まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

IoT基盤の主導権争いについての日本経済新聞の記事のまとめ

IoT基盤で主導権争いが行われています。日本経済新聞によるとSIGFOX、LoRa、NB-IoTが有力視されており、次世代移動通信システムである5Gとも絡み、複雑な様相を見せています
3345view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
リンク IoTの基盤で主導権争い 通信3陣営、150兆円市場にらむ 腕時計から家電、自動車、産業機械まであらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」。その普及のカギとなる通信方式を巡る競争が激しくなってきた。世界の携帯電話会社や通信機器メーカー、ベンチャーなどが
木村屋 @kimuraya
SIGFOX、LoRa、NB-IoTか。これに5Gも絡むのか IoTの基盤で主導権争い 通信3陣営、150兆円市場にらむ  :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLZO…
木村屋 @kimuraya
セキュリティー人材の不足か…日経にこういう記事が出てきたという意味を考えて、今後読む技術書を決めないと IT各社、サイバー防衛へ人材確保 企業向けサービス強化 日立、システム販売など倍増1000人 :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGKKAS…
木村屋 @kimuraya
日経新聞のIoTの基盤の記事を読んでる
木村屋 @kimuraya
SIGFOX 通信速度:0.1kbps 主な企業:シグフォックス、テレフォニカ、ドイツテレコム、NTTドコモ 提供状況:提供中 フランス、スペイン、ドイツ、日本の企業が作るIoT基盤
木村屋 @kimuraya
LoRa 通信速度:10kbps 主な企業:セムテック、IBM、シスコシステムズ、仏ブイグ・テレコム、蘭KPN 提供状況:提供中 アメリカ、フランス、オランダの企業が作るIoT基盤
木村屋 @kimuraya
NB-IoT 通信速度:100kbps 主な企業:エリクソン、華為技術(ファーウェイ)、インテル、ボーダフォン、中国移動(チャイナ・モバイル) 提供状況:2017年にも開始 中国、スウェーデン、米国、イギリスの企業が作るIoT基盤
木村屋 @kimuraya
IoTの通信は5Gが有力視されているが、3~4年先の商用化を待っているとIoTの波に乗り遅れると考えられており、LPWA方式に注目が集まっている。IoTの通信は近距離の場合、Wi-FiやBluetoothが一般的、長距離の場合は携帯電話が主流(2016年3月現在)
木村屋 @kimuraya
以上の記述のソースは以下の記事 IoTの基盤で主導権争い 通信3陣営、150兆円市場にらむ  :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLZO…
木村屋 @kimuraya
IoTについては5Gとも絡むし、今後、普及する基盤を持つ企業が主流になった場合、製造業にも大きく影響するだろう。経済産業省がIoT向けのOSを作ると意気込んでいるけど、先に上げた国際企業の連合に日本企業だけで作ったOSが対抗できるか疑問だ
木村屋 @kimuraya
NB-IoTにファーウェイが参加しているが、ファーウェイはNTTドコモと5Gの実証実験をやっているし、技術力は侮れない。しかし、日本の製造業は大規模生産の需要に対応する能力がないと言われているし、IoTでも主流から外れれば、いよいよ駄目かもしれない
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする