このクソ暑い日にあなたの力を借りたい#1 社交界と抗争◆2

吸血鬼のメアレディはクソ暑い夏の日に、とある仕事を任される。盗賊ギルドのアジトへの潜入と言う危険な仕事だ。しかし、協力者の魔法使いはなんだかとっても非協力的で……。 全60ツイート予定 前↓ #1 ◆1 http://togetter.com/li/968735 次↓ #1 ◆3 http://togetter.com/li/969533 実況・感想タグは #減衰世界 です
減衰世界
rikumo 338view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 15:21:45
    _このクソ暑い日にあなたの力を借りたい#1 社交界と抗争
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 15:30:27
    _アルコフリバスはメアレディを屋敷の応接間に通した。恒常的に冷房がかかっているのか、中はひんやりとしている。 「紅茶とコーヒー、どちらが好きかね?」 「紅茶でお願いしますわ」  手早く紅茶を淹れるアルコフリバス。 11
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 15:37:36
    _紅茶を持ってきた彼に対して、早速状況を説明するメアレディ。今回は、メアレディの護衛を頼んだ。そしてもちろん、見返りも用意してある。かねてよりアルコフリバスが欲しがっていた、ミクロメガスの魔法物品を譲るという。 「奴もとうとう折れやがったか、ハハ」 12
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 15:42:53
    _アルコフリバスは上機嫌になってソファにふんぞり返り、紅茶を飲む。 「あの小僧、俺がいないと何もできないな! 冒険者の5人でも雇った方が早いのに、俺を頼るとは可愛いものよ」  冒険者一人でも相当な戦力だ。それが5人分とは、大した自信だとメアレディは思う。 13
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 15:51:53
    「そういえば女、見ない顔だな。新人か?」 「メアレディです」 「ふん……あいつは、結構人を見る目があるな。いつも感覚で選ぶくせに」  勝手に値踏みされて、勝手に評価されてうんざりしてきたが、メアレディは笑顔を崩さない。あの柔和なミクロメガスの友人とは思えなかった。 14
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 15:57:28
    「ミクロメガス様のこと、よくご存じなのですか?」 「あいつとは長い付き合いだ。1000年……いや、2000年か? 最初に会った頃から、あいつは女を侍らせていた。知ってるか、魔竜アンドリュー・レイスと一戦を交えたこともあるぞ。二人でボロボロになって逃げたっけなぁ……」 15
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 16:07:16
    _話が長くなりそうな気配を察して、メアレディは話題を変える。 「まぁ、本題に入りますが、今回はわたしの護衛ということで、作戦を共に……」 「それはできんな」 「え?」  さっき了承されたと思っていた彼女は面食らう。 16
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 16:12:06
    「まぁまて。仕事は請け負おう。ただし、同行はできない。ワシのクソ魔力がクソ強すぎて、恐らくテロリストのクソ警戒網に引っかかるだろう。完全武装の重火器を見せびらかして潜入するようなものだ。それにワシは探知が苦手だ。お前がどこにいるかすら、遠くからでは分からん」 17
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 16:17:05
    _アルコフリバスは紅茶をお代わりしながら続ける。 「ワシの提示する作戦はこうだ。お前一人で潜入する。ワシは街のどこかで待機している。お前がテロリストの中枢に辿り着いたとき、ワシに向かってテレパスを送れ。転移なら得意だ。0.1秒もたたずに駆けつける」 18
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 16:22:41
    _メアレディは呆気に取られて、紅茶を零しそうになる。 「そんなの護衛でも何でもないじゃないですか! これなら冒険者5人の方がよっぽど役に立ちますよ」 「文句はミクロメガスに言え。采配の責任は全てあいつにある……ま、ワシを信頼しているんだろうな」 19
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 16:29:01
    _釈然とせず、むすっとしてみせるメアレディ。 「ハハッ、そうむくれるな! ワシが信頼されていると同じくらい、お前も信頼されているんだよ。あいつはこういう状況になることを分かってワシに頼んだんだ」  外の庭木のセミが遠く鳴いている。メアレディは、了承するほかなかった。 20
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 16:30:11
    _このクソ暑い日にあなたの力を借りたい#1 社交界と抗争 ◆2終わり ◆3へつづく
  • 減衰世界 @decay_world 2016-04-30 16:36:56
    【用語解説】 【冷房】 魔法によって空気を涼しくする。基本的に魔法は人間の感情が高ぶったときにしか発動せず、機械的に魔法を利用するためにはエンジンという設備が必要になる。つまりエンジンは疑似的に人間の感情を再現する仕組みが備わっており、気分によって弱冷房から強冷房までブレる

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする