78
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(1) 今後被災地に向かう人の為に装備品を紹介しておきます。まずは、テント。寝袋。マット。シート。これは絶対必需品。ボランティアの為の宿泊施設はありません。寝場所は自分で確保する必要があります。 pic.twitter.com/XEXJ8NdrhM
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(2) ストーブ(コンロ)。ボランティアに食事の配給はありません。自分で作る必要があります。なので火も必需品。また、大抵の水は沸かせば飲めます。カセットボンベは現地調達が難しいので、ガソリン式がお勧めです。 pic.twitter.com/756IYyBF6u
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(3) コッフェルと燃料。ストーブだけあっても調理器具燃料がないと意味がありません。コッフェルは丸型より角型がお勧め。インスタントラーメンがそのまま入ります。 pic.twitter.com/aO0jjn8eGm
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(4) 長靴と安全靴。作業内容にもよりますが、安全靴は怪我をするリスクを減らします。 pic.twitter.com/cTyUsOvXRF
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(5) 雨合羽。雑巾。防塵ゴーグル。グローブ各種。普通の軍手は殆ど使いものになりません。グリップ、皮手、ゴム手を用意しておくことをお勧めします。また、掃除をする際に雑巾は現場で不足しがちなので自前で用意しましょう。 pic.twitter.com/gqOmf4EoMW
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(6) 薬。タオル。新聞紙。ビニール袋。使い捨てカイロ。薬の他にもピンセット、トゲ抜き、ハサミも入れておきます。新聞紙は体に巻くと防寒にも使えます。ゴミは極力持ち帰るのでビニール袋を。 pic.twitter.com/RsyDOLPiX1
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(7) 工具類。ドライバーとプライヤーは必需品。ナタとバールとノコは倒壊した家屋で活躍します。冬場は焚き火をする時にも使えます。 pic.twitter.com/TDNwBaLOV1
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(8) 腰ベルト。工具を腰にぶら下げるのに便利です。 pic.twitter.com/I2QJz6kjPO
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(9) 食器類。これも絶対必需品です。 pic.twitter.com/k2480bniYi
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(10) 調味料。食器洗い。ラップ。アルミホイル。ラップはおにぎりに使います。作業に行くときは弁当を持参しますので、毎朝おにぎりを作ります。 pic.twitter.com/oegelfSLbS
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(11) 米。水。非常食。これも絶対必需品。水は折り畳み式のタンクも便利です。袋入りの味噌はおにぎりのおかずとして便利です。 pic.twitter.com/SoLr8QMeJD
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(12) ポケットティッシュ。ウエットティッシュ。防塵マスク。これらは必需品。トイレットペーパーもあれば便利です。 pic.twitter.com/q2bmULh5eL
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(13) ランタン。ヘッドライト。充電器類。夜間作業はヘッドライトが必須アイテム。手持ちの懐中電灯は片手を塞がれるのでお勧めできません。常に両手が使えるようにします。 pic.twitter.com/WYGWIaGtse
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(14) ロープと紐。これも有ると無いとでは大違い。野営する際にいろいろ使えます。 pic.twitter.com/r7WrnJwfkt
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(15) バケツ。洗濯洗剤。物干し。衣装品が一番かさばります。着替えの荷物を減らす為には洗濯用品が不可欠。ビニールバケツは用途が広いです。 pic.twitter.com/NOLRorIUyh
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(16) 電池。いわずもがなですが。 pic.twitter.com/yn8mHlWVFv
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(17) テーブルと椅子。これは無くてもなんとかなりますが、あればかなり便利です。食事や書き物など、楽になります。 pic.twitter.com/fYSHM3GmOI
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(18) まとめるとザッとこのくらいの荷物になります。 pic.twitter.com/Jdiw6vunRr
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(19) 飛行機や鉄道で向かう場合は、このくらい大きなリュックを背負って歩きます。 pic.twitter.com/yNfh4U2Q6U
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
被災地に向かう装備(20) 車で行くのが楽ですが、駐車スペースや渋滞等を考えると、原付が便利です。 pic.twitter.com/BrTDaOR4Cw
 拡大
かねちゃん @PEACEphotohito
入浴用品と着替えの写真撮るの載せるの忘れた(^_^;

コメント

段ボールが本体 @Himade4tama 2016年4月27日
団体でいけば、いくらか共有できるし組織的な労働力提供できるから、何かと便利ね。
ウニ友達 @Bonboriman 2016年4月27日
これは自分が被災した時の避難用にも使えそう。
空弁者 @scavenger0519 2016年4月27日
凄いなぁ! これだけのものを背負っていく体力も要るってことね。
KuroiZell @lp008962 2016年4月27日
まんま山へ行く感
アイトレーサー @kiwifruit_cake 2016年4月27日
工事と登山を掛け合わせた感じの装備ですね。
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2016年4月27日
これだけの装備を用意できない人は募金をするのが一番なんだろうなと。実際のところどれも必要なものだし。
おざわ・5555 @N_Ozawa_ 2016年4月27日
屋外での撤去分別作業、膝をついての作業が多いのですが、ズボンのうえからウールのサポーター巻いてたらかなり楽でした。
わ𝐻𝑖て @Bagooooon 2016年4月27日
総合ビタミン剤のサプリも持参するといいですよ
練馬ママ @nerinerimama 2016年4月27日
これは色々参考になる!
ボーダーランド @ce_borderland 2016年4月27日
本来はコレくらい日常的に用意すると良いんだが。
Gril @Gril_ops01 2016年4月27日
ouenhst 「被災者の為に」を第一義とするなら被災者に割り振られるべきリソースを横取りする訳にはいきませんからね・・・
@riReriReri99 2016年4月27日
ちょっと行けたら行こうかなってくらいの気持ちを木っ端微塵に吹っ飛ばしてくれた 大人しく募金だな
naa @naa 2016年4月27日
私にゃ被災地ボランティアは無理だわ。募金しよ。
MO-85(2/10 古賀志山) @MO_85 2016年4月28日
受け入れ体勢が整う以前、身ひとつで被災地に飛び込むのならバックパッカーになる必要がありますというお話
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年4月28日
普段からソロキャンプやってる人ならいろいろ持ってると思うけれど、災害のニュースを見てから慌てて揃えようとしても「防災用品」としてこれらのものを買い求める人も多いから、入手困難な場合もあるかもね。ストーブは「コールマン442」かな?ホワイトガソリンが入手困難な場合を想定して、無鉛レギュラーガソリンが使えるモデルだと、バイクと燃料を共用できる
三月レイ@毎日が平成最後 @mitsukirei 2016年4月28日
あくまでも「装備」だけだから(´・ω・`)プラス装備を使いこなす技能
RAM (中2女子ではない) @PLAPAPA 2016年4月28日
阪神で被災・東北でボラ経験者から一言:①バールを救助活動に使うなら、60cm以上のものを。私は、活動時、紐で背中に背負っていました。②鋸とナイフがあれば、鉈は無くても良いかと。③プライヤは、切刃が鈍いので、大きめ(250mm位)のペンチ(配線用電気コードが切れる)のほうが良いかと。④ドライバはプラスは2番、マイナスは貫通柄(後を叩ける)の250mm位(梃子・バール代わりになる)だけで基本OK。→続きます
RAM (中2女子ではない) @PLAPAPA 2016年4月28日
→承前:⑤ニーパッドは必携。ホムセンで1000円以下。できれば脛のガードも考えて。⑥ビニールテープ数本。応急の傷テープ、ズボンの裾の始末、目印その他に応用。⑦安全靴が踝丈以上でない場合は、スパッツ必携。脱落、ごみ入りを防止します。⑧写真で写っていましたが、ヘルメットは何が何でも必携。
kurahash @kurahash 2016年4月28日
災害当日ならともかく、今の熊本でこれだけの装備は必要無いと思う 泊まり込みで何日もボランティアする人は少ないし。日帰りボランティアは 水と食料、軍手などの道具類、ヘルメット、ぐらいでしょうか まあ、ボランティアというより被災者になった時のために準備すべきかもね
neologcutter @neologcut_er 2016年4月28日
要するに、野営の経験がない人は震災ボランティアをしない方が無難ということですね…
伊藤 正彦 @itohkun55 2016年4月29日
2日間熊本でボランティアしてきたけど、今熊本市内なら、普通に流通動いているので、キャンプ状態にならなくてもいいですよ。それより、一度ダメージ受けた地元経済にお金落としていく方がありがたいかも。
伊藤 正彦 @itohkun55 2016年4月29日
東北震災ほどのことはめったに起きないので、それを基準にしてしまうと、ボランティアの参加者が減らないかと若干心配。
あきなすび @akkonline 2016年4月29日
東北の時には知り合いのアウトドア屋さん達が食事・宿泊系はマジこんな感じで二週間くらい泊まり込みしてた。被害の度合いとタイミングと移動距離次第なんだろうなあ。熊本市内は流通しててもその先には大きい道路が不通のところとかあるし、外部から入るなら現地の渋滞回避・資源浪費回避には気を配るべきで、心意気としてはその通りだと思う。
わんこ@桜好き @ace_ya 2016年4月29日
キャンプやサバイバルできる技術って、こういう時大事ですねぇ。ロープがあっても結び方知らなきゃだめだもん;;; もやい結び、ジョーズで勉強し直そうか・・・
あきなすび @akkonline 2016年4月30日
感動ポルノ、就活ネタ作り…GWに被災地へ殺到する「モンスターボランティア」 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版 http://dot.asahi.com/dot/2016042600035.html まあ自制と自省が必要ですよね。これはソースが朝日ですが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする