編集可能

村上隆氏@takashipomの語る『芸術』の掟…私はこうして商いをする(『転売業者』に対する警告つき)

まとめました。
42
takashi murakami @takashipom

画廊、というのは特殊な商いの性質をもっています。画廊はお客様との距離を思考し、値踏みし、未来への伴侶になれるかどうかを査定します。「なにを上から目線な!」と怒る方は、既に退場してください。そもそも作品の点数には限りがございますので。私どもが発見し育てた芸術家の作品は

2011-02-03 09:37:22
takashi murakami @takashipom

その1つ1つが産み出した子供のようなもの。大事に大事に嫁入りまで育て上げ、やっと嫁に出せる瞬間が展覧会です。育てて来た者のエゴと言われても仕方が無い。嫁入り先はじっくり考えねば。購入して、すぐに人身売買をしてしまうような「転売屋」等にはかわいい娘、出すわけにはいかないのです。

2011-02-03 09:39:21
takashi murakami @takashipom

娘の嫁入りに厳しすぎる条件を出すのは、親ばかだから、、、とは言いきれないはず。将来、娘が幸せになるだろうか?もしも、の事があってもなんとか乗り切れるだけの条件は揃ってるんだろうか?「嫌な事があったら、何時でも帰って来ていいんだよ」と魔女の宅急便のキキの音お産のようにバカなことを

2011-02-03 09:42:31
takashi murakami @takashipom

言ってしまう気持ちを笑えない、、、のと同じように、我々画商は作品を娘の嫁入りのように考えています。だから、買って頂いた方は大事にしてやってください。買えなかった方はそういう運命だったのです。買えないからとクレームを言って来ても、親の気持ちも娘の気持ちも変えれる事が無いどころか、

2011-02-03 09:44:22
takashi murakami @takashipom

二度とそのクレーマーの方に、敷居またがせたくない!とまで思ってしまうのも人情だと思うんです。最近、マナーの悪いお客様が多く、「金を出すと言ってるのに買えないとは何事か!」と憤激するのですが、我々は芸術を商っているのです。金でなんでも手に入れられる訳ではない事を思い知るべきです。

2011-02-03 09:47:31
takashi murakami @takashipom

作品は売れなくてもいい。娘はしっかり育てます。自慢の娘に育てたら、きっといい出会いがあるはず。その出会いに感謝出来るパートナーをカイカイキキギャラリー、Hidari Zingaroは求めています。

2011-02-03 09:49:31
takashi murakami @takashipom

きちっとした商いを芸術の世界では行うべきです。金を盛れば済むような思考法は芸術の世界では不埒である!

2011-02-03 09:52:34
takashi murakami @takashipom

金では買えないモノもある。それを僕らの商いはお客樣方と共有して行かねばならないのです。

2011-02-03 09:53:15
森森森【Mr.ごまめの歯ぎしり】 @morimori_naha

すごいまっとうな意見ね。RT @Hamyuts_Meseta: 「村上隆氏@takashipomの語る『芸術』の掟…私はこうして商いをする(『転売業者』に対する警告つき)」をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/96346

2011-02-03 18:20:15
takumi koizumi @takumi_rockwell

だいじなこと。RT @takashipom 買ってもらえた時には「ああ、自分を信じてもらえている」という多幸感が!一方「う〜ん、又この次にするよ」なんて言われた日には自分の未来が全て否定されてしまったような気がしてしまう。 http://togetter.com/li/96346

2011-02-03 23:40:17
展現舎 @tengensya

ピンポーン! RT @ciotan: RT @takashipom: 画商になりたい人には金儲けをしたいからだけでなる人もいるだろうが、この仕事、芸術のどこかに強烈なオブセッションが無ければやってられない。割に合わないのだ http://togetter.com/li/96346

2011-02-03 23:42:10
TAKEOKA Yoshiki 竹岡義樹 @yoshikinoko

自分も負けられん! がんばらな! RT @takashipom: 私は作家でありマネージャーであり画商でもある。芸術の関われる全てに関わり、信ずる世界観をパッケージして行き、その総体で世の中に芸術の真価を問おうとしている。 http://togetter.com/li/96346

2011-02-03 23:47:58
masayo @616gallery

:-)“@takashipom: 画商になりたい人にはもちろん金儲けをしたいからだけでなる人もいるだろうが、この仕事、芸術のどこかに強烈なオブセッションが無ければやってられない。理由は、、、割に合わないのだ。 http://togetter.com/li/96346

2011-02-04 00:59:08
takashi murakami @takashipom

http://togetter.com/li/96346 ☜ 続編として読んで頂きたいです。宜しくお願い致します。 http://togetter.com/li/94595

2011-02-04 12:55:45
美少女🤘10/31イケカフェハロウィン・11/14誕イベ @Bishoujo

「作品を買って頂く事は恋愛行為に似ている。」 Togetter - 「村上隆氏@takashipomの語る『芸術』の掟…私はこうして商いをする(『転売業者』に対する警告つき)」 http://togetter.com/li/96346

2011-02-04 15:49:34

コメント

takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
物事を人に理解してもらう際に、論も必要だが、人間対人間で感情のよりどころにしか反応出来なくなる場合がある。事、商いにおいて、論と感情の比率は50:50だ。論を訴えようが何しようが、金を払いたくない人は払いたくないし、売る気の無い人は売る気はない。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
そんな感情的な劇場空間が実はギャラリーで芸術作品を購入したりする行為の中に含まれるのだ。売りたい人。売りたくない人。その理由、根拠、背景、政治的な人間関係。金が動くからモノが動くだけでは無い世界にあるが故、この世界に入り込むと人は蠱惑されてしまうのだ。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
その蠱惑されてしまう状況に対しての疑惑があったり、その疑惑どうりの悪用があったりすると商いの品格が堕ち、社会信用が無くなる。それを商う人間達が自覚を持って品格を保たねばならないのだ。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
私は作家でありマネージャーであり画商でもある。芸術の関われる全てに関わり、信ずる世界観をパッケージして行き、その総体で世の中に芸術の真価を問おうとしている。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
作品を造る事は、自分自身のためではなく、クライアントのために。作家を育てるのは止むに止まれぬ衝動から。商いを行うのは、現状に足りない部分を多く発見してしまい、その水漏れを防ぎたいから。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
画商になりたい人にはもちろん金儲けをしたいからだけでなる人もいるだろうが、この仕事、芸術のどこかに強烈なオブセッションが無ければやってられない。理由は、、、割に合わないのだ。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
作品を買って頂く事は恋愛行為に似ている。自分を信じて欲しい。今、この世では認められてもいない新しい概念を画商である自分が発見した。その発見には確証はないけれども、どうか私を信じて、私の信ずる作品を買ってくださいーで、買ってくれたりくれなかったり。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月3日
買ってもらえた時には「ああ、自分を信じてもらえている」という多幸感が!一方「う〜ん、又この次にするよ」なんて言われた日には自分の未来が全て否定されてしまったような気がしてしまう。
0
まいる @mile2461 2011年2月4日
あー。友人の画家は「今、旅に出ている」という表現をしたなー。そういうことだったんだなー。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月4日
昨夜はいろんな意味で滅茶苦茶機嫌が悪く、この書き込みも中途で終わってしまっていた。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月4日
転売屋の人々は自分らを「必要悪」とか思ってる可能性があるのだが、必要かどうかが問題だ。「そこに客が居るのだからその客が欲しいって言ってるんだから」という欺瞞を謳う心根がわからない。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月4日
特に画商の二代目とか、どう言う教育されてるんだか、、、と疑いたくなるようなお行儀の悪い方がいらっしゃる。作品を転がす事が善だとさえ思っている。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月4日
、、、そんなことより、腹が立った事があった。この事は20年間賭けてひっくり返してやる、と、心に誓った。
0
Huge Mime Mi @Huge_Mime_Mi 2011年2月4日
「作家でありマネージャーであり画商でもある」なるほど、村上隆には自分が営業マンという自覚が多少なりともあった、と。てっきり顔真っ赤にして「俺は120%アーティストなんだよぉぉぉ」とか叫びだすかと思ってましたが。思ったよりまともなのかもしれませんね。作品はともかく。 @takashipom
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
ガチの商いの世界をみな知らない。ガチのレベルも知らない。商いと文脈の歩幅の取り方も知らない。日本国内でのぬるくて墜ち行く国の中でのリアリティでしか理解出来ない。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
机上のコンテクストでのあれこれと、実際のラウンドは風景が違うのです。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
( #ranpaku live at http://ustre.am/lnTC) 昨日派手に村上隆disが行われた。ネットの流儀に反する行為は許せない、と、随分言われた。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
オタクの事を判っていない。オタクはビジネスになり得ない、とも別の人間が言っていた。USTの場でビジネスとは関係ないという発言があった。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
USTはビジネススキームを持とうとして運営している媒体である。それが旨くユーザー側に立ったサービスを提供しているような風景がユーザーからは見える。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
視点を変えると投資対象としての先行き、耐久力に特化された見方がある。アートにも同じ見方が存在する。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
アートの商いの流儀、視点の変化、そこに転がるガチな商い。話題は商いの部分をスルーして、常に机上の空論を空転する。しかし、ガチな場は言い訳無用なのです。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
美術ジャーナル的視点。美術館的視点。商いの世界の視点。それらの引き出しを出し入れしながら構造をぺたぺたと構築して行き、価値の基準を創造して行くのだ。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
美術館インダストリーでの仕事と美術の商いの世界との対比はばかばかしいとも言えるが、人のドグマと出会える意味においてリアリティのレベルが違う。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
美術館はあくまで脱臭された世界、、、で、なければならないが故、ハイテックな技術が必要です。
0
takashi murakami @takashipom 2011年2月10日
今、北川フラムさんとお話ししました。
0