佐賀新聞 廃炉関連記事メモ(2016.3.23作成)

まとめました。
原発 震災 瑞浪超深地層研究所 地層処分 廃炉
2
内田 @uchida_kawasaki
連載・廃炉の時代 瑞浪超深地層研究所ルポ(上)(佐賀新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-… #Yahooニュース
リンク Yahoo!ニュース 連載・廃炉の時代 瑞浪超深地層研究所ルポ(上)(佐賀新聞) - Yahoo!ニュース 愛知県のJR名古屋駅から北東に車で50分ほど。岐阜県瑞浪(みずなみ)市の山あいに、日 - Yahoo!ニュース(佐賀新聞)
内田 @uchida_kawasaki
瑞浪超深地層研究所ルポ(下)|佐賀新聞LiVE saga-s.co.jp/column/genkai_…
リンク 佐賀新聞電子版 瑞浪超深地層研究所ルポ(下)|佐賀新聞LiVE ■処分場「有望地」提示へ 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性破棄物の「地層処分」を研究する岐阜県の瑞浪(みずなみ)超深地層研究所。地下300メートルの研究現場を視察した後、同行
内田 @uchida_kawasaki
廃炉の時代(上) 解体作業|佐賀新聞LiVE saga-s.co.jp/column/genkai_…
リンク 佐賀新聞電子版 廃炉の時代(上) 解体作業|佐賀新聞LiVE ■商用炉、未知の領域へ 一部撤去も原子炉未着手 商用炉として国内初の廃炉作業が、東海原発で進められている。隣接する東海第2原発には乾式貯蔵施設もある。九州電力は昨年12月、玄海原発1号
内田 @uchida_kawasaki
廃炉の時代(中) 放射性廃棄物|佐賀新聞LiVE saga-s.co.jp/column/genkai_…
リンク 佐賀新聞電子版 廃炉の時代(中) 放射性廃棄物|佐賀新聞LiVE ■敷地内埋設、地元理解進まず 廃炉作業が続く茨城県東海村の日本原子力発電(原電)東海原発から、北西に約700メートル。もともと防砂林だった場所は今、東海第2原発の防潮堤を建設するための
内田 @uchida_kawasaki
廃炉の時代(中)Q&A 原発から出る「ごみ」|佐賀新聞LiVE saga-s.co.jp/column/genkai_…
リンク 佐賀新聞電子版 廃炉の時代(中)Q&A 原発から出る「ごみ」|佐賀新聞LiVE ■高レベル廃棄物、地中深く「隔離」 九州電力は玄海原子力発電所(東松浦郡玄海町)1号機について、年内にも解体作業に着手する計画だ。原発から出る廃棄物はどうなるのだろう。
内田 @uchida_kawasaki
廃炉の時代(下) 乾式貯蔵|佐賀新聞LiVE saga-s.co.jp/column/genkai_…
リンク 佐賀新聞電子版 廃炉の時代(下) 乾式貯蔵|佐賀新聞LiVE ■一時保管の長期化懸念 建屋内はひんやりとしていて少し肌寒さを感じた。「空気が循環していますから」。茨城県東海村の日本原子力発電(原電)東海第2原発には、使用済み核燃料を一時的に保管す
内田 @uchida_kawasaki
処分場や処理場が出来れば地元が経済的に潤うとか、その他諸々開いた口が塞がらない。 潤うのは、地元がではなく核燃料サイクルを進めようとしてる人達だろう。 「自分を良ければ」「今が良ければ」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする