仲のいい人を召喚するの楽しい

ノリと勢いで召喚文を作ったら雑に設定まで生えた
ログ
385view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
@artreme_sora 三界の水面の裏に無限の蒼穹あり、遠遠なる日月の表に烏兎の足跡あり、彼方にありて門を護りし翼、此方におりては生々流転の灯を傅かん……遙か幻想に飛び去りし姿、今ひと度舞い降りて空を抱け!\ドラゴンシエルさん召喚/ ……みたいな( ^ω^)?

さんがいのすいめんのうらにむげんのそうきゅうあり
えんえんなるじつげつのおもてにうとのそくせきあり
かなたにありてもんをまもりしつばさ、
こなたにおりてはせいせいるてんのひをかしずかん

節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( ^ω^)なんかインスタントにできた設定だと「三界の水面~足跡あり」が「時空や世界、通常の物理や道理を超える=世界を超えて誰かを召喚する」術の内容規定、「彼方に~傅かん」が召喚対象の能力の方向性(100%無減衰はたぶん無理だから)、
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( ^ω^)だからシエルさんにスポイルスカーレットでドラゴンブレスぶいぶいしてほしいときは「彼方に~」のあたりがぜんぜん違ってくるはず、「遙か~」あたりもすこし変わるかな
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( ^ω^)召喚するためのギミックというか実際に働いてるのは大部分が機械だから(なんか頭の中で召喚士+でかい機械の組み合わせができてる)、この詠唱は行使者の意思確認と(やるとしたら)エネルギー供給のパスワードのようなそんなものを存在意義としてるとおもう
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
天眼の細道に逆しまの影、つづらの迷い路に尾曲がりの標 {toggle} 五色に輝いて涅槃に至れる塔、導くは白衣―一念を惑わして幾多が倒れる塔、救い手の白衣 {assembler}
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
{assembler} 肉叢を砕きて為る魂は無限の泉、懐し擁して成る万感は無二の奇跡 {Hello World} 鋼の空際を超えて今ここに来る! \だーれだ/
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
よみかた。 てんがんのほそみちにさかしまのかげ、つづらのまよいじにおまがりのしるべ ごしきにかがやいてねはんにいたれるとう、みちびくはびゃくえ いちねんをまどわしていくたがたおれるとう、すくいてのはくい
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
ししむらをくだきてなるたましいはむげんのいずみ、 かいしようしてなるばんかんはむにのきせき はがねのくうさいをこえていまここにくる
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
( ^ω^)つづらは「九十九」って書きたいやつ
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
(^ω^ )前回とおなじく妄想垂れると、一節目は「三界の水面に~」と違って細道、迷うとか言葉遣いが頼りない  向こうもこちらと同じく機械文明が発達しているけれど方式が全然違っていて相性が良くない、繋がりが安定しないことが表れてるのかもしれない
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
遥か幻想に飛び去りし翼 今此処に顕現せよ、遍く地を睥睨せよ、汝こそ我が空ならん!(詠唱病の発作)
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
始りには闇あらん 万を百重ねて星を見出し、万を十重ねて船をいださん 万を一残して東の涯を見、千を一残して礎を築き、 残る千は常世の淵に詠わん 百十一万一千を数えども、未だ闇の世を越すこと叶わず なれど、百十一万一千と一の後に 世を覆いし闇が尽くることを 誰が否めたか
節電中の緑蒼呼 @verdi_horimoto
鳥は頸をもたげよ、狼は頭を垂れよ とわの闇と思いしはたった一夜の夜なりき 喪の黒衣を廃せよ、祝いの五彩を掲げよ 閨の帳を掃う時は来たり 悪魔は畏れ消えよ、花は仰ぎ見よ 救いの光明は来たり!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする