編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

よく言われる「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という話を花芽の付き方から説明してみました。 花見の薀蓄ネタにでも。 写真の映りがあれなのはご勘弁ください
生物 剪定 花芽
13749view 16コメント
94
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
切る馬鹿、切らぬ馬鹿」って諺、しばしば言われるのが「桜は腐りやすいから剪定してはいけない、梅は剪定しないと樹形が崩れてしまう」というのがあるんだけれど、もっと直接的なはなしとして、花芽のつき方で一目瞭然だったりする。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
実際のところ、桜と梅で花芽の付きかたが違ってて、桜は切ると花芽がなくなっちゃうし、梅は切らないと花芽がなくなっちゃうっていうのが一番大きい理由だと思う。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
まずはの場合。1枚目の画像が切らなかった桜、2枚目が切った桜。 pic.twitter.com/uUwEVaWnzT
 拡大
 拡大
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
の場合。こっちも1枚目が切らなかった梅、2枚目が切った梅(開花前なのですが赤い丸いものがすべて蕾)。 pic.twitter.com/sDeSUhyr5h
 拡大
 拡大
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
の場合は、切ってしまうとほとんど花が咲かないし、の場合、ガンガンに刈り込んでいても花芽は付くし、むしろ切らない方が花芽が少なくなってしまう。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
これは桜は特に枝の先端に花芽がつきやすくて、逆に強勢の大きく伸びた枝の途中には花が咲かないから。この画像がわかりやすい。このため剪定してしまうと強勢の枝が出てしまうので花が咲かない。 pic.twitter.com/tRt9vAaVMU
 拡大
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
梅の場合、去年伸びた枝全体に花が付く。わりと強勢の枝でも花が咲くので、小枝を大事にするより、刈り込んで強勢の枝を大きく伸ばした方が花芽の数を稼げるpic.twitter.com/XS3Akldxfr
 拡大
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
もうひとつ、梅は日陰になった枝はこんな感じにすぐ枯れてしまうので、剪定には日陰になる枝を作らないという意味もある。 pic.twitter.com/8AJpNIM5LZ
 拡大
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
話を戻して桜の場合。桜も枝一杯に咲くように見えるかもしれないけれど、実はこういう風に枝分かれした先に咲いている。最初に画像の左右にわたっている枝が伸びて、次の年に細かく枝分かれ、その後は毎年ちょっと伸びて花を付けて、を繰り返していく pic.twitter.com/wptW5euGjs
 拡大
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
の花芽はこういうつき方をするので、とくに古い枝を大事にしないとまったく花が咲かないっていうことになる。だから桜切る馬鹿。それに比べて、梅は古い枝はすぐ枯れてしまうし、剪定をして強勢の枝を伸ばせば伸びただけ花が咲くので、梅切らぬ馬鹿。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
ちなみに、梅と桜だと、一般的には梅のほうが寿命が短くてすぐ弱ってしまう。100年を超えるような梅の木ってほとんど無いけれど、山桜なんかは数百年の大木が結構ある。ただし、桜でもソメイヨシノは例外。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
そして、いくら桜の木だって枝が混みすぎたりしたら、やっぱり切らなければ木が衰えるし、結果として花は咲かなくなる。だから、桜の剪定は、来年の花を取るか、もっと先の花を取るか、先を見据えて切らないとならないので難しい。実は馬鹿では出来ない仕事。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
ちなみに、枝を切ってから早くて2-3年でこうなる。桜を切ったから馬鹿というわけではなくて、この2-3年後やもっと先が見えてるかどうかが馬鹿の分かれ目pic.twitter.com/H9hRhgthxi
 拡大
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
ちなみに、果樹もこういう先を見据えた剪定をしているので、リンゴ狩りとかで枝折っちゃダメ。絶対。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
あと、大輪のつるバラとか、「大きく伸びた枝から、翌年、枝が伸びて花が咲く。それ以降はその枝には余り咲かない」ので、大きく伸びる枝を毎年出し、翌年枝分かれさせる剪定が必要という。そういう強い枝を「伸びてきて邪魔」っていって切っちゃうと永遠に花が咲かない

これは余談

堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene
ソメイヨシノ、成長が早いぶん材がスカスカで、あれを桜材というのはちょっとはばかられる。

コメント

やし○ @kkr8612 2016-04-08 22:08:25
太宰府天満宮の飛梅なんか樹齢えらいことになってるけど、あれは相当特殊な例ってことなのかな。
九銀@半bot @kuginnya 2016-04-08 22:09:51
馬鹿って言い方が好きじゃない言葉。それはそれとして勉強になった。
🍤💨の沼海老 @mtoaki 2016-04-08 22:22:01
ゆすら梅は引っこ抜いて捨てることにした
これだけ @koreda_k 2016-04-08 23:27:22
梅は切らないと上に上に伸びて梅の実を収穫するのが難しくなるというのもある
LaLa @lalalacozy 2016-04-08 23:28:50
桜はバラ科だからなー
酔宵堂 @Swishwood 2016-04-08 23:35:43
同じバラ科でありながら随分違うのね(余談だが、果物と云われて咄嗟に想像するものの大半はバラ科)
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2016-04-09 00:23:24
kkr8612 あれも、もとから3本あったのではなくて、主幹が枯れるか根元から折れるかして、そのあとにひこばえが育つというのを少なくとも1回経験して3本に分離しちゃったのだと思います。江戸時代に飛梅から天神像を作ったというはなしもありますし。
@6roku3 2016-04-09 07:01:09
梅の木は材質が固くて脆いので大きくなってくると幹が割れたり太い枝が折れたりしちゃうんですよ。上にもあるように山桜は主幹の太さ1m高さ10mくらいの巨木にはなりますが梅は巨木にはなりません。
堂嶋大輔 C95_月東U57a @dojimadaisuke 2016-04-09 19:04:06
梅って剪定しないと固い枝がどんどん増えて手に負えなくなっちゃうんですよね(;^_^)実家の庭で大変だった…
neologcutter @neologcut_er 2016-04-09 23:22:03
剪定自体いろんな意味で難しい作業なので、素人の俺はやりたくない。
山下238 @Yamashita238 2016-04-10 09:57:50
よく言われる諺?を科学的にきちんと検証するのは素晴らしい。
なみへい @namihei_twit 2016-04-11 10:49:14
長期的視点やそれに伴う経験ってのが、様々な分野で引き継がれずに失われていると感じる今日この頃。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2017-04-04 17:29:39
ことしも桜の季節になったので
しましま @cattail312 2017-04-07 10:45:41
弘前で桜の剪定講座をやってはくれないだろうか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする