2016年3月18日付朝日新聞「慰安婦問題を考える 挺身隊との混同 韓国では」の反響

記事の反響ツイートをまとめました。備忘のため仮につくったもので、内容や見せ方については追い追い補っていきます。
7
リンク 朝日新聞デジタル (慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル 慰安婦問題について日韓両国政府は昨年末、「最終的かつ不可逆的解決」とすることで合意した。元慰安婦の名誉と尊厳の回復のため協力して事業を行うと決めた一方、両国社会の間の認識のずれを改めて意識させるきっ… 48 users 444
神田事務用品 @kunakjm

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル fb.me/54ZvObFWA

2016-03-18 07:14:09
菅野完 @noiehoie

朝日による吉方べきさんインタビュー記事。丁寧な論証で「挺身隊との混同」が韓国でどのように生じたかを証明している。これはいい仕事。必読です。 / “(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏…” htn.to/KHC8FF

2016-03-18 08:04:16
ハラミ1番☆文公輝 @haramino1

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 08:07:38
中沢けい @kei_nakazawa

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 08:21:48
李信恵 이(리)신혜 @rinda0818

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 08:31:57
ゆーすけ @yoox5135

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 08:43:41
能川元一 @nogawam

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 08:50:14
なるみ🥚 好好儿洗手 @yumiim1

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 08:52:04
斉藤正美 @msmsaito

これは、必見!「韓国の新聞各紙では、日本の新聞に慰安婦についての記事が出始める80年代よりも早く、終戦直後から60年代前半ごろまでには「挺身隊の名のもとに女性が連行され慰安婦にされた」という共通の認識が成立していた」(吉川べき氏)asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 09:04:25
雲雀丘花屋敷 @nofuture_aomori

きょうの朝日。慰安婦を「挺身隊」と誤用したことに対する言い訳を識者に語らせる形で延々と1ページ。自己弁護に次ぐ自己弁護。本当にウンザリ。自分たちがやってきたことをこの期に及んでまだ直視しようとしないのか。朝日ではなく新聞業界全体の信頼を損なった行為をなぜ恥じようとしないのか。

2016-03-18 09:06:56
吉田尚 @namepyon

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 09:09:23
BARA @BARANEKO

【参考】朝日新聞の「日本軍『慰安婦』」報道検証記事。今回は、『挺身隊』との「混同」など、韓国での受け止め方との「差」について ①韓国在住の言語心理学者・吉方べきに聞く(1) pic.twitter.com/FAK3kt002C

2016-03-18 09:14:02
拡大
BARA @BARANEKO

【参考】朝日新聞の「日本軍『慰安婦』」報道検証記事。今回は、『挺身隊』との「混同」など、韓国での受け止め方との「差」について ②韓国在住の言語心理学者・吉方べきに聞く(2) pic.twitter.com/PpJOhxx7zJ

2016-03-18 09:14:44
拡大
sugiura taisuke @mukaibaba

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 09:15:24
BARA @BARANEKO

【参考】朝日新聞の「日本軍『慰安婦』」報道検証記事。今回は、『挺身隊』との「混同」など、韓国での受け止め方との「差」について ③「うわさ」と「概念区分」 pic.twitter.com/rtq8kTBxY3

2016-03-18 09:16:05
拡大
金明秀 Ꮶɨʍ, ʍʏʊռɢֆօօ @han_org

ずっと気になっていたうわさの時期についても記述がある。メモ。/(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 09:16:32
BARA @BARANEKO

【参考】朝日新聞の「日本軍『慰安婦』」報道検証記事。今回は、『挺身隊』との「混同」など、韓国での受け止め方との「差」について ④引用した記事・書籍 ほか pic.twitter.com/ABVQaKj6wZ

2016-03-18 09:17:33
拡大
BARA @BARANEKO

【参考】朝日新聞の「日本軍『慰安婦』」報道検証記事。今回は、『挺身隊』との「混同」など、韓国での受け止め方との「差」について ⑤朝日新聞への指摘は pic.twitter.com/qBaCZbiLz0

2016-03-18 09:18:46
拡大
むぎちゃ @mugichaww

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 09:23:27
中野島ブルース @kaikakuonegai2

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1… 今晩改めて熟読しよう。

2016-03-18 09:26:38
能川元一 @nogawam

ちなみにこの「挺身隊との混同」問題って、日本軍と「慰安所」の関係がインフォーマルなものかどうかが議論されていた段階では意味があったけれども、いまは事情がまったく変わってるんだよね。

2016-03-18 09:36:31
fj197099 @fj197099

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では(asahi.com/articles/DA3S1…)…朝日としては良記事だ。掲載動機が自己弁護なので内容を鵜呑みには出来ないが少なくとも検証の材料を与えている。最初からこういうレベルの報道をすれば、慰安婦誤報など起こらなかったと思う。

2016-03-18 09:40:01
福岡貴善@金子文子伝執筆中 @fukuoka_t

(慰安婦問題を考える)挺身隊との混同、韓国では 韓国在住の言語心理学者・吉方べき氏に聞く:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…

2016-03-18 09:42:05
能川元一 @nogawam

右派が「挺身隊との混同」に未だにこだわっているのは、彼らが(1)「女がどのようにして売春婦になったか」にしか関心を持たず、さらに(2)物理的な強制か法的な強制しか「強制」とは認めないから。でも平時の公娼制が前借金による事実上の強制売春制度だったことは周知の事実。

2016-03-18 09:42:54
残りを読む(567)

コメント

涼風紫音/圧縮 @sionsuzukaze 2016年3月19日
右と左の一部が記事外乱闘画策してるけど無視して記事読めば良いと思う。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
慰安婦が「挺身隊として徴集された」という記事の最古の記録は、戦時中に遡る。アジア女性基金ホームページに掲載された朝野豊美氏の論文『雲南・ビルマ最前線における慰安婦達-死者は語る』http://www.awf.or.jp/pdf/0062_p061_088.pdf p63には、 米軍新聞「ラウンドアップ」1944年11月30日付記事「日本の慰安婦」(原文:"JAPCOMFORT GIRLS")が調査されている。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
これには、挺身隊(原文では、"WAC"organizations )として集められた話が掲載されている。歴史学者・朝野の解説によると捕虜となった朝鮮人慰安婦は、「1942年の4月初め、日本の官憲が朝鮮の平壌近くの村で、シンガポールの後方基地勤務で基地内の世話をしたり病院の手伝いをする挺身隊(原文では、"WAC"organizations )の募集を始めた。」という。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
その後、彼女たちはビルマで慰安婦にさせられ、やがて米軍の捕虜となり、1944年11月30日付「ラウンドアップ」にそのインタビュー記事が載ったという次第である。この話から考えて、戦時中「挺身隊の名で」慰安婦の徴集がなされたのは事実であろう。募集が1942年という事は、女子勤労挺身隊ではあり得ない。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
右派論壇は、「挺身隊」と言えば「女子勤労挺身令による動員の事だ」と考えているが、それはとんだ誤解である。1942年の初頭には、陸軍は「女子挺身隊」という組織を造っており、それ以外の看護婦など、およそ軍に関わる組織を当時は「挺身隊」と呼んでいたのである。http://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru/65362131.html
0
心技 体造 @mentalskillbody 2016年3月19日
冒頭の涼風さんの言葉にさらにつけくわえるなら慰安婦と日本を結びつける記事は読む必要さえない。日本人だけが慰安婦関連で犯罪者にように扱われる理由が存在しないから。右とか左とかの場外乱闘というのもおかしく、こういった記事を作られ続ける時点で日本の方は侮蔑や中傷に晒されている。30年以上に渡ってデマを混じえては慰安婦関連で中傷や差別を受けてきた日本人にさらなる追い打ちをかけて傷つけたい方達の醜く歪な主張に付き合う必要がない。なぜなら日本人にも他国の方と同様に人権があるから。
2
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
朝鮮半島においても1940年11月13日付け『毎日新報』には「農村挺身隊」の結成が報じられた記事があり、その他「婦人農業挺身隊」、医師や看護婦を対象にした「仁術報国の挺身隊」、「漁業挺身隊」、文化、商工、報道、運輸、金融、産業などの32団体で結成されたという「半島功報挺身隊」・・・など「挺身隊」という名前がついた複数組織が造られていたのである。
0
心技 体造 @mentalskillbody 2016年3月19日
慰安婦の記事で日本を持ち出し日本の方がバッシングを受けているのならその記事の被害者は紛れも無く日本人であり、日本人には嫌だと怒る権利がある。やめてくれと怒る権利もある。差別や中傷を続けてないでくれと怒る権利がある。にも関わらずデマや虚構などを混じえて慰安婦という題材で日本人は陰湿なヘイトを何十年にも渡って今も受け続けている。
2
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
こうした組織は、『国民徴用令』も『女子勤労挺身令』も無関係だが、総動員法に基づき、韓国社会に網の目のように張り巡らされた愛国班、愛国婦人会などを通じて、韓国人を戦争に協力させるための募集、広報、宣伝などの活動をしており、いわいる強制連行(労務動員)に深くかかわっていた。尹明淑によれば愛国班は慰安婦の徴集にも関わっており、元慰安婦の話に「日本人の女の人が誘った」というような場合はこのような動員組織が働いたのであろう。
0
心技 体造 @mentalskillbody 2016年3月19日
日本人を中傷や差別している環境に慣れてしまった方はそれが当たり前になってしまい、日本人を傷つけていない状態に耐えられないのだと思う。韓国が国策で日本人を差別する政策を行い、その歪んだ教育が常に日本に入ってくる。日本でもヘイトをなくせ!という方達が韓国側のヘイト行為は支持して日本を叩き続ける異常な光景がよく見られる。怒りを通り越して悲しい現状。日本叩きはヘイトでも正義という悲惨な風潮。怒りを通り越して悲しくなる。
2
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
慰安婦の徴集が労務動員の一部であった事は、太平洋戦争が勃発するころ、労務調整令が公布、施行されましたが、その認可した事業の中に、「酌婦、女給」が入っておりその認可標準として 「●の要求により慰安所的必要なる場合に厚生省に稟伺して承認を受けたる場合の当該業務への雇入のみ認可す」と書かれている事からも理解できる。(「一八六号通牒」より)
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
これは要するに慰安婦の徴集が労務調整令における労務動員の一部であることを意味している。 この極秘資料「一八六号通牒」は、2015年に『労務調整令事務取扱関係通牒集(一)』の中に入っていることが、今田真人氏によって発見された。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
朝鮮半島での労務動員は、『朝鮮労働者内地供出に関する件』で、「(特に陸軍から熱烈な)約30万人を朝鮮より供出せらりたき要求」が出ており、昭和16年度の移入要領によれば、労務者の供出は職業紹介所による募集が総督府の斡旋による動員に移行している。(樋口雄一『戦時下朝鮮人労務動員基礎資料集1』p11)慰安婦もまたこの軍からの要求だったのであろう。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
それがもっとも明らかなのは関特演による朝鮮娘に対する慰安婦動員であり、秦郁彦は『慰安婦と戦場の性』で、木原政雄憲兵(虎頭憲兵分遣隊)、海原治主計将校(後の防衛庁官房長)、森分義臣等の話を掲載しており、村上貞夫曹長の手記の「記憶では3000人ぐらい」動員したという話しを『論座』1999年9月号で肯定している。もちろん、ほとんど嘘、デタラメばかり書く西岡力は根拠なく否定しているが、この人物は放っておけばいいだろう。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
朝鮮人慰安婦が「挺身隊の名によって動員された」という話は元日本兵の著作にも見られる。1981年に書かれた品野実の『異域の鬼』には「将校クラブ勤務とか挺身奉仕隊など『お国のため』という、かっこよい触れ込みにだまされて集められた。逃げ場のない輸送船内で、抱え主に事実を告げられいい含められて、泣く泣く『実習』で仕込まれてきた娘たちだ」と書かれている。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
木下博民著『戦場彷徨ー鯨部隊一兵士の大陸青春記』p216~218によれば、、隊長との対話で慰安婦について「朝鮮人の女子挺身隊がいませんでしたか」と聞かれた様子が書かれている。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
「慰安婦と挺身隊の混同」などと言うが、それはそもそも「挺身隊」という言葉の意味がわかってないからそう思うのである。「挺身」という言葉自体の意味は「自ら進み出ること、自分の身を投げ出して物事をすること」であり、1933年頃から急速に軍国主義化して行った日本の中では、軍関係の多くの組織にその名前が付けられたのである。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
だから、「挺身隊」=「軍関係の組織」ぐらいの意味である。日本軍慰安所はまさに軍が将兵の性のなぐさめのために造った組織である。また慰安婦はしばしば「看護婦」「軍の被服の仕事」などと偽って集められており「挺身隊の名で募集された」というのは、まったく正しい表現である。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
植村隆は、産経新聞阿比留瑠比記者のインタビューに答えて「だから挺身隊というふうに、ご本人が言ったり、それから周りが言ったりしている。つまり、その場合の挺身隊というのは、勤労挺身隊の意味ではないんですよ。」と答えているが、これが正しい。http://www.sankei.com/world/news/150904/wor1509040001-n5.html
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月19日
さらに尹貞玉は、1996年の証言集『中国に連行された朝鮮人慰安婦』p17-p18でも、軍の雑役や病院の雑役をしながら、性の奉仕をさせられた朴莫達や崔一礼の体験について、「旧日本軍慰安婦」を我が国ではなぜ今日まで「挺身隊」と呼んでいるのか、その理由を明らかにするものと言えよう」と書いている。こうしたことを知らないので残念ながら朝日は反論もできなかったが。
0
堀家康弘 @kounodanwawoma1 2016年3月30日
しかし、歴史を一次資料から書いてやると、誰も読まないみたいね。やれやれ、知的な程度が低すぎる。
0