鈴木正朝先生の個人情報保護TL 2011/1/31分

鈴木正朝先生の個人情報保護に関する2011/1/31のツイートを備忘のため記録
個人情報 鈴木正朝
1
鈴木正朝 @suzukimasatomo
杉浦宣彦先生の論考「国民共通番号導入に向けて検討すべきことは何か」http://bit.ly/gVEgcm「1800もの自治体が個別に制定している個人情報保護ポリシーの標準化」標準化でしのぐ案は役所はのりやすいが先送りになる。ネットは自治体に閉じていない。やがて矛盾は露呈する。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
(つづき)「プライバシーをめぐる議論に大きな変化・影響を与える問題」はまさにそのとおり。現行行政機関個人情報保護法の延長の発想では、法定利用目的を法改正で拡大することへの抑制が全く効かない。構造的問題、システム全体の評価に第三者機関が踏み込みにくく人権保障機能が働かない。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
実質的に規制の対象情報の性質(特定個人の識別性の有無)だけに着目して、個別のミクロな情報の取扱いに規制を与える発想に限界がある。それが過剰反応等適用の混乱を起こす原因の一つであることに起草に関与した有識者は気がついていない。現行法ベースの改正議論は彼らのメンツとスキルの問題。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
民におけるケータイIDの問題も、公における共通番号の問題も、システム全体を踏まえてプライバシーの権利への影響を一定の指標をベースに評価しなければならないわけで、個々に流れる情報が特定個人を識別できるかどうかの形式的判断で規制や権力チェック機能の発動の有無が決まるのでは意味がない。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
共通番号の問題点を情報漏洩でしかイメージできない貧困さでは有効な対策はたてられない。国民の感覚的不安や不信には有効に答えることができないばかりか、その不安は的中しているということになる。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
(つづき)同様に目的外利用が政府の中の人のモラル(悪用)の問題で発生すると考えている節もあるが、それ以外にも利用目的管理のためのシステム的機能が欠落することで構造的に目的外利用を許してしまう例もあり得る。これはすでに民間部門で潜在的に蔓延している個人情報保護法の欠陥の一つである。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
理解できる範囲でしか論点をとりあげず、納期厳守に差し障りのある根本的な問題の指摘がなされないようヒアリング対象からはずし、また現行法の問題が起草者の問題だと指摘されているように受け止めて自ら頑なな姿勢になる小心翼々とした態度が自由闊達な議論の場を陰鬱なものにしている。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
法学者でしかないのにシステムに関わる問題含めその全体を俯瞰し論点の軽重を判断できているという慢心も問題。また法学者なのに憲法的規律の必要性を過小評価している、そこを押さえるのが使命であるとの自覚も乏しい。さて国にとって担当官にとってそれでいいのか、球は役人に投げられていると思う。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
共通番号、総論賛成となった後は、制度的にも情報システム的にも特に必要がないものまで過剰に採用される。それが必要だと言われれば、コスト的理由であっても安易に際限なく組み入れられるリスクもある。必要不可欠というしばりはいつしか有名無実。第三者機関のPIAが有効に機能する制度設計が要。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
立法論、しかも憲法論を背景としたそれを行う時に、現行法の解釈論(それも訴訟法的見地の欠落した極めて稚拙なところ)から抜けきれない法学者集団。前例踏襲型のテンプレート起草でしのげる範囲で納めて法制局対応を終えたいという小役人根性が、立法の創造性を奪っているところはないか。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
要するに「プライバシーの権利」にさわりたくないという心理。難しい。学説が対立し混迷していると定型文を言って逃げたいという心理。一方で安易に「自己情報コントロール権」を持ち出す無頓着ぶりをみせる時も。明らかに脳みそが矛盾、混乱している。今何のために何をなすべきかすらわかっていない。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
目的外利用の利用目的は法律(国会)が定める。法定利用目的は国会(立法)裁量でいくらでも拡大可能ということだ。さて、ほんとにいくらでも拡大できるの?民主的コントロールが働いている、有権者が納得しているからOKなの?なるほど憲法論は不要だ。憲法は試験勉強のためだけに存在している。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
国民情報は反政府的人間、野党対策、採用時の身辺調査、危険人物の洗い出し、政敵の追い落とし等のためのネガティブイメージの形成など情報操作、世論操作に使われかねない。公務員の統制にも使うでしょう。目的外利用を監視する仕組みは必須です。みな我が身に返るリスク。情報漏洩だけが問題ですか?
鈴木正朝 @suzukimasatomo
新井将敬元国会議員の選挙や福島瑞穂民主党党首に対して某知事陣営はその出自問題をアピールしたでしょう。こういうことを平気で言える人たちが権力に入る。政情不安になれば過激な人が支持されて権力内に入るでしょう。抑えがなかったらいろんな道具を使いかねない。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
年金不払いの政治家チェックもしましたよね。しかもその情報が漏洩しましたよね。歴史に学ぶまでもなく小さな濫用はたくさんありますよ。共通番号制度導入というごつい案件をむしろ奇貨として、やってこなかった情報管理の監視機能を構築すべきなんじゃないのかと。共通番号だけ見るのは視野狭窄です。
鈴木正朝 @suzukimasatomo
政権内の近親憎悪、仁義なき戦いの際のリーク合戦。権力により近い方が背に腹は代えられずとなった時に濫用が起きやすいですよね。リークされる情報の出所は闇の中。情報管理の政治的中立性をどうやって担保するか。また上への不信が極まれば、海保も自衛隊もミクロな正義感から私的に情報公開です。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする