2016年3月20日

千早赤坂村はコンパクトシティになり得るか

千早赤坂村のコンビニ誘致作戦を元に、コンパクトシティが本当に住民に役立つものなのか、本当に必要なものは何かを考える。
4
toshifumi takizawa @tackyto

コンパクトシティについて書く。 別の場所に書こうとしたのだが、あまりに書きづらかったので止めた。 炎上し易い言葉を使っているのはわざと。

2016-03-20 00:57:35

考察のためにコンパクトシティの定義を決める

toshifumi takizawa @tackyto

まず、コンパクトシティの概念が曖昧なので、定義を決める。 「各住民が、徒歩で、公共交通機関、診療所、コンビニにアクセスできる生活圏を構築する事」 この定義は私が勝手に決めたが、要点は徒歩で最低限の生活インフラにアクセスできること。

2016-03-20 00:58:06
toshifumi takizawa @tackyto

なぜ私の定義にコンビニが入るのかと言えば、日常的に利用する最低限の物販だから。 簡単な話、車を運転できなくなったとき、イオンや商店街がなくても日常生活は送れる。 しかし徒歩圏内にコンビニがないと困る。

2016-03-20 00:58:29
toshifumi takizawa @tackyto

なお、実際に使用されるコンパクトシティの定義は、 「生活に必要な諸機能が近接した効率的で持続可能な都市(Wiki)」だったり、 「市町村がコンパクトであることは、DID人口密度が高いことにより定義され(内閣府)」だったりする。

2016-03-20 00:58:45
コンビニと診療所を維持するために
toshifumi takizawa @tackyto

次に、採算性の話をする。 日本全体で見ると、診療所は100,000件、コンビニは50000件程度ある。 診療所は概ね人口1,200人に1件、コンビニは2,400人に1件くらいはある計算になる。

2016-03-20 00:59:18
toshifumi takizawa @tackyto

従って、私の定義によるコンパクトシティ化の目標は以下のようになる。 徒歩圏内に2,400人程度の人口を集中し、中心部でバス、診療所、コンビニの生活インフラを維持する」 コンビニは弁当の売上が重要なので、住宅地だと採算性が落ちる点を考慮する必要があるが、一旦置いておく。

2016-03-20 00:59:58
toshifumi takizawa @tackyto

何だか既存のイメージと違う。 なお、実は私もコンパクトシティではなくコンパクトタウンとか、そう言う名前を使った方が良いと思っている。 (続きは後)

2016-03-20 01:00:47

千早赤坂村にはコンビニが無いらしい

toshifumi takizawa @tackyto

続き。 少し前にちょうど良い題材があったので、千早赤坂村を例に考えてみる。 カモン、コンビニ!大阪で唯一コンビニのない千早赤阪村が4月から誘致作戦 sankei.com/west/news/1603…

2016-03-20 12:10:35
リンク 産経WEST カモン、コンビニ!大阪で唯一コンビニのない千早赤阪村が4月から誘致作戦 開店経費補助へ コンビニよ来れ-。大阪府内43市町村の中で、唯一コンビニエンスストアがない千早赤阪村が4月から、誘致策に乗り出す。村は面積約37平方キロと吹田市(約36平方キロ…
千早赤坂村について調べてみた
toshifumi takizawa @tackyto

まず、千早赤坂村はどこにあるか。 GoogleMapから地図をキャプチャした。 大阪府の南の隅にあり、大阪府で唯一の村として知られている。 大阪府内唯一の過疎地域でもある。 pic.twitter.com/dqP8TWSVFn

2016-03-20 12:11:09
拡大
toshifumi takizawa @tackyto

人口は今年2月の推計で5,342人。 2010年の国勢調査では6,015人だったから、相当な勢いで過疎が進んでいる。

2016-03-20 12:11:22
toshifumi takizawa @tackyto

ちょいと拡大して航空写真を見てみよう。 大まかに居住地区が5つに分かれている。 1.村役場付近、2.東阪、3.小吹台、4.中津原、5.千早城跡 なお、実際の行政区分とは異なる。 pic.twitter.com/XiuAuaIktL

2016-03-20 12:12:47
拡大
toshifumi takizawa @tackyto

では、千早赤坂村について、公共交通機関、診療所、コンビニがそれぞれどのような状況になっているか調べてみる。 まず、公共交通機関について。 当然、電車は通っておらず、バスがメインである。

2016-03-20 12:13:12
toshifumi takizawa @tackyto

バスの状況だが、ちょっと分かりにくいので図に書いてみた。 村役場付近、東阪、千早城跡は、富田林から、小吹台は河内長野から接続されている。 中津原の集落の南半分は徒歩圏内にバス停がない。 pic.twitter.com/v2vz20XAB5

2016-03-20 12:13:36
拡大
toshifumi takizawa @tackyto

次に診療所。 村役場付近、小吹台、千早城跡には中央付近にあり、特に問題なさそう。 東阪は西の端にある。端に存在するため徒歩30分くらいかかり、徒歩圏内から外れる。 中津原も同じく30分ほど歩いて小吹台か東阪の診療所に行くことになる。 pic.twitter.com/AmtHAavYFa

2016-03-20 12:15:34
拡大
toshifumi takizawa @tackyto

最後にコンビニについて。 最初の記事にある通り、村内にはない。 よって付近のコンビニを見てみる。 思った以上に多い。ちょっと行けば千早赤坂である。 これだけを見れば千早赤坂にコンビニがあっても不思議ではない。 ここまでが現状。 pic.twitter.com/AhBR6EJh2X

2016-03-20 16:37:42
拡大
toshifumi takizawa @tackyto

さて、単純に人口から考えると、診療所は4件、コンビニは2件くらいあっても不思議ではない。 しかしながら現時点では、どの地区にコンビニがあっても採算は合いそうにない。 車に乗ってより便利な場所に出かける方が手っ取り早いからだ。

2016-03-20 12:17:02
toshifumi takizawa @tackyto

以上を前提に考えてみる。 基本方針として、村役場付近と小吹台に中心を構築する事を目標にする。 それ以外の地区には2400人の生活圏を構築できるとは思えないので、現居住者の生活を維持しつつ別の方法を考える必要がありそうだ。 続きはまた。

2016-03-20 12:17:33
コンパクトシティな村づくり
toshifumi takizawa @tackyto

コンパクトシティ()の続きの続き。 さて、私の考える対策は以下の2つ。 1.超小型モビリティ、歩行補助用具を利用した生活圏の拡張 2.ソーラーパネル設置等によるコンビニの維持費の抑制 3.高齢者の中心地区への移動の奨励

2016-03-20 15:19:07

3つでした。

残りを読む(11)

コメント

ななしさん @ScreamIcecream7 2016年3月21日
コンビニって利益出すのにどんだけの売上必要か知った上で2軒って言ってるのかなぁ… 千早赤阪村は河内長野市との合併に失敗した時点で終わった気がするけど河内長野市も死んでるので問題ないか…
0
おてつ @guruado 2016年3月22日
これは面白い。土地勘あるで興味深く読んだけど、実現は難しそうだなあ。
0