Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

歴代天皇の東紀州行幸の話

神武東征 仲哀天皇の南海巡行 昭和天皇の全国巡幸 昭和天皇の南紀巡幸 昭和天皇の和歌山植樹祭行幸 続きを読む
0

歴代天皇の東紀州行幸の話

2017/6/19 昭和26年の古写真追加

神武東征
Ruby & Emmeline @ruby_emy

紀北町紀伊長島沖/始神峠から 神武天皇没後2600年。神武東征時、熊野の海で難破した神武天皇が上陸した荒坂津(丹敷浦)は勝浦、三輪崎、二木島、錦浦と所説あるが錦なら難破は紀伊長島沖。船団は熊野~尾鷲~長島~錦まで分かれて漂着とかかな pic.twitter.com/FPxJR6b2Hp

2016-04-04 22:30:29
拡大
仲哀天皇の南海巡行
Ruby & Emmeline @ruby_emy

紀北町三浦/豊浦神社 神武天皇没から800年後、第14代の仲哀天皇が南海巡行の途中で三浦の地にしばらく滞在していたというのがこの神社の由来だ。父は日本武尊、妻は神功皇后、子は応神天皇と有名だが、本人は実在が疑われる影の薄い天皇やね。 pic.twitter.com/GOzgnPc89c

2016-04-05 21:06:42
拡大
拡大
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

紀北町三浦/豊浦海岸 なんか強そうな神功皇后に会いたくない仲哀天皇がこの辺に留まっていたのも無理はない。島々や海岸の景色はいいし、海はおだやか、巨大なサンゴ礁もある(今はない)。飯も美味い。崖や巨岩や磯ばっかの他の熊野とは違うのだ。 pic.twitter.com/zEqSKs7Ah2

2016-04-05 21:32:16
拡大
拡大
拡大
昭和天皇の全国巡幸
Ruby & Emmeline @ruby_emy

尾鷲市/尾鷲駅 仲哀天皇の南紀巡航から1750年後の昭和26年11月、昭和天皇が全国巡幸で尾鷲町にやってきた。お召列車で尾鷲(をわし)驛に到着、尾鷲高校や町営グラウンドを訪れたが、この間に機関車が反転する。駅に転車台があったのだな。 pic.twitter.com/gjxVzqndzj

2016-04-09 20:08:31
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

尾鷲駅に停車中のお召列車 (昭和26年11月22日) お召機はC51 254 機関車は前後に付いていて、行きは100号機で、帰りは254号機が主機だったようだ。 pic.twitter.com/r8E4MpaKkU

2017-06-19 21:32:50
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

こっちが お召機 C51 100号機 津駅らしい pic.twitter.com/e9Oa29WxuT

2017-06-19 21:39:46
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

尾鷲市 昭和26年11月22日、昭和天皇は高校に寄った後、町営グラウンドで奉迎を受けた。昭和29年の地図によるとグラウンドは現在の総合病院の場所にある。あまり移動していないな。小生、この病院に3回入院したが内1回は救急車で運ばれた。 pic.twitter.com/NgseyIrXDK

2016-04-13 22:17:36
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

奉迎場の尾鷲グラウンドに向かう昭和天皇。 山の形から国道42号の坂場交差点あたりかな pic.twitter.com/5k3chu8FNf

2017-06-19 22:23:15
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

尾鷲高校を訪れた昭和天皇(昭和26年11月22日) pic.twitter.com/CaVH6kCYvW

2017-06-19 21:44:25
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

尾鷲市/三田火力発電所 昭和26年にはまだ瀬木山がありました。発電所ができる前の国市浜はそれは美しい海岸だったと婆ちゃんに聞いていたけど、その隣に山があったとは知らず、路線バスの終点が山じゃないのに「瀬木山」なのが不思議でした。 pic.twitter.com/ayWXbGS8M8

2016-04-09 20:24:54
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

尾鷲町/尾鷲高校 中央奥にあるのが瀬木山、左上が中村山です。 (追加) pic.twitter.com/Q3FNiIKDgL

2016-05-14 19:16:34
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

紀北町/紀伊長島駅(1999年) 尾鷲町の次に昭和天皇は紀伊長島駅前で挨拶します。このはあたり昭和25年まで二郷村でした。古い絵葉書は秋葉山から二郷村を撮影したもので、左に駅の給水塔、下に空襲で焼失した二郷村立尋常高等小が見えます。 pic.twitter.com/y5OgpwC6FT

2016-04-09 23:32:20
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

長島町/紀伊長島駅前 駅前で奉迎を受ける昭和天皇。駅前の行幸址には尾鷲に行く前とある。調べたのと違うな、まあいいか。 長島町は昭和45年(1970)に紀伊長島町となり、平成17年(2005)に紀北町になりました。 (追加) pic.twitter.com/ZSO9HrFfcM

2016-05-14 19:25:54
拡大
拡大
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

紀伊長島駅前で奉迎を受ける昭和天皇 現在の紀伊長島駅前はこんな感じ pic.twitter.com/y8tGLmlyhf

2017-06-19 22:00:02
拡大
拡大
拡大
昭和天皇の南紀巡幸
Ruby & Emmeline @ruby_emy

尾鷲駅(2000) 昭和天皇の巡幸から8年後の昭和34年、三木里 - 新鹿間が開業し紀勢本線が全通する。明治時代、和歌山の国会議員が建設を訴えても「サルでも乗せるのか」と馬鹿にされたと小学校で習ったが。それから50年後のことである。 pic.twitter.com/GD1xGSgYSD

2016-04-14 21:06:59
拡大
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

チョロQ EF5861お召機 紀勢本線全通後の昭和37年、昭和天皇は紀伊半島を一周する南紀巡幸を行った。お召機は原宿から名古屋まではこのEF58、亀山までC57、そこからDF50ディーゼル機関車で、5月21日、熊野市駅に降り立った。 pic.twitter.com/EnCcVvaA8M

2016-04-14 21:32:50
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

昭和37年の南紀巡幸で昭和天皇が東牟婁郡に来るのは、昭和4年に白浜行幸のついでに戦艦長門で串本樫野埼のトルコ軍艦遭難之碑によった時以来、南牟婁郡に来るのは初めてだ。戦後の全国巡幸では、西は田辺まで、東は尾鷲までしか来てくれなかった。 pic.twitter.com/E4mo8rlcAV

2016-04-15 22:36:07
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

串本町/橋杭岩(S4) 真ん中はお召艦の戦艦長門、あと重巡那智、軽巡大井、駆逐艦が磯風型4隻、峯風型2隻。ちなみに、ここにはいないが峯風型の澤風は大戦中、尾鷲の熊野灘部隊にいた。澤風は終戦まで生き残り、福島県小名浜港の防波堤になる。 pic.twitter.com/sFYuWwGuf3

2016-04-15 23:58:20
拡大
Ruby & Emmeline @ruby_emy

熊野市/鬼ヶ城/七里御浜 昭和37年、昭和天皇は鬼ヶ城を見学した後、七里御浜で2万人の市民から奉迎を受けた。うろ覚えだが初めて鬼ヶ城に行ったのは町内会かなんかの旅行で、初めての七里御浜は、ここでやったナショナルの電器屋運動会の時だ。 pic.twitter.com/20uJf7IXk9

2016-04-16 00:33:14
拡大
残りを読む(17)

コメント

Ruby & Emmeline @ruby_emy 2016年5月14日
写真をいくつか追加しました。 昭和天皇の全国巡幸 →お召機C51/尾鷲高校/紀伊長島駅前の奉迎の様子 昭和天皇の南紀巡幸 →奉迎の様子
0
Ruby & Emmeline @ruby_emy 2017年6月19日
昭和26年の尾鷲と紀伊長島行幸の写真を追加しました。
0