虚構の展覧会に、選ばれしものたち#2 詐欺師は踊る◆1

画家を志す少女エンジェ。何のコネもなく、才能があるわけでもない。そんな彼女に美味しい話が舞い込む。絵の展示イベントがあるという! ただし高額の出品費がかかるようで…… 全80ツイート予定 最初↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/951712 前↓ #1 ◆3 http://togetter.com/li/952567 次↓ #2 ◆2 http://togetter.com/li/953430 実況・感想タグは #減衰世界 です
減衰世界
rikumo 404view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 17:12:00
    _虚構の展覧会に、選ばれしものたち#2 詐欺師は踊る
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 17:18:08
    _エンジェの担当の男は、上機嫌だった。今回は5人の客を引き当てた。一人一人の金は大したことは無いが、十分な収入だ。それに、今回の話は入り口に過ぎない。  自分の家に向かう。街並みは暗く、月のない夜だった。分厚い雲が夜空を覆い隠している。 31
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 17:24:21
    「誕生日おめでとう、スーラ」  担当は部屋に戻ると、待っていた美女に話しかけた。彼女はテーブルに顔を伏せ、上目遣いに担当を見た。泣いていたのか、目が赤い。酒の匂い。机の上には、いくつもの酒瓶。一人で飲んでいたようだ。 32
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 17:32:30
    _担当は無理やり笑顔を作って、美女……スーラを慰める。 「どうしたんだよ、こんなに泣いて……せっかくの誕生日じゃないか」 「せっかくの誕生日に……貴方はまた詐欺をしてきたんでしょ。あんなに、やめろって言ったのに」  スーラは担当を睨む。 33
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 17:40:41
    「いま大事なところなんだよ。もうすぐ盗賊ギルドに認めてもらえる。分かってくれよ」 「ちっとも私のこと分かってくれないくせに。……さよなら」  スーラは酒瓶を蹴飛ばし、鳥が飛び立つように去っていった。残されたのは、呆然と立ち尽くす担当。 34
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 17:47:24
    「手段なんて関係ないじゃないか……こっちはお前のために、金を用意してきたのに……なんでなんだよ」  転がってきた緑色の酒瓶を蹴飛ばす担当。壁に当たって瓶が割れた。部屋の明かりは、電力不安定からかチカチカと明滅している。 35
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 17:54:02
    _担当は頭を抱えて、酒で濡れた床に膝をついた。 「馬鹿から金を巻き上げて、何が悪いんだよ……騙される方が悪いんだよ。スーラ、俺はお前に何だって買ってやったじゃないか……なのに、何が不満だったんだよ」  女に逃げられたのはこれが初めてではない。 36
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 18:02:46
    _俺には金がある。金さえあれば、女なんていつでも捕まえられる。そう自分を慰めても、何度となく繰り返された裏切りは、担当の心を荒ませる。何度でも、抉るように苦しみの種を植え付けていく。 「なんでこんなに苦しいんだよ……」 37
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 18:11:51
    _苦しいのはなぜか。辛いのはなぜか。その理由を探して、担当は呻いた。 「もっと稼がなくちゃいけないのかよ、もっと道を外れなくちゃいけないのかよ……俺は真っすぐ進むしかできないんだよ。俺の生き方は、もう変えられないんだよ……」  その言葉を聞く者は、いない。 38
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 18:18:54
    「ううう……」  感情を爆発させて、テーブルの上の酒瓶を床にぶちまける担当。それで、ようやく彼は冷静さを取り戻す。アルコールと色々なものが混ざった匂いで、吐きそうになった。 「苦しい……なんでこんなに、苦しいんだ」 39
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 18:30:17
    「俺は苦しいから……その分、幸せになれなきゃおかしいんだよ……」  最後に彼の脳裏に浮かんだのは、未回収の金のことだった。相変わらず部屋の電球は電力不安定からか、チカチカと明滅していた。 40
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 18:31:02
    _虚構の展覧会に、選ばれしものたち#2 詐欺師は踊る ◆1終わり ◆2へつづく
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-22 18:35:44
    【用語解説】 【瓶】 科学文明のもとで発展したガラス加工技術は、文明崩壊後は魔法的技術に入れ替わって存続している。魔法で溶かしたガラスを魔法で整形し製品を作る。かつては大量生産が可能であったが、魔法の時代では魔法使いの職人が頑張らなくてはいけないため、生産効率は著しく落ちている

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「テクノロジー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする