虚構の展覧会に、選ばれしものたち#3 展覧会をはじめよう◆1

画家を志す少女エンジェ。何のコネもなく、才能があるわけでもない。そんな彼女に美味しい話が舞い込む。絵の展示イベントがあるという! ただし高額の出品費がかかるようで…… 全80ツイート予定 最初↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/951712 前↓ #2 ◆3 http://togetter.com/li/953774 次↓ #3 ◆2(最終回) http://togetter.com/li/954539 実況・感想タグは #減衰世界 です
減衰世界
rikumo 535view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:09:41
    _虚構の展覧会に、選ばれしものたち#3 展覧会をはじめよう
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:15:55
    _呼び鈴が激しく鳴り響く。ミェルヒは飛び起きると、エンジェの部屋に急いだ。 「エンジェ、朝っぱらからお客さんだよ、起きてよ」 「うーん、ミェルヒが出て~」  布団を抱きしめて眠そうなエンジェ。 「しょうがないなぁ」  ミェルヒは急いで着替えて、玄関を開ける。 61
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:22:00
    「司法ギルドの者です。お話を伺いたいのですが……」  黄色と紫のネクタイをした重厚なスーツを着た男が3人、壁のように玄関前に佇んでいる。 「ひっ、ひえぇ、ヌーメルレウンギルド!」 「安心してください。貴方たちを検挙しに来たわけではございません」 62
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:27:47
    _3人の男を応接間に通し、エンジェとミェルヒは緊張しながら話を聞く。 「……ということで、この展示即売会は完全な詐欺と言う話なのです。出品費の提供はなさらなかったようで、安心しました。それで、詐欺師の行方はご存じないんですね」 「まぁ、困った話です」 63
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:33:40
    _エンジェはまるで他人事のように言う。もしかしたら彼女は気づいていたのかもしれない。ミェルヒはそう思った。そのとき、司法員たちが一瞬で透明化する。 「……奴が来ました。貴方たちは玄関で普通に応対してください」  顔を見合わせるエンジェとミェルヒ。 64
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:38:10
    _呼び鈴が鳴った。エンジェとミェルヒが玄関に行くと、そこには担当が……詐欺師の男が立っていた。泣いていたのか、目が赤い。 「すまない、会場が、どうしても……抑えられなくて……」  すぐさま姿を現わした司法員に取り押さえられる担当。 65
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:43:09
    _取り押さえられたまま、エンジェに向かって必死に訴える担当。 「頼む、最後に絵を見せてくれ。あの絵が全てだ。俺は全てをあそこに置いてきたんだ」  すさまじい熱意が、まるでミェルヒの肌を焦がすかに思える。 「ダメだ。お前への求刑は懲役5年だ」  司法員が冷酷に告げる。 66
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:49:17
    「ごめんなさい」  エンジェは担当の熱意に気おされながら、申し出を断った。 「あの絵は完成していないの。正直、ギリギリまでかかると思ってて……」  そして、申し訳なさそうに笑顔を作り「イヒヒ」という戸惑いの笑いを漏らす。担当は最後に笑ってくれた。 67
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 17:54:19
    「5年後……刑期が終わったら、必ず見に行く。誰に売られようとも、この世にある限り、必ず見に行く……約束する。君は、本当に凄い絵を描いた……俺の心を、描いてくれた。ありがとう……本当に、ありがとう」  司法員たちは静かに手錠をかけ、魔法を構築する。 68
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 18:00:20
    _そして、司法員と担当はテレポートでその場から消えてしまった。何の痕跡も残さずに。玄関先であっけにとられたままのミェルヒ。エンジェは、静かに呟いた。 「私、凄い絵が、描けたんだね……心を動かしたひとが、一人だったとしても」 69
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 18:07:41
    (一枚の絵で、あそこまでひとの心を動かせるんだ……)  確かに、ミェルヒもエンジェの絵に心を動かされた一人だ。思わず、自分の人生をかけるほど、心が動いた。  それでも、担当程だっただろうか? (悔しいな……)  心の奥では、密かに嫉妬していた。 70
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 18:08:26
    _虚構の展覧会に、選ばれしものたち#3 展覧会をはじめよう ◆1終わり ◆2(最終回)へつづく
  • 減衰世界 @decay_world 2016-03-25 18:14:55
    【用語解説】 【スーツ】 科学文明であるエシエドール帝国時代からある伝統的な労働者の服。魔法織りの生地をオーダーメイドで縫い合わせて作るため、非常に高価であり、帝都以外では一部のエリートしか着れない。よく見られるのは格好だけ真似た大量生産品の偽スーツである

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「テクノロジー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする