対人地雷の意義

まとめました。
46
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

さて、対人地雷復権論をここでぶちまけたら苦情が来るのだろうかw

2011-01-28 18:45:41
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

では地雷について呟いてみたり。ついでに斥候ネタについても呟いてみたり。

2011-01-28 20:08:22
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

地雷。名前はよく聞くでしょうが、あんまり詳しいことを知らない人も多いと思う。正直だよもんも詳しくはない

2011-01-28 20:10:47
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

では、なぜそんなよくわからない兵器である地雷が世界的に禁止されたのか。 色々あるでしょうが、紛争国での無差別設置により民間人に長年にわたり被害を与え続けたことでしょうか

2011-01-28 20:17:07
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

正直無差別設置された地雷の除去は絶望的に困難です。費用も時間もかかります。完全除去にはまだまだ時間がかかるでしょう。当然その間は民間被害がで続けるでしょう。このようなことを理由に地雷は世界的に禁止されました。

2011-01-28 20:22:46
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

細かい経緯が知りたい人はwikiか専門書でw

2011-01-28 20:24:00
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

実際テレビ写りがよいというのはでかいでしょうね。 大型爆弾の直撃を受けたり不発弾を作動させたら「ミンチすら残らない」(不思議と皮だけ残ったりもするが)クラスタは言い方は悪いですがほどよく生き残る。

2011-01-28 20:27:00
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

無論こういう地雷の大半は民兵やらまともな教育を受けていない正規軍もどきがばら蒔いた地雷です。まともな正規軍なら地雷の埋設記録を作りますので戦後の回収も比較的容易です。

2011-01-28 20:29:02
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

正直な話、単純に埋めた量の話をするのならばフランス国内やドイツ国内等、ww2の主戦場となった地域では莫大な数が埋設されました。 これらの地域で取り残しの地雷が爆発した事件が無いわけではないですが社会的問題になっているとは聞きません。

2011-01-28 20:32:29
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

地雷の物理的な早期排除、無力化、地区の封鎖が不可能ではない以上正規軍が地雷を運用することになんの問題があるのでしょう? 実際日本の回りは同盟国含め地雷運用国です。

2011-01-28 20:38:25
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

まあ、感情的な話は別にして。実運用として地雷はどんなところに埋められるのか。

2011-01-28 20:40:03
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

大別すれば経路の封鎖、陣地前の防御が地雷の主要な設置方になるでしょう。そういう使い方をしないと軍隊相手にはあんまり効果がないとも言う。まともな軍隊なら地雷探知処理能力を持ってます。「戦争」に問題がない程度に除去されて終わりです

2011-01-28 20:44:33
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

で、ここからは例の斥候の話になるわけだが。

2011-01-28 20:46:35
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

軍隊と言う組織が戦争をするにはいろんな情報が必要です。 地形気象に始まり植生などなど。特に敵戦力の質量、配置、我の行動のための経路などの情報が必要です。

2011-01-28 20:49:10
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

で、話を戻して。で軍隊は上から命じられた任務を達成するために必要な情報を得るために行動を起こす。 電波やら衛星やら航空偵察、使える手段は何でも使う。当然敵も味方も情報を与えたくないから偽装したり隠蔽したりする。

2011-01-28 21:02:08
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

で、当然地図等も活用するんだが、現地の細部地形や植生がどうなっているかは現地にいくまで細部がわからない。だから偵察部隊や斥候をだして情報を得ようとする。親部隊(例 連隊)が出す斥候もいれば最前線部隊(中隊)が出す斥候もいる。

2011-01-28 21:05:25
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

で、まあ敵さえ居なければ無事戻ってきて見てきたことを報告。部隊は前進を続ける。問題になるのは敵がいた場合である

2011-01-28 21:13:13
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

敵はこちらの斥候を見つけたら偵察を阻止しようとする(当然我も敵の斥候を阻止する) こういう斥候を排除し主陣地を秘匿したり味方の集結援護のために前哨や前衛陣地等が配備されるわけである。

2011-01-28 21:30:07
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

で、こうなると斥候の生還率その他が問題になってくる。 ある統計によると親部隊の出した斥候の5割、最前線がだした斥候の3割が帰ってこないそうだ。

2011-01-28 21:43:08
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

つまり斥候5組出したら2組は帰ってこない。でこいつらはどうやって損害を受けたのか。一位が防御側の小銃機関銃で2位が地雷、3位が砲爆撃である(規模がでかいと砲爆撃を受けやすくなるので損害率は逆転する)

2011-01-28 21:46:04
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

斥候にいった兵士は敵の陣地の位置、兵力、障害の配置を調べようとする。陣地の手前には大抵地雷源や鉄条網等があるのでこれを調べようとしてドカン。さらに奥を調べるために迂回しようとして側面防御の地雷源でドカン。

2011-01-28 21:49:12
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

敵に発見されて逃げ出そうとして地雷源に追い込まれドカン。 障害群のせいで近寄れずに主陣地を解明できず帰還 とうとう、地雷は敵の発見、阻止に非常に役立つ。

2011-01-28 21:52:02
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

こうなると攻撃側は主陣地の細部位置すらわからないまま攻撃をしかけたり、偵察継続のために更なる時間と犠牲を払う必要が出てくる。 敵の任務阻止に非常に役立つのだ。

2011-01-28 21:54:05
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

まあ地雷源や障害とて無敵ではない 「火力」に支援されない障害など軍隊の敵ではありません(軍隊は損害を許容する)さらに砲爆撃で耕されたら無力化する。

2011-01-28 22:02:20
だよもん(狐耳 @V2ypPq9SqY

あ、誤解を招くかもしれないのでいっておくと。無駄に犠牲をだすわけではないですよ?

2011-01-28 22:05:25
残りを読む(2)

コメント

hamp@横浜山中 @32hamp 2011年1月29日
地雷の本来の目的はドカンとさせる事じゃなくて、通れない(通るのにコストのかかる)場所を作って、相手の行動に制約を与えることだと思いますよ。この論調はトラップ的な部分だけに注目していますが。
0
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2011年1月29日
地雷忌避は主に感情的なものなので、こういう話はいくらしたところで復権(というか再評価?)はされないと思う。有効性だけを問題にできるなら、海岸線が長く広範囲を守る必要がある日本において、これほどまで反対運動が活発なわけがない。もうあれは、「戦後の復興の障害となるもの」でしかなく、「戦中に効果的に身を守るためのもの」だとは思われていないから。特に、「万が一の戦争に備えること」すら忌避される現状では、なおさら。
0
KarasawaYasushi @ChatNoirPoirot 2011年1月30日
地雷ではないのですが……フランスでWWIの激戦地だったとこでは未だに不発弾処理が続いてるみたいですよ。彼の地では軍の工兵ではなく地元市役所職員が処理に当たっているそうです。NHK BSの海外ニュースで観てビビりました(笑)
0