編集可能

羽海野チカさん、編集者に「棋士は命がけ。もっと深く描いて」と言われ「私たちが命をかけていないとお思いか」

羽海野チカ氏のツイートのまとめは多くの手慣れた方がいて、 http://togetter.com/t/%E7%BE%BD%E6%B5%B7%E9%87%8E%E3%83%81%E3%82%ABこちらで行うのも多少恐縮ですが、まだ無いようなので。 漫画のストーリーの分枝と将棋の「大局観」の話も面白いです。
148
羽海野チカ🍀11/30ダイアリー発売 @CHICAUMINO

本とパンとコーヒーとホームセンターが好きです

3lion.younganimal.com

羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

ストーリーの選択肢のあまりの無限さにもうほんとに、どの道を辿ればいいのか気が遠くなる。ベタ読みでどの筋もある程度進めて、その中からよさ気なものを絞っていくか。それとも最初に決め込んでそれを育てていくか。いつも迷う。 こういう時、「大局観」と言う言葉が浮かんだりする。

2016-03-28 22:15:26
椎名高志@絶対可憐チルドレン59巻9/18解禁 @Takashi_Shiina

週刊少年サンデーで『絶対可憐チルドレン』連載中。

cnanews.asablo.jp/blog/

椎名高志@絶対可憐チルドレン59巻9/18解禁 @Takashi_Shiina

@CHICAUMINO 小さなことでも「決断する」というのはものすごい精神的負担で、「論理的に正しい決定」をしようとすると果てしなく迷うそうです。感情的なエネルギーが「えいっ! もうこれしかないの!」って言うまではしんどいですよね。

2016-03-28 22:27:29
羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

@Takashi_Shiina 一つに決めるということは、その他の全てを諦めるということなので迷います〜〜。自分の決めた事があとで重たくのしかかってきたりします…(つд⊂)… むずかしいです…

2016-03-28 22:38:53
羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

年配の他社の編集さんになぜ将棋を?と訊かれ「棋士と漫画家は似た所があるような気がして」と答えたら「どこが!?だって棋士は命をかけてるんだよ!?」と。あと「ライオンはさぁライトノベルなんだよね。もっと棋士の深い所を描いてよ」と。彼は漫画とライトノベルを何だと思ってるんだろう

2016-03-28 22:47:05
羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

私たちが命をかけていないとお思いか

2016-03-28 22:50:14
羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

漫画もライトノベルも将棋も大好きな私はその全てをバカにされた気持ちになった

2016-03-28 22:53:21
羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

だいぶ前の話なのに、ふと急に思い出してはギギギとなる。でも他社の編集さんなのでもう会うことも無く。でも私はきっと一生思い出してはギギギとなる。 ギギギとうめきながら原稿に向かう。 ただただがんばろう。

2016-03-28 23:00:40
羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

でも私はがんじょうなので大丈夫。 ごめんね。しんぱいをかけてしまいました。ごめんね。だいぶ頑丈になってきたので、だいじょうぶ。 ありがとうね。 心配をかけてしまうような事を言ってしまって反省。漫画頑張ります!!ありがとう

2016-03-28 23:18:00
羽海野🍀チカ @CHICAUMINO

面白いと思ってもらえるようにいっぱい考えて、コツコツ濃く描こう

2016-03-28 23:21:03
ここから これらのツイートへのリプライ

(全部は収録しきれませんでした。)

趣味の人𓅿⑅ @odeeen02

@CHICAUMINO そういうのありますよね。いつまでたっても忘れなくて、ふとした拍子に思い出してはイライラしてしまう…みたいな記憶(-_-;)

2016-03-29 10:24:29
キイタキザカナ @nkzktik

この編集に新人さんが持ち込みしてしまわないように、会社と名前を共有してほしいところではあるが。 twitter.com/CHICAUMINO/sta…

2016-03-29 10:02:55
さち( ´ ▽ ` )ノ @sachi_a_v

失礼過ぎ・・・こんな作家に敬意を持てない奴が編集に携わってるなんて! twitter.com/chicaumino/sta…

2016-03-29 10:00:00
minako @ooo375ooo

羽海野先生のツイート見たり、「漫勉」を見ると「漫画家さんは命を削って作品をつくってる」と強く思う。この編集者は何もしらないのだな。 twitter.com/CHICAUMINO/sta…

2016-03-29 09:56:27
三田誠/9月10日、『魔術師の青』三巻発売! @makoto_sanda

@CHICAUMINO ライトノベルを中心に、17年ほど書いている三田と申します。いまだにプロの編集さんにそんな方がいらっしゃるとは、力不足に恥じ入るばかりです。誰の目にも伝わるように頑張ります。

2016-03-28 23:28:01
TAKAOKATOSHIYA @takaokatoshiya

@CHICAUMINO 初めまして。それはつらいですね・・ ところで、「似た所」とは? 将棋は、相手の反応を予想しながら、盤上で駒を動かしますが、マンガや小説が、読者の反応を予想しながら、紙上でキャラクター・物語を動かすところが、似ている、ということですか??

2016-03-29 09:49:01
リア @HYlWET3Xy6wepEo

@chicaumino はじめまして。私は貴方の描いてくれたものに、とても支えられていますよ。毎回貴方が生み出すものと一緒に泣いて苦しんで笑って、楽しみでなりません。駄文ですみません。

2016-03-29 09:46:40
りんごあめ @ringoameame

@CHICAUMINO 先生の心の中を少しだけ見せて貰えたような気がして、不謹慎ながら嬉しくも思いました(*´∀`*)たまにはヘコんで皆を心配させちゃってください!んで、元気を少しでも取り戻してもらえたら、光栄の極みっス!!笑

2016-03-28 23:22:23
片山奈緒美 Naomi Katayama @naolynne

@CHICAUMINO さんの「命をかけていないと~」ツイを深夜にRT。作り手にこの手の発言をする人は意外に同じ業界の人だったり、身近な人だったりすることも。

2016-03-29 09:36:48
picka ʚ✩ɞ @pickalice

@CHICAUMINO その編集さんたちの方が命かけないで仕事しているとしか思えないであります(›´ω`‹ )

2016-03-29 09:35:13
kirihara @limexmint

@CHICAUMINO 羽海野先生の漫画で何度感動の涙を流したか…先生のつくった作品にいつもときめいています。先生の作品も先生のところにいらしたアシスタントさんの作品も…羽海野ワールド、大好きです。漫画というものがもっともっと好きになりました。これからもずっとずっと応援してます。

2016-03-29 09:31:48
1204 @90008582

@CHICAUMINO 編集者さんなのにそんな事を言う人いるんですね。その人は何を勘違いしてるんですかね。描いていない人が描いてる人を決めつけるなんて良くないですね。

2016-03-29 09:29:32
ハルナ @an_nin_50

@CHICAUMINO 漫画に命を救われてる人がどれだけ居るとお思いか…?

2016-03-28 22:52:45
残りを読む(14)

コメント

はよ @hayohater 2016年3月29日
同業や近しい業界でなまじ実態を知ってるはずの人のほうが無理解に近いこと言うって、そこそこありますね。/大昔、小林よしのりが「ギャグ漫画は漫画家が命削って描いて、現におしなべてギャグ漫画家は漫画家寿命が短い、だけどさくらももこは寝っころがって描いてんじゃないのか」とSPA時代のゴー宣に描いてて、「そりゃ言い過ぎだろ」と思った記憶が。
39
CD @cleardice 2016年3月29日
逆に棋士という職業になんでそこまで入れ込んでたのかちょっと気になる
8
南雲圭佑 @hakusan519 2016年3月29日
hayohater 小林がさくらももこを揶揄したのは漫画ではなくエッセイですね。「ももこの生き物図鑑」だったと思う。
8
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年3月29日
羽海野チカさんの話だけでは今イチ情報の信頼度が薄いのですが、言ったほうは忘れていて、言われたほうは(若干記憶捏造して)覚えている、というのはよくあることです。あと、「棋士は命をかけてる」って、棋士じゃなくて編集者のセリフ?
9
iksk @ikskC1F 2016年3月29日
このタイトルだと漫画家が棋士は命がけ云々って言ってるのかと誤認するんじゃないですかね
16
maryuw@糖質制限/喪中 無断転載お断り(゚∀゚) @maryuw 2016年3月29日
上に同意。俺もまとめの中身読むまでそう思ってたし。タイトルが誤解されやすい表現になってるので変更したほうがいいと思う。
9
山本アヒコ @lostoman 2016年3月29日
流れ弾がライトノベルにきて草。
17
ずんどこべ @zundokobe 2016年3月29日
こういう編集の無理解という話、なんか知らんが枚挙にいとまがないな
3
物語 奏多 @k_monogatari 2016年3月29日
これ恐らくヤングアダルトの新しい言い方ぐらいのノリで「ライトノベル」の語を使っていて「青春ものや教養小説のような軟派な話は将棋という真剣勝負の世界とミスマッチだ」的な事が言いたかったんだろうけど、どっちにしても酷い話だ。
5
橋川桂(CV・山下大輝) @hashikawa_kei 2016年3月29日
棋士だって昔は「吹けば飛ぶような将棋の駒にかけた命を笑わば笑え」と拗ねていたしね。
36
羽倉田 @wakurata 2016年3月29日
チカ先生が前にいた場所って考えたらほぼ答えをいったようなものでは?
3
なんもさん @nanmosan 2016年3月29日
ライオンは棋士の世界での悪人(=主人公の敵)を描ききれてない点でライトノベルと言われるのも無理ないかと思うのですけど、川本家のお父さんという悪人が出せたおかげでラブロマンスとしてはけっこう深くなりましたな。ちなみにライトノベルという形容はライトノベルをよく知らない人が昔のコバルト文庫的な意味で使ったと考えると腑に落ちます。
7
なんもさん @nanmosan 2016年3月29日
私は将棋世界のあぶさんになってきた現在のライオンも嫌いではないのですけど、せっかく初期の主人公が将棋にすべてを捧げるしかない暗黒面のエネルギーを豊富に持っていたのに、それが将棋以外の要因で次々に解消されていく展開を見てしまうと、もうちょっとそれを将棋でやってよと物足りなく思う人の気持ちもわかるんですよ。
11
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016年3月29日
cleardice 視野の狭い将棋ファンならある程度普遍的な反応かと
4
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016年3月29日
nanmosan うーん、私は「将棋の敵」がはっきり描ききれているほうがむしろライトノベルと言われてしまうような気がします(今連載中の神宮寺主役の外伝みたいなの)。たぶん実際の将棋界に照らしているなんでしょうが、月下の棋士なんかよりよほどラノベ臭さはないですけどねえ。プロ将棋界(将棋そのもの、とはやや違う)に関する描写については、よくここまで調べた上で、ここまで巧みに換骨奪胎したものだと思ってます。
10
nekosencho @Neko_Sencho 2016年3月29日
おいらは将棋には詳しくないので、棋士の描き方が適切かどうかに関しては論評しかねるのだけれど、漫画としてはすごく楽しめるいい漫画だとおもうので楽しみに待ってます
10
ヽ(`Д´)ノぴゃー@ジャンプ+にて「冒険者だけど相棒がイキリすぎて面倒臭い」掲載中 @pyaapyaapyaapya 2016年3月29日
――どんな職業だって命がけなんだ…!!いいか、今こうしてる間にも刻々と『とき』は過ぎてゆく……過ぎゆく「とき」はお前の「命」そのものであり―――おれの「命」だ!!おれたちはその貴重な「とき」――「命」を原稿にたたきこむんだ!! って炎尾先生がゆってたよ(´・ω・`)
13
ろくまる @maze99 2016年3月29日
本編が素晴らしいのはもちろん、外伝も最近は面白い。大山モデルはともかく芹澤博文が出たのにはびっくり
3
なんもさん @nanmosan 2016年3月29日
BigHopeClasic ライトノベル読まない人にとってのライトノベルって、青春小説、少女小説の主流だった昔のコバルト文庫なんですよ。そう考えるとまあ間違いはあるけど筋は通ってるかなと。
5
クラムボン🥓🍳 @cla762 2016年3月29日
羽海野先生が怒ったのは、ライオンがラノベと言われたことではなくて、棋士と漫画家は似てるという言葉に、棋士は命賭けてんだ漫画家と一緒にすんなと言われた事なのでは…?
54
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2016年3月29日
PNだろうが本名だろうが、名前出して読者からの評価を直接浴びて、毎日骨身削ってる漫画家さんと比べて、自分がどんだけ偉いと勘違いしているんだか。しかし、クズ編集者の暴言はあちこちよく聞くけど、クズ編集者本人の名前は先ず出ない辺りがエゴいなと思ったりする漫画業界周辺。
12
うぺぽ @upepo2010 2016年3月29日
デュエリスト「俺たちは命掛けてる(物理的に)」
5
うぺぽ @upepo2010 2016年3月29日
アクションする度に物理的ダメージを受けるエクストリーム将棋アニメか漫画があればいいと思う(遊戯王では普通だが)
0
MSO @kusoyamanoou 2016年3月29日
ただのすれ違いを誇張して袋叩きにしてコンテンツにして消費する行為の邪悪さに比べれば最初のすれ違いにあった多少の悪は霞み切って免罪されてもよい
8
ウィナーズ・ヤシの木 @yata_low 2016年3月29日
羽海野先生の巻末おまけ漫画やツイートを見ればどれだけ心血を注いで漫画を描いているか解るだろうに
0
亜印屋@Dark_Chaos @ajirusiya 2016年3月29日
nanmosan 国宝を賭けて戦った韓国の囲碁ドラマみたいな話をお望みですか? 明確な敵がいないと困るってちょっと幼すぎる
10
名無しブラックハンド総帥 @nns_blackhand 2016年3月29日
まとめの本題以上に、冒頭の羽海野先生のツイートを世に広めたいw 決断することは即ち、「それ以外全ての選択肢を切り捨てること」でもあります。どんな職業でも大なり小なり同じことが言えるわけですが、こと「他を捨てる」という点において、クリエイターと棋士は日常的に、同じような作業で命を削ってるんだろうなと。
14
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年3月29日
ikskC1F maryuw タイトルを受動の『と言われ』に変更しましたが、編集可能なので他に何か案あればご自由に修正ください。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年3月29日
gryphonjapan 編集可能でもタイトルの変更はできません。「羽海野チカさん、編集者に「棋士は命がけ。もっと深く描いて」と言われ「私たちが命をかけていないとお思いか」と「編集者」の語を入れることを希望します。
2
minkkanjinno @minkkanjinno1 2016年3月29日
「プロ棋士に男しかいないのは何故か?」「せいしを賭ける仕事だから」こうですか分かりません。
1
狼吼 @wolf_howling 2016年3月29日
過去に羽海野のハチクロ載せてて、諫山に「漫画じゃなくジャンプを持って来い」って言った企業のブローカーじゃねえの?(憶測)
6
yajul @yajul 2016年3月29日
「作者が命をかけたから、『命をかけている棋士』を上手く描ける」というわけではないので、「棋士が命をかけている様を描いてよ」という意見に対して「こっちも命かけてるよ」と返すのはズレているかな。厳しいこと言うのも編集の仕事だろうと思うけど、言い方が悪すぎるし言葉も足りないね。
12
なんもさん @nanmosan 2016年3月29日
ajirusiya 主人公が将棋に向かわざるをえない闇が序盤のテーマになっていたので、それを解消する手段として将棋が使われなかったことに「将棋世界に敵がいない」と表現しました。別に具体的なライバルでなくてもその勝ち負けもどうでもよかったんですが、いったんは将棋と決着つけてくれないとと勝負の世界のドラマとして盛り上がらないんですよ。むろんいまのあぶさん展開も悪くないんですが、盛り上がらないことに文句言う人たちの気持ちもわかるなあという話です。
6
フジタ @detaeku 2016年3月29日
漫画だけ読んでりゃいいのにどうしてわざわざ「こういうところ」を見てコメントまで付けてるんだろう…
3
kghdt @kghdt 2016年3月29日
こんなのテキトーに聞き流せばいい話でしょ。自身の漫画の暑苦しいノリをリアルで周囲に押しつけられたらたまったもんじゃないな。編集者氏に同情。
8
天たくる @ten_tacle 2016年3月29日
本職の棋士に言われるのならともかく、編集者にこれ言われたら不快この上ないな。
43
たぐっちゃん@鹿児島TRPG倶楽部 @taguchan 2016年3月29日
羽海野チカ先生はちゃんと作品で語っておられるから大丈夫。あと猫かわいい。
14
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年3月29日
『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画作品。将棋を題材としており、棋士の先崎学が監修を務める。( 3月のライオン - Wikipedia https://goo.gl/mhQ4K8 )へえ。棋士である先崎学九段が携わった作品に、棋士でもなんでもない編集者が、将棋の事で難癖をつけたと。馬鹿じゃなかろうか。天に唾するとはこの事である。
16
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年3月29日
『3月のライオン』がこの様な漫画家潰しの糞馬鹿編集者に担当されなかった事は何よりの幸い。作品に自分の色を突っ込みたがる糞馬鹿編集共滅ぶべし。
16
天たくる @ten_tacle 2016年3月29日
やっぱりタイトルが良くないね。「もっと棋士の深い所を描いてよ」への回答が「漫画家も命をかけている」ではないし、そもそも「棋士は命がけ。もっと深く描いて」なんてことも誰も言ってない。(言った人は同じでも)複数の台詞と受け答えをごちゃごちゃにしてわけが分からなくなってる。タイトルだけ見て脊髄反射しないでまとめちゃんと読めってのもあるけど。
4
agegomoku @nekofurio 2016年3月29日
この編集者の自己紹介だったんでしょうな>命かけてない
6
茨 二科 @ibaranika 2016年3月29日
あんまりこの編集者氏をいじめるのもどうかと思うけどねえ(空気を読めない、かつデリカシーの無い人であることは確かだけど)。文学とライトノベルの違いの一つに、人物を描写するのが文学で、キャラクターを作るのがライトノベルというものがあるけど、それはどっちが上ってもんじゃない。クラシックとロックどちらが優れた音楽か?てくらいなもん。編集者氏は文学を愛してたってだけだろう
3
天たくる @ten_tacle 2016年3月29日
棋士を題材にした作品がヒットする前は率先して棋士を見下していたような人だったんだろうとは思います。>件の編集者。
0
barubaru @barubaru14 2016年3月29日
ここまでりゅうおうのおしごとなし。
2
hmamdamd @hmamdamd 2016年3月29日
楳図かずおの編集も「手の書き方がおかしいです」とか言って書き方の本持ってきたんだろ。そんなやつしか編集なんかなれないんだろ
0
灰色 @haiiro081 2016年3月29日
対談集の「本題」の羽海野チカさんのとこ読んで、漫勉にでてくれぇぇと思った自分。
1
神代武流 @tkr_kmsr 2016年3月29日
どんな職でもそれで飯食ってるなら、そりゃある意味「命かけてる」でしょうに。件の編集者殿はよほどお気楽に編集業務を行っているんでしょうな。
0
BIRD @BIRD_448 2016年3月29日
hakusan519 そんな小林よしのりはエッセイ漫画「ゴー宣」でAKBファンだもの…自己批判かな?
0
ちょっとシベリアいってくる @0rt3265k31 2016年3月29日
編集者なんて人間扱いしたらアカンという好例
2
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年3月29日
まぁ少なくとも、「(おそらく大手の)サラリーマン」たる編集者よりは「自営業」である漫画家の方が命がけなので、その点において漫画家を低く見る資格など、この「将棋の真の理解者たる俺カッコイイ」的な糞馬鹿オナニスト編集者には一切無いと言い切れる。
3
クラムボン🥓🍳 @cla762 2016年3月29日
ちなみに羽海野先生のこの「棋士と漫画家は似てる気がする」という返しは、インタビュー定番の質問「何で将棋漫画を描こうと思ったか」の返答としてよく使われている物で、意味は「自分の実力と向き合い1人で戦っていく棋士の生き様はマンガ家と似ている」という意味です。
17
ヴァ @valley37p 2016年3月29日
コメント欄にまとめをまともに読んでないアホ共多すぎない?
2
ヴァ @valley37p 2016年3月29日
棋士は漫画家と違って命がけでやってんだよって言った編集者に対して漫画家が命がけでやってないと思ってんのかって憤ってる話だろこれは。コメントする前にまとめちゃんと読め。
22
Karasu @karasu15794066 2016年3月29日
件のオッサン編集者は羽海野氏の絵柄気に入らなくてそんな寝言ほざいたと思われ。 月下の棋士みたいな劇画丸出しな絵柄なら文句言わなかったんじゃねぇの。
4
はんぺん @postsop 2016年3月30日
ライトノベルの作家も命かけてんのか? 命かけてあれなのか?
5
kokotan @kokotan2 2016年3月30日
小林よしのり先生もかつて(80年代ラブコメ全盛期あたり?)編集者に「あんたみたいな読者の胸ぐらつかんで無理矢理読ませるような漫画の時代は終わったんだよ」みたいな事言われたらしいな(初期のゴー宣で何度か描かれてた)。その後もそういう漫画描いて今に至ってるのがすごいけど。
0
天たくる @ten_tacle 2016年3月30日
valley37p 更に細かい突っ込みすれば、羽海野の「棋士と漫画家は似ている気がする」にカチンときた「将棋の真の理解者たる俺カッコイイ」的な糞馬鹿オナニスト編集者が噛み付いた形であって、編集者の方から棋士と比べて漫画家をdisる話を始めたわけではないですよね。その点でもだいぶ印象変わる。
3
天たくる @ten_tacle 2016年3月30日
私も上で書きましたが、明らかにタイトルもおかしいし、それでもまとめ読めば内容わかるんだから、ちゃんと読めよってのは全く同意です。
6
ocmpmlkdpn @shrimp_913 2016年3月30日
クソ編集…小学館かな?
0
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2016年3月30日
「消防士は命がけなんだからさ」とか言われれば「はい」ってなるけど、棋士とマンガ家の「命がけ」は同義だなあ。
2
水月 @watermoonXX 2016年3月30日
この編集者はどんだけ将棋を高尚なものだと思っていてどんだけ漫画やラノベを低俗なものだと思っているんだ
0
白川はん @shirakawainari 2016年3月30日
偏見だけど、マンガ家になりたかったけど実力不足でなれなかった。それでもマンガに関わる仕事がしたいという人が編集者になるんじゃないの。だからマンガ家にルサンチマン抱いてる
2
moheji @mohejinosuke 2016年3月30日
三月のライオンの話では老棋士が周囲の期待とか渡されていったバトンの重みに苦しみながらそれでもしぶとく戦う話が震えがくるほど好き。あの重みは数多の新人がデビューしては消えていく漫画家の世界で頑張ってきた方だからこそ書けるんだろうと思った。なんの世界でも最前線の矢面で戦う人たちの「重み」は違うと思う。
6
endersgame @endersgame3 2016年3月30日
そもそも年配と言われる世代なら漫画やりたくて編集になった人自体が少数派。 文芸志望で漫画に回されて漫画を見下てて、などというそれこそ漫画みたいな人が大勢いる。
5
あき @akiblog_fc2 2016年3月30日
初期の頃は将棋のことなんも知らんて言ってた気がする。が、好きになってしまうのだ、将棋は。
1
梅村直仙水 @777ume777 2016年3月30日
類似点「命を削って完成を目指す」ギギギ
0
IOEUROPA @IOEUROPA6 2016年3月30日
こういう老害って本当どこにでもいる。引っ込んでて欲しいものよねー。
0
あきら@かしともいう @s_kasiko 2016年3月30日
普段コメントはしないのだが、思わずコメント。 まとめを本当に読んでいるんだろうかって意見の人が多くてビックリした。 全体読み込んでコメントした方がよいのでは? あと先生の漫画読んでたら以前からおっしゃてる事。 実際の棋士の方からも応援されてる漫画ですし、それを全否定するような編集さんに担当されなくてよかったと心底感じました。
6
言葉使い @tennteke 2016年3月30日
マンガ「編集王」の明治一郎か。
0
ジョエーウ @joejoeu 2016年3月30日
棋士じゃない人「棋士なめんな」  漫画家(えっ。いま漫画家であることをなめられた?)
1
moheji @mohejinosuke 2016年3月30日
主人公にしても作品全体にしても、一見ほんわり好青年にみえて、実態は倒しても倒しても起き上がってしがみ付いてくるガチインファイター風味というか、ラノベでは無いよねー。 読み方嗜好の違いとは思うけど盛り上がりがないという意見も全く理解できない。 私小説的といって当たってるかどうか。 テンプレラブコメハーレムものの皮を被りつつ結構真面目に若者の悩みを書いている俺ガイルあたりは近いかもしれないかな。
0
änö @QZoTItbZ 2016年3月30日
伝言ゲームのような笑える話。まあチカ先生はこれでいいよ、こう言う所が好きだし。周囲の反応が笑える
1
🈂トリ @satori_Lv35 2016年3月31日
棋士、漫画家、編集者。並べたら編集者が一番楽そうなんだけどな。
0
🈂トリ @satori_Lv35 2016年3月31日
つーかね、「命がけ」って言葉を軽々しく使いすぎだよね、別に負けても死なないしな。あと、ライトノベルって「内容が軽い」という意味ではない。
4
あぶらな @ab_ra_na 2016年3月31日
棋士が命がけなぐらいには漫画家だって命がけ。それはそうです。それもそうだし、でもそもそも「棋士と漫画家は似た所がある」に「どこが!?棋士は命がけだよ!?」ってのがまずおかしいんですよね。「登山とハイキングは似た所がある」「どこが!?登山は命がけだよ!?」みたいなね。片方が命がけで片方がそうじゃなくても「似てる所」はありうるでしょ。
4
天たくる @ten_tacle 2016年3月31日
ab_ra_na ホント、「将棋の真の理解者たる俺カッコイイ」て拗らせちゃった編集者なのでしょうね。
0
天たくる @ten_tacle 2016年3月31日
@cla762 が補足してくれているけど、羽海野の意図は「自分の実力と向き合い1人で戦っていく棋士の生き様はマンガ家と似ている」であって、別に「漫画家も棋士も(だけが)仕事に命をかけている」ではない。
0
天たくる @ten_tacle 2016年3月31日
編集者にこんなこと言われれば「漫画家だって命かけている!」と言いたくもなろうが、別に「命をかける」がポイントではないだろう。「プロなら誰だって仕事に命をかけている。漫画家だけは遊びでやっているとでも思っているのか」位のニュアンスではないのか。
3
まさかなまき @MASAKANA_MAK 2016年3月31日
世の中にはね、自身がもっとも好むスタイルこそが「命であり命を賭しているもの」と勘違いしている人がいるのよ。でもそんなもの、究極的には世代やら文化やら個人の体験やらに個別に存在している「ファンタジーの慣れと親しみと好み」の話でしかないって理解できなくてね、リスペクトに欠ける発言を安易にしちゃうんだよ。ホント悲しいね。
0
なー☆アゲハ狂想曲 @Na_0428 2016年3月31日
むしろ年配だから漫画の基礎的な読み取りが出来ていないのではないか。経験や年齢に反比例して、新しい表現形式を理解する領域や感性は年々減っていく。それに気づいていないことこそ加齢そのものだ。ある程度の年齢を重ねたら自身の旧弊さに目を向け、それを差し引いてものを言うべきだ。
1
CzTcs. Y. @CzT919 2016年3月31日
このまとめのリプライ部分要ります? 棋士も漫画家も(あえて言えば)編集者も自分の仕事に命かけてるけど、リプライ送ってる人たちはそのことに命なんかかけてないでしょう。蛇足なんですよ。
1
へぼやま @heboya 2016年3月31日
この編集者みたいに軽々しく「○○は命懸け(だから格別に素晴らしい)」的なことを言う人は、例えば『月下の棋士』『哭きの竜』的な「勝負師の世界」に過剰なロマンチシズムを持ってるだけだし、付け加えるとそれらをアゲることで、本人が「そうでない、勝負の世界に生きてない生温い奴ら」を見下して歪んだ優越感に浸りたいだけなのよ。いや、お前もその「生温い」方じゃん!
1
へぼやま @heboya 2016年3月31日
僕からすれば、「勝負師の世界に命を賭ける」のはそれで生き方の選択肢としては自由だけど、「勝負の世界」に命懸けであることを過剰に賛美したり、それへの反論として「勝負師じゃなくても命懸けなんだ!」と反論するのも、好きじゃ無い。生きてる時点で皆否応なしに「命懸け」だし、殊更「命懸け賛美」して、「そうでないこと」を否定する必要はない。生温く生きるのは「浅い」のか? 平和に生きるのは駄目なのか?
1
bug_girlnboy_club @buggirlnboyclub 2016年3月31日
ラノベ作家で早逝される人が結構居るので、イメージほど軽い仕事ではないのだろうと思います。ライトってつくから全てが軽いというわけではないはず。
1
hakumyou @hakumyou 2016年3月31日
編集者の資質に問題があるのではないでしょうか。編集者とは読者と作家との間をつなぐ存在です。需要と供給の有り様を理解して無くては駄目でしょう。言い換えれば、作家が提示した世界とそれに共感する読者とを結びつける繊細な役割でしょう。この編集者は、自分のちっぽけな主観をつたない表現で告げただけなのではないでしょうか。
0
hakumyou @hakumyou 2016年3月31日
僕は大学で、卒論指導の仕事をしたことがあります。卒論を書く学生は多様な可能性を秘めていて、コメントにはいつも気を遣いました。学会には様々な研究が求められているのですが、そのことを把握するためには、多くの研究を僕自身が知ってなくてはなりません。つねにアンテナを張り多くの論文を読んで、はやりの研究で時流に乗れそうだとか、基礎的で今は受けないけど絶対必要になるとか気づけるよう努力していました。
0
hakumyou @hakumyou 2016年3月31日
この編集者は、不勉強で文学批評のイロハも訳って無いと思います。印象批判はもう克服されているかと思っていました。何が問題なのかを具体的に指摘出来ないのは、ただの阿呆です。バカの発言ですし、このような無能な編集者が、淘汰されることを一読者として望みます。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年3月31日
編集者批判になると、その編集者が本当にそんなことを言ったのか、何らかの方法で確認が必要になると思うのでご留意ください。
2
こうべみせ @koubemise 2016年3月31日
羽海野チカのバイアスも否定できないから一概に編集者批判もできんなぁ。題材によっては力量不足になってしまう場合もあるし。
5
Briareos@残弾数はいつも────── @briareos 2016年3月31日
まぁこういうことをサラッと言ってのける編集者も、どこかで作家さんに「編集者なんて原稿を右から左に流してるだけの、楽な仕事なんでしょ?」とか言われてるのかもなぁ・・・
1
kokotan @kokotan2 2016年4月1日
「生きるためには勝たねばならない、生活かかってる、棋士は負け続けてら引退、漫画家は人気が得られなかったら打ち切り」…という点では確かに命がかかってる厳しい世界、ではあるな。世間に名前が知られているようなプロ棋士や漫画家は凄まじい競争を勝ち抜いた人達なわけだし。
0
神ヤヤネヒ / YAYANEHI ꒱,,∂_∂,,꒱ @ya_ya_ne_hi 2016年4月1日
「三月のライオン」、主人公の暗い感情は将棋に向かい続けるモチベーションになるけれども雑念ではあって、盤に向き合い周囲の人々と向き合う間に、将棋に掛ける情熱とか衝動とか、「打ち続ける」動機なんかが純化されて、結果的に勝負師として強くなっていく過程っていうのが美しいんだと思って読んでいます。周辺の棋士の人もそういう描かれ方だし、「そういう漫画」なのだと思う。 nanmosan
0
神ヤヤネヒ / YAYANEHI ꒱,,∂_∂,,꒱ @ya_ya_ne_hi 2016年4月1日
それはとても深い話で、説得力を持たせるのは難しい。その上で、その、過酷なところを丁寧に扱っている良い作品だと思うのです。むしろ、「負の感情が人を強くする」的なファンタジーのほうが、娯楽志向的というか。
0
mamami @hamotikuwa 2016年4月2日
羽海野チカに「翔丸」みたいな将棋漫画描いて貰いたかったんだろwそりゃ無理ってもんで、第一羽海野チカがそれを描いたところでだれも興味示さないよ。頭固い編集の人が多いんだなと思った。
1
なんもさん @nanmosan 2016年4月3日
ya_ya_ne_hi うん。私が思うにそれがまさにライトノベル=青春小説みたいなもんだと指摘をされてもある意味しょうがないかなって部分なのですよ。そこでそういう漫画だと主張すればいいものを「命をかけてないとお思いか」などと返すからこの人は炎上する。なぜなら勝負の世界において勝負師の人格成長が必須でないのと同じで、作品評価の上で作家の創作態度なんてたいした意味はないんです。
1
天たくる @ten_tacle 2016年4月7日
だからコメント書くなら少しはまとめ読んで下さいよ。誰が「あなたの漫画はライトノベルだ」→「命をかけてないとお思いか」なんてずれたやり取りやってるんです?
0