Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

科学とジャーナリズムと査読と検閲

「ゲラのチェック」に対する考え方の違いについて、果物がつらつらと考えました。
149
この論文を読んで衝撃を受けたのです
おきさやか(Sayaka OKI) @okisayaka

科学技術報道について研究者が伝わらなかった、間違った報道をされたと感じる事例についてはこちら dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstre…

2014-09-09 12:58:50
トーマ=サン @tomasankaeritai

「記事を事前に研究者にチェックしてもらうのは報道倫理に反するという強い倫理観」 まって何言ってるのかさっぱりわからない

2014-09-09 13:18:39
長年の疑問が解けたのと、納得いかないこと
枇杷 @loquat_priest

自分自身はメディアの取材受けた経験なんてないんだけど、科学を生業とする人が取材を受けて、「言ったことと違うことを書かれた」と苦情を述べてるのを、いくつも目にしたことがあります。

2014-09-09 23:16:24
枇杷 @loquat_priest

取材を受ける側からすれば対策は簡単で、載せる前の原稿を確認して、必要なところは訂正できればいい。ところが見聞きした範囲では、「原稿を見せて」と頼むと、多くの取材者は「それはできない」「そういうことはやらない」と言って拒むのだそう。それに対して「そんな取材は断れ」という人もいます。

2014-09-09 23:29:05
枇杷 @loquat_priest

自分はいままで、取材者が草稿を取材源に見せるのを拒むのは、その手間を惜しんでるんだ、悪く言えば「めんどくさいから」だと思ってました。ひと手間かければ自分の記事がよりよいものになるのに、なんでその手間を惜しむのかな、と素朴に疑問に感じてました。

2014-09-09 23:32:18
枇杷 @loquat_priest

今日、dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstre… コレを読んで、大きな誤解をしていたことに気がつきました。11ページ「取材後から記事掲載までに行われる情報交換に対する考え」。メディアの人々が“ゲラのチェック”をどう考えてるかがわかって、ショックとともに納得したんです。

2014-09-09 23:39:42
枇杷 @loquat_priest

科学者が自分の研究成果を世に問うとき、最も正統な方法は、原著論文を投稿して出版することです。その科学的妥当性を担保するため、科学者はふつう、査読つき雑誌を選んで投稿します。出版までの間に、論文はたいてい何回もの修正を余儀なくされるし、掲載そのものを断られる場合もあります。

2014-09-09 23:50:17
枇杷 @loquat_priest

何が言いたいかというと、科学者にとって、自身の著作物が出版前に他人の指摘で修正を受けるのは、当然に受け入れるべきこととされているわけです(ただし、科学的に妥当な場合に限る)。科学者の目で言えば、他人が書いたものも、必要があれば科学的なチェックを受け、修正されるのは当然のことです。

2014-09-09 23:57:14
枇杷 @loquat_priest

先の論文から読み取れるのは、これに対して、取材者の側は原稿のチェックを「査読」という視点では見ていないということです。「丸投げは原則としてダメ」「倫理的に見せてはいけない」「自分から検閲を受けている」とコメントしています。彼らにとって原稿を見せるのは「検閲」に他ならないんです。

2014-09-10 00:03:49
枇杷 @loquat_priest

(ここから先は自分の読解なので、必要なら修正をお願いします)科学者は自身の出版物の査読を、より科学的妥当性を高めるポジティブなものとしてとらえています。一方メディアに携わる人々は、出版物の査読と科学者が考えている過程を、出版の自由を侵す「検閲」としてネガティブにとらえています。

2014-09-10 00:08:54
枇杷 @loquat_priest

論文中のコメント「…学者だから研究者だから見せて当たり前というのは思い上がり。ジャーナリズムはしちゃいけないことです。ジャーナリズムの自殺です。」というくだりが、科学者とジャーナリストの間にある大きな溝を表していると思います。この溝が埋まらない限り、問題は解決しないでしょう。

2014-09-10 00:19:10
枇杷 @loquat_priest

自分は科学者の端っこの端っこに位置する人間なので、バイアスから逃れられません。それを自覚した上で、メディアのみなさんに考えてほしいと思います。研究者は果たして思い上がっているのでしょうか。事前に原稿を見せてということで、ジャーナリズムを殺そうとしているのでしょうか?

2014-09-10 00:23:18
枇杷 @loquat_priest

検閲とは本来、どういう意図のもとにどういう形で行われるのかをもう一度考えてもらいたい。科学者は、科学に対し謙虚で誠実であろうとする結果、当たり前のこととして自身の言論に責任を持たなければならないので、発信する内容をチェックしたいと望んでいます。

2014-09-10 00:32:42
枇杷 @loquat_priest

原稿を見せた結果、これは科学者の都合で内容が歪められている、ねじ曲げられている、検閲を受けたと感じたのなら、その旨正直に伝えた上でもとのまま報じる手もあります。最初から思い上がりだと原理主義的に拒むのは、それこそ思い上がりではありませんか?それこそがジャーナリズムの自殺では?

2014-09-10 00:36:56
枇杷 @loquat_priest

自分は報道の現場を知りません。しかし、例えば犯罪被害者に綿密な取材をして、それを実際に公にするとなったとき、被害者の傷に塩を塗るような内容になっていないかどうか、事前に内容をチェックしてもらうのはあり得ることでしょう。その過程まで「自ら検閲を受ける」と言ってしまうのでしょうか。

2014-09-10 00:41:22
枇杷 @loquat_priest

ジャーナリズムが検閲と闘い、表現の自由を勝ち取ってきた歴史には敬意を表します。それでも、ジャーナリストが自らの報道の質をより高めようと考え、自らの意思で事前に他者の評価を受けることを、私は検閲と呼んでほしくないし、原理主義的に拒むような態度は捨ててほしいと願います。

2014-09-10 00:45:16
枇杷 @loquat_priest

繰り返しますが、自分は報道に携わったことはないし、取材を受けたこともなければ、ジャーナリズムについて教育を受けてもいません。素人の独断と偏見ですので、事実認識や基本的な考えに誤りがあれば、ご教示いただければ改めます。以上連ツイおわり。

2014-09-10 00:50:08

コメント

増田太一郎 @ta1low 2016年2月24日
これはすごいな。原稿に事実が書かれているかのチェックが「ジャーナリズムの自殺」ならどんどん自殺してくれて構わないし、研究者はジャーナリストに取材されたら何も言わないのが最適だとよくわかった。
46
井上リサ @JPN_LISA 2016年2月24日
文系分野の評論、例えば美術評論、文芸評論、書評などは論者(記者)の言論と独立性を尊重するために、事前の査読は認めないというのならまだわかる。しかし科学論文や論説については、まずは「正しさ」を精査する必要がある。これは「検閲」とは違う。
46
moheji @mohejinosuke 2016年2月24日
ta1low 何言ってんですか。 ジャーナリズムなんかとっくに自殺して恨みつらみをまき散らす悪霊のごとき何かしかいませんよ。 恥ずかしげもなくジャーナリストでございなんて口に出す恥知らずにまっとうな職業人なんか存在するわけがない。
12
neologcutter @neologcuter 2016年2月24日
道理で #反原発 に都合のいい学者(例えば津田敏秀)ばっかりマスコミに出てくるんだよなあ。アイツらはイデオロギーや扇動の方が大事で科学的事実なんてどうでもいいんだろうね。
20
舶匝(はくそう @online_cheker) @online_checker 2016年2月24日
ごうまんな かがくしゃさまへ #憲法21条 へんしゅうのじゆうを おびやかすことなかれ。しんじつにはんする とおもうならば げんろんの じゆうしじょうで せいせいどうどうと ぺんや ぶろぐで たちむかいたまえ。 うらで こそこそと ぷれすに かんしょうするなど ごんごどうだん。 (かなで書けばさすがに……)
0
蓬莱人 @houraijin1981 2016年2月24日
社会科学分野でも同じです。私も取材を受けていますが、現行のチェックは許されません(一度、これでひどい目にあった)。そのため、最近では、非常に言葉を選び、相手方の言って欲しいことが分かっても、決して自分の確実な成果以外は話さず、その際でも”非常に限定した話”をするようにしています。ほんと、マスコミ関連の取材は受けたくないです(けど、くるんですよ…)。だから、中々記事にはなりませんが。
12
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月24日
取材に関しては「録音して、後で公開します」と言っておくといいのです。
10
pdx_jp @pdx_jp 2016年2月24日
online_checker 言論の自由を持ち出すなら「科学者がこう発表した・解説した」という風に書かずに、「〇〇新聞の××記者はそのように受け取った」「〇〇新聞はこのように理解した」と堂々と掲載すればいいんじゃないですか?つまり、記事に掲載されている内容について、科学者に尻拭いさせずに記者や新聞社が最終的な責任を負うわけです。科学者がそういったかのように報じる間は言論の自由に伴う責任を放棄してると言われても仕方ありますまい。
44
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2016年2月24日
既存のメディアが発言を捻じ曲げる事を是とするなら、既存のメディアに限らず発信できる今日において、科学者は既存メディアの取材拒否をしても良いんじゃね? なんなら共同で発表できるネットメディアとか作っても良い気がする。
18
三角頭 @JHBrennan 2016年2月24日
スゴイな記者は。 工学系でも論文発表前に査読当たり前。 その前にゼミや学部やらで質問の嵐に耐えられないような稚拙なものは文章扱いもされない。単なるゴミや妄想。 ゴミや妄想で給料もらえるんだから、記者は正義とかイデオロギーで事実捻じ曲げるのも日常茶飯事なのだな。
25
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2016年2月24日
検閲の問題は義務教育の社会科の常識だと思ってたのだが、違ったとは。査読に出したら、落とした査読者が別学術誌で盗用、何て話も_まれ_とはいえ_ある_ぐらいなので、どちらも完璧ではないのよね。当面は既出の「録音して、後で公開」が妥当か。
1
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年2月24日
記者は正義!がんばる。
2
trycatch777 @trycatch777 2016年2月24日
すでにコメントにあるけど、この状況で好き好んでメディアで好き放題言ってる自称「学者」や「教授」たるや、どういう人物か推して知るべし。
24
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
オレンジジュースのパッケージにあるオレンジですらルールがあり間違えれば違法になるる世界なわけで、責任の分担や独立性の保持ってのは取材対象のためでもあるんだけどね。。
1
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年2月25日
なるほどジャーナリズムってのは「デマを流しても責任を問われない権利」の事なのか
28
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
論文は「記者・科学者の意識や感覚のズレやすれ違い」を丁寧に調べて「科学者から記者へのフィールドバックを」ってすごく誠実な結論を出しているけど、ここのコメント欄は「ジャーナリズム(藁)」で纏まってるあたり、まぁディスコミニケーションは無くならんのだろうね。。
2
TaiDa @idarf777 2016年2月25日
そりゃあ、スキルが低くて取材内容の正確な要約もできないような記者が「査読?検閲だ!ジャーナリズムの自殺!」とか言えば「ジャーナリズムww」ってなるのもむべなるかな。でしょう。
20
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2016年2月25日
科学的発見の報道についてはやはり事前に原稿(の事実関係に関する部分)は発表者に見せて確認をとるのが標準になってほしいところ。ただ実際には、僕の経験上(年一回くらいはプレスリリースしている)、(「本来は見せないことになっていますが」などと言いつつ)過半数の場合は原稿についてのコメントの機会はいただけているかと。
2
sakai @SkiMario 2016年2月25日
原稿の正確性をチェックしてもらう事すら「検閲」なんて言う人たちから「ディスコミュニケーションに気付いたら連絡をもらいたい」って言われても、「どうせ私の意見は聞かないんでしょ?」ってなるよ。
21
@ice_box3 2016年2月25日
科学記事についてはきちんとチェックさせて欲しいし、記事には原著論文を明記して欲しい。 それとは別の話として、ディスコミュニケーションについてメディア側に直接抗議した人がインタビューイー8人中1人もいない、というのも問題ではありますね…
0
@ice_box3 2016年2月25日
「たとえば政策記事を担当した記者が政策作成者に聞きますか?」って、聞けばいいじゃんと思ってしまうな…
3
Hoehoe @baisetusai 2016年2月25日
既存メディアと科学専門ジャーナルで分ければいいんじゃないっすかね
1
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
ice_box3 報道から第三者性を取って生まれるのは「宣伝」や「御用メディア」や「ステマ」という奴です。だから記者は記者なりに知恵を振り絞って独自に記事を作る必要があるわけです。(その技量が足らん。努力が足らん。というのは批判されるべきことですが、そりゃ仕事が出来ないやる気が無いサラリーマンって話でジャーナリズム云々と主語を大きくして良い話ではない)
1
さとうのぶよ @0168_dainobu69 2016年2月25日
論文の「研究者が求める正確性は読者に伝わらない」という報道者の意見が理解できず。根拠は?読者とは?
12
emeraldsord @emeraldsord 2016年2月25日
要は「俺の好きに書かせろ、誰の指図も受けない」ってことだから、ジャーナリストなんて名乗るのを辞めて報道作家って名乗れば良いのに。「丸投げは原則としてダメ」て言ってるあたり、真実をありのままに報道する気なんて最初から無いんだから。
11
poweeeeerrrrr @poweeeeerrrrr 2016年2月25日
欧米のジャーナリストと一番違う点っぽい。欧米の権威のあるジャーナリストは 精査するってどこかで聞いた覚えがある
3
「立て!万国の労働者!」社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年2月25日
分かっていた話とはいえ改めて言われると確かにショックだな・・・「記者は正義」とか平然と言ってのけて疑問すら持たない人間が出るのも当然ということか・・・
21
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
emeraldsord誰かの指図や意図を汲んで書かれた記事を世間では「提灯記事」と呼びます。当事者の指図を受けないからこその価値が報道なわけで、「俺の好きに書かせろ、誰の指図も受けない」こそが報道なんですよ
1
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月25日
「誰の指図も受けず好きに書く」には相応の能力が必要なもんであってな…
18
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年2月25日
えっと……現状でメディアから発信される科学技術の類に関する記事については、無能が妄想で書いてるから信用してはいけないということかな? てか、このキチガイ染みた論説は、どこから生まれたものなのだ。普通の社会じゃ認められそうにもないんだが、いったい誰が最初に言い出した、あるいはそれが当然のものであると認識されるに至った起源は何なのだ。
10
@ice_box3 2016年2月25日
blackmen333f 「(当事者に)正確性をチェックしてもらう」ことと「第三者性を取る(取り除く、ということですよね)」ことがイコールだとは全く思えませんが…
12
@ice_box3 2016年2月25日
私が言いたいことはまとめ主さんがまとめの中で既に書かれてるので引用しますね。 「原稿を見せた結果、これは科学者の都合で内容が歪められている、ねじ曲げられている、検閲を受けたと感じたのなら、その旨正直に伝えた上でもとのまま報じる手もあります。最初から思い上がりだと原理主義的に拒むのは、それこそ思い上がりではありませんか?それこそがジャーナリズムの自殺では?」
13
たちがみ @tachigamiSama 2016年2月25日
能力も無いのに気位ばかり高い役立たずという印象が深まった 自信の記事の正確さよりもプライドを優先しているだけにしか見えん
21
たちがみ @tachigamiSama 2016年2月25日
取りあえずわかったことは記事の正確さは何ら担保されていなくて、書いた奴がそう理解した程度の感想文であり取材源に当たってみるまで実際の話はわからんということだ 何のために存在しているのやら
27
ケイ @qquq3gf9k 2016年2月25日
出版って校閲してるだろうからそこに学者を入れればいいだけではないのかね。
0
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
ice_box3 そら「ここがおかしい」「いやおかしくない」で終わりゃいいですが「俺の言い分聞かなきゃ今後大学として一切協力しない」とか「知り合いの科学者におまえに協力するなと伝える」とか科学者が言いだしたらどうします?他にもいろいろあるんですが、そういう危険性を無くし独立性を保持するからこその「発表前は見せない」ってのもあるんですよ
0
poweeeeerrrrr @poweeeeerrrrr 2016年2月25日
blackmen333f その姿勢を貫くには書く側にも相当なリテラシーが求められるので 欧米メディアの科学担当記者は相当専門的な教育を受けていたり、大学教授等のアドバイザーによるチェックを受けているらしいですよ。
20
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
blackmen333f (まぁ発表前に見せなくたって、自主規制やらかす報道も世の中珍しくないからなんともかんとも。一冊まるごと提灯記事の専門誌なんかもうね。。。)
0
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2016年2月25日
そもそも報道の価値って「事実をありのまま伝える」ことなんじゃないのか?作り上げた事実は事実とは言わない。記者の主観もいらない。昨今のジャーナリスト界隈がうんこの群れと化してきてるのに、『「俺の好きに書かせろ、誰の指図も受けない」こそが報道』とか言うからジャーナリスト()扱いされてるんだって現実があるよ。
17
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月25日
報道各社が扱うような幅広い分野について一般人にわかりやすく、間違いや誤解もなく伝えられる文章が書ける知識と腕前があるなら、おそらくその記者は独立したほうが収入が激増するな
4
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
poweeeeerrrrr そういう改善を求める第一歩として論文の「取材を受けて不満を持ったら記者に直接文句を言え。彼らだって良い記事を作るために日々努力してる」はつまらんですが妥当な意見だと思います。
0
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月25日
blackmen333f んー?それの何が問題なので?科学的妥当性を担保する気も能力もないと公言して憚らない連中に科学的な情報提供をしなきゃならん義理は無いよ。
15
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
sadscient 「STAP細胞はあります!!疑惑の報道したら科学者に手を回して今後オタクには一切協力しねぇぞボケ!!」と脅してまわる行為が問題にならないんですか?「科学的に妥当な主張である」を「誰が証明するのか」っのもこの手の問題の一つです。
0
sakai @SkiMario 2016年2月25日
誤報を訂正もしない癖に「日々努力している」とは思えないよね。そして訂正する気なんて無いくせに教えろ・協力しろって言われても無理でしょ。
20
sakai @SkiMario 2016年2月25日
「STAP細胞はあります!!内容を確認させずに報道したら科学者に手を回して今後オタクには一切協力しねぇぞボケ!!」は有り?
8
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年2月25日
STAPで言うなら、検証したのはジャーナリストではなく第三者の研究者達だった。ここで、記事を書くジャーナリストがニュースソースに関する正確性を欠いた記事を書いた場合、ジャーナリストは不正確な情報に基づく検証を第三者に強要することになる。これは誰の責任か?
21
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年2月25日
科学者による記事の確認は「正確性の確認」が主目的であり、上記のような伝達の不正確性をもたらすリスクを軽減する科学者が行えそうな手段の一つだ。ジャーナリスト側がそれを拒絶するなら、その結果に対する責任はジャーナリストが負うのが道理だ。…現状はどう見てもそうはなっていないが。
18
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
mtoaki そういった暴露記事が実際に週刊誌なんかには乗りますが、いかんせん金と法と会社の命運が関わることですからなかなかそうはいきません。「脅してなんかない。ふざけるな」と裁判沙汰になるだけで大ダメージを受けるわけですよ。。
0
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
Halfriceset 現状、不正確な記事が出たらTwitterで「マスゴミがー」と記事を叩き、苦情は新聞社に行き不正確な内容を流された科学者も新聞社に抗議し司法にでるわけですから、記事についての責任はマスコミが取ってるといえるんじゃないですか。
0
「立て!万国の労働者!」社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年2月25日
私の記憶が確かなら〜「STAP細胞はあります」をもてはやして祭り上げたのはメディア(ジャーナリズム)だったように記憶してますが・・・
14
「立て!万国の労働者!」社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年2月25日
「俺の好きに書かせろ」というのなら新聞の一番上に「この物語はフィクションであり事実とは無関係です」って書いとく必要があるんじゃないかね?
20
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月25日
blackmen333f 日本語で頼む。STAP細胞の疑惑を最初に発信したのは誰なのかと。
8
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月25日
blackmen333f どこの異世界の話だよそれ>不正確な内容を流された科学者も新聞社に抗議し司法にでる
5
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月25日
blackmen333f ていうかそれ脅しになるの?「科学的な妥当性を担保する気も能力もない」なら科学者の協力なんて不要じゃねえの。科学者も情報提供するメリットないし、新聞社も情報提供されるメリットないってことなんでwin-winじゃねえか。
15
「立て!万国の労働者!」社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2016年2月25日
そもそも好きにように書きたいなら「インタビュー」は必要ないだろ・・・「◯◯教授に聞いた」と書いておいて◯◯教授の意見と別なことを書くのは詐欺じゃないかね?「◯◯教授はそういってるが私はそうは思わない」と書くならならまだしもだ・・・
27
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
sadscient「捏造疑惑」ですね。抜けてました。ごめんなさい。。
0
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年2月25日
blackmen333f 苦情や抗議は「言論の自由」の範囲内の話でしかなく、有効性は「司法手続きを取って司法が認めない限り」出てこない。これは「責任を取る」事とは到底言えませんね。科学者側は査読と掲載後の同業第三者評価に晒され、STAPのように論文取り下げやポストへの影響に波及するのに対し、ジャーナリストは「責任の取り方」が非常に曖昧。このあまりにも著しい非対称性、不公平感こそが「不信」に繋がってると考えた方が良い。
18
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年2月25日
blackmen333f >「科学的に妥当な主張である」を「誰が証明するのか」っのもこの手の問題の一つです。 その「主張そのものと裏付けとなる事実」をジャーナリストが勝手に改竄した場合、どうすればいいのか?というのが、このまとめのそもそもの主旨なのですが…。証明する機会そのものを奪う行為なんですよ?
15
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2016年2月25日
(…まぁ、余りに酷いんで、近年は大学研究機関側で、取材に必ず広報を介在させる、プレスリリースと記者会見を即時オープンにするといった自衛策が取られるようになりましたけどね…。で、その「広報の介在」が完全に裏目に出たのがSTAPの割烹着…)
9
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
Halfriceset そことはまた違う話してます。と言うかそりゃその記者が「仕事が出来ないサラリーマン」ってだけで、それを持って「悪のジャーナリズム」「既存メディアは〜」なんて吠えたてて解決する話ではないと
0
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
記者と科学者双方に話を聞いて「取材に不満があれば科学者から記者へのフィールドバックを」と提言した科学者の主張に基づく論文が、まとめサイトに「記者が話を聞かないのは驕り」の根拠として取り上げられそして「そんなマスゴミに意見。無駄だアホ」と最初の科学者の主張を真っ向から否定する読者が現れる。我々まさに「科学者と記者のディスコミュニケーション」の当事者になってるのではないか#また荒れそうな
0
@ice_box3 2016年2月25日
いやあの、「こちらの意図通りに書かないと圧力かける」なんて、取材の時点から報道後までいくらでも可能性がある話だと思うんですが、何で殊更記事だけは見せないってところにしがみつくんですかね…
13
@ice_box3 2016年2月25日
むしろ「確認もできずに不正確なこと書かれるなら取材を受けない方がマシ」っていう人が現に出てきてるんですがそれは。
21
@ice_box3 2016年2月25日
「言うこと聞かなかったからうちの大学は取材禁止」なんて権力がある先生、どれだけいるんですかね…医学部あたりの古い体質のとこなら学部単位ではあり得るのかなぁ…?(色々と敵に回しそうな発言)
6
@ice_box3 2016年2月25日
悪質な記者については「個別の問題」で、悪質な研究者については「報道全体の危機」なんですか?
15
@ice_box3 2016年2月25日
まぁ百歩譲って取材した当人に確認はできないとしましょう。同分野の複数の研究者に正確性を聞くくらいはしてもらいたいですねー。
7
@ice_box3 2016年2月25日
あと何度も言うようだけど原著論文を明記してほしいですね。
11
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
ice_box3 それは両方共「個別の問題」でしょ?科学者が捏造やったからって「科学者は捏造をするだから悪だ」なんて叫ぶ人間はいなくては本人、精々「学会や科学を取り巻く構造的な問題が云々」って話なわけで。マスコミだってそれは同じですよ。とうかそう言った新聞の構造的な限界や問題のこともちゃんと論文で指摘されてるじゃないですか。。
0
デストロイヤー @ZopPure 2016年2月25日
事前チェックが不要って、きっとその研究者のところに来る記者は全員対等に会話が出来るレベルの知識をお持ちなんですよね!すごい!!
11
500円 @blackmen333f 2016年2月25日
ice_box3 見せない理由はそれだけじゃなく複合的な物です。と言うか科学者と報道機関が繋がらない事は科学者のためでもあるんですよ。#ゴットハンドはもうみんな忘れちゃったのかな
0
@ice_box3 2016年2月25日
はぁ。独立した報道だ何だって偉そうにしてる割に間違ったことばっかり書くから問題になるんで、正確な報道をしてくれるなら何でもいいんですよ正直。そのための一つの案として「事前チェック」があって、それを飲めないって言うならとっとと正確な報道してくださいねっていう。(面倒くさくなった顔)
22
@ice_box3 2016年2月25日
正確性を犠牲にしてでも事前チェックはさせないって強固な意志は十分わかったのでその部分はもういいです個人的には。
13
きむら しんいち @ShinichiKimura 2016年2月25日
査読か検閲か。その違いは結局のところ、相手に対する信頼。煽情性と主観的正義を追いかける記者には、立ちはだかる人がみんな敵に見えるのかもしれない。検証性と客観的事実を重んじる学者には、真理への誠実さを疑うことすら常軌を逸して映るのかもしれない。その価値観の違いをなじませるのは、本来ならニュース消費者の役割なのだろうけど。
0
YN,RedQueen @yn_redqueen 2016年2月25日
「取材者にも色々な差がある」と指摘した文屋が全員「確認取るのはおべっか使いみたいで嫌です(小声)どうせ役に立つ助言なんてもらえないし」と言ってる辺りに闇の深さを感じる。まあサンプル数3だから…
0
kaiedak @kaiedak 2016年2月25日
論文中の『新聞は新たな概念についての教育をすることはできない』というコメントに科学と新聞の絶望的相性の悪さを感じたわ>
8
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月26日
そもそも科学者側には取材受けるメリットとか全くないんでな…業績のアピールとかは論文で足りるし。取材受けても謝礼出るわけでもねえし。パブリックリレーションが必要なら既に出てるように広報があるし、それだって必要なのは国からでかい予算を摘むとかそういう一握りの分野だけだし。
11
Shouji Ebisawa @Ebi_floridus 2016年2月26日
ところで、記者の記事を編集長が確認するのは「ジャーナリズムの自殺」なのだろうか? つまり悪意を持って記者の言い分を解釈すると、取材対象としての「科学者」を下に見ている結果なのではないのだろうか? そりゃ「記者の取材」なんか受けなくなるよ。
11
八代泰太 @3914kcorkcolc 2016年2月26日
blackmen333f まず科学者側には「いつどこでどの様に記事にされるのか」確認する術が無い。最悪取材だけされて記事にならない事も有り得る。また、記事として「研究内容とは異なる内容」が掲載された場合、関係各所へ訂正や詫びを入れないといけない。その状態で、既に説明したにも関わらず理解しないまま派手にやらかしてくれた相手に、訂正されるかどうかもわからないフィードバック入れる価値があると思うのか?
12
八代泰太 @3914kcorkcolc 2016年2月26日
blackmen333f その論文はあくまで取材を受ける科学者側に向けて書かれたもので、解決策を示す際、報道者側には一切何も求めてないのに気がついた方がいいと思うけどなあ。
8
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2016年2月26日
blackmen333f 毒親の「こうするのはあなたのためなのよ」みたいな危うさを感じますね。<科学者のため # 個人の感想です
6
@ice_box3 2016年2月26日
んーと、フィードバックが行われていないこと自体は問題だし、論文中で「フィードバック大事だよね」って結論出してるし、研究者側がもっと積極的にフィードバックをしたほうが良いのは確かだと思いますよ。説得力も出なくなるし。 ただそれだとどうしても「事後」の対応にしかならないから「事前」になんとかさせてくれって話だったわけですね。ダメらしいけど。
1
@ice_box3 2016年2月26日
「フィードバックで報道は変わるんだフィードバックしよう」って言われて「ほんとにぃ?」ってなる気持ちは分かる。
9
三角頭 @JHBrennan 2016年2月26日
報道に記者の考えや意見は求めてないんのですよ。 特に科学記事には。 必要なのは事実であって、書き手の数だけ膨れ上がる真実とやらなどには一銭の価値も無いわけで。 欲しいのは事実。 無論何を報道し何をしないのかと言う方向性を私達受け手は常にチェックし監視もしないと行けないですが。
9
三角頭 @JHBrennan 2016年2月26日
マスコミ者は権力の監視だの言いますが、同時に自分たちの業界も監視し、椿事件などは関係者を二度と筆を握らせない程度に追い詰めるくらいはしないと。 だれが見張りを見張るのか。
11
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
qoonyan 石器捏造事件って「問題を指摘した学者が学会や社会の圧力を受けたので長年問題が放置され、第三者の新聞社へのリークという形で捏造問題が発覚した」という報道が独立していたからこそ発覚した事件でしてね。最期の駆け込み寺としての報道は科学者のためにもなるんです。
0
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
3914kcorkcolc 「クレーム入れても改善されるか分からんから無駄無駄」って問題を放置するその態度が一番の問題じゃないですかとしか。(要は科学者がまぁ仕方ないかと流される程度の問題が多数って話なので、こう言う態度になるって事でもあるんでしょうがね(
0
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
それとこれは無関係です。
8
@ice_box3 2016年2月27日
フィードバックすれば報道は変わるって言ってるけど、具体的にどう変わるのか全くわからないのがアレですよねー。 「フィードバックしろ、でも事前チェックは断固拒否」、なら具体的にどうやって正確性を増していくつもりなんです?っていう。
9
@ice_box3 2016年2月27日
で、「研究者の言う正確性は世間には求められてないから」とか突っぱねるなら、そりゃ「もういいよ」って気分にもなりますわな。
9
@ice_box3 2016年2月27日
まぁそれでもきちんとクレーム入れとけば、少なくとも「フィードバックしない研究者側にも問題がある」って言い分を潰せるわけで、みんなフィードバックしよう。
8
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
ice_box3 その変わる方向性を問う為にも意見を言う以外ないでしょう。というか論文読めばわかりますが、大半の捏造は「記者の間違え」か「記者の強引な取材」による物なんですから、クレームを述べて改善を求める以外根本的な解決は有りませんよ。現在でも「間違いだったら事後に訂正報道をする」「取材方法を改める」という対策は常に行われてます。
0
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
ice_box3 それもう根本的に紙面の限度がある報道の問題と読者の問題なので記者だけを責めても仕方ないです。研究者は難解な専門用語を連発して何万字用いて書いても良いですが、報道は読者が読みやすく紙面や掲載メディアの都合がついて回るものですから正確性は違いますし、世の中大半の人は研究者が言う正確性なんて求めてません。「○○という人が△△という事を発表した」が大事であって「引用した論文XとしてるがYだ」なんてオタクが文句言う程度の話です。(そういう感覚の違いがあるのも問題の一つなんでしょうね
0
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
こういうと「なら学者は報道にかかわらないだけ」って意見が飛ぶけれど、「世間に認知されてない研究には予算が下りない」というのは現在の学問について回る問題でしてね。学者自身がマスメディア並の発信力を持って世界に公表できるならいいけれど、そんなのネットが繁栄してる今でも難しいわなという。(新聞ではなく新しいメディアやSNSに頼む?ここ見れば判りますが、世の中の人が求めてるのは「話題性」で「研究者の正確性」なんて新聞以上に無視される世界ですよ。この界隈は)
0
sudoufu @kappazizou 2016年2月27日
blackmen333f「世の中バカばっかだからバカ用に適当に書いていい」って言ってるようにしか見えないですね。
11
@ice_box3 2016年2月27日
あ、うんやっぱりフィードバック無駄だわ解散解散 てなるだけの発言をされたことだけは指摘しときますね。
9
@ice_box3 2016年2月27日
問題の一つじゃありませんそれが最大の問題です。
5
@ice_box3 2016年2月27日
世間に認知されない問題には予算が下りない?大きな予算とってる研究が全部世間に認知されてると思ってるんですか?研究者同士ですら分野が違えば全く知らないこともあるのに?
8
フローライト @FluoRiteTW 2016年2月27日
ぶっちゃけ記者が「せっかく書いたのにダメ出しされると面倒臭いし」と逃げてるだけだな。私ゎジャスティス系の大学でサークル活動ばっかしてた自意識過剰バカばっかが報道目指すから、地味で真面目な仕事というのを軽んじる。
9
@ice_box3 2016年2月27日
しかしまぁ予算の話をちらつかせて「君らには報道が必要なんだよ報道側の都合に合わせろ」みたいなゲッスい話をしてくれたもんですね…
9
@ice_box3 2016年2月27日
ice_box3 問題じゃなくて研究でしたすいません
1
@ice_box3 2016年2月27日
…段々「査読と検閲」の話からズレてきてるし、自分で読んでも連投ウザいし、もうやめますね。
2
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
kappazizoukappazizou 適当云々じゃなくて、何を求めるかの違いですよ。「円周率は約3.1425でこれを求めた」と「これは円周率を利用して求められた」の違いを気にするのが学者ですが、世の中大半の人はそうじゃなくて「それで何を求められたか」を気にしますし、「ニュースの正確性」もそこが重要視されるんですよ。
0
九十九 @hakqq 2016年2月27日
1ツイートで大体12・3行見当だから、その論文を4ツイート(中トロ位の原稿量)で丁寧にまとめてみてください。但し使用できる概念は高校卒業程度を見込みます
3
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
ice_box3ゲスいとか言いますがこれ「一般受けが良く予算も多い応用科学に人が集まり基礎科学が蔑ろにされてる」って科学のあり方の問題にもつながりまして。それを解決するために報道を始めとしたマスメディアと積極的に関わって「基礎科学は一般受けしなくても面白いのよ。大事なのよ」と啓蒙してる科学者もたくさんおりますねん。(そういう読者の発展の為にも科学と報道の関わりが変わってほしいものです。
0
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
「話題性と予算」の実例としてはips細胞かな。ノーベル賞の報道で話題になった山中教授以降関係する予算だの補助金だのが跳ね上がったという。(そして森口教授やSTAP細胞事件が出てきた訳だから、報道の問題を表す話でもある)
0
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
マスメディアにジャーナリズムなど存在しない。そこにあるのはコマーシャリズムだけだ。ということが喝破されて幾久しいわけですがずいぶんボンヤリと生きてらしてる方もいるのですねえ。 どういう立場の方かは存じ上げませんけれどもね。
4
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
どんな企業でも社会的な使命というのが存在して、企業活動はボランティアではない等と嘯くのは自由ですが社会の中で求められる役割があるのですがね。 もちろん志が100%で実現されるわけではないんですがそれを志向することがあらゆる業界の職業人で必要であり、それを一般的に職業的理念、良心、使命感と呼ぶのだろう。 よくマスメディアは事実だけ報道すればいいという意見も聞くが、記者の正義はあってよいというかあってしかるべきものだと思う、ただそれが一般的なものと乖離していて害をもたらしているのが現状だ。
3
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
森口教授の事件やSTAP細胞事件の際もそうであるし、それ以前のこともこちらとしては忘れてはいないのだけれども、三菱ふそうのリコール隠し事件における執拗な三菱バッシングとその他大広告主メーカーとの間における報道の差、ゴッドハンド氏もSTAP細胞もそもそも話、読者が求めていることを理由に過剰に実態を超えて話を拡大したうえで問題を大きくしたのがマスメディアということもこちらとしては忘れていないのだけれども。
8
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
第一、第三者性がどうのこうのという割には記者クラブなどによる取材対象に寄り掛かった取材を主とする政治報道や、速報性の問題があるにせよ実態を精査しない警察発表の垂れ流しの事件報道その他マスメディア自身第三者性なんてものに価値なんかまるで信じていないであろう事実を補強する状況というのはいくらでも取り上げられる。
5
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
マスコミ人の良心や倫理観に期待するというのは蟲に向かって道徳を説いて行動を翻させることを試みるようなものだ。 彼らの行動は広告媒体としての自社の価値を最大化することに特化して自動的であり、そこに倫理観などを持ち込まれる謂れは彼らにとって無いのだ。
3
八代泰太 @3914kcorkcolc 2016年2月27日
blackmen333f まず 記者「○○という人が△△という事を発表した」 →○○「そんなことは言ってない。そもそもそんな研究じゃない」 というケースが良くあるのが件の論文が書かれた切っ掛けなのに、何を言ってるんだ? 取材しておいて聞いた話を理解できていないまま何となくこんなこと言ってたっけ的な記事を書く上、面白いネタにするために研究内容からかけ離れた誇張するから、記事として発表する前に査読させろと言われてるのにそれは検閲だとして拒否なんだろ?
10
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
3914kcorkcolc「 それで調べてみたら報道側にも色々言い分があるし報道の限界や記者が書いた記事が100%乗らない現実もある。でも彼らは彼らなりに道徳を持って頑張ってるから、科学者は読者としてでも取材を受けた相手としてでも不満があればぶつける所から始めるべきだ」論文じゃないですか。報道をあざ笑うならまずそこまで汲み取りましょうよ。論文を面白おかしく切り取って科学者の主張や求める正確性を聞かないってそりゃまさしくあなたが指摘してる貴社の行為そのままですよ
0
八代泰太 @3914kcorkcolc 2016年2月27日
blackmen333f で、論文では「ディスコミュニケーションに研究者がどう対応するか」に話を膨らませたけど、このまとめではディスコミュニケーションのもう片方である報道側の意識について触れているわけだ。実際あるある大辞典みたいにデータは捏造するわインタビューは曲解するわ無断引用するわって役満番組つくる事もあるんだから、せめて話を聞いた相手には内容確認してもらうべきじゃないの?独立性どうこう言って捏造報道するよりは。
8
八代泰太 @3914kcorkcolc 2016年2月27日
「僕たちは正義を目指し報道倫理をもって記事を書く努力をしています。だから不正確なところや憶測で書いてある部分もあるけど許してね。教えてくれれば後で紙面の片隅に訂正するから」ってインタビュー相手にも不誠実だし、読者に不良品売りつけて開き直るのとどう違うよ
12
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
3914kcorkcolc あるある大事典はバラエティなんで話がまた変わるんですがね。あの手の情報番組の偏りって相手の意図を汲むって理由もあるんですよ。ツーカーの仲になって協力して貰えなくなったら番組が成り立たなくなるから機嫌を取る必要が有る。それはそれで偏りない事実が報道できなくなる恐れがある。だから報道では過度な接触は避けつつ記事を作るってのが基本なんです。でこれは科学だからと言って覆る物でもないと(ジャニーズ報道とかで散々指摘されてますが、出来てない部分も大きいんですけどね。これ)
0
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
あと論文でも指摘されてますが製作上の都合で事前確認が難しいってのも大きいんですよ。新聞なら翌日。週一連載だとしても一週間で一本仕上げて問題ない文章にしたて上げそれも最終稿一時間前に大ニュースが入れば報道されない事が有るという世界ですからね。。制作から査読で月単位の時間がつぎ込める論文と一緒にしちゃいけません。。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月27日
せめて、内部でも理系の専門教育受けてる奴いるだろうから、最低そいつにチェックさせろよと。研究者でもないおいらみたいな一般読者ですらわかる間違いを垂れ流してる例を非常にたくさんみかけるよ
8
MarriageTheorem @MarriageTheorem 2016年2月27日
日刊だろうと週刊連載だろうと、報道側が自分たちで決めたスケジュールを理由に「締切があるから事前確認不可」と言われましても。取材される側はそんなハイペースで記事掲載してくれと頼んでいるわけではないでしょう。
13
MarriageTheorem @MarriageTheorem 2016年2月27日
あと、学術論文の執筆(投稿)と査読で月単位の時間が費やされるのは、学術研究成果の発表に求められる正確性の担保にそれだけの時間を「掛けざるを得ない」のであって、好き好んで長い時間を費やしているわけではないです。
6
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月27日
なんか徹頭徹尾新聞屋の都合を一生懸命説明してる奴がいるけど、新聞屋の都合に合わせなきゃいけない理由なんて科学者にも読者にもねえよ。
11
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
sadscient このまとめの主張って「科学者が記事の制作に関わりたい」って主張ですよ。「記事の制作に関わるがお前らの都合にゃ合わせん。俺のやり方でやらせてもらう」て無責任にもほどがありますし、「科学の事を理解しない報道」を批判して「報道の事を理解しない科学」はOKなんてただの依怙贔屓ですがな。
1
ビッター @domtrop0083 2016年2月27日
自信のある成果物をレビューに出しても、ボディブロー1発で沈められて「こっちも暇じゃないんだから、ブラッシュアップしてからもってこい」と言われるとか、新人ならよくあること。
3
500円 @blackmen333f 2016年2月27日
MarriageTheorem 取材対象じゃなくて社会が速さを要請するのです。「論文を書くか。さもなくば死か」と言われて、時間が無いと叫んで長い科学者ならこの事情もわかると思いますよ。。(あと三日しない内に話題を忘れるTwitter民)
0
poweeeeerrrrr @poweeeeerrrrr 2016年2月27日
blackmen333f まとめサイトツイッター完全正義!
0
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月27日
blackmen333f 違うよ。新聞屋が科学者に「記事の制作に協力して欲しい」と言っておきながら言ってもいないことや科学的に間違ったことを書き飛ばしてるんで、それが迷惑だ、という話です。先にも書いたけど科学者には新聞屋と何らかの関わりを持つメリットなんかねえのですよ。
11
佐渡災炎 @sadscient 2016年2月27日
blackmen333f これも違うよ。新聞屋が「社会が速さを求めてる」と思い込んでるだけで、社会としては新聞屋にそんな物求めていない。速いメディアならもっと便利なのが既にあるわけで。
12
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
話題が早くて祭りになって出鱈目だろうが何だろうがその場盛り上がってあとからデマでしたー!でも責任取らなくて済むならそもそも話存在意義も社会的な価値もネットが既に取って代わってて既存メディアが必要である理由なんか全くないですものね。
8
moheji @mohejinosuke 2016年2月27日
いやむしろ普段新聞なりTVなりの1次情報源を持つメディアの存在価値を擁護しているほうなんですよ?自分は。 ただこうやってその存在意義を脅かすような話ばかり頻出すると(しかもどうやら中の人らしき人物からそれを否定するような話ばかり表出すると)あきれ返って言葉もないですが。 そんなに死にたいなら勝手に死ねと。
7
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2016年2月28日
もちろんまあ、アレな学者さんもいるけど、けっきょく複数ソースから記事を構築していれば、本筋はまともな流れを維持できるはずなので、チェックしてもらうほうがいいとおもうけどなぁ。というか新聞側が自分都合でのデメリットについてなんも面倒見てないのがアレだよな...
0
MarriageTheorem @MarriageTheorem 2016年2月28日
(「「トンデモ」と科学の見分け方」 http://togetter.com/li/943383 のコメント欄をあわせて読むと非常に趣深い)
7
@ice_box3 2016年2月28日
MarriageTheorem 薄々分かっていたけれど、自分がいかに無駄な時間を使ってしまったか思い知らされました…
5
駐日ベイシュノリア国大使館 @TKRB48 2016年2月28日
要は、マスコミは「事後のチェックにさせろ」と言ってるわけだけど、じゃあマスコミがある科学的報道への訂正を元の報道と同じボリュームでやるかと言われたら、皆はそうは思ってないから「事前のチェックも受けろ」と言ってるわけで、そこに信頼性がなければ、マスコミの主張は受け入れられないだろうね
6
酷道内調隊@手洗い励行 @tocch 2016年2月29日
嘘つきと編集による印象操作が病的なので、発言を引用される側としては自衛も致し方無しなんだけどなぁ。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月29日
外部に左右されたくないなら、内部でまともな査読する部署作れよと。どこかのまとめサイトみたいな零細ならともかく、大きな新聞社、大きな放送局なら修士や博士とった奴を何人か確保くらいできるだろ。暇な時間には取材させたりとかすればいいじゃん。
7
神代武流 @tkr_kmsr 2016年2月29日
根っこにあるのはやっぱり「我らこそ正義」とか「批判する側であって批判される事はあってはならない」とかの特権意識じゃないだろうか。本来事実を求めるはずのものが「検証」すら拒むってのは、検閲とか表現の自由を勝ち取ったとかお綺麗な話じゃ済まないレベルだと思う。
4
四条あき @Aki_Shijou 2016年2月29日
どんな研究に対しても第一声が「それは何の役に立つんですか?」が正解だと思ってる人たちだからなあ
0
並成和礼 @isshy7374 2016年3月1日
オオカミ少年にも、言論の自由はある。その自由は「自ら死ぬ自由」。
0
きいまん @jp_keyman 2016年3月1日
不遜な人間はどう指摘されても自分が不遜だと思わない、という話に過ぎないのでしょう。その根本には「何かを間違えると人生が狂う」という危機感がない状況だ、ということかと。
0
Dilettantist @86C805i 2018年7月23日
「間違いをチェックさせないなら概年齢と職業(研究者は大抵団体職員か会社員)以外の個人情報を出すことは許さない所属の名も出させない」かな。実名所属入りで変なこと言ったことにされたら信用に関わる。
0