10周年のSPコンテンツ!
86
ゆーき🌧️ @yuuki999
『俺はプロの小説家になる。絶対になる。だから遊び半分でキャッキャ適当にやってるやつらとは違う。売れるために常に自分のプロデュースの仕方も考えてるし小説のことを考え日々精進している。なのになんでこんな順位なんだこのサイトのシステムおかしい』という呟きを見て僕は 無いなって思った。
たいたい竹流 @torgtaitai
苦労してるから報われるべきって考えの人はよくいるやねー。楽しんでやってる人に勝てないパターン。
蝉丸P@4/27新書「住職という生き方」発売 @semimaruP
これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず 論語 雍也第六  なろう系というか、ステータス系チートの異世界小説は努力や成長が目に見えるので…というパターンなのは努力が報われて欲しいというのが「夢」である裏返しですわなぁ… >RT
田沢 大典 @datazawa
「プロになりたい」って人はプロになかなかなれず、なったとしても割と行き詰まりやすいです。なんでわかるんだって? 私がそうだったからですよ
田沢 大典 @datazawa
なんで行き詰まるかって?「どうしても書きたいモノがある! 書かなきゃ死んじゃう!」って情熱を持った人間が結果いつの間にかなってるのがプロの世界で、そういうモチベーション∞の人との消耗戦を強いられるからです
田沢 大典 @datazawa
思い込みを排除し、自分を見つめ直し、自分の中の本当のモチベーションを見つけ、その灯火を絶やさぬようにしながら、技術を習得し、再現性を高めることによってコンスタントにクオリティをたたけるようにし、仕事を続ける……という、大変泥臭いやり方でなんとか続けております
田沢 大典 @datazawa
ちなみにそれだけ積み重ねてきた努力も、輝ける才能が現れたらみんなそっちに目がいってしまいますでもそういうもんです。面白いもの、みんなが心躍らせるものがかける人間が賞賛される世界なんで

Yumibo@茜/鯛ゆみ坊/Mihira @Tainosugatayaki
プロの定義がまた人によって違うのがね
くまちか @k_machika
趣味人くらいがいいよ。なりたい!って思ってなるようなものでもないもんね。ってしらんけど。
たまらんの人とかねいがーの人 @neiger485
すごくわかる。この方はそのまま続けれてるみたいだけど、プロになる事自体がゴールになっちゃってのう。満足しちゃってもうやる気とかそういうの全部無くなったのう
玉英 @gyokuei
わかる(わかる(超わかる
16 またの名を軽薄 @jurock_krk
結局私の軽薄な性格はその「情熱を持ち続ける」という行動自体に向いていない のだな 受け入れてできるだけ気持ちを楽に生きようとはしてるけど、それでもやっぱり自己嫌悪は消えないよ
フィロソP @PhiRosoP
好きであるという事が一つの才能だからね。
御使い @yosui247
もう、なんね、自分なにしたいん。。。ってこないだから堂々巡りすぎて辛い。何もしてないという事実がさらに痛い。 モチベーションも大事だけど、生きる気力自体がつきかけているのが、一番やばい。 考える暇あったら描けって感じ。

コメント

にせローラ @keika_boku 2016年3月13日
創作活動で評価されたがりの人は、「好きを仕事にする、そして成功する」ってイメージ持ちすぎな気がしますね。だから評価されないと「周りがおかしい!!」となってしまう。
さくらみらい @AgentMirai 2016年3月13日
プロになれるかどうかって、ジャンルにもよるけど、運や縁という要素も大きい気がする。
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年3月13日
まあ、ないなあ……。肩に力が入りすぎてたらそりゃまず疲れちゃうから長続きしないでしょう。作家になるタイプの人は、なんかもう常に書いてる。書くことと呼吸することが同じくらい自然にできてるってイメージ。それこそそうしてないと死んじゃうってくらいなもんで、書きたいから書いてるだけという自分の欲を無視して見返り求めちゃ駄目だよね。プロは逆にそこで見返りないと死んじゃうけど(笑)
青島みかん@次は静岡キャラクターモデラーズ展示会 @mikanAoshima 2016年3月13日
自分の王国作りすぎちゃうのもね… アオイホノオを思い出すw
スイカ羊 @suika_sheep 2016年3月13日
ホントこれ。 得手に帆掛けて好きな事をするのか一番なのかも。
渚稜 @nagisaryou 2016年3月13日
受験勉強もそうですよ。テレビ見て寝たいだけ寝て、空いた時間に集中して勉強するタイプは合格するけど、禁欲や自制を常に強いられてるタイプはノイローゼになって自壊する。
九銀@半bot @kuginnya 2016年3月13日
人生は運が全てのクソゲー
一二三 @giko_t 2016年3月13日
ここでゆうきゆう先生の「天才」と「凡人」の差の解説。 https://twitter.com/sinrinet/status/639591812038967297 意識の持ちようではなく、単純にかけた時間の差というお話です。
Maulwurf @a7m167509498 2016年3月13日
天才は練習なんかしません。最初からできるから。必死で練習してるような奴は凡人だ。 天才が練習しているように見えるのはそれは凡人視点の錯覚で、天才はそれを楽しんでやっている。親がご飯や風呂に呼び出しても無視してそれをやり続けているのが天才。楽しくてやめられないから。
Maulwurf @a7m167509498 2016年3月13日
練習の高原 長期間必死で練習し続けても、ある程度上達するとそれ以上はほとんど上達しなくなるという飽和状態を練習の高原と呼ぶ、凡人はここで行き詰る。向いていないことを反復練習で身に着けただけだからか。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2016年3月13日
田中芳樹先生は、『小説家になりたいんです。どうやったら慣れますか?』というファンの質問に対して、『小説家、というものは"なりたい"と思ってなれるものじゃないんだ。"小説家になるしかない"人がなるものだ』と答えたのを思い出した。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2016年3月13日
クリエイターというのは、畢竟、生みの苦しみを永く、無限に楽しめる人が最強ってことですわなぁ……。
ヒジャチョンダラ @citabow 2016年3月13日
「やりたいコトを職業にするのではなく、できるコトを職業にしろ」むかし聞いた言葉だけど、いいアドバイスだと今でも思う。
エビゾメ @ABzome 2016年3月13日
まあコンテストに出すなら審査員の好みの左右でデビュー自体ワンチャンあるんだろうけど、ネットに載せて見られる評価は完全なる客観ですからねー。うまいへたとかでなく「みんなが好きになるものを作れないと好きになってくれない」という超あたりまえの残酷な世界なのでたとえ正攻法でなく業界のコネや裏金をいくら用意してもみんなの好感触なんか得られないのよね……うけさえすりゃプロの作品よりそのへんの学生の落書きのほうが注目されるなんて当たり前のように起きるのがSNS社会。
エビゾメ @ABzome 2016年3月13日
まあちゃんと書いてるっぽいぶんこの話よかよっぽどちゃんとしてるとは思うけどw でもまあ評価となると他人ありきの周りにあうかでしかないからなー。
あのにうむ @anonym2525 2016年3月13日
これはウケる!と狙って作ったものより熱に浮かされて夢中になって作ったものの方が評価される方が多い気がするの。気がするだけ。
Takashi Suzuki @agkfreak 2016年3月13日
今の時代の小説家というのも相当特殊な職業だから、プロにこだわるのは余計にどうかと思う。マンガはまだプロデビューにもう少し意味があるように思うけど。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年3月13日
まあ、天才じゃなくても努力すればジェフ・ベックぐらいにはなれるんで…。
さくらみらい @AgentMirai 2016年3月13日
たしかに練習しないと上手くはなれない。けど、練習すれば上手くなって必ずプロになれるかといえば、それは違うよね。練習っていうのはプロになるための一次試験みたいなもので、二次試験として運、言い換えると出会いや縁みたいなのが必要になるように思えるんですよね。
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年3月13日
絵に限らないけど、その手の人って息をするようにやってるんだよね。
@door06764388 2016年3月13日
自分をageるために他人をsageる行為は嫌になるよね。
(Kaz)uya @kazuya_ism 2016年3月13日
実際プロになった人って実はそれしか取り柄がなくて、気づいたらプロになってたなんて人が多い気がする。プロになりたい人って実はその職業の持つイメージとか負荷価値的な名声なんかの方に魅力を感じてる人が多い気がする。有名になりたいとか実はオシャレな職業だったら何でも良いとか。
人形使い@紅楼夢は一般参加 @doll_player 2016年3月13日
苦労は報われるべき→報われるためには苦労しなくてはいけない→苦労することが目的化→自分は楽しんではいけない、楽をしてはいけないの地獄の無限ループにいったん陥るともう抜け出せなくなる
未来派 一尉@No.0のOphelia @kazui_h_razdaz 2016年3月14日
仕事をしてみて評価されない事を周りの所為にした事は一度もないです。 寧ろ自分がどれだけ下手で技術不足か痛感し、結果仕事でも趣味でも自分の下手さを恨み苦しむ事になりました。 運良く仕事に出来ても凡人は保ちません、結局残るのはやはりなるべくしてなる非才の人達だと凡人廃業寸前の自分は実感してます。
人形使い@紅楼夢は一般参加 @doll_player 2016年3月14日
「○○になりたい」系のいわゆるワナビって、例えば「漫画家になりたいけど漫画描くのがイヤ」っていうような、結果だけ欲しがってるのが多い気がする。そりゃなれないだろ、やってないんだから。
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2016年3月14日
プロデュースも考えてるって?じゃあなんで需要のない土俵で勝負してんの?
3Dポーズ集 @3dpose 2016年3月16日
プロになるのはそんな難しくないよ。お金貰えばいいんだから。プロになれないのは、お金の貰い方を知らんからだわ。本当に難しいのは他人からお金を戴いた生活を何年も続ける事さね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする