10周年のSPコンテンツ!

昔のSFにはネタが山ほど転がってるぞ! 使わなきゃ損だぞ!

反響が大きかったんでまとめてみました。  ここで提示したのは、換骨奪胎できそうな例のほんの一部です。もちろん活字SFだけじゃなく、昔の映画やドラマ、歴史小説やサスペンス小説なんかにも、まだまだネタはたくさん眠っているはずです。  これは基礎教養とかの問題じゃなく、作家が生き残ってゆくための生活の知恵みたいなもんだと思ってください。
書籍 文学 SF ライトノベル 小説
212
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
トラックよりも鉄骨が危険だよね。トラックは事故らないことも多いけど、アニメとかでクレーンで鉄骨を持ち上げてる場面が出てきたら、100%落ちてくるもんな(笑)。 /転生トラックの元ネタを探しに行った - カトゆー家断絶 katoyuu.hatenablog.jp/entry/reincarn…
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
あれからちょっと、古いSFにおける主人公の異世界転移の原因について考えてみた。 ブラウン『発狂した宇宙』新型ロケットが墜落してきた。 ディ・キャンプ『闇よ落ちるなかれ』落雷。 ハミルトン『時果つるところ』核爆発。 twitter.com/hirorin0015/st…
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 僕がパラレルワールドという概念を初めて知ったのは、白黒版の『鉄腕アトム』の「地球解放」というエピソードだった(脚本:辻真先)。アトムが工事現場で強力な爆薬の爆発に巻きこまれ、パラレルワールドに飛ばされるという話。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 基本的に、日常ではありえない強大な衝撃に遭遇すると異世界に飛ばされる、というのがSF界の共通認識だったと思う。  昔読んだショートショートにこんなのがあった。東京に核ミサイルが落ちてくることが判明し、都民はみんな避難する。でも主人公だけは落下予想地点に→
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 向かって悠然と歩いてゆく。「核爆発の瞬間、強大なエネルギーが発生し、爆発の中心にいた俺だけは衝撃で異世界に飛ばされるはずだ。東京都民はみんな死ぬが、俺だけはこんな世界におさらばして、異世界で生きてゆくんだ」と。→
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 でも、ミサイルは不発に終わり、都民はみんな無事だったが、落下地点にいた男だけが死ぬ。
ブラスコウ/秋友克也 @sjxqr393
@hirorin0015 お邪魔します。少し時代は下りますが、アメコミ『ザ・フラッシュ』123号(61年)では、高速活動能力を持つ主人公が体を高速振動させた結果、素粒子の振動周期のズレによって同じ空間に併存している異世界に同調し移動してしまう、という理屈っぽい展開がありました。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@sjxqr393 DCコミックスでは、イアンド・ビンダーとかエドモンド・ハミルトンとかアルフレッド・ベスターとかがシナリオ書いてるんで、そのへんのSF作家の発想が流入してるのかもしれません。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 もちろん強大なエネルギーをともなわない異世界転移というのもある。代表的なのがバローズの『火星のプリンセス』。夜空を見上げているうちに火星に来ちゃう。何それ(笑)。 でもこれが、現代人の主人公が異世界に行って悪と戦い美しい王女と恋に落ちる話の元祖なんだよ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 さすがにそれはどうよと反省したのかどうかは知らないが、その後の『地底世界ペルシダー』では〈鉄モグラ〉というメカを使ってるし、他のシリーズでもロケットとか潜水艦とか、冒険の舞台に移動するための手段をちゃんと用意するようになってる。
初回特典大ライス @kosakinium
@hirorin0015 似たような話同士の主人公たちのタイムスリップの原因だと、『超人たちのコーヒーブレイク』(さだまさし)局地的な地震・『三億の郷愁』(清水義範)土砂崩れ・『僕はビートルズ』(藤井哲夫・かわぐちかいじ)地下鉄の線路に転落-いずれも昭和30~40年代行きですが。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@kosakinium かんべむさし 「還らざる彼ら」(1977)は、現代の日本人が交通事故の衝撃で第二次大戦末期のドイツにタイムスリップしてしまう話で、当時、「これぐらいのことでタイムスリップが起きていいのか?」と、ちょっと違和感を抱いたことが。
初回特典大ライス @kosakinium
@hirorin0015 かんべむさし作品だと、バルバロッサ作戦当時のドイツ軍が1970年代の関西に侵攻する『逃げる』がありますが、どの程度の事故であれだけの部隊がタイムスリップしたのかを逆に考えるのも面白いかもしれません。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@kosakinium あれってはたして自衛隊は勝てるんですかねえ? どなたかミリタリーに詳しい方に検証していただきたいところ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
日曜日のLiveWireのトークショーでも芦辺拓さんと話した。「現代のライトノベル作家はもっと昔のSFを読め」と。 べつに基礎教養だからとかいう理由じゃない。「昔のSFにはネタが山ほど転がってるぞ! 使わなきゃ損だぞ!」と言いたい。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 たとえば神代創 『パートタイムプリンセス』というラノベがある。主人公の男子高校生が、異世界の王女様と精神が入れ替わってしまうという話。 これ、元ネタはハミルトンの『スターキング』なんだよね。 amazon.co.jp/dp/4840106320
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 こういうのを言い表わす便利な四文字熟語があるので覚えておこう。 「換骨奪胎」! パクリでもパロディでもオマージュでもない。こういうのは換骨奪胎と言うんだよ。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 創作を料理にたとえるなら、他の人が発見した食材を使って別の料理を作るようなもの。だから盗作なんかじゃない。 『パートタイムプリンセス』は、『スターキング』の見事な換骨奪胎だと感心したもんである。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 僕の作品の場合、『地球移動作戦』は『妖星ゴラス』、『去年はいい年になるだろう』はジャック・ウィリアムスンの『ヒューマノイド』、「ミラーガール」はブラッドベリの「歌おう、感電するほどの喜びを!」が元ネタだったりする。
近衛秀一 @konoesyu
@hirorin0015 「本歌取り」と同じような感じでしょうか…
クファンジャル好き @stylet_love
@hirorin0015 ネタの再発見は非効率的ですしね。 私もサイバーナイトの世界観を参考にさせてもらい、短編書いたことあります。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 だからね、昔のSFってそういう換骨奪胎できるネタが山ほど転がってるんだよ。 たとえばブラウンの『発狂した宇宙』は、SF雑誌の編集者が、SFファンの妄想が具現化したような世界に飛ばされてしまうという話で、これなんかいくらでもラノベに応用できると思う。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 あと異世界転生もので言うなら、ハミルトンが1943年に書いた「追放者」というショートショートがある。SF作家が次の作品の舞台にする異世界を構想しているうち、その世界の中に入ってしまうという話。その話を聞いた仲間のSF作家が言う。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 「もちろんその世界で目がさめると、きれいな娘がきみの上にかがみこんでいる。だから、きみは『ここはどこです?』って訊いたんだな」 1943年の時点で、すでにこういう話がテンプレになっていたことがうかがえる。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
@hirorin0015 僕はいつか「追放者」を換骨奪胎してやりたいと思ってるんだけど、どうしても超えられないのがあのオチ! あれは衝撃だよ。特に、描かれたのが第二次世界大戦中であることを理解して読むとね。
残りを読む(42)

コメント

江頭キチジロー @yanagomi 2016年2月25日
かのディ○ニーなんか、けっこう換骨奪胎やってるもんね。
kaburazaka @kaburazaka1 2016年2月25日
>しょっちゅう空から女の子が降ってきたりする  この歌を紹介したい「MOSAIC.WAV -空から女の子が降ってくる街-」http://www.nicovideo.jp/watch/nm7053993
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年2月25日
翻案…だとリライトとかリメイク扱いになるのかな。
Maulwurf @a7m167509498 2016年2月25日
陳腐化したアイデアの丸パクリ、トレス。
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年2月25日
書こうと思ってたネタバラされてて辛いw
endersgame @endersgame3 2016年2月25日
ネタプールが小さいとすぐ枯渇するし飽きられるよという話で。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年2月25日
あーー!! 空から少女が降ってきた!! しかも100万人!!
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年2月25日
「空は女の子でいっぱい」(中田雅喜)もぜひ読んどいてほしい。たぶんネタは流用できないけど。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年2月25日
眉村卓『ねじれた町』古い城下町を舞台に召喚獣と超能力バトル!と書くと、40年以上前のジュブナイルSFには聞こえないなw
転倒小心 @tentousho 2016年2月25日
ニーズを拾って書くスタイルなのでお客さんが同じ甘さを求めたらそりゃあみなさん似たもの書くんじゃないかと思います 書きたいけど書けない そこを突破した人がヒットしてるのも確かなんですが
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2016年2月25日
手塚治虫も石ノ森章太郎もSF小説や映画からの換骨奪胎腐るほどやってるから外から何か言われた時は『手塚スタイル(キリッ』とドヤ顔で言ってやりましょう。
生チョコ焼チョコ @namatyokoyaki 2016年2月25日
発狂した宇宙とか懐かしいなあ。ミシンてどうよっておもった。 でもこれにどうしても似てしまう現象があるってきいて、人気というアニメを最終回ググってみたらこんなで。そんなもんなんで人気なんだとどうしてもSFのほうが格上だと思ってしまう私はアニヲタに嫌われるのだろう。。私は絵とかヲタ臭いんで本当はヲタが向いてると思うんだがSFのせいでどうしても無理(笑)
粒あん・内調おじ㌠ @keroa18 2016年2月25日
「みんなが昔のSFからパーツ持ってきたら同じことになるわけでしょう。」 → そこは戦術と腕かな。
い・かえる @ita_kaeru 2016年2月25日
ありとあらゆるSFネタをこれでもかとぶち込んだチャールズ・プラット「フリーゾーン大混戦」思い出した。よくアレだけ詰め込んで破綻しないもんだと当時は関心したわーw http://www.amazon.co.jp/dp/4150110468/
い・かえる @ita_kaeru 2016年2月25日
むしろファンタジー系ラノベ作家はインスパイア元に読者があまりかぶらない時代小説とかのほうがバレにくいかも。 野田昌宏先生がキャラをたてる教科書として勧めていたのは柴錬の「われら九人の戦鬼」暴力、正義、団結とオトコノコが好きそうな(三国志とか水滸伝とか北斗の拳とかw)エンタメの要素てんこ盛りで小池一夫先生の劇画のようなキャラ立ちっぷり。 http://www.amazon.co.jp/dp/4087478416/
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月25日
デューンのポール・アトレイデスを国替えする若様にしたり、忠臣蔵をスペースオペラにしたりとかですね(後者は豊田有恒がすでにやってる)。
紙魚 @silver_fishes 2016年2月25日
“「みんなが昔のSFからパーツ持ってきたら同じことになるわけでしょう。」 → そこは戦術と腕かな”はい、“換骨奪胎というのは、元の作品を超えなきゃ意味がない。元の作品よりつまらなかったら、単なる亜流、縮小再生産だから”、「昔のSFが換骨奪胎でいただけるぞ」という話ではなく戦術と腕を上げる話のほうがいい気がします。
紙魚 @silver_fishes 2016年2月25日
他の人のツイートですけど、“「ラノベ同士で換骨奪胎し合ってるから多様性がなくなる。昔のSFを読もう。おれは昔のSFを読んでSF書いてる」って言ってておかしいなって思わなかったのかな”がコンパクトにまとまっていると思いますね。
倉瀬美都 @clausemitz 2016年2月25日
『時の果てのフェブラリー』も『ストーカー』も両方読んでるのに、前者が後者の換骨奪胎なんて全然気づかなかったわw
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月25日
ケン・リュウって星新一のパクリだよね。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月25日
星新一「ボッコちゃん」を換骨奪胎するとケン・リュウ「愛のアルゴリズム」になります。
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2016年2月25日
良いアイディア、良い作品なんだけど、筋立てや小道具が古くさくなってしまった場合、「換骨奪胎」して今読める作品にしてもらえるのは、読者としては大変有り難い。
深井龍一郎 @rfukai 2016年2月25日
バルバロッサ作戦開始時のドイツ軍主力戦車は3.7cm砲装備のIII号戦車F型や42口径5cm砲装備のG型で、IV号もIII号突撃砲も7.5cm砲とはいえ短砲身榴弾砲装備の形式しかなく、T-34やKV-1の装甲が抜けずに普通の方法では撃破できなかったので、第二次大戦後の戦車である自衛隊の装備には歯が立たないはず。よほど数の差が開かない限りはなんとかなるのでは。
Maulwurf @a7m167509498 2016年2月25日
30年位前に読んだ、SF小説の書き方(アメリカSF雑誌の編集者による執筆)には新人作家が古典SFパクったような陳腐な作品を編集部に送ってくるが、こういうのは読まずにゴミ箱に直行だ!って書いてあってひでえと思ったwどう見ても新人にやる気なくさせる悪本だった。その後出版された、野田昌宏のスペースオペラの書き方は良かった。ドラクエ4の元ネタだ。
Maulwurf @a7m167509498 2016年2月25日
こういうのはドラえもん、ファイブスター物語、ナウシカ、平井和正の作品とかでさんざんやりつくされてる。最新のSFは全く読んでないので今のSFの最先端のトレンドや流行はなんだろ?魔法と区別がつかないようなセカイ系が多いと聞いたがw
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2016年2月25日
十月一日では遅すぎるの本歌取りと言えば恐竜探検隊ボーンフリーが何故出てこない。あとスターゲートの元ネタはハミルトンの虚空の遺産ですな。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年2月25日
あれ? でも「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は「時尼に関する覚え書」のパクリだってさんざん叩かれてたような。危険じゃね?
ヒジャチョンダラ @citabow 2016年2月25日
換骨奪胎というモノじゃ無いと思うけど、『2001年宇宙の旅』 は 『西遊記』 を下敷きにしてるんじゃないかと思ったなあ。
MSO @kusoyamanoou 2016年2月25日
新選組(燃えよ剣)からバクシンガーを作成したようなもんか
空飛ぶ猛毒にんにく(噛み付きます) @ryo_ryo_ki 2016年2月25日
そう言えばスターウォーズはジョセフキャンベルの神話研究からも着想を得てますね。
神代武流 @tkr_kmsr 2016年2月25日
なんだかんだ言って源流がSFだったとしても、上げられているようなネタを使ってる作品はラノベにも多々あって、今更源流探しして換骨奪胎しても大差ないかなぁ、と思わなくもない。古橋秀之の「ある日、爆弾が落ちてきて」なんかは、そういうSFネタを上手くまとめてオムニバスに仕立ててたりするし。
愚者@ C97申込済 @fool_0 2016年2月25日
昭和中期の関西にバルバロッサを発動する独軍とか、昔の作家も想像力が豊か過ぎるw
TAKAKO★マッドネス @takakomadness2 2016年2月25日
別に押し付けてる訳でもない、上から目線でもない、ただ単に「君コレ知ってたら一歩抜け出せるで」って話なのにイチイチ噛みついてる連中は何なの。
聖夜 @say_ya 2016年2月25日
鉄骨は結構な割合で受け止める人がいるので殺傷力でトラックにかなり劣るんですよね。記憶にあるかぎり初めて読んだトラック転生はイースのゲームブック(1989)だった気がします
聖夜 @say_ya 2016年2月25日
あとはトラックじゃなくてバイク事故ですけどダンバイン。バイクごと転生したことでエピソードにも幅が出ますね
瀬戸内の朝焼け @naotokakashi 2016年2月25日
むしろシェイクスピアまで遡ってみるのも一つの手?
ざの人 @zairo21 2016年2月25日
昔は SF設定のあら探し、現代は 加えて! 他人のツイートのあら捜し
comings @c0mings 2016年2月25日
『パートタイムプリンセス』に元ネタがあった!?今の今まで知らんかったよ
名無し岩手県民(鯨美味い) @iwatekenmin01 2016年2月25日
田中芳樹氏は過去の戦争や歴史から色々インスパイアして小説書いてますね。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月25日
シェイクスピアはパクリの天才であります。
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2016年2月25日
最近はもう、異世界に転移して俺TUEEE、とかね・・・。SF見なくなったな・・・。
名無し岩手県民(鯨美味い) @iwatekenmin01 2016年2月25日
古典やSFって膨大な量があるのでそういうのを手広く読んだほうがネタの幅は広がるよねっていう話。
たろー @hanpa64 2016年2月25日
平野耕太「ドリフターズ」も航時軍団や豊田有恒「スペースオペラ大戦争」なんかの影響見て取れるよね。
minkkanjinno @minkkanjinno1 2016年2月25日
電車を乗り過ごして異世界グンマに行ってしまうってのもありますね。
司城肥後介誠治 @opinel432 2016年2月25日
論旨は納得できるんだけど、例えが上手くない気がする。古典SFから借用してSF書いた、じゃなくて歌舞伎とかから借用してSF書いた、とかなら普通に納得してた。それこそ古典SFで言うなら『虎よ、虎よ!』が『モンテ・クリスト伯』をモチーフにして作られたとか。
救空【スクエア】 @sikaku615 2016年2月25日
「押し付けでも、上から目線でもないのに、何故文句を言う」みたいな擁護、発言者がある程度著名な人だと必ずといっていいほど出てきますよね。ちょっと前の野尻さんとか、もうちょっと遡ると小池せンせとか。どれも啓蒙(当然上から目線)の意が明らかに含まれているのに。
黒屋ぶるー @kuroya_blue 2016年2月25日
この理屈でいくとクトゥルフ神話からネタを拾ってきたニャル子は大正義って話になると思うんだけど、あれ他のラノベと比べてそんなに革新的かなあ?(無論、人気作品ではあるけど)
黒屋ぶるー @kuroya_blue 2016年2月25日
まあトラックに轢かれて転生ばかりじゃ芸がないというのはその通りなので、個人的にはトラックに轢かれて今際の際に美少女に「ダサッ」と罵倒され、彼女を見返すために妖怪として現世に止まる作品が増えてほしいですね。(微笑)
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月25日
トラックに轢かれてもゾンビだから大丈夫という話はあったですかね。
朝雑炊 @Jingisukan512 2016年2月25日
異世界人が地球の飲食店にやってくる話は「ぼくがハリーズ・バーガー・ショップをやめたいきさつ」の影響みたいな?(もっと古い元ネタありそうだけど
BIRD @BIRD_448 2016年2月25日
そうなると、潜水艦物は全部ベルヌのパクリですねw kuroya_blue
ベリ夫 @bradbury_jp 2016年2月25日
『パラレルワールド』という言葉を最初に意識したのは漂流幹線000だったなぁ
Ukat.U @t_UJ 2016年2月26日
まったく、SFファンはすぐこうやって自分の沼に人間を引き込もうとするから!ケルピーか河童みたいなものです。
Shun Fukuzawa @yukichi 2016年2月26日
転生には含まれないけど、タッチなんかも、一種のトラック転生なんだろうな、と。怠け者だった兄が、弟のトラック事故死で、弟になり変わって野球をする話。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年2月26日
「バローズの『火星のプリンセス』。夜空を見上げているうちに火星に来ちゃう」おじいさんが転がったおにぎりを追いかけてるうちに地下世界へ迷い込むファンタジー
なんもさん @nanmosan 2016年2月26日
火星のプリンセスもペルシダーも子供向けで読んでましたが、異世界ものとして心踊らせた最初の作品は番長惑星だったかと思います。おそらく実際の自分とあまりにもかけ離れてると楽しみづらいジャンルだからでしょうね。さすがに小学生を転生させたら漂流教室にしかなりませぬw
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2016年2月26日
昔みんなやってたけど今やってる人あまりいないから狙い目やで、と言ってるだけだと思うのだがケチ付けてる人は何がそんなに気にいらないんだろうか。
紙魚 @silver_fishes 2016年2月26日
“ただ単に「君コレ知ってたら一歩抜け出せるで」って話なのにイチイチ噛みついてる連中は何なの”その「君は一歩足りないよ」という話の理屈が一歩足りないんですけど、そこ詰めないと「一歩足りないのはまずいね」と言ってる立場的にまずくないですか?ということをわりとはっきり言っていると思うのですけどね。
トラベラー @Traveller3110 2016年2月26日
「ストーカー」を読んだ時に「フェブラリー」を連想したのは正しかったのか!
89siki @89sikin 2016年2月26日
この纏めではSFに限定してるみたいだけど(それについては良い悪いは言わない 考え方だから)、換骨奪胎だったらSF以外からでもイケる。寧ろ「SFを書きたければ、SF以外を元ネタにした方が良い」という極論を仰る方も居るらしい 一例を挙げるなら、あの「ゼログラヴィティ」は元ネタは潜水艦映画
深井龍一郎 @rfukai 2016年2月26日
昔のSFって奇抜なワンアイデアだけで成立させてる作品がごろごろあったジャンルなので、奇抜なアイデアが欲しければ昔のSFを掘り返すのが楽して欲しいものを手に入れるのに有効ってだけの話だと思う。
morikan @Ref352101 2016年2月26日
レンズマン→ドラゴンボール(後半)は見事だった。
ならづけ @nara_duke 2016年2月26日
亀を助けたら異世界に連れて行かれたでござる(昔のSF)
G@回転中 @G_rolling 2016年2月26日
「換骨奪胎」は、凡人を仙人に改造する技術なので、もとより良くなってなければ意味がないのは当然。
G@回転中 @G_rolling 2016年2月26日
山本弘さんの主張には賛成だが、今の若い人が昔のSFを読もうとしたら、どうしたらいいんだ? よほどの名作でも入手自体が難しくないだろうか?
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月26日
入手法くらい自分で考えろよw 買えないなら買えないで別のもの(最新の科学技術とか神話とか怪談、各種趣味、学校の教科書などなど)を、同様にネタにしていきゃいいだけの話だし
カスガ @kasuga391 2016年2月26日
『夏への扉』や『渇きの海』や『夜来たる』がKindleで1クリックで手に入る時代に、「入手自体が難しい」というのは、さすがに最初から読む気がないとしか思えない。
seidou_system @seidou_system 2016年2月26日
昔のSFで面白いのは「古典」とか「名作」とか言われて海外文学のたなにならんでないか?
言葉使い @tennteke 2016年2月26日
昔は「太陽の裏に地球と同じ質量の星があって、太陽があるから観測できず~」があったね。天文学者に否定されていたようだけど。あと「もしもボックス」みたいなものってあるんだろうけど、「もしもボックス」最強だな。
seidou_system @seidou_system 2016年2月26日
「空から女の子」に対抗して「地面からオッサンが生えてくる」が乙女ゲームや腐向けで流行る頃合いではなかろーか
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2016年2月26日
最大の問題は古いSF作品をどこで読むかだよ 昔購入した本を大事に保存しているような人間なら当たり前に読めばいいといえるが、若い人間がそれを手に入れるのは至難だぞ
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2016年2月26日
名作なら手に入りやすい はあんまり参考にならない、なんでかって、そりゃレッドオーシャンになっちゃうから、やっぱり微妙にマイナーな作品を気楽に読めるようにならないとなので
名無し岩手県民(鯨美味い) @iwatekenmin01 2016年2月26日
噛み付いている人は「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」って言葉を噛み締めよう。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2016年2月26日
昔読んだ異世界に行くSFで、数学者が解が二つ出てしまう数式を見つめ続けることで別世界に行くことできるってのがあったな。本来一つの答えしかない数学の世界で二つの答えが出てしまうことはありえない。ありえるならば別の世界での話だみたいな理屈で異世界に移動できるのw話自体は良くあるヒロイックファンタジーだったが、事故でも機械でもなく一枚の紙切れで行き来するアイデアが好きだったなぁwあれはタイトルなんだったろ?w
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月26日
seidou_system 竹本泉の漫画にあったな地面からおっさん。女の子がぴこぴこはんまーで殴って元に戻すの
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月26日
おいらが古典SF読み漁ったのは地元の図書館だな、とりあえず行ってみるよろし
ハドロン @hadoron1203 2016年2月26日
古典SFの名作なら図書館に結構ありますけどね。
FADAC @81FADAC 2016年2月26日
France_syoin 「神々の角笛」から始まる、ハロルド・シェイシリーズですね。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2016年2月26日
81FADAC おぉ、これですw途中で異世界の女戦士と懇ろになるところとか懐かしいですわw教えてくれてありがとうございました。今度探してみますねw
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年2月26日
kuroya_blue クトゥルフ神話からネタを拾ってきた作品なんてそれまでにもいっぱいあるわけで、それだけでは別に全然革新的じゃないと思うぞ。「主題に据えた」でもデモンベインのほうが数年早いし(そしてあれはそれなりに驚きを持って迎えられたと思う)。
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2016年2月26日
ついでにジェームス.W.ヤングの名著「アイデアのつくり方」から『アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない』という名言を引用しておこう。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年2月26日
stmark_309 98エロゲの「ネクロノミコン」はモンスターに凌辱される事の悍ましさが強調されて画期的だったように思う。
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2016年2月26日
近年なら夏への扉や鋼鉄都市をモチーフにしたと思しきシュタインズゲートがある(間にYU-NOを挟むべきか)けど、逆に言えばあのレベルのものが求められると思うと換骨奪胎も大変だな。ネタは取れても元のハードルが高すぎて越えられないし事実シュタゲから後がヒットもフォロワーもあんまり続いていない
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2016年2月26日
異世界転生ラノベがあふれるのは今このジャンルが売れるってのもあるだろうけど、誤解を恐れず言えば、このネタなら俺でもこいつのラノベより面白いの書けるだろうっていう自信がそれなりにあるんだろうな
深井龍一郎 @rfukai 2016年2月26日
ブックオフにだって見たこともないような大昔のハヤカワSF文庫が5、6冊くらいは売ってるもんじゃない?
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月26日
ブックオフはあんまり古いの買わないはずだから、個人経営の古本屋のほうがまだ希望はありそう。何かのついでに寄るとかだったらブックオフのありかも
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年2月26日
shiwasu_yuri ちゃんとプレイしたことないけど『未来からのホットライン』っぽいのかと思っていた。
黒屋ぶるー @kuroya_blue 2016年2月26日
stmark_309 いやいや頻度が違うでしょうが。2000年代の作品でニャル子以前のクトゥルフものが、今でいう異世界転生並みに頻出してたかっつったら、無いでしょ?(逆に、ちょっとでも前例があれば革新性は無いのだっていう話だったら古典SFだって条件同じですよね?)
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2016年2月26日
「クトゥルフ」はシェアードワールドなので、「クトゥルフ」関連作品の設定やキャラを流用した以上、他の作品にその設定やキャラを使われても著作権を主張できないって大事なところを余り認識せず、安易に「クトゥルフ」を流用する輩が多いのが問題だと思ってるマン。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2016年2月26日
「3days」とか「朝の来ない夜に抱かれて」とか「怪物王女」とか、もう誰も知らん世界線なのか。>2000年代の作品でニャル子以前のクトゥルフものが、今でいう異世界転生並みに頻出してたかっつったら、無いでしょ?
くぅにゃん@⚡パプリックエネミー⚡避雷針野生派 @qoonyan 2016年2月26日
沙耶の唄ェ…(´・ω・`) それはそれとして、クトゥルフは元がホラーなんで、ホラーではわりと短編などで頻出してたような。
CD @cleardice 2016年2月26日
2000年といえばウルトラマンティガがルルイエで戦ったりして話題になったなあ
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年2月26日
kuroya_blue いつ頃かは覚えてないけど「まーたクトゥルフかよ」ってくらいブームになってたことはあった気がする。
椋木京一 @mukunokik1 2016年2月26日
冒険小説というくくりで。『紅はこべ』とか『北壁の死闘』とか『十五少年漂流記』とか。『十五少年』はバイファムの源流のひとつだと聞く。
ぱんどら @kopandacco 2016年2月26日
kuroya_blue そして実は記憶違いで、美少女に抱きしめられ号泣されながらダサイと言われたことを思い出して成仏するのですね(しちゃあかん
ぱんどら @kopandacco 2016年2月26日
前に藤子Fの短編SFが海外SFのパクリばっかりとか言う人が居て、いやそれはパクリやないやろと思ったが、そうか換骨奪胎と言えばよかったのか。パクリとの違いの1つは元ネタを知られても困らないことだろか。
ぱんどら @kopandacco 2016年2月26日
kasuga391 相対的に無名な作品の入手が難しという話かもしれません。たとえば「宇宙のウイリーズ」なんか入手方法が中古しかなさそう。
黒屋ぶるー @kuroya_blue 2016年2月26日
はあ、じゃあクトゥルフを例に出したのは不適切でしたねという事で引き下がるけど、やっぱりそれだと古典SFでも同じような結果になるんじゃないっすかね。大体ハルヒかシュタゲかガンダムあたりのパクリみたいな話になっちゃうのでは。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年2月26日
kuroya_blue ダーレスとかブロックとかラムレイとかブラッドベリとかキングとか、風見潤とか菊地秀行とか朝松健とか栗本薫とか大塚英志とか小林泰三とか、矢野健太郎とか魔夜峰央とか八房龍之助とかがクトゥルフ絡みの作品作ってたのなんてそんな最近だっけ?
kkitmur @kkitmur 2016年2月26日
ブラッドベリと星新一を並べるのは楽しい
黒屋ぶるー @kuroya_blue 2016年2月26日
stmark_309 それは「最近の流行ではなく長期的なムーブメントだ」って話ですよね。その真偽は知らんけど、本当なら結局ニャル子は古典SFの流れを汲んだ作品と同じ類のものとして扱うべきであって、まとめの主旨である「最近のラノベの自家中毒」みたいな理屈自体が崩壊しませんか。
黒屋ぶるー @kuroya_blue 2016年2月26日
異世界転生モノが駄目という理由は「ポッと出のちょっとした人気作品でしかないものに柳の下のドジョウ的にみんなで群がると、短期的には盛り上がってもまともな蓄積とか無いから薄っぺらいパクリしかできねえぞ」みたいな事だと思ってたんだけど、そうではない?
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2016年2月26日
seidou_system ヴォネガットはアメリカ文学として扱われてますね。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月26日
絶版になったSFでも、たいていの場合、Amazonで中古本が定価より安く手に入ります。今や入手困難な希少本は少ないです。むしろ、今の若い人たちにとっては、その前の、過去にどういう面白い本があったのかを教わる機会が少ないことが問題かも。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年2月26日
だから『BISビブリオバトル部』では、ちょっとでも知ってもらおうと、昔のSFのタイトルをいろいろ出してるんですけどね。1巻に出てきたジェイムズ・H・シュミッツの『悪鬼の種族』なんて、イラスト変えたら十分に現代でも通用するから! http://www.amazon.co.jp/dp/B000J89NZQ/
狼吼 @wolf_howling 2016年2月26日
リメイクや原作破壊コレジャナイの数々の惨状を見れば元ネタ増えた所で原典以下の劣化コピーが大量投稿されるだけじゃね?
とくがわ @psymaris 2016年2月26日
ラノベを書くために世界中に埋もれている面白い話を探しに旅にでるラノベ
牧島師狼 @bokushisan 2016年2月26日
namaehaaru SFなら「辺境の老騎士」いかがですか!
倉瀬美都 @clausemitz 2016年2月26日
hirorin0015 私の場合は親がSF好きで助かってます。書斎に絶版本がたくさんあるし。今の若い子に『キルラキル』の元ネタは『カエアンの聖衣』やでーって言っても後者は絶版だし(新訳がもうすぐ出ますが)。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月26日
そこは戦術と腕かな RT:wolf_howling「リメイクや原作破壊コレジャナイの数々の惨状を見れば元ネタ増えた所で原典以下の劣化コピーが大量投稿されるだけじゃね?」
ぱんどら @kopandacco 2016年2月26日
別に元ネタが増えなくても劣化コピー大量生産する勢力の挙動は同じなんで(つまり最初から戦力外)良い元ネタを拾えたら化ける方々が少しでも増えたら勝利なんじゃなかろーか?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月26日
http://www.nikkei-science.com/page/sci_book/bessatu/51211.html あと、日経サイエンスとかからネタ拾うのもいいかと思います。「アートする科学」とかね。
N19880721 @n19880721 2016年2月26日
ラノベに影響を与えてるのは時代小説だと思うよ。根拠はないがw
endersgame @endersgame3 2016年2月26日
そもそも大正義の言葉の定義ができてないのにうだうだ言ってる時点でおかしいわな。
sudoufu @kappazizou 2016年2月26日
海野十三クラスまで遡るなら、青空文庫で読めるけど古典すぎるかな…project Gutenbergならレンズマンなんかも有るけど言語の壁がでかいし
エビゾメ @ABzome 2016年2月27日
僕は著名な方と知らなかったのでぼんやり流しよみしながらもなるほどなるほど言いながらよめたんですけど、そんないやな言い方してるかなあ。僕も回顧厨や老害は嫌いなタイプだけど、そういうニュアンスはかんじないし。
エビゾメ @ABzome 2016年2月27日
よく漫画を書くときに言われる「漫画だけを読みながら漫画を描くのは良くないので外から構想を得よう」ではなく「昔の漫画の時点でかなり色んな元ネタがあるので知っておいて損は無い」だと思うので、どっちがいいとかではなく両者は超似てるようでまったく異なる関係ない話題だと思うんです。このへん混同してる人は納得いかない話題に聞こえるんじゃないかしらね。
endersgame @endersgame3 2016年2月27日
なぜSFかって言えば山本さんがSF畑の人だからであって、別に歴史ものでも神話でもミステリでも何から換骨奪胎したところで趣旨は変わらんと思うで
ドスケベSS製造機 @dosukebemachine 2016年2月27日
ラノベ界ほどジャンル定義があやふやな界隈無いし、SF界よりよっぽど広いと思ってるので違和感がある ハヤカワ文庫で出てる小説なんかはほとんどラノベでしょ
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年2月27日
kopandacco メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐のパクリ作品を除かねばならぬと決意した。けれども『走れメロス』にも元ネタがあることは知らなかった
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2016年2月28日
トラック転生とか英雄を召喚して戦わせるとか深宇宙で遥かに進んだ知性に遭遇して絶望して引き籠るとかみんなハミルトンが書いてるからハミルトンだけ読んでれば事足りるんだYO!(暴論)
ehoba @htGOIW 2016年3月2日
albireo_B 他の小説もファンの書いた日記の翻案とかですしね太宰治
RANDIA @RANDIA2 2016年3月6日
ファーマーの『階層宇宙』とかゼラズニィの『アンバー』とかみたいな「主人公が世界の創造主そのもの」ってネタはラノベではあまり見かけないなぁ…うまくアレンジしたら現代でも通用するアイデアだと思うんだけど。 設定的にファンタジー世界だけでなくスペオペ世界やホラー世界も同時に絡められるから話も広げやすいし(TRPG『TORG』のハイロードを主人公にする感じか)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする