編集部イチオシ

魔法の詠唱談義

ハイファンタジーモノを書こうとした自分。 しかし魔法関連についてはよく分からない。 そこでファンタジーモノに強い方々と色々お話をさせていただきました。 話に参加してくださった方々 続きを読む
106
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@bot75317158 どういうパワーソースに訴えかけるか、ってとこから決めると、わりと整理しやすいかもです?

2016-04-23 23:34:10
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@bot75317158 人類の精神力や個人の異能なら「暗示的・気合い的掛け声」かもしれません。精霊などのエレメントを使役するなら「命令形」かも。上位存在へお願いするなら「いと高かき〜にまします〜よ。かしこみかしこみ申し上げる」みたいな類型が、すぐに思いつきます。

2016-04-23 23:40:16
空伏空人 @shark75317158

@o_tobisuke @seabuki 魔法でてくるファンタジーはじめて書こうとしてるから色々教えを請いたいマン

2016-04-23 23:46:14
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@bot75317158 @seabuki んじゃ、ちょと……ゆるゆるおはなししましょか?

2016-04-23 23:47:40
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化準備中 @seabuki

@bot75317158 @o_tobisuke なるほど。基本的にトビスケさんの回答で必要十分なんですが、文芸とは理屈だけで完結しない厄介な部分があります。

2016-04-23 23:48:11
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@seabuki @bot75317158 ボクと冴さんにとっては、ファンタジーにおける魔法の詠唱というのは、わりと普通の感覚だと思うんですが、空伏さんからは「それを外から見た感覚」ってーのを素直に出してもらえると、相互に得るもんがあるかなーって思います。どうでしょう?

2016-04-23 23:51:20
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化準備中 @seabuki

@o_tobisuke @bot75317158 あーなるほど。わしらだと魔法のある世界で呪文の詠唱が行われることに疑問はほぼ抱かないかも。

2016-04-23 23:52:29
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@seabuki @bot75317158 でしょう? 空伏さんは「そこがまず、わからねえぞ」っていうことを仰ってるんだなって、思うのです。その間にある「空白」のお話をしてくと、双方が面白いかなって(えへへ

2016-04-23 23:54:18
空伏空人 @shark75317158

@seabuki @o_tobisuke 詠唱のでるファンタジーモノをたくさん見ているわけではありませんが『呪文を飾るもの』つまり装飾品なイメージがありますね。

2016-04-23 23:54:06
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@bot75317158 @seabuki ああ、いい感じです。これ、すごくよい設問ですね。装飾。なるほど。

2016-04-23 23:55:22
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化準備中 @seabuki

@o_tobisuke @bot75317158 分かる。傍証として同じ作者の作品でもモノによって呪文を最低限の詠唱と効果の説明(地の分)で済ませるケースと、詳細な詠唱を採録するケースがあることを示しておきたいです。

2016-04-23 23:57:58
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@bot75317158 @seabuki ボクは、呪文の詠唱は「世界観の根底に呼びかける言葉」だと思っています。冴さん、どうですか?

2016-04-23 23:57:39
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化準備中 @seabuki

@o_tobisuke @bot75317158 実はそこまでは深く重く考えてないのです(だからあかんのかもしれんけどw)

2016-04-23 23:58:41
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@seabuki @bot75317158 別分岐のツイート、すごく良い指摘だと思います> 冴さん

2016-04-23 23:59:49
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@seabuki @bot75317158 あくまでトビスケ流ですが、呪文の内容は「世界観を構築する、なんという名前の《ちから》に訴えかけるか」という定義で作られています。 たとえば「神が実在する世界」かそうでないかは、とても大きい違いですよね?

2016-04-24 00:01:51
空伏空人 @shark75317158

@o_tobisuke @seabuki 神が実在する世界なら、その力を分けてもらうよう訴える。実在しないのなら、世界そのものに訴える? ですかね?

2016-04-24 00:03:52
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化準備中 @seabuki

@o_tobisuke @bot75317158 うんうん。カイルダインは神やその他の超常存在が割と確固としている世界だけど、チート主夫はもうちょっとそういうものが遠ざかった世界なんですよ。

2016-04-24 00:04:21
冴吹稔@カクヨムコン5特別賞・書籍化準備中 @seabuki

@bot75317158 @o_tobisuke チート主夫の世界だと別次元から直接、ラジオのチューナー合わせるみたいに『少し違う物理法則』を受信してそれを術者というスピーカーから出力する感じですね。

2016-04-24 00:06:17
奥沢 一歩@燦然のソウルスピナ発売中 @o_tobisuke

@seabuki @bot75317158 いま、おふたりから発せられた分岐は、ほぼ同一でその答えなので、このルートにまとめましょう。 そうですね。神や超常的、つまり人類より上位存在があるかどうか。これは重要なファクターです。

2016-04-24 00:06:41
残りを読む(49)

コメント

ダイスケ@異世界コンサル㈱漫画発売中! @boukenshaparty1 2016年4月24日
なるほど。魔法とか便利要素過ぎるから省略していたけど、こういう考え方もあるのね。
0
酔宵堂 @Swishwood 2016年4月25日
なかなかに興味深く。そう云えばほぼプログラム言語、みたいな詠唱もありますな。
0
r1h3 @r1h33 2016年4月25日
数式というかプログラムそのものッテノも最近の流行りかなぁ、変化球で早口が極まってテープの早送りになってスキール音じみた呪文になるとか今じゃもう理解されないだろうなぁキュルキュル音聞いたこと無い世代が多過ぎて
1
かえでこ @KaedekoSakura 2016年4月25日
「呪文」は、そもそも何日もかけてやる儀式などを圧縮したものという考えもあって、それそのものが契約の一形態である(呪文に関わる決まり事があるから、決まった効果を発揮する)とも取れる。
1
かえでこ @KaedekoSakura 2016年4月25日
別の要素として、「魔法の防御・阻害の条件」を根拠に「魔法の形式」を考えるのも良いよね。詠唱が重要であれば、対抗は沈黙や猿轡。発動体・増幅器が重要なら、杖の破壊や指輪の奪取(指輪物語のように描ける)。そうして「いかに主人公を活躍させるか(またはピンチにするか)」考えた後で、世界観を後付してもいい。
1
余市@冬眠期間 @v416 2016年4月25日
文法に従い呪文を組み立てて魔法を使うっていうTRPGがあったような。
0
CD @cleardice 2016年4月25日
ギア・アンティークのサプリメント「アート・アルケミー」ですな。もうちょっと曖昧な感じだとマジックイメージを組み合わせるローズトゥロードとか。
0
散散満/阿部市英夫 @til_til_mitil 2016年4月25日
コクーンワールドの神聖魔法は「力を貸してくれないと信者が減っちゃいますよ、いいんですか」って意味の神聖語という設定だった。発音丸暗記でも通じるので意味も知らず使ってる敬虔な信者も多いという。
1
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年4月25日
「重要なのは音声そのものであって呪文の内容は術者のイメージや集中の助けでしかない」という作品もあるし、まあ設定次第だよなあ。
0
だるま @KurzweilMaster 2016年4月25日
真言宗のお寺ならいつも本気で呪文を唱えているが、それを参考にするんじゃダメなんだろうか…創作だと孔雀王になってしまいそうだけど。
0
Daiji @Daiji75 2016年4月25日
詠唱にしても、仏教の影響なのかな?じっと動かないでブツブツ念じる系の魔法使いが多いよね。『時空転抄ナスカ』では動きこそ無いものの、詠唱シーンになると妙なBGMがかかって、魔術師(作中では神官)が唱うの。あれは面白かった。
0
tenpurasoba @tenpurasoba4 2016年4月25日
面白い議論ですね!上に和製TRPGの名前もあがってますが海外製TRPG”Ars Magica”にも魔法をその場で生成する特殊な文法がありますね。パワーソースや魔法の団体や共同体など面白い設定が豊富なTRPGです。
1
AJE@プリコネR陽性 @Pm2010Aje 2016年4月25日
作品の核になる神話的モチーフを意識して「魔法」を描写すると説得力が増すとは思ってます。
0
seidou_system @seidou_system 2016年4月25日
実在の宗教を背景とした呪文だと、だいたいスピリチュアルなものに対する要請か命令。創作だと「精神集中のためのルーティン」「迂闊に発動しないための安全装置」とかもあるなあ。
0
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2016年4月25日
基本的に詠唱は韻を踏むように文字数を決めるといい。あとはどういった状況を想定して使わせるか。某厨二ゲーのように戯曲っぽさを出す場合は長台詞にした方が映えるし、動き回って戦いながら唱えるのであれば短く、より実践的に使うための一部詠唱の破棄まで考慮してみても面白い。文章自体は何でもいけるから、ポエミーに書き殴ってからちまちま整えてどうぞ。
0
すんすけ @tyuusyo 2016年4月25日
KurzweilMaster 坂内龍雄「真言陀羅尼」(平河出版社)に真言宗の呪文の和訳が出ていると思います。もっと簡単なのでよければ http://piicats.net/hudoukigann.htm こんなのも。(不動尊祈願経=不動明王への詠唱経典)
0
バレルロール @zoahunter 2016年4月26日
力を使うにあたっては、「眷属になる」か「契約する」か、「パワーを封じられたアイテムを手に入れる」かなんですが、士郎正宗先生の「ORION」では、「雌型を継承する」という試みをされていて大変面白かったです。しかもスペルを詠唱しても「丹の練りが甘い」等、肉体的鍛錬も必須要素という厳しいものでした。やはり道教法呪がいちばん実戦的でしょう。漢字による情報のパケット化、有名な駆鬼呪「急急如律令」という発動ワードのかっこ良さ。問題は実際の御眞言は、黙誦がたいへん多いことなんですよね。
0
まっくろなねこ @blackcat009 2016年4月26日
エルリックサーガの呪文なんか、まんま「アリオッチ!メルニボネのエルリックが御身を召喚す」だぞ。呪文そのものの響きよりも、魔法の概念がまずしっかりしてるので、それで十分なのだ。まぁ内容説明型の呪文ならFFTが秀逸だと思う。
0
ぱんどら @kopandacco 2016年4月26日
なまじ本当のルールが存在しないので作者の腕の見せ所にもなりそうな。・・・ところで魔法が実在する世界では、この世界の「魔法のように」って言葉がどんな表現に変わるのか気になるのであった。
0
みこみこ @mikoto_1009 2016年4月26日
「このすば」では、低レベル魔法の組み合わせで、砂を作って風で飛ばすとか、水を作って凍らせるとかやっていたけれど、ターンのような概念を取っ払い、即効魔法を用意すると何でもアリになるよね。究極はGRの十傑衆や九大天王みたいになる。
0
みこみこ @mikoto_1009 2016年4月26日
呪文への抵抗って概念を持ち込まないと精神系魔法が最強になってしまうけれど、それを持ち込むと、風で飛ばした砂の処理をするときに、魔法で起こした物理現象は云々などと言い出すことになり、いろんなところで整合性をとるのが大変になる。そういう魔法世界観的な意味で、このすば世界の「フリーズ」って呪文の言霊は強力で、それだけで、「そういうもの」として細かい考察なんてされなくなる。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年4月26日
黄金の夜明け団だって、神の名において、天使の力を借りて魔術を行うのだと言っていたわけで、起源から考えると神への祈りの言葉なんだろうけど、創作の中の魔法が信仰に基づくことは、特に最近はあんまり多くないしなあ。
0
三楽斎 @nekokagetora 2016年4月26日
仍執達如件(よってしったつくだんのごとし)  武家の古文書は呪文っぽい。
0
はいらんだ~P @hilander_em 2016年4月27日
モデムやFaxのネゴシエーション音が呪文でもいいと思うの
0
COBRA @ns_torg 2016年4月27日
アルスマギカについて既に挙がってますがハリポの呪文もラテン語由来ですね
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2019年3月7日
魔法に呪文詠唱なんて要らんということを『RWBY』で学んだ。何でみんなやりたがるの?
0
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2019年3月7日
呪文に類するものがないと超能力とどう違うのか、という問題があるのでは。もっとも、分ける必要があるのかとも言えるけど。
0
cinefuk 🌀 @cinefuk 2019年3月7日
hilander_em (神・悪魔・精霊などの)"パワーソース"へリクエストするためのコミュニケーション言語と考えると、高級言語は転送速度の損失だとか、転送速度自体が十分に高ければ「たどたどしい幼児語」でも呪文の効果があるとか
0