Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

2016.4.13開催【科学ジャーナリスト会議4月例会 津金昌一郎先生と津田俊秀先生の「同じ疫学者として各自の見解と相手への疑問、批判」】関連ツイートまとめ

まとめました。
23
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 津田さん最初の15分プレゼン。WHOは2013年報告書で,甲状腺がん多発を予想。この予想が知られていないのが混乱の原因の一つ。その被曝量も,過小評価の疑いがある。 因果関係は概念。結果と原因の関係をみえるようにする。

2016-04-13 18:40:28
おしどりマコ@脱被ばく。知りたがりの怒りんぼで半径5mを変えていく。 @makomelo

科学ジャーナリスト会議4月例会なう。津金先生と津田先生の「同じ疫学者として各自の見解と相手への疑問、批判」 津田敏秀さん(岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授) 津金昌一郎さん(国立がん研究センター 社会と健康研究センター長 jastj.jp

2016-04-13 18:41:03
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 津田さん:原因(曝露)から結果を考えないとならないと,多くの人は考える。しかし,結果の病気から原因を推定する。 17世紀の決定論が衰退し,19世紀に確率論に置き換わった。

2016-04-13 18:42:32
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 △△倍(95%信頼区間) これが,科学的根拠。これを科学ジャーナリストの人はみてほしい。福島県の発表は,これがない。 地区割りは,誰がやってもこうなるだろう。ほとんど,私(津田さん)の恣意は入っていない。

2016-04-13 18:44:05
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 津田さん 時間の流れ 2011年3月原発事故 がん成長の始まり    検診1巡目   2巡目 始まりがわからないので,感度分析をおこなった。

2016-04-13 18:45:35
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 100万人に一人といっていたのが,ずいぶんちがう。 検診をやった福島県内での比較では,2.6倍,有意差がでる直前で有意差がないくらい。

2016-04-13 18:47:06
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 内部比較オッズをみても,地域差がみえる。

2016-04-13 18:48:41
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 1巡目の分析結果 通常より20から50倍多い。 中通り那加地区は50倍の多発 地域差が2.6倍 …

2016-04-13 18:49:35
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 検診は2年ごとに実施 2巡目 すでに郡山などで30倍の多発。1巡目で刈り取られているので,2巡目はスクリーニング効果は期待できない。大きくなるのは思ったより早い。 韓国は,がん検診のついでの大人の事例。劇的にちがう。

2016-04-13 18:51:24
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 チェルノブイリ周辺の非曝露地区でのスクリーニングでは,4万7000千人で発症がない。 これらの知見があるにもかかわらず,まだスクリーニング効果だといわれている。 チェルノブイリでもそうだったが,否定された。 論理矛盾。

2016-04-13 18:52:56
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 医学的根拠にもとづく予想。将来何がおこるのか。 ジャーナリストの人も,それを理解した報道してほしい。 チェルノブイリでも,事故翌年からスクリーニング開始よりも前に多発がみられる。ベラルーシ,ロシア,ウクライナで多発が確認。

2016-04-13 18:54:35
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 年齢が高い19歳以上でも多発している。倍率は低いが,患者数は多い。検査年齢を拡大する必要あり。 科学ジャーナリストの皆さん! 科学的根拠の確認をご自分の目で。 科学的根拠は,△△倍(90%信頼区間○から○)

2016-04-13 18:55:52
おしどりマコ@脱被ばく。知りたがりの怒りんぼで半径5mを変えていく。 @makomelo

津田先生「科学ジャーナリストの方々は、科学的根拠とは何か、ということをご自分の目で確かめて頂きたい」と終わって、津金先生へと交代。続いて、「過剰診断についてに話す」とのこと。

2016-04-13 18:56:49
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 ここから津金さんの15分 いわゆる過剰診断説をとっていますがと,司会の林さん。 津金:先行調査のデータからお話しします。本格調査によって,被曝の影響がでてくることもあるかもしれません。

2016-04-13 18:56:55
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 地域がん登録のデータと比べれば,数十倍(22から31倍)多い(受診率を補正すると160人) 期待する死亡数に比べて,罹患数が多い。過剰発生でなければ,過剰診断だろう。

2016-04-13 18:58:11
切り取り線 @kiri_tori

✄------------ PM 7:00 ------------✄

2016-04-13 19:00:01
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 わかってもらいたいのは,甲状腺がんの特徴。 胃がんや肺がん?とはちがう。甲状腺は大事なホルモンをしている。迷走神経が側に通っているので,手術するとしわがれ声になるなど。罹患率は年齢に依存。10代であっても。生涯では甲状腺がん死亡は男女とも低い。

2016-04-13 19:00:22
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 リンパ節転移があっても,40歳以下ではステージ1。遠隔転移がなければ,ステージ1。 子どもの場合,リンパ節転移,遠隔転移が多いが,それにもかかわらず,生存率が100パーセント近く?,予後がいい。

2016-04-13 19:01:52
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 甲状腺がんは,がん登録の精度がある程度保たれている地域では,罹患率が40年で数倍増加。10歳後半から。死亡率は変わっていない。 死亡率は変わっていないが,診断は増えている。 アメリカでも,ほとんどが乳頭腺がん,2cm以下の罹患率が増えている。

2016-04-13 19:04:07
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 甲状腺がんの罹患率の増加傾向。数十年単位で増加。死亡率は増えていない。 韓国でも,乳頭がんが増えていて,しかし,死亡率は増えていない。乳がん検診ととともに増えている。 その地域で,検診受診率と相関して罹患率が増えている。

2016-04-13 19:06:14
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 韓国では,検査を受けると,100人中2人が甲状腺がんと診断される。 日本でも,香川県で,善意の医師が乳がん検診とともに甲状腺がん検査。発見が増えたので,サイズを大きくした。10歳代でも1%みつかっても不思議ではない。 2cmあればリンパ節転移。

2016-04-13 19:08:08
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 香川県の経過観察例では,腫瘍の大きさが変わらず,消滅しているものもある。 武部:内分泌学からデータ引用。

2016-04-13 19:09:16
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 ウクライナでは,線量に応じて発見率があがる。線量が大きければ大きいほど甲状腺がんが増えた。診断された甲状腺がん45例。被曝がなかった場合でも11例あったとされる。 ある論文を引用。

2016-04-13 19:10:53
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 がんの過剰診断は,ニューイングランドジャーナルオブメディシンなどで,大問題になっている。 死ぬまでに症状がでない,死に結びつかない:過剰診断 余命が短い場合,診断することはない。その前にほかの病気で死ぬ。これが過剰診断。 模式グラフで図説。

2016-04-13 19:12:39
林 衛 @SciCom_hayashi

JASTJ4月例会 津田・津金対論 同じように剖検で発見されるがんは,甲状腺がんだけでなく,乳がんや前立腺がんにもある。 精度の高い検査であれば,発見される。 臨床症状を呈し,死に至らしめるのは稀(高齢のものに限る) 子どもの甲状腺がんは予後がよい。

2016-04-13 19:15:02
残りを読む(83)

コメント

クリエネ(市中感染ゼロ戦略で経済再生を) @morecleanenergy 2016年4月14日
二巡目に発見されたがんについて、津金は一巡目での見落としや見間違いを見つけたもの、と主張しているようですが、これは週刊新潮3.24号の中川恵一と同様の主張ですね。中川の主張は、韓国の成人での罹患率上昇と同様に過剰診断である、でも二巡目のがんは一巡目の見落としや新たに発生したものである、というもので、矛盾したがんの自然史(ゆっくり成長なので生涯無症状/二年間で成長)を想定しているように見えます。
0
内田 @uchida_kawasaki 2016年4月14日
packratyさんのツイートを追加させていただきました(まとめ後半)
0