2011年3月15日11時に出発した最大汚染の分布軸は原発の南へ4キロずれる。

放射性物質の放出が定常的でなかったことを意味する。間欠的だった。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio

1回の放出時間は30分くらいだった。 kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-624… もし放出が何時間も連続的に行われたのなら、南に4 kmずれた汚染の帯を11時の放射能霧がつくることはなかったであろう。原発をまっすぐ貫いたはずだ。

2016-03-09 07:47:21
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「3月15日11時に出発した放射能霧は、いったん南に流されたあと、向きを変えて北西方向に進んだ。汚染の帯の延長が原発を通らない。」この観察は放射能がいつどれだけ放出されたかを復元するとき重要だが、私以外にこれに注目した人を知らない。 pic.twitter.com/esVLLk4tK6

2016-03-09 07:50:33
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

定常放出を仮定したSPEEDIによる積算線量図 kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-630… SPEEDIによる積算線量は、一見すると実測と似てるが、よく見るとぜんぜん合ってない。いったん南に4キロ流されてから北西に突き進んだ放射能霧がまったく表現されてない。

2016-03-09 08:09:23
早川由紀夫 @HayakawaYukio

よく見るとぜんぜん合ってないSPEEDI積算線量図。この図を表紙に大きく採用した書籍もあったことを思い出す。 pic.twitter.com/T9pxw96KGc

2016-03-09 08:30:28
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

汚染軸が南に4キロずれていて原発を通らない図、もしかして私の地図だから信用されないのかな?航空機モニタリング地図だと、たとえばこれ。原発の位置を黒く示した。元地図の大きな灰色丸はどういうわけか、南にずれてる。 pic.twitter.com/rq5658RkFE

2016-03-09 09:45:15
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

航空機モニタリング地図もうひとつ。80キロ圏。 pic.twitter.com/6VwRnhS8NU

2016-03-09 10:00:40
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?