いつも出遅れる人の株講座

序盤の基礎的な部分及び「下落相場における心構え」は紹介してませんので実際に読んでみてください。 私のような株初心者クラスの人は全員読むべき本だと思いました。
ddrdaisuki 639view 0コメント
2
ログインして広告を非表示にする
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 15:36:57
    @asahikokura0805 私以前は一過性の原因でやむなく大幅下落で落ちたのを拾うやり方が好きで、前期のブイキューブとかデータアプリとかはそこそこ美味しかった(今はイーレックスとマーケットE)のだけど、エスクリは今のところ拾うの怖すぎるのん。
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 15:39:35
    @asahikokura0805   ちなみにこの方法はタケダ機械でボロクソにやられることによって、下げ相場でやると死ぬということがよくわかりました。 2月頭のそ株にいたっては調整中だという認識すら最後まで持てずズルズル持ち続ける始末。トレード手法としては補強が必須
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 15:43:57
    そんなわけで、今日は珍しくトレード手法の本を今から読みます。レベルとしてはひよっこの私向けの入門というか基礎レベルです。
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 16:24:46
    「いつも出遅れる人の株講座」本p155まで読んだ。 ここまではで、ここから株入門者向けの前提知識というか基礎知識の確認。とはいえここまででも何点か注意しておきたい話はある。 「出遅れないため」の話はここから始まるっぽい。
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 16:33:31
    この本初心者向けだから、甘い考えの初心者向けに結構口調が厳し目だったりする。 たとえば日本とアメリカの30年チャートだして「お前らな。バフェット様の投資方法がなりたつのはアメリカだからだよ。日本で同じことやったらどうなってたかわかるよな? まだバフェット様信じて消耗してるの?」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 16:42:49
    これも結構気をつけないと。 「業績がいいから買うとか言ってる奴、上昇相場でまずどういう順番で買われるかどういう順番で売られるかっていうセクター・ローテーション意識しないとろくな目に合わないぞ。業績相場ってのはお前が思ってるより短いぞ」 みたいなことが書いてる。
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 16:48:43
    「テーマ株をナンピンして死ぬ奴は自分が参加してるゲームを理解してない。たとえその時生き延びたとしても将来的にはどうせ死ぬ」 「今買ってるのは景気敏感株?テーマ?業績?それすら答えられずに買ってるやつってなんで株やってるの?死ぬの?」 さすがにここまでは言ってないけどつらたん…
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 16:57:29
    「上昇相場が二段階三段階あるってのは知ってるよな。高値更新銘柄はより強いとか、カップウィズハンドルとか言ってるやつは多いよな」 「では下落相場で上下反転させたところ。君がナンピンしたのここ。君が大好きなカップウィズハンドルの成立ポイントも同じ場所。後はわかるな?」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:04:28
    「過去の名著にあるように、株式投資は敗者のゲームだ。自らのミスを抑え、他の人間がミスを重ねて自滅していくのをみとどけ、生き残るものだけが勝者になる。上手に銘柄をあてることで稼いで儲けるゲームと考えるな。ひたすらディフェンスを固め、ミスして死んだ奴をエサにして生き残るのだ」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:07:12
    「グレアムいわく、投資家とは投資対象を分析し、<元本の安全を守りながら>収益を上げるための行動が伴っているものである。そうした行動を伴わず市場に参加するものはみな投機家である」 スマヌ…スマヌ…というか投資家はなのってないけど。
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:12:08
    牛田権三郎の投資の3猿 見ざる「強烈な上げ後の高値圏は黙って無視しろ」 聞かざる「急落相場で人々の過度な不安に耳を貸すな」 言わざる「自分が相場の好材料や悪材料を知っていても気安く人に話すべきではない」 kabumatome.doorblog.jp/archives/65825…
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:16:13
    オニール曰く 「買値から7~8%の損失が出たら損切り。このルールは絶対守れ。適当に言ってるんじゃないよ。そもそもそれだけ損失でてるということは、お前が全く株価の動き捉えられてないから。銘柄選択誤ったかエントリー場所間違ったか市場全体が死んでる。とにかくさっさとキレやアホ」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:21:19
    「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち楽観の中で(以下略)」 損切丸さんのブログで標語にされてるやつ。 「企業業績と株価との長期的な関係を見ると業績ピーク時のおよそ半年前には株価はピークを打ち始める」という原則がある。日経平均の動きは…
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:31:48
    オニール 「おまいらが大化け銘柄逃がす理由。 ・勉強不足。殆どの大化け銘柄は新しい企業ダゾ ・PER気にしすぎ。最高の銘柄が暴落後以外でPER10以下で売ってると思う? ・安値狙い。大化け銘柄が底値で買えるわけないだろ。むしろ新高値狙え ・ルールの不在による豆腐メンタル 」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:36:29
    「多くの個人投資家は確固たる投資ルールが無いから思い込みで投資する。そしてすぐメンタルがブレるし、いくつもの変数を取り込んでは投資行動を複雑にしている。 ルールに従わなければ何も学ぶことはできない。ルールにそぐわない情報に惑わされれば、間違った学習を積み重ねることに成る」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:40:01
    バーンスタイン 「トレンドに従え。明確なシグナルがでているのにそれに従った行動ができないやつは投資以前にメンタルに問題がありすぎる。特に上昇トレンド中に押し目買いが出来ないどころか売ってしまう奴は投資本読むより先にカウンセラーに相談しろ」 やめてよぉ……
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:44:40
    イースタリング 「PERはあまり気にするべきではないが唯一長期投資家だけは別だ。長期投資においては投資時点でのPERの水準とその後のトレンドが大きく影響する。そしてPERのトレンドはインフレとデフレのトレンドに依存する。 要するに下落相場の中心で長期投資を叫ぶバカは死ぬ」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:52:07
    ラリー・ウィリアムズ 「4月に買うな。10月に買え。このタイミングの違いだけでパフォーマンスが6%も違う」 「アノマリーやイベント投資をバカにすんなよ。僅かな優位性を見出してそれを集積することで俺は勝利してきた。むしろ過去のパターンを精査せずに勝利するなんて考えられない」
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:57:15
    マーク・ダグラス(「ゾーン」の著者) 「ルールにしたがってシグナルが出ているのに出遅れるのは、トレードの結果はわからないという事実を完全に受け入れられていないからだ。全てのトレードで勝つことに執着せず、予測にしがみつかず、サインにしたがってトレードし起きた結果に対処する心構えry
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 17:58:44
    @asahikokura0805 「ゾーン」ってのが何を意味するのかというと ・自分の心とマーケットが同調している状態 ・マーケットがいま何をしようとしているかさえも感じ取れる境地
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 18:02:44
    酒田五法の考案者 本間宗久 「休むも相場  休むも相場  休むも相場  休むも相場  休むも相場  休むも相場  休むも相場」 systemincome.com/tag/%E6%9C%AC%…
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 18:08:07
    この本の著者 「長期保有と長期投資は全然別  保有家になるな投資家になれ」 ツイートでは紹介しませんでしたが今の局面では 「下落相場への対処」についてと 「戻し相場における銘柄選定(セクター・ローテーション)」の話が大事だと思います。
  • 朝陽っち @asahikokura0805 2016-02-28 18:09:27
    以上です。 来週は「良い株主 悪い株主」という本を読みます。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「雑談」に関連するカテゴリー