨念の代弁者:鬼を連想させる角や相手を取って食う恐ろしい獣を連想させる巨大な爪に表れている。

2016-02-21 21:40:00
悪堕研究機構 @utakuochi

第四世代「黒鎧」: 黒い鎧と鎧のような武装が特徴的。胴体の部分は黒く柔らかい素材の服を身に付けているが、腕と脚は黒く輝く金属質の装甲を装着しており、いずれも大きな口の武装の上に人間部分が乗っかっているという構図の共通点がある。 pic.twitter.com/UEbsQaSyZm

2016-02-21 23:25:02
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

鎧を身に付けることは、守りたいモノがあるということ。敵の攻撃から艦艇を守れず果てていった無念さが、改めてこの世に具現化した姫を守っているのかもしれない。そして、彼女たちが見つめる先、指差す方向に、本当に守りたかったモノがあるのだろう。

2016-02-21 23:29:03
悪堕研究機構 @utakuochi

第五世代「青と白」: 青い光を放っているのが特徴的。これまでの深海棲艦の姫が白と黒と赤が基調だったのに対し、白と黒と青とイメージカラーが大きく異なる。手を装甲で固める傾向がある他、下半身が無かったり、目を塞いでいたりと欠損が目立つ。 pic.twitter.com/W4lUT9A0lJ

2016-02-21 23:46:26
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

艦艇に関係した青い光といえば探照灯の光。暗い闇の中で姫たちは何かを探そうと青い光を発しているのでしょう。第四世代の姫と同じく、彼女たちは“何か”を追っている可能性が高い。身体に掛かった制限は生前の業で、その制限によって探しても見つけることができずにいるのかも知れない。

2016-02-21 23:55:57
悪堕研究機構 @utakuochi

第六世代「清潔感」: 白を基調とした、錆による腐食も赤熱もない清潔感を感じさせる姿が特徴。本体の人間部分が五体満足な形をしており、あくまで構図のメインは人間部分。兵器を装備しているという雰囲気から、より艦娘に近い存在に見える。 pic.twitter.com/EWVr4pJlfb

2016-02-22 00:08:39
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

特に下の3体は、肌や髪の色、兵装の異形を除けば艦娘と同じ姿をしており、深海棲艦が艦娘のことを学習した結果なのか、それとも深海棲艦が艦娘の記憶を取り戻しつつあるのか、恐らくどちらかであろうが、どちらであっても艦娘の前に現れる、彼女たちのコピーのような姿は、恐怖心を煽るのに十分だ。

2016-02-22 00:14:34
悪堕研究機構 @utakuochi

第七世代「鉄屑」: 今冬新しく出現した新世代の姫。全身を覆う鉄の塊と、その身から覗く鉄の塊が特徴的。メガネやヘッドホン、三つ編みにした髪、縞模様のソックスとスニーカーといった“お洒落”が見えるのも新世代の特徴である。 pic.twitter.com/uFwt99Q10g

2016-02-22 00:33:29
拡大
悪堕研究機構 @utakuochi

その身からはみ出てくる鉄塊が異形さを物語っているが、人間部分に関してはお洒落を施した後が見られ、そういう意味では「艦娘よりも人間らしい深海棲艦」といった立ち位置になるだろう。艦娘という存在に近づきつつあった深海棲艦が、ここに来て分岐し始めたのかも知れない。

2016-02-22 00:37:58
悪堕研究機構 @utakuochi

なお、現時点では第六世代と第七世代を分離したが、以降に出現する深海棲艦の姫のデザインによっては統合や更なる分化が発生する可能性があることに留意されたし。

2016-02-22 00:41:27
悪堕研究機構 @utakuochi

ちなみに、今回の深海棲艦の姫クラスのデザインの考察ですが、「世代」で時系列的に分離したのは表の理由と裏の理由の2つあり、表の理由としては、出現から時間が経てば立つほど、深海棲艦の姫がある方向に向かって進んでいることが読み取れるからです。

2016-02-22 00:45:23
悪堕研究機構 @utakuochi

第一世代から第七世代までの流れをまとめると、 暗い海の底から浮上した姫は、過去に未練を抱きつつも戦う術を身に付けたが、ある時、守るべきモノを思い出し、それを探し始めた。探す内に艦娘という存在を意識し、そしてその存在も通り過ぎようとしている。 といったところでしょうか。

2016-02-22 00:51:04
悪堕研究機構 @utakuochi

裏の理由は、デザインの変遷を逆手に取って、本編(DMM版)以外で出現する深海棲艦が、いつ出現した可能性があるか、また、いつイラストレーターさんに発注されたか、といったところまで予想することが可能になるということです。開発期間(ボソッ

2016-02-22 00:57:51
悪堕研究機構 @utakuochi

さて、深海棲艦の正体は未だ明かされずとして、深海棲艦のデザインは次のような“傾向”があることが分かりました。深海棲艦化の参考になれば幸いです。 ・白く長い髪 ・白い肌 ・赤い目 ・黒いドレス ・大きな口(武装) ・巨大な腕(武装) ・鉄と赤錆 ・赤熱 ・黒く輝く金属装甲

2016-02-22 01:20:48

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?