219
早川タダノリ @hayakawa2600
「日本の新聞記事や放送映像で「死体」の掲載をしなくなったのはいつごろからか知りたい」という疑問に答えた神奈川県立図書館の中の人の調査能力スゴイな。スカウトしたいくらいだ。twitter.com/crd_tweet/stat…
国立国会図書館レファ協公式 @crd_tweet
日本の新聞記事や放送映像で「死体」の掲載をしなくなったのはいつごろからか知りたい。参考になる資料を紹介してほしい(神奈川県立図書館)crd.ndl.go.jp/reference/deta…
リンク レファレンス協同データベース 日本の新聞記事や放送映像で「死体」の掲載をしなくなったのはいつごろからか知りたい。参考になる資料を紹... | レファレンス協同データベース レファレンス協同データベース(レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービスです。参加館の質問・回答サービスの事例、調べ方、コレクション情報など調査に役立つ情報を公開しています。
国立国会図書館レファ協公式 @crd_tweet
@Orz_0 @hayakawa2600 @rohi_sketchbook こちらは、神奈川県立図書館が質問を受けて回答され、レファ協データベースに登録いただいた事例です。当係は全国の参加館が作成した事例をインターネットを通じてみなさんに提供しています。ぜひまたご覧ください♪。
国立国会図書館レファ協公式 @crd_tweet
@gakushikaikan レファ協は、全国の参加館が作成した事例をインターネットを通じてみなさまに提供しているDBでして、直接の質問は受け付けておりません。当館へのご質問は東京本館へ直接ご来館いただくか、お近くの図書館を通じてお問い合わせください。よろしくお願いいたします。
感動
あわい @adanamistm
うおおレファレンスカウンターの人惚れてしまうわ、司書は凄いんだよ…マジで…>RT
RAN @ran0101
さすが図書のプロは違うな。
レオ @ksk_breo
この回答ホントすごいなって感心する いくつ答え持ってきてるんだ
swim @svv1m
全然知らなかった
うな @unakamoshirenai
レファレンスって本捜したり目的に合う本見つけたりって奴だよね? 僕も昔読んで好きだった題名を覚えてない本がいくら捜しても出てこないから捜して欲しい
ななしの @nanashino
(そうか「レファレンス」って単語から認識してもらわないといけないのか……大変だな……)(まぁだいたいのひとは貸本屋くらいにしか思ってないのかも)
伊織🍣 @iori0922
レファレンスは図書館戦争読んでて知ったけど、すごいなぁと思った。使ったことないけど...(´・ω・`)
東大路ジェリコ @LovEJeRicO
レファレンスというのを初めて知った。 すげぃね。
ちょろすけ💊 @tyorocchi
図書館のリファレンスって、これくらいの仕事してくれるの。すごい。
レファレンスというお仕事
吉田誠治 @yoshida_seiji
図書館員がこういうのを代行して調べてくれるのが「レファレンス」というサービスで、無茶苦茶便利です。図書館員はその分野の専門家ではないですが、どの蔵書を調べれば答えが出るかについては熟知していて、分からなければ知っているであろう図書館に問い合わせもします。
吉田誠治 @yoshida_seiji
@yoshida_seiji 両親が元都立図書館員で、このあたりについてはもっとアピールしろと言われているのですが、司書の検索能力の高さは本当に凄いです。閉架書庫もあたってくれますし、他の図書館の本を取り寄せたりもできますので、めぼしい資料が見つからない時は職員までどうぞ。
吉田誠治 @yoshida_seiji
ちなみに、公立図書館の会員証(利用者カード)は公式な身分証がないと作成できないので、健康保険証と同じレベルの本人確認書類として使用できます。写真が無いので免許証の代わりにはなりませんが、一応覚えておくと便利かも。
TAKAYA@オケコンをなぞる @t_moonforest
だからこそ司書は経験の積み重ねが必要不可欠なのだけど、費用削減とかの名目で民間委託の安い時給の派遣やパートでしか働き口がなくて続かなくて辞めてっちゃうんだよね…>RT
Hibiki @Hibiki_KM
@hayakawa2600 @amneris84 @crd_tweet どこの図書館でも司書はレファレンスしてくれます。難しいのは他に回して聞いてくれます。薄給で休みもないですが、専門職です。タグ「ラピュタ図書館」で分かりますが、本当に大変なお仕事なんです
さとる @3t06
元司書だけれど、このレファレンス業務はとても曲者。何を調べていいのかわからない人がよくいらっしゃる。 自分が何が知りたいのかを理解してきて頂けるととても助かります。 「●●の本ありますか?」という聞き方では解決しない場合がほとんどなので…。
貯石する🐹ほしみ @potimi
保育科のある学校の司書さんの「受付で鼻歌を歌われこの曲探してって言われたのが今のところ一番大変だった」って話を思い出す。三つくらいのキーワードと場合によっては時間をおくれやす>RT
晶/次は5月家宝 @jingxxxjing
図書館司書さんはマジで活用しろーって思うよね。資格保持者が言うんだから間違いないよ。
残りを読む(10)

コメント

じーさん @GAS474 2016年3月24日
学校に在籍する司書教諭にとって、レファレンスが重要視されていないのが、図書館司書のレファレンスに対する世間の認識の低さの原因の一つではないでしょうか。  多くの人が、図書館の利用法を学校図書館で学んでいるのでしょうが、有効な図書館利用法を知らないままの学生などが多いように思います。  (参考)漫画「神のみぞ知るセカイ」登場人物 ー 汐宮 栞 (参考)レファレンスでもらう感謝状 http://togetter.com/li/945180
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2016年3月24日
件の「死体写真を掲載しないコード」ですが、とある新聞社がベトナム戦争当時に米軍が民間人を殺害した現場の写真(死体が写っている)を掲載したときに、政府首脳 or 自民党幹部から「写っている遺体の尊厳はどうなるのか?」と照会があり、それ以来そのコードが加わったと高校の「政治・経済」の資料集で読みました。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2016年3月24日
つまり、「反米感情を煽るような写真を載せてくれるな」とはいえないので、死者の尊厳云々を口実にしたと。まあ、「政治・経済」の資料集は真っ赤っかなのでなんともいえませんが。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年3月24日
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000114075 ←参考リンク、「西尾維新の「化物語」に登場する〈戦場ヶ原ひたぎ〉の名前は、他の登場人物の台詞によると建築関係の用語らしい。建築の辞書などに載っていたら見たい。」ちなみに未解決であります…。
SANTANA @maninthepillar 2016年3月24日
レファレンス、すごいですね。 図書司書さん素晴らしいです。 何となく、回答(Answer)の詳細を掻き集めて纏める事で大学卒論が書けそうな気がしてきます。 .
並成和礼 @isshy7374 2016年3月25日
どの本にどう書いてあるという結果だけでなく、結果に辿り着くまでの「回答プロセス(Answering process)」欄や「キーワード(Keywords)」欄もあるのがとても有用だと思います。自分で何かを調べる時にどのような手順を踏むと良さそうか参考になります。収穫でした。
わい(ry @waidottowai 2016年3月25日
レファレンス共同データベースなんてものがあるのか…
文里 @wenly_m 2016年3月25日
国会図書館関西館図書館協力課の中の人はマジ有能そう
barubaru @barubaru14 2016年3月25日
調査方法見ると蔵書のタイトル検索やGOOGLEブックスでググって調べてる感じですね。図書の分類にしろ、リファレンス機能にしろIT化による情報共有で相対的な価値は下がってると思います。国会図書館の分類が公開され、専門家のSNSコミュで直接教えを乞える時代なんだし。
やらかど@やらか堂 @yarakado 2016年3月25日
TUTAYA図書館には期待できなさそうだなあ。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年3月25日
海老名の図書館は参加してますけどね。
明希良 @myeonglisha 2016年3月25日
神奈川県立図書館は公務員で長年勤めたベテランが多数いる。元非常勤司書だったから常勤職員さんのすごさは司書として目標にしてるけど、本当にあの境地はいつか辿り着けるか全く自信がない。 ほぼ指定管理の都内の図書館に勤めたときは難しいレファレンスをあまり受けるなと職員さんに言われたから指定管理や委託になるとそこがどんどん劣化すると思う。通常業務が終わらない方が困るからって理由だけど、レファレンスも必要な窓口業務の一環ですからね。
ぷんこ @smartass_cat 2016年3月25日
「書を司る」 なるほど。
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2016年3月25日
これいつか利用したいと思ってるんだけど、検索機で検索して10冊くらい流し読みしたらだいたい解決してしまうというジレンマ。
goya4 @goya4 2016年3月25日
素人がキーワード設定してネット検索かけても辿り付けないモノへの道筋を示してくれる司書さんには感謝しかない。
りく @Re_921 2016年3月25日
司書になる条件に大卒だったかが要求されるのも頷ける話
doublead,"Pierre",M.S+. @mdsch23 2016年3月25日
レファレンスの価値は答えを出す事ではなく答えにつながる情報の掲載先を紹介する事だと思います。例えば具体的な法律問題について解説書を探しているといった使い方も出来ます。答えそのものが載ってなくても参考になる資料を教えてもらえるし、そういう問い合わせの経験値は積まれているのでいいアシストをもらえた事もありました。「ググってもわからない」で終わりに出来ない疑問の解決にますがもっと使われるようになると良いなですが。
たいとかつお @taitokatuo 2016年3月25日
以前、県立の図書館で利用した時は、ciniiとグーグル検索して終わりだった 図書館によってレベルが違うのは当たり前だろうけど、担当や図書館の規模で当たり外れが大きいのか?
ナスカ-U-KWS-90 @Chiether 2016年3月25日
ちなみに、レファレンスに抵抗感がある人は、質問事項を「~に関する本を紹介してほしい」で〆ると抵抗感が薄れます。例えば「公園のコンクリートの山の名前を教えてほしい」ではなく「公園のコンクリートの山に興味がある。名称などが記載されている本やカタログがあれば紹介してほしい」と質問するのです。 すると「幼児保育事典集成」「国土交通省HP」などを教えてもらって、しかも「道路公園センターに問い合わせしてみてはどうでしょうか」みたいなアドバイスまでもらえたりする!
ナスカ-U-KWS-90 @Chiether 2016年3月25日
まずは「答えがしりたい」ではなく「答えがあるかもしれない本を紹介してほしい」です。レファレンスの本文は案内することだけで。そこから先の答えかもしれないのは、まあ探すにあたり本読むからその時に分かる範囲で出来るだけ答えるという付加価値なわけです(とてもありがたい)。
ナスカ-U-KWS-90 @Chiether 2016年3月25日
ちなみに、レファレンスに娯楽的要素をお求めでしたら「ある図書館相談係の日記―都立中央図書館相談係の記録」という本をオススメします。ユニークな質問がいくつか掲載されていて読み物として楽しかったです。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年3月25日
都内では司書の有資格者率が低いので、『大鏡』はどこですか?とたずねて、便所を案内された人がいるとかいないとか。
平田重隆 @stakah67 2016年3月26日
「タモリ倶楽部」に出てきた漢字に詳しい大学の先生が言ってましたな。 「自分の知識に頼っているうちは二流。何が正しいのかを調べる方法を知っているのが一流」
sis_sis @sis_sis 2016年3月26日
1985年の日航123便事故あたりまでは見た記憶があったので、それ以降だろうと思ったけど、文献まで引っ張ってくるのはすごいな。
しもやけお手っ @30cmnomonosashi 2016年3月26日
10年以上前だが小さい市の図書館で、うろ覚えの2~3のキーワードからでも「これが見たかった」と小躍りするような文献や論文を抽出・提案して、閲覧方法を教えてくれた職員さんがいる。時間かかりそうだと途中で調査経過報告書まで作ってくれた。司書などの資格持っているかどうかはしらないが、いずれ恩返ししたい人の一人。ここまでやってもらって無償なのに今更ビビる。 この方中年の女性で、当時はよく子供コーナーで絵本の朗読したり聞かん坊追っかけまわしてた。
mikunitmr @mikunitmr 2016年3月26日
久世番子『暴れん坊本屋さん』によると、本屋の店員も時折同じような能力を要求されるようです
佐野まさみ @gameperson_sano 2016年3月26日
本来、大学入って最初に学ぶべきは「資料の探し方」だよね。
アンゴル=モア @neko_kapico 2016年5月26日
もっともっとひろまーれ!
UKB0927 @ukb0927 2017年8月6日
頭の中でSEKAI NO OWARIの「Death Disco」(さまぁ~ずの神ギ門のテーマ曲)が流れた。
青列車@leTrainBlue @EF61501 2017年9月16日
図書館司書・博物館学芸員は大学の時単位を取って有資格者となったが、結局その道には就職できなかった(まるで畑違いの仕事してる)。その時のレファレンスの授業で[清水の次郎長の子分の名前が知りたい]という課題が出た。百科事典には載っていない。公文書などにも記載がない。もう30年以上前だからインターネットもあったかどうか❓カセットテープがメディアのマイコンにベーシックで[010 input A,B,…]な頃だからWikipediaもGoogleもない、どうやって見つけたか?(以下次号)
青列車@leTrainBlue @EF61501 2017年9月16日
EF61501 (続き)実は意外なところから見つかった。それは、映画に関する書物。清水の次郎長を扱った映画の脚本や関連文献を調べると、其処には子分たちの名前があった。森の石松・大政・小政、著名な人から無名な人まで。映画の登場人物で役を割り振るから当然其々の名前が決められる(但し!ドキュメンタリーではない普通の娯楽映画なんかだと、実在しない人物が出てきたりするからそこは要注意だけどね。複数の文献を当たって重複するか否かが大きな判断材料だね)。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする