編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

第59回 #1SS ミニトーク「アートの入り口」

第59回1SS「アートの入り口」 日時:3月5日(土)20時~23時(トークは21時から1時間程度) 会場:SUNDAY 住所:東京都世田谷区池尻2-7-12-B1F 入場無料(キャッシュオンにて1ドリンクor1オーダー) 続きを読む
アート
973view 1コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日開催!】第59回 #1SS は、約30年に及ぶアメリカ生活の後に帰国され、その後、4年間に渡ってアマナフォトコレクションのチーフディレクターを務められた河内タカ氏を迎えて、先日発売になったばかりの同氏の初めての著書『アートの入り口』(太田出版)についてお話を伺います。
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日】第59回1SS「アートの入り口」日時:3月5日(土)20時~23時(トークは21時から1時間程度)会場:SUNDAY(東京都世田谷区池尻2-7-12-B1F) #1SS
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日】入場無料(キャッシュオンにて1ドリンクor1オーダー)予約不要 ゲストスピーカー:河内タカ氏(『アートの入り口』著者)進行:芦川朋子(waitingroom) #1SS
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日】『アートの入り口』は、河内さんが5年間に渡ってほぼ毎日Facebookに投稿された数多くのアートや写真にまつわるエピソードが詰まった1冊で、他のどのアート本にもなかったような、著者の個人的な実体験から紐解いていくアートヒストリーになっています。 #1SS
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日】たとえアーティストや写真家の名前を知らなくても、アートにそれほど馴染みのない方でもぐいぐい引き込まれる、読み応えのある魅力的な文章の数々です。 #1SS
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日】今回は、この本の中から河内さんご本人が特に思い入れのある興味深いエピソードを本からの拡大版としてご紹介いただきます。また、会場からの質問にもどしどしお答えしますので、 #1SS に参加する前に『アートの入り口』を読んで来ていただけるとより一層楽しい時間を過ごせるはず!
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日】入場無料ですが、キャッシュオンにて1ドリンクor1オーダーをお願いしています(食事は軽食のみ)。お酒やおいしいお食事を片手に、誰でもお気軽にご参加いただけるトークです。ぜひご来場ください! #1SS
WAITINGROOM @waitingroom_
【本日】第59回 #1SS 「アートの入り口」3月5日(土)20時~23時(トークは21時から1時間程度)会場:SUNDAY(東京都世田谷区池尻2-7-12-B1F)入場無料 予約不要 ゲストスピーカー:河内タカ氏(『アートの入り口』著者) 皆様のお越しをお待ちしています!
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
第59回 #1SS そろそろトーク始まります。本日のトークは河内タカさんです! pic.twitter.com/FBVcw1k10F
 拡大
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS と言うことで連ツイしまーす。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
タカさんは10代のうちにN.Yへ。当初はアーティストだった。20代の終りの頃は絵を描くことだけで生活出来ていたが、バブルが弾けた。#1SS
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
2011年に日本に帰国後、ひょんな出会いからアマナの現代アートの写真コレクションをする事に。約550点を日本人の若手作家のコレクションをした。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS ちょうど写真作家が彫刻や絵画のポジションへ入りこんできたタイミングだった。2011年頃から。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 会社に申請した作家数は80名を越えていたけど、コレクションが決まったのはそのうち50名くらいかな。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS アートの入口について。FBのアルバム機能に出会ってしまった。それを使って一日一名の作家について、自分の経験や想いを込めて書くと決めてはじめた。本にする事は考えてなかった。自由に書くことを優先して、引用も多かった。そうすることで書く焦点が定めやすかった。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 4年間毎日1200w〜1500w書き続けた。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 日本のアートの紹介の中では、ごっそり抜けている部分があるので、それを伝えたかった。途中から続けることも楽しくなってきた。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS そしてある日編集の方からラブレターのようなメッセージが届いた。詳しくは本の文末にあるので読んでみてください!
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 本にする際には図版をどうするか?という問題もあった。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 河内さんが持っている本から図版を使用した。その本をみてきた手垢とかも感じて欲しい。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 当時住んでいたのはジューイッシュが住んでいるブルックリンのアパート。部屋をみて感性をジャッジして欲しいと思っていた。 pic.twitter.com/OEfq0f8PZw
 拡大
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 若き日の河内タカ氏。 描く時は一気に20枚とかエネルギッシュに制作していた。 色々な作家のアプロプリエーションやオプティミックアートなどを積極的に取り入れていた。 pic.twitter.com/eN5ngYixQo
 拡大
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS イーストビレッジに引っ越した頃。 バスキアのタグと本人。 pic.twitter.com/Z9pbV6YMIq
 拡大
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS 当時はハウスパーティばかり。 撮影はナンゴールディン。 pic.twitter.com/JL1wf9KX9X
 拡大
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
#1SS ナンゴールディンは時代の空気感をキャッチするのが特にうまかった。映画ならストレンジャーザンパラダイスとか最高。
残りを読む(22)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする