「嵐」の二宮和也さんソロ曲『虹』が好きすぎて自分なりの解釈を長々語ってしまった話

タイトルどおりです。多くの方にぜひライブDVD『ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO』での二宮さんの歌声を観て魅了されていただきたい。『虹』はいいぞ!
音楽 ライブレポート 二宮和也 それはやっぱり君でした ソロ
10
「嵐」の二宮和也さんソロ曲『虹』が好きすぎて自分なりの解釈を語りまくった連続ツイート

『虹』およびアンサーソングである『それはやっぱり君でした』の歌詞情報(リンク)は、当連続ツイートの末尾(⑪番)にあります

たられば @tarareba722
今回も嵐の話で、相変わらず二宮さんのソロ曲『虹』の話なので、いや名曲なんですって。ゴロゴロ転がるくらい切ないんですって。えー、ですのでご興味ない方、興味がありすぎて他人の感想を聴くと不愉快になる方は、どうか、どうかリムーブ、ミュート、ブロックをお試しください。ではいざ。
たられば @tarareba722
①皆さまご承知のとおり、『虹』という楽曲は女子視点で描かれています。歌詞中に登場する彼氏さんに向けたラブソングで、「きみ」と「君」という2種類の表記があることから、「若い頃にお付き合いしていた彼と、その後に結婚した(名字を重ねた)彼は別人なのだ」という解釈が一般的なようですが、
たられば @tarareba722
②(これ作詞者である二宮さんがどこかで「この君ときみは別人だ」と言及したんでしょうか)私は「この彼女と彼は幼馴染みで、子供だった頃の【きみ】と大人になった【君】で呼び方を変えたのでは」説を推したいんですけども(lalala…以降は男性視点ですよね。離婚か死別と解釈しています)、
たられば @tarareba722
③まあ解釈は百者百様のほうが楽しいので措いておいて。私はこの『虹』の真骨頂は、『虹』の歌詞を読み込めば読み込むほど、そしてアンサーソング『それはやっぱり君でした』を聴けば聴くほど、最初に出てきた女子=彼女の個性と息づかいが際立つことだと思っています。どういうことか。
たられば @tarareba722
④『虹』の主視点である「彼女」は、季節や天気の移り変わりや彼の些細な表情の変化等に敏感な、非常に多感な女子です。夕日の見え方や影の長さは外気温や日照時間で日々変わりますから、そのことで季節の移り変わりを感じたり、彼が口を尖らせる意味を鋭く慮って言葉で表現するような性格です。
たられば @tarareba722
⑤そんな彼女ですから、彼と一緒に傘を差して歩いていて、雨(おそらく夕立)がやむと、ふと空を見上げて「虹がきれいだよ」というような言葉も口をついて出ます。美しい景色とともに、過ぎゆく季節を彼と一緒に感じて、大切な時間を共有したいと思っているんでしょうね。
たられば @tarareba722
⑥そしていっぽう彼のほうは、「そういう機微」がよくわかりません。比較的ぶっきらぼうなタイプです。なぜ分かるかといえば、彼(男子)視点で描かれる『それ君』の歌詞を読むと、こちらには季節の話も細かい表情の話もほぼ出てきません。彼には「そういうこと」がわからないんですね。あぁ朴念仁。
たられば @tarareba722
⑦『それ君』の歌詞中盤に出てくる「君には見えて、僕には見えない」というのは、単に亡くなった彼女の姿だけではないのでしょう。おそらく。「彼女」がよく口にしていた季節の細かい色合いの違いや、誰かの些細な表情の移り変わりやその意味が、彼には見えないのです。そしてそんな彼だからこそ、
たられば @tarareba722
⑧唐突に「いや(虹より)お前のほうが……」などと言いだすと、彼女は照れてしまうのですね。くぅーー尊い!(ゴロンゴロン)もちろん彼は彼女のことが大好きで、彼女の感性を理解したいと願っています。その思いは彼女がもう居なくなってしまった『それ君』でよりいっそう募っており、
たられば @tarareba722
⑨彼は「まだまだ頑張れ」「だらしなくなってきた?」「優しく笑う君が、この時間が空間が、泣きたくなるくらい一番大事」と、彼女の言いそうなことや想い出、思考をトレースしようとします。その想いが詰まった言葉が、あの時言えなかった「虹より君はキレイだ」なんですね。
たられば @tarareba722
⑩閑話休題。『それ君』の中で「彼」は強烈に「彼女」のことを思い描きます。そしてまさにそのことで、私たち視聴者に対して(その彼女が主人公の)『虹』の歌詞がよりいっそうリアルに、息づかいまで感じられるほどに切なく響くのですね。いやーホント、名作です。(了
たられば @tarareba722
⑪参考資料 『虹』作詞:二宮和也/作曲:多田慎也 j-lyric.net/artist/a000eac… 『それはやっぱり君でした』作詞:二宮和也/作曲:大知正紘 uta-net.com/song/137375/ なんか今日は嵐の話しかしてないなー。まあいいか。楽しいし。
私が『虹』と出会ったキッカケ
たられば @tarareba722
ラジオから流れてた『One Love』という歌がいい曲で、「嵐ってあんまり歌のイメージなかったんですけど、いいですねー」と言ったらずっと嵐トークが止まりません。そろそろ謝ったほうがいいのだろうか……。。
たられば @tarareba722
嵐好きの同僚から、二宮和也さんが歌っている『虹』という曲を聴かせてもらったんですが、この歌いいですねーー。ちょっとかすれ気味で歌う二宮さんの声もすっごくカッコよくて切なくて、作詞者を調べたら二宮さんご本人で、いやーさすがに日本のエンターテイメントのトップってのは凄まじいなあ。。
こゆき @aiaikoyuki
@tarareba722 こんばんは。 皆さん書かれていますが、「虹」のアンサーソング「それはやっぱり君でした」 泣けます。情景が浮かんできて、最後は涙がぽろりと流れます。よかったら聞いてみてください(^^)
araon⛅神砂嵐by湯婆婆 @araonon
@tarareba722 こんにちはー、たらればさん。アンサーソングもできてますよ!ファンのなかでも抜群に人気があります
Aska @mk_aska
@tarareba722 ちなみに「それはやっぱり君でした。」という曲もありましてそれは「虹」の続編なので良かったら…(突然の初リプ&宣伝?すいません)
たられば @tarareba722
うわーーーー!! 「二宮さん(嵐)の『虹』が気に入ったなら、『それはやっぱり君でした』というアンサーソングを聴け」とたくさんリプライをいただいたんで、聴きつつ歌詞を読んでみたら、うわーわわわ! すげー! これはいい仕掛けだなあ。鳥肌立ちました。ミステリ小説みたい。切ない。
たられば @tarareba722
いやね、最初に『虹』を聴いた段階で「いい曲だなー、二宮さん綺麗な歌詞を書くなあ」なんて思ってたんですが、アンサーソングを聴くと、いきなり「物語」が生まれるんですよね。鏡を合わせたら突然幾層も世界が生まれたような感じ。これはすごいなあ。意味がわかった瞬間スマホ落としそうになった。
たられば @tarareba722
いやーいいものの「よさ」に初めて気づく瞬間って、何度経験してもすばらしいですねー。なお本日は「黄色寄りのオール担」という言葉を覚えました。
たられば @tarareba722
昨日同僚&ツイッターの皆さんに「嵐の二宮さんがソロで歌っている曲がすごくいいぞ」と教わって以来、本日もその余韻に浸っています。『虹』はいいぞ。すごくいいぞ。いつも何気なく見ている風景を大きく替えようとする一番手っ取り早い方法は、何かを好きになることなんだなー。
ライブDVDおよびCD購入決定と、それからのわたくし
残りを読む(8)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする