昔の日本人と現代の日本人と心理学ネタ

まとめました。
10
けんちゃま @rodomangreat

「会社の為に毎日残業して休日出勤もしてくれ」「仕事の後に飲みにいくのも仕事のうちだ」「なんとしてでもノルマ達成しろ。その為なら自分の生活も犠牲にしろ」「休みの日は取引先との接待のゴルフにいくんだぞ」「まだ結婚&出産してないのか?結婚しないやつは一人前のビジネスマンとはいえないぞ」

2016-02-29 12:37:37
けんちゃま @rodomangreat

まさにそういうことで、国をあげて取り組んでも促進していくのがむつかしい問題なのに、我々の生活の基盤でもある仕事環境の改善の方が疎かにされている上に、よりによってこの場に及んで(※この問題に対して)倫理観をもちこんできて思想を植え付けてしまったら、

2016-02-29 13:07:41
けんちゃま @rodomangreat

進展なんてとてもじゃないけど絵空事な話になるよね。結果的にみれば「いったい何がしたかったのか分からない」と言われても何も反論できないと思う。

2016-02-29 13:08:22
けんちゃま @rodomangreat

現代の日本人で結婚や出産に消極的な人達の心情として「自分達の経済状態だととてもじゃないけど子供を産んで育てる事はできない」「仕事が忙しすぎて子育てする余裕がない」「保育園は何ヶ月待ちだし保育料もばか高いので大変」

2016-02-29 14:51:10
けんちゃま @rodomangreat

「今のような時代では結婚や出産は割に合わない生涯独身の方が気楽でいい」「1人で生きていくのに精一杯なのでとてもじゃないけどそういう余裕がない」なんかがあると思うけど、まあたしかに今の日本の企業や仕事の労働環境(※通勤環境なども含め)、あとお給料の水準や、

2016-02-29 14:51:27
けんちゃま @rodomangreat

首都圏の保育園事情や保育園や幼稚園や学校にかかるお金や、日本のあらゆる物価や固定支出や補助金、などを加味して考えてみても、現代の日本で現代の日本人が結婚して子供を産んで子供を責任をもって育てる、一生付き合っていく、

2016-02-29 14:51:42
けんちゃま @rodomangreat

というのは容易なことではなく昔に比べてハードルが高く多くなっているところもあるのかもしれない。ただこういう現状や事情は一理あると思う反面ある種の強い思い込みというか「日本人の劣化」が要因の一部でもあるのかなとも思ってしまうところもある。

2016-02-29 14:52:09
けんちゃま @rodomangreat

1980年以前のような昔の日本人は親や親戚やまわりから「はやく結婚しろ。子供がみたい」みたいな事実上の圧力があり体面を気にする人も多々いたとはいえ、現代人と同じくらいの収入水準で子供を育てていた人も多々いたと思うし、

2016-02-29 15:06:54
けんちゃま @rodomangreat

子供を何人も女手ひとつ男手ひとつで面倒みて成人になるまで育ててきた親御さんもいっぱいいたと思う。ただそこは昔に比べて現代の日本人が結婚や出産、子育てに対する価値観や見方が変わってきてるというのも一因としてあると思うけど、

2016-02-29 15:07:16
けんちゃま @rodomangreat

それでも昔の多くの日本人がそうやってこれてきてたのは紛れもない事実。そこででてくる疑問が「先に書いたような理由は本当に現代人の結婚や出産率の低下の要因なのか」ということ。

2016-02-29 15:07:35
けんちゃま @rodomangreat

個人的に感じるのはたぶん「自分達の経済状態だととてもじゃないけど子供を産んで育てる事はできない」「仕事が忙しすぎて子育てする余裕がない」「保育園は何ヶ月待ちだし保育料もばか高いので大変」「今のような時代では結婚や出産は割に合わない生涯独身の方が気楽でいい」

2016-02-29 15:07:47
けんちゃま @rodomangreat

「1人で生きていくのに精一杯なのでとてもじゃないけどそういう余裕がない」といった『気分』が結婚や出産に強烈なブレーキをかけてるんじゃないのかなと。

2016-02-29 15:08:01
けんちゃま @rodomangreat

オーストリアの心理学者のアルフレッド・アドラー→ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2… の原因論、目的論というのがあるんだけど

2016-02-29 15:09:17
けんちゃま @rodomangreat

「人間はまず最初に既に結論がでていて、その結論に自分が少しでも安心するような精神安全が保たれるような後付けの理由や言い訳を考える本能がある」というもの。

2016-02-29 15:09:31
けんちゃま @rodomangreat

身近な例でいえば、例えばダイエット中の人が冷蔵庫の中にあるハンバーガーやケーキを食べようか我慢しようか強い煩悩が発生している時に「ハンバーガーのトマトケチャップは体を抗酸化させる栄養があるし、糖分をとることでイライラがなくなってぐっすり眠れる」

2016-02-29 15:14:03
けんちゃま @rodomangreat

というように自分で自分を説得させて結果的に食べてしまう状態では、迷ってる時点で実は心の奥底のところでは既に「ケーキやハンバーガーを食べる」という結論がでている。

2016-02-29 15:14:17
けんちゃま @rodomangreat

その方程式にさっき書いたことを当てはめてみると、現代の一部の日本人は「結婚や出産をしたくない・しない」という結論や意思が既にあって、その目的を達成する為に自分やまわりが納得して認め安全に自己防衛できる理由や言い訳を必死に模索している、というのがあると思う。

2016-02-29 15:14:31
けんちゃま @rodomangreat

ただその「結婚や出産をしたくない・しない理由」が昔の結婚や出産をしない大方の日本人と現代のそれらの日本人とでは異なるんじゃないのかなと。前者は最初から甚だする気がないといったある種の本能で、

2016-02-29 15:22:43
けんちゃま @rodomangreat

後者は「したい気持ちはあるしできればしたいけど....」といった気分によるところが大きいのではないかと。そういった現代人特有?の気分は昔の日本人に比べて強くなった(※賢くなった)部分でもあり、

2016-02-29 15:23:35
けんちゃま @rodomangreat

同時に劣化した(※頭の中だけで起きている思い込みでもあるので結果的にみればバカな思考や選択をしている)とも考えられると思う。

2016-02-29 15:23:49
けんちゃま @rodomangreat

これは現代の日本人のある部分が昔の日本人より弱くなってることが要因のひとつとしてあると思うんだけど、そのある部分とはつまり「脳」じゃないのかなと。

2016-02-29 15:26:14
けんちゃま @rodomangreat

人間は自分が生きてきた中で経験してきたものや記憶としてメモリに残してあるもの、などで考えやあらゆる選択や行動を決定しているところがある。

2016-02-29 15:26:28
けんちゃま @rodomangreat

つまり大雑把にいえば、時代が変われば世の中や国や村の風潮も変わるし、それらが変われば人間の脳のメカニズムも変わり、人間も変わっていくんじゃないのかなと。日本だけでなく今は昔と比べてあらゆるもの生まれ便利になり昔のような工程や努力をしなくとも生活し生きていけるような環境になった。

2016-02-29 15:26:54
けんちゃま @rodomangreat

そうなると容易に次のステップに進めるようになる。要するに1970年代だと大きな地図を広げて目的地にマークして車を運転しながら目的地を目指して脳みそをフル回転させながら目的地を全部まわる→目標達成、だったのが、

2016-02-29 15:27:17
残りを読む(21)

コメント

Ekshr @Ekshr1 2016年3月5日
「身近な例でいえば誰かと話をしている時に相手の目が急に光って飛び出そうになってる姿をみたことあると思うけど」……いや、ないわ…。
1
Ekshr @Ekshr1 2016年3月5日
あと現代人の方が昔より臆病になってるというより世間がバブルを経てるせいで(自分が生まれてなくても)「世間並み」のハードルが上がっちゃってるだけじゃないかな。今、内風呂がなくて銭湯に3日に一回通うなんてのを普通だと感じる人いないでしょう。
0