Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

落ち込んだように、体に筋肉に力が入らなくなり起きられない動けない動きずらい感じ、不登校時の感じなどへのフォーカシング

絵を使ったひとりフォーカシングと、リスナーしてもらった二人フォーカシングの記録(togetterまとめで2012年ごろ~継続中)。
3
hiroki @hirokiharoki

前回、絵でフォーカシングしたやつ ↓ を頭に浮かべながら、月例会でリスナーしてもらってフォーカシング。力が入らない感じについて。子供の時から各年代ごとに、それぞれ責める自分がいて、力が抜けて入らない自分がいる、のかなぁ…と漠然と予想 pic.twitter.com/SNNMd5mL8X

2016-03-20 19:58:28
拡大
hiroki @hirokiharoki

子供の時、大学前、大学時、その後から今現在まで。見て感じていった。実際はそれぞれ違いがあった。最初は、全部合わせた感じで、力が入らなくて動けない感じがあるのでは、という想定。人間ではなくて(他人の)腕である感じは、子供の時ほど多い。 pic.twitter.com/P02RJNTvMx

2016-03-20 20:03:01
拡大
hiroki @hirokiharoki

子供の時の方が「(別の人、親、から)指示されたとおりに動け(腕であれ)。独立した、別の存在としての自分を持ったりしない」という呪縛がより強い。自分って?とか、自分がしたいことは?など感じて本格的に考え始めるのは大学入った後だった。大学前は、例えば「水道の蛇口」のようなものが外に。

2016-03-20 20:07:49
hiroki @hirokiharoki

自分を表すのに、「水道の蛇口」の枠の中にあるのが、自分だ、というように、自分以外のものが必要だった感じ。力が抜けて筋肉を動かせず、何も出来ない状態は、覚えてる限りでは、大学後だった。燃え尽きた後だと思ってたけど、フォーカシングしてたら、それよりも前からだったと思い出した。

2016-03-20 20:11:07
hiroki @hirokiharoki

客観的に、実際にはどうかとか、ちゃんとやってたり成果をあげていたりに関わらず、自分はろくでもなくてダメな奴に違いないと決めつけ圧迫、全否定する感じは、各世代にある。しかし、力が抜ける現象は大学以降。全否定するから力が抜けるのだと思ってたんだけど。それだけではない、何か違うのかも。

2016-03-20 20:14:59
hiroki @hirokiharoki

「水道の蛇口」があった時までの感じ。言われたとおりに(他人の腕として)動け。お前はダメだ! そして、水道の蛇口の「分厚い壁の中」にいるのが自分である、という感じ。自分の形は判然としない。壁があるからこそ、自分を意識できる。今思えば。 pic.twitter.com/fPCb6NQLqS

2016-03-20 20:20:28
拡大
hiroki @hirokiharoki

大学入ったら、(今思えば)壁は唐突に無くなってしまった。狼狽。何が何だか。自分がわからない。自分の形にさわれない。どのあたりが、どのあたりまでが、自分なのか。困った。あと、自分がやりたい事は? 当時、あれこれ考えたり試行錯誤したり。 pic.twitter.com/faG8rygb9J

2016-03-20 20:24:35
拡大
hiroki @hirokiharoki

自分、自分がやりたいことを見つけて、育てること。今までどおり(他人の)腕のままであること。感じを見ていってみると、その二つがコンフリクトしてぶつかって、結果、体に力が入らなくなり頭も働かなくなり動けなくて寝こむことが起き始めていた。 pic.twitter.com/W2z0lSxVwS

2016-03-20 20:27:51
拡大
hiroki @hirokiharoki

二つがぶつかって、何か、負のものが、自分の中に降り積もってゆく。気持ちがふさぐ。自分で自分を虐待しているような、TAでいう心理ゲームを一人でぐるぐる回りながらやって、条件付き否定や全面否定を入れているような、傘をささず、ずぶ濡れになり、何故だか落ち込み、動けなくなるような。

2016-03-20 20:31:51
hiroki @hirokiharoki

自分にとって、冷たい雨にうたれて、濡れても、延々と雨の中で濡れ続ける、それを時間的に長く続ける、ということは、自分の意志でいじめを受け続けるような、(交流分析TAで言うストロークが何も入ってこなくて窒息するよりは)マイナスのストロークでも取り入れたい感じなのかな。

2016-03-20 21:27:15
hiroki @hirokiharoki

足元が、足場が常に狭く、崖っぷちに追いつめられてる感じあるから「本当に死にたくないから、死に物狂いで、追いつめられて」何かをやってしまう。家の仕事関係とかで、手助けを頼まれて、生気を根こそぎ使い尽くすようにやってしまったり。他人の腕として。それは「自分のしたいことをしろ」に矛盾。

2016-03-20 20:37:03
hiroki @hirokiharoki

「このぐらい」を行おう、やろう、と両者で相談して合意してやれていない。「やりたくない」領域まで、「暴走」してしまう。終わった後で、半日、1日、力が入らなくなったりしていた。深く理由を考えたことはなかった。単に疲れたのでは、みたいな。そして、もっと大きな燃え尽き現象が。後は何年も。

2016-03-20 20:40:49
hiroki @hirokiharoki

何年も、動けなくなり、部屋から出なかったり。大学の時に、力が入らない現象が起こったのは、この時からのことだけ覚えてた(何か手伝って半日、一日動けなくなった事は忘れてた)。一番下に狭い足場。負のものをたくさん貯めて動けなくなった自分。 pic.twitter.com/qy6Spb8XOn

2016-03-20 20:45:48
拡大
hiroki @hirokiharoki

背中にのしかかっている。ちゃんと出来ないなんて、やっぱりダメな奴だお前は、と批判して圧迫する自分。独立した人間ではなくて他人の腕であろうとする自分。やりたいことは何かなー、と思う自分。そんな、それぞれ。

2016-03-20 20:48:10
hiroki @hirokiharoki

年代別の自分が、積み上がった筒、円筒形だったら。そして筒によじ登って上から下を見る自分がいたら、中はどう見えるのか。全体的に合算すると、負なものが背中にのしかかり力が入らない動けない自分。歩いたり走ったり力抜けて動けなかったり自分。 pic.twitter.com/UAl25R3y38

2016-03-20 20:52:12
拡大
hiroki @hirokiharoki

自分を責める自分。フォーカシングしたりで、その時々の自分の中を見る自分。長いこと動けなかった後は、そこから起き上がってくこと、その日その日の瞬間のことで手一杯で、自分を見ると言っても、今気になってることを見たりで、「全体を上から見る」みたいなことはあまり出来てなかった。

2016-03-20 20:55:55
hiroki @hirokiharoki

上から見たら、どんなかな。年代別ではなくて、全部合わせて一枚絵に合算したとしたら。狭かった足場は、以前の「手足全身から血とか色々出して、もっと広い足場を、道を、錬成するイメージワーク」で少しだけ広がって楽になっている。 pic.twitter.com/JAbL3sTv5y

2016-03-20 20:59:02
拡大
hiroki @hirokiharoki

全然ダメだと決めつける、自分を責める自分は居るままだ。娯楽以外は、日々、生き残るということ以外は、フォーカシングぐらいしかしてこなかった。フォーカシングが好きとか嫌いとかはよくわからなくて、必要に迫られてやってる感じなのかな。あとは、力が抜けて動けない自分。腕の自分。やりたい事?

2016-03-20 21:02:37
hiroki @hirokiharoki

力の抜ける感じそのものはよく見えない、捉えられないので、各年代とかあちこち回りながら見てきたけど、まだ、もうひとつ、力の抜ける感じそのものがよく見えないので、再度、そこを感じてゆく。体の力だけでなく、頭も回らない、というか… pic.twitter.com/rsYUVsqpvF

2016-03-20 21:05:23
拡大
hiroki @hirokiharoki

頭は空っぽというか、空虚? 沢山集まった、負なもの、それがまとわりついている。力が、筋肉が、動かせない。冷えて固まってる感じ?が体の周囲に。自分の?やりたいこと?みたいなものが、長いヒゲとともにゆらゆらと泳いでいる。

2016-03-20 21:09:05
hiroki @hirokiharoki

「力なく、筋肉に力が入らない」と感じるわけだけど、なおかつ同時に「力を入れまくって硬直している」のではないかと何故だか感じた。ゆらゆらと力を抜くと、筋肉に力が入るようになるのではないか。円筒形の周りで、ゆらゆらと泳いで見ることに。 pic.twitter.com/UyoAzc8Aop

2016-03-20 21:12:56
拡大
hiroki @hirokiharoki

中国風ラーメンどんぶりの龍がゆるキャラになったみたいな感じで、あえて力を抜き、ゆらゆら泳ぐ。それを身につけてゆけたらいいのでは。考えてみると、体や何かが硬直して固まっている可能性はある。自分の感覚的にはあくまで、力が入らない、なわけだけど。などと、感じた後で考えた、あたりで終了。

2016-03-20 21:17:04
hiroki @hirokiharoki

そんなこんなで、またフォーカシングを。相変わらず圧迫感、追いつめられて、動く、みたいなものがある。足場がまだ狭いからなのか、もっと広げたほうがいいのか、と思い、足場を、道を広くするワークを。 pic.twitter.com/HD6wvCCibY

2016-03-27 16:42:04
拡大
hiroki @hirokiharoki

固まっている、力入ったままで、ゆるめられてないのを、もっと緩めようとイメージしてみたり。 pic.twitter.com/XNxc2qPqpj

2016-03-27 16:44:30
拡大
hiroki @hirokiharoki

なんというか、それだけで何とかなる感じがしない。何か別の、もっと根本的にうまく行って無くて、見えてない、見ていない部分があるような。 pic.twitter.com/uxnnMknfxX

2016-03-27 16:47:16
拡大
残りを読む(237)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?