10周年のSPコンテンツ!

QNAP TS-109IIでリカバリモードからdebianをインストールする方法

QNAP系のNASではdebianをインストールできるが、flash書き換えに失敗したときは、1. リカバリモードから純正firmwareをインストールする 2. 純正firmwareでセットアップしてからdebianを入れる と一旦普通のファームウェアをインストールしなければならず、このときHDDがフォーマットされてしまう。このフォーマットを避け、かつdebianをインストールするとき二度手間にならないようtftpから一発でdebianをインストールする方法を調べた。なお、ここに書いた手順は実際に試してないので実行する際には自己責任で。
qnap Linux サーバー NAS
0
🤓k.bigwheel🤓 @k_bigwheel
1. ここ http://ow.ly/3PlsH から自分の型番にあった"純正firmware"を落とす 2. 解凍してできたファイルの6MB~7MBの領域がmtbblock3の部分なのでその部分だけ抽出してファイルに取り出す(mtdblock3とでも名をつける)
🤓k.bigwheel🤓 @k_bigwheel
4. (続き)mtd1に対応するのがkernel, mtd2に対応するのがinitrd.gz(mtd3はさっき抽出した純正データを使う)なのでこのままddすれば行けそうだが、initrd.gzは4MBピッタリなもののkernelは2MBピッタでなくこのままだとオフセットがずれる。
🤓k.bigwheel🤓 @k_bigwheel
4. (続きの続き)そのためここ http://ow.ly/3PlyU を参考にkernelを一旦別のファイルへ出力し、2MBぴったりにしてから改めてkernel, initrd.gz, mtd3でcatする。ただ、さっきのサイトはTS-219用なので109ではzeroはいらない
🤓k.bigwheel🤓 @k_bigwheel
5. 作成したイメージをtftpサーバーに置いてTS-109をリカバリモードで起動する。 以上でdebianをリカバリモードからインストールできるはずだが、実際には試してないので本当にできるかわからない。今度サーバーがクラッシュしたときに試す。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする