フレネミーか、ブロマンスか?デップー(DEADPOOL)とケーブル(CABLE)のまとめ その3

映画が世界で大ヒット中のアメコミアンチヒーロー、「デッドプール」と彼のいわく言いがたいお友達、「ケーブル」が共演していた「CABLE&DEADPOOL」を大雑把に紹介しています。http://togetter.com/li/800347の続きです。
マンガ アメコミ デッドプール MARVEL
7769view 0コメント
7
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
火星の映画みにいきましたらX-MENアポカリプスの予告流れまして、アレデップーより先だったかな?と思ったんですけどデップー6月Xメン8月だったですわな。
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
アポカリプスといえばなんですけど!#CD誌-15 ENEMA(浣腸薬) OF THE STATE…はENEMY OF THE STATEのもじり。映画ですか?いいえ、ウルヴァリンの同名のストーリーシリーズです。表紙もそっくり pic.twitter.com/XCFi30Eh14
 拡大
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
デップーは記憶なく殺人してしまうことをもうなくすため、自分の脳の不都合を解き明かすため、ロクデモナイのと手を組んだのです。その名はブラックボックス!デップーは彼の実験台にされ、ピエロを惨殺しまくる幻覚の中に囚われた…#CD誌-15 pic.twitter.com/kKuJKlk7yt
 拡大
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
そして丁寧な洗脳の結果、デップーはなんかアカン目でトンチンカンな受け答えをしていますが、人類にとっての最大の脅威、排除しなければならない標的には、思い当たるところが、ある…!?#CD誌-15 pic.twitter.com/c1GLyVOxY0
 拡大
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
#CD誌–15 追い出されたばかりのプロビデンスに再びデップー襲来!プレスタージョンが迎撃します。「ここにお前の居場所はない!」「知ってるよ、どこにも居場所なんてないからな!」ジョンのことを道化、世界で「2番目」の脅威と言ってます pic.twitter.com/A9YtWHf6ry
 拡大
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
このことが…ブラックボックスの洗脳によって操られた行動であること、デップーにはもっと大きな目標が存在することがじわっと伝わってくるんですね。#CD誌-15
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
そしてサイリーンとキャノンボールが来る…キャノンボール"ズ"ではないですね、そうするとまるでシモのアレですからね。Xメンの若者部隊的な、と1コマでキャラ紹介するデップーの手際があざやかだなぁとか #CD誌-15 pic.twitter.com/spfZG2Rp7Z
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
デップーはケーブルを探しにプロビデンスに戻ってきたわけですがサイリーンとキャノンボールも目的は同じだった、そしてケーブルはプロビデンスから消えていた…なんですって…!? CD誌-15 pic.twitter.com/UgExUvElEj
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
この時ケーブルはSkornnっていう発音がわからないおいしいのかもしれないエイリアンと戦いに別のストーリーラインに出張(メタ)していました。「死んでねえよ。そんなことで死ぬわけがない」アッそういう信頼感私弱いです…。CD誌-15 pic.twitter.com/uGxoh2Zur2
 拡大
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
デップーとケーブルはボディスライドすると合体する(他意はない)のでその性質を利用すればあるいはケーブルを追いかけられるかもしれないとボロっと言ってしまったがために、機械に吊るされた状態で4日だそうです #CD誌-15 pic.twitter.com/jMlJqQPscw
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
尿意伝説の始まり。 【いらない英単語のコーナー】Don't speak for my bladder(膀胱)! ハリーポッターに出てくる架空の球技クィディッチにも出てくるブラッダー。昔のスポーツで使ったボールって大体なんかの動物の膀胱だったそうですね。
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
ややあってシュンッといきます。サイリーンとキャノンボールは、デップーを追跡して3分後に同じ場所に飛んでいくことができます。「あのキ◯ガイを野放しにしておくにはとんでもなく長い時間だ」「彼はキ◯ガイじゃないわ、ただ…」#CD誌-15 pic.twitter.com/ZB1P6gsV4a
 拡大
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
「頭がどうかしてる?」「…私は"現実において試された(努力を必要とする)人"と言おうとしたの。彼に追いついたら、また壁に叩きつけてあげればいいわ」「"重力において試された(努力を必要とする)人"にすればいいわけだ。オーケー。」この会話面白すぎないwww #CD誌-15
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
障害のある人をchallengedと婉曲的に表現しよう、という運動が1995年から米国であります。でも最近あんまり聞かない気がします。ちょっとユーモアがありすぎたのかもしれない。用例をご覧ください。ひどすぎないwww #CD誌-15 pic.twitter.com/vhIHWm5GJ8
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
一方その頃デップーが飛ばされたのはエイジ・オブ・アポカリプスの世界でした!!!これがあったので、ちょっと今やろうと思ったんですね。ついに教授がはげる映画X-MENアポカリプス日本公開は8月ですけどね。#CD誌-15 pic.twitter.com/mWPebwT3nE
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
そこに、アポカリプスの手下が現れます!アースが違えばヒーローがヴィランになるのがとってもアメコミ感です。デップーの血が黒で塗られてますな…さっきの言い回しといい、当時は表現の自主規制が今より厳しかったのかもですね。#CD誌-15 pic.twitter.com/krCmbIP3fP
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
でも本来のエイジオブアポカリプスとは四騎士の面子が違っているんですね。特にこのスパイディは誰なのか分からないです…。もっと後のC&D誌がピーター・パーカーとデップーの初邂逅だと言われているんですけども。#CD誌-15 pic.twitter.com/Orth1JsrqL
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
デップーはトイレに行きたい。(ぐるぐる巻き…尿意…すでにこの時から伏線が張られていたというのか…!?) #CD誌-15 pic.twitter.com/pzlr2MgoAE
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
助けに来てもらった!しかしまたキャノンボール"ズ"って言ってるデップー #CD誌 -15 pic.twitter.com/mD4qPAiVfy
 拡大
五番@ニンテンドースイッチ!!! @goban_a
戦闘を離脱して路地裏に避難。情報を整理しよう…デップーはケーブルのいるところに飛んできたはず。この世界のケーブルは一体どこに?ちょっと待つんだ、アポカリプスの手下は「四」騎士…しかしデップーたちが戦ったのは3人! #CD誌-15 pic.twitter.com/S4I8xVx4pt
 拡大
 拡大
アツメ @2D6_7
アース5701スパイダーマンは一説によればピーター・パーカーらしいですけど、確かリキャップページかなんかで言及されてなかったっけかな…(現在確認できない)
残りを読む(10)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする