2016年5月3日

井上武史九州大学大学院法学研究院准教授の憲法論―「私は学問的論議をしたいのに、そういう雰囲気になっていない現状が残念」

2016年5月1日~2日晩までの井上武史准教授のつぶやきとその関連ツイートをまとめました。 順次更新します。
149
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

昨年の安保法論議に関するものです。言いたいことを言わせていただきました。ご関心のある人はぜひ。なお私は意見を公表したことのあるどのメディアとも特定の結びつきをもちません。念のため。/月刊「第三文明」 - 第三文明社 daisanbunmei.co.jp/3rd/

2016-05-01 13:55:35
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

5月3日の朝日新聞社WEBRONZA(ウェブロンザ)に、「フランスの緊急事態条項をめぐる改憲論議から考える」と題する拙論がアップされます。なぜかほとんど注目されなかったフランス改憲論議について、実際の改憲案の中身や憲法学者の議論を紹介し、この問題で考えるべき論点を示しています。

2016-05-01 14:45:31
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

「全体主義に陥ることなく緊急事態をどう乗り越えるか−−は、民主主義国に共通の課題である。」/風知草:「安倍」対「反安倍」の不毛=山田孝男 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20160…

2016-05-02 10:12:45
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

特集ワイド:「クーデター」で立憲主義破壊 憲法学者、石川健治・東大教授に聞く - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20160…

2016-05-02 17:25:32
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

過去の解釈変更はよくてなぜ今回のはだめなのかとか、憲法に何の根拠もないのに個別的はよくてなぜ集団的はだめなのかとか、違憲論の理屈はいまだによくわからない。学問的な関心から単純に知りたいのですよ、なぜそうなるのかを。納得できれば考えを変えることもあります、当然。

2016-05-02 17:33:53
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

国際法の議論を見れば、「個別的」と「集団的」との区別が重要なのではなく、軍事行動が自衛のため(自衛権によるの)かそうでないかの区別が決定的に重要なはずだと思うのですね。

2016-05-02 17:42:46
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

憲法が自衛権も否定しているとすれば、それは個別も集団も否定しているわけです。それを13条で復活させたりするのは9条の論理を無視するアクロバティックな解釈。政府や一部学説が主張するこの理屈では、逆に集団を否定するのは難しくなると思います。同条の保護法益で限定確定できるのでしょうか。

2016-05-02 18:02:54
山田ゆーき @yuki_yamada1124

立憲主義云々と言ってる学者がいますが、立憲主義というなら特別な法知識の無い一般国民でも条文を読んで理解できるものにすべきなのに、彼らは個別的自衛権は合憲と言ってる。9条を読んで今の学説、解釈に辿り着ける人はどれだけいるのか。 twitter.com/inotake77/stat…

2016-05-02 19:42:30
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

ご指摘の通りで、立憲主義は「政治権力を憲法に従わせる」ことが最低限の要求なので、憲法の文言と意味が一致しなければ意味がないのですね。この点については、「近代立憲主義の真髄」を示したとされる、フランス人権宣言前文をぜひお読みください。 twitter.com/yuki_yamada112…

2016-05-02 20:06:41
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

国際法の議論とは別に憲法解釈では個別と集団を区別してもよいのは確かですが、そうだとすると明文の根拠が必要ですね。それがない以上、憲法が自衛権を否定していないと解すれば、それは個別も集団も否定していないという筋道になるはず。私もそうですが国際法の人もこう理解するわけですね。

2016-05-02 17:54:18
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

今晩19時のNHKのニュース7にVTRで出演します。憲法記念日の特集です。

2016-05-02 18:07:46
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

本日の放送内容がアップされていました。石川先生とまたご一緒させていただき大変光栄です。時期が問題なだけで議論の必要を認める点では同じだと思っています/NHK世論調査 憲法改正「必要ある」27% 「必要ない」31% | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2016…

2016-05-02 19:50:56

NHK世論調査 憲法改正「必要」27% 「必要ない」31%
5月2日 16時51分

3日は憲法記念日です。NHKの世論調査で今の憲法を改正する必要があると思うか聞いたところ、「改正する必要があると思う」は27%、「改正する必要はないと思う」が31%、「どちらともいえない」は38%でした。
NHKは先月15日から3日間、全国の18歳以上の男女に対し、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDDという方法で世論調査を行い、2425人のうち62.8%に当たる1523人から回答を得ました。なお、地震活動が続いているため、熊本県では調査を行わず、大分県では調査を途中で取りやめました。
憲法の改正
今の憲法を改正する必要があると思うか聞きました。
「改正する必要があると思う」が27%、「改正する必要はないと思う」が31%、「どちらともいえない」が38%でした。
去年の同じ時期に行った調査と比べると、「改正する必要がある」は、ほぼ同じ割合だったのに対し、「改正する必要はない」は増え、「どちらともいえない」は減りました。
NHKは平成19年からことしまで、合わせて5回、同じ質問を行っていますが、憲法を「改正する必要はない」と答えた人の割合は、今回、最も多くなりました。

憲法を「改正する必要があると思う」と答えた人に理由を聞いたところ、「日本を取りまく安全保障環境の変化に対応するため必要だから」が55%と最も多く、「国の自衛権や自衛隊の存在を明確にすべきだから」が20%、「アメリカに押しつけられた憲法だから」と、「プライバシーの権利や環境権など、新たな権利を盛り込むべきだから」がそれぞれ8%でした。

憲法を「改正する必要はないと思う」と答えた人に理由を聞いたところ、「戦争の放棄を定めた憲法9条を守りたいから」が70%と最も多く、「すでに国民の中に定着しているから」が11%、「憲法の解釈や運用に幅を持たせればよいから」が10%、「アジア各国などとの国際関係を損なうから」が4%でした。
憲法9条 集団的自衛権
「憲法9条」について、改正する必要があると思うか聞きました。
「改正する必要があると思う」が22%、「改正する必要はないと思う」が40%、「どちらともいえない」が33%でした。
3年前の同じ時期に行った調査では、憲法9条について改正が「必要」という人と「必要はない」という人の割合はほぼ同じ程度でした。その翌年のおととしからは、それぞれ「必要はない」という回答が「必要」という回答を上回っています。

憲法9条を「改正する必要があると思う」と答えた人に理由を聞いたところ、「自衛力を持てることを憲法にはっきりと書くべきだから」が55%、「国連を中心とする軍事活動にも参加できるようにすべきだから」が23%、「自衛隊も含めた軍事力を放棄することを明確にすべきだから」が10%、「海外で武力行使ができるようにすべきだから」が5%でした。

憲法9条を「改正する必要はないと思う」と答えた人に理由を聞いたところ、「平和憲法としての最も大事な条文だから」が65%、「改正しなくても、憲法解釈の変更で対応できるから」が15%、「海外での武力行使の歯止めがなくなるから」が12%、「アジア各国などとの国際関係を損なうから」が4%でした。

ことし3月、安全保障関連法が施行され、日本が集団的自衛権を行使することが可能になったことについて賛成か反対か質問したところ、「賛成」は25%「反対」は27%、「どちらともいえない」は40%でした。
立憲主義
今の憲法の基本的な考え方である「立憲主義」について聞きました。
「政府の権力を制限して国民の人権を保護する」という立憲主義を知っていたかどうか尋ねたところ、「知っていた」が16%、「ある程度知っていた」が37%、「あまり知らなかった」が30%、「まったく知らなかった」が11%でした。
NHKはおととしも同じ項目の調査を行っていますが、立憲主義を「知っていた」「ある程度知っていた」という人の割合はいずれも増加しています。

憲法解釈や憲法改正を議論するにあたって、立憲主義の考え方を重視すべきかと思うか聞いたところ、「重視すべきだ」が69%、「重視する必要はない」が12%でした。これはおととしの調査結果とほぼ同じ程度で、回答したおよそ7割の人が「立憲主義を重視すべき」だと考えていることが分かりました。
憲法を考えたり話し合う機会
ふだん、憲法について考えたり話し合ったりすることがどの程度あるかを聞きました。
「よくある」が5%、「ときどきある」が36%、「あまりない」が38%、「まったくない」が15%で、合わせて半数以上が「ない」と答えました。
こうした機会を増やしたいと思うかどうか聞いたところ、「大いに増やしたい」が10%、「ある程度増やしたい」が50%。「あまり増やしたくない」が24%、「まったく増やしたくない」が6%で、憲法について考えたり話し合ったりする機会を増やしたいと考える人が回答の6割に上ることが分かりました。
憲法学者は
憲法改正に向けた議論を進めるべきだという立場の九州大学の井上武史准教授は、「憲法が70年間変わっていないことは、その間の社会の変化を憲法がまったく捉えていないということで、改正の必要性を常に考える必要があると思う」と話しています。
一方で、憲法を改正する必要はないと思うという回答が、これまでの5回の調査で最も多くなったことについて、「政府がやや強引に安全保障関連法を成立させたことで、憲法に関してはもう少し慎重にみるべきだという国民の声が現れたのではないか」と分析しています。そのうえで、「憲法を誰が読んでも分かるような形に変えるというのは、立憲主義の観点からも望まれるものだ。9条だけでなく、私たちの生活や政治に関する具体的な問題により対処できる憲法になるよう議論をしてほしい」と話しています。

今は憲法を変えるべきではないという立場の東京大学の石川健治教授は、「今回の調査結果は、憲法を巡る議論の盛り上がりのなかで憲法を改正することへの危機感や批判意識が高まっていることを示していると思う。日本がこの70年間培ってきた立憲主義を損なうことになるのではないかということに、多くの人が気づき始めたのだと思う」と話しています。
そのうえで憲法改正については、「今の憲法に全く欠陥がないということはありえず、憲法が目指していながら実現していないものもあり、一切変えるべきでないとは考えていない。しかし、立憲主義が失われようとしているという危機感が、現在の国民の間に高まっているということは、公布から70年がたっても憲法を変える土壌ができあがっていないという現状を示している」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160502/k10010506971000.html?utm_int=news_contents_news-main_005 より

杉原こうじ(NAJAT・緑の党) @kojiskojis

5月2日19時のNHKニュースで憲法に関する最新世論調査の結果を報道。「改憲派」識者として井上武史九大准教授がコメント。立憲主義を逆手にとった最近流行りの論法。安倍首相の国会答弁も同じやり口。 pic.twitter.com/nJgA3smUzy

2016-05-02 19:41:21
拡大
拡大
拡大
拡大
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

「改憲派」は誤解されるからやめてと言ったのですが…流行ではなくて立憲主義国では制定時点で立憲主義は終わらず、その都度憲法をヴァージョンアップすることで立憲主義の充実を不断に追及しています。環境保護についても独仏は憲法で書きました。 twitter.com/kojiskojis/sta…

2016-05-02 19:56:20
坂上二郎ラモ(栗栖綾香) @sucknoway260

@inotake77 拝見しました。 「議論の時宜についての認識の差」が「改憲対護憲」という「いかにもな図式」に置き換えられてしまった…というところでしょうか…。井上先生の関係各方面も視野に据えられたアフターケアに痛み入ります。

2016-05-02 20:25:18
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

@sakagamijiroram 恐れ入ります。石川先生は従来の護憲派とは異なると思います。政権との関係を考慮すべきかという点が違うだけで、私はどの政権でも憲法論議はすべきという考え方です。政権交代があってもです。

2016-05-02 20:33:33
杉原こうじ(NAJAT・緑の党) @kojiskojis

@inotake77 「誰が読んでも分かる形に変える」と言われていますが、井上さんは具体的に、現行憲法のどこをどのように変えるのが、立憲主義の観点から望ましいとお考えでしょうか?

2016-05-02 20:39:30
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

内閣の衆議院解散権を明文化することですね。これは芦部先生も「憲法の条文の不備」とはっきりと指摘されているものです。現状は憲法上権限がなく解釈による権限創出ですね。これが認められるなら他でも解釈で何でもアリになってしまうでしょう。 twitter.com/kojiskojis/sta…

2016-05-02 20:42:45
神田憲行 @norikan2

内閣の衆議院解散権はいわゆる護憲派改憲派と名乗る人たちも問題意識共有して同じテーブルにつきやすいと思うんだよね。当の内閣は別にしてw

2016-05-02 20:46:08
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

こういう憲法の不足・不備を明文化することは重要です。社民党も共産党も賛成しないといけない。これさえ反対する人たちとは、もはや議論は無意味です。立憲主義を理解しない人たちでしょう。 twitter.com/norikan2/statu…

2016-05-02 20:50:37
テンプル @tteraka

@inotake77 @kojiskojis 一般論的な改憲の是非の話ばかりして自民改憲草案に対する意見を明確に示さずに護憲の主張をdisってるからですよ。

2016-05-02 20:47:33
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

1時間30分いろいろと話して放送は30秒くらいですからね。自民党改憲案も全部が悪いわけではありません。障害者の権利などは良いと思いますし、憲法の不備も手当されています。一事が万事全部だめという議論には与しません。是々非々です。 twitter.com/tteraka/status…

2016-05-02 20:54:08
杉原こうじ(NAJAT・緑の党) @kojiskojis

@inotake77 ご返信ありがとうございます。では、憲法9条についてはどのようにお考えですか? この間、立憲主義が鋭く問われたのは、言うまでもなく「安保法制」をめぐってのことであり、憲法9条に関わるものでした。

2016-05-02 20:52:31
井上武史 Takeshi INOUE @inotake77

よく言われるように、一読して意味がわかるようにするのが良いと思います。これまでの議論を踏まえて、現在の規範内容を再定義するのが良いと思います。定義(define)というのは、限定するということでもありますね。 twitter.com/kojiskojis/sta…

2016-05-02 20:57:40
残りを読む(27)

コメント

Yuichiro Mori @Y_Mohrey 2016年5月3日
まとめを更新しました。
0
たちがみ @tachigamiSama 2016年5月3日
「権力に利するかどうかは私の関心ではありません」「学問的論議をしたい」>おーまさに「その言葉が聞きたかった」って発言だわ この言葉が他の憲法学者から出てこないのが不思議 自分の政治信条に反するからだんまり決め込む憲法学者って何のために存在してんのか謎
82
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2016年5月3日
「なのに憲法だけどうしてそういう正常なプロセスにならないのか」そりゃあ、「日本国憲法」は日本以外の国にとっても「(日本の)国家権力を縛る」道具という面があるからね
29
舶匝(はくそう @online_cheker) @online_checker 2016年5月3日
大石眞教授、教え子・井上准教授のツイートを見たら、にっこりされるのだろうなぁ。。。本当に地に足の付いた学者さん。
11
おーまさ@保守系障碍者 @o_masa 2016年5月3日
憲法と現実社会を取り持つことも憲法学者の仕事だと思うのだが、 憲法がこうなのだから現実社会もこうあるべきって考えが蔓延っている気がする。
36
ウェポン @weapon2011 2016年5月3日
「間違ってるから変えるべき」は「どう変えるか」と不可分で、「どう変えるか」と「どのような思想を持って変えるか」も不可分な訳で。憲法……に限った話じゃなく、ルールの変更と言うのはそこが難しいと思う。間違ってるから変えるのが当然、とはならず、「変えて問題が出るくらいなら、間違っててもそのままで」と言う意見が出るのもまあ仕方ないと思うよ(無論、それが良いかどうかはまた別に議論を尽くす必要がある)。
10
フレーバー @stflaver 2016年5月3日
同意するが、個別の議論が出来ないのは双方が双方のすべてを否定するゼロサム状態になってるから、なんだろうな。
9
はむいち @hamuiichi 2016年5月3日
憲法学者にも種類があるなあ。「憲法はどうあるべきか」と「憲法を守るにはどうすればいいか」とで温度が全く違う。前者が学問としての憲法学で後者は宗教としての憲法学でしかない。前者を語ってくれる教授は総じて頭いいし面白い授業してくれるよね。
33
EriQ @EriQjitsu 2016年5月3日
「最近流行りの論法」で護憲を主張する連中に対してドイツフランスによる反例がさくっと出てくるのが気持ち良い それ以外の返答を読んでも一時の気の迷いでやってることなんかじゃないことが伝わってくる
31
積雪時 有効(キュアジェノサイド) @murakumo13 2016年5月3日
護憲派と思われる人達がことごとく感情剥き出しなのがなぁ。
35
Rogue Monk @Rogue_Monk 2016年5月3日
リベサヨさんの主張が情緒的・感覚的な抽象論で終わってるのは、なんだかなぁ と思う。 http://togetter.com/li/970236#c2692583
9
フローライト @FluoRiteTW 2016年5月3日
憲法成立時点で終わりではなく現実を見ながらたゆまずアップデート、手を入れていく、確かにその通りだと思う。ともに歩み続けてこそであって、教典を作って満足!書き加えてはいけない!ではただの宗教。
42
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2016年5月3日
「どうであるか憲法学」と「どうしたいか憲法学」があって、学者は前者を政治家は後者を重点的に語って欲しいのだよね。はっきり区別した上で。
2
やし○ @kkr8612 2016年5月3日
個人的にも去年の安保騒ぎは反対派が感情論に終止して「話にならなかった」のと、推進する側も同じこと繰り返し言うだけ言って議論は尽くした、で押し通す「話をする気もなかった」ままで現行憲法だと違憲が濃厚な法律を通しちゃったプロセスとしての筋の悪さが凄く気持ち悪かったので専門家の先生がアップデートすりゃいいんだ、ってはっきり言ってるのがちょっと嬉しい。そうだよな、やっぱあれを通したかったら改憲っていう手順を踏むべきだったんだ。
15
やし○ @kkr8612 2016年5月3日
kkr8612 改憲を国民に問うてそれが否とされた場合はそれはそれで国民が選択したことなのだから受け入れりゃいいじゃん、ってね。(どうせ、本当に米軍と連携して自衛のための軍事的行動を起こさなきゃならない事態が来たら超法規的措置で現実的な対処をするだろうしという無責任な考えがあるのは否定しない)
2
竹永@2 @silywsize 2016年5月3日
護憲派の人たちこそ改憲議論に積極的に参加しないといけないと思う。「とにかく反対」はもはや通じない
28
江戸屋'八雲師匠状態'× @edoyax 2016年5月3日
自称護憲派が護憲派ではなくただの信仰告白になってしまうあたりが白眉
14
JojoTomochan @JojoTomochan 2016年5月3日
こういうのを持ち上げるばかが滑稽だ
2
nob_asahi @nob_asahi 2016年5月3日
別に憲法の改正に反対している訳ではない。学術的議論も進まない中で憲法を政治家の論理だけで改正使用としていることに賛成できないだけ。
4
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2016年5月3日
原発問題にしてもそうだけど、反対派は時に反対することが目的の宗教活動に没頭して科学的な議論や筋道立った論理を提供できていないイメージ。 本来ならそんなのは感情的な扇動で聞く価値は低いのだけど、何故か日本の報道機関はこれこそが天下国家を語る本道と持ち上げているのがね~・・・
16
テスト @xXankdSQSEKLt6S 2016年5月3日
空気を読んで今は改憲するべきでない、との主張は立件主義に反しないのか?
1
mellru @maielfib 2016年5月3日
こういうまとめでも結局だんだんコメント欄が改憲派vs護憲派の感情的disり合いになっていくのがなんだかなぁ。そういうのを井上先生は否定してると思うんだが。まさに学問的論議がしたいのにそういう雰囲気になってないって感じ。
28
araburuedamame @rpdtukool 2016年5月3日
改憲しないとどしょうもない状態に追い込まれた時「超法規的措置」とかで憲法ガン無視した無茶苦茶やるくらいなら、最初から「ここまではOK」って変えといたほうがいいと思うがな。そういう事態、いずれ訪れると思うからね・・・。最悪を想定して備えておいたほうが、最悪が訪れた時よりましに立ち回れるだろうから。安全神話は幻想なので。あと、「学術界の議論」はあくまで「国民の議論」の下敷きにすぎんということも、学者の方々には忘れんで欲しい。国民を説得してナンボです。
12
mellru @maielfib 2016年5月3日
「護憲派のイメージ悪くして改憲を進めやすくしよう」「改憲派のイメージを悪くして何としてでも今の憲法を守ろう」じゃなくてさ。「自分は今の憲法のどこの条文をどう変えたいのか」それに反対する人は「どういう理由でその変更に反対なのか」というのを各条文について個別に是々非々で議論すればいいだけの話でしょ。いい加減にしろよ。
28
霜雪/ユ/S@左顧右眄 @Hoarfrost_Snow 2016年5月3日
そもそも、改正条項があるのだから、憲法を改正してはいけないなんて主張してる時点でそれは憲法に反してることにならないのって感じ。…しかし、改正すべきでないの中での多数派が9条云々だけの話なのが大丈夫かなぁ…。
17
フレーバー @stflaver 2016年5月3日
maielfib まさに。これは改憲派vs護憲派という話を越えてるわけで、去年の議論にしても双方に相当の落ち度があったのは言うに及ばないですし、そういうのを相克しようよって話ですね。
2
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年5月3日
硬性憲法(改正がしにくい憲法)の弱点は kkr8612 rpdtukool さんが言うように「超法規的」に秩序が崩壊する危険がある事。改憲論議をタブーにする事で、全部が一気にクラッシュする。その時に、現行憲法で守られているもののうち何が残るのか?なし崩しに奪われる権利が出てくるのでは?という危惧がある
17
矢崎十兵衛竜座@10/24サンガvs京都 @yazakiryuza 2016年5月3日
法律には明るくないので安全保障的観点からはともかくそうした学術的議論は専門家に任せたいところだが、その専門家も頼りないのが不満。もう少し井上氏のような地に足の着いた議論のできる御仁がいてもいいしそうした人材を育てることを怠ってきたのは学会全体の怠慢だろう。
2
タツコマ@一夫多妻 @TATukoma1987 2016年5月3日
日本以外の国は『現実に憲法を合わせていく』方向なのに、日本だけ『憲法に現実を合わせていく』というあべこべをやっているから今の滅茶苦茶な実態があるっていう。現実の世界情勢は憲法なんて知ったこっちゃないからね。
18
わい(ry @waidottowai 2016年5月3日
あまりに酷い論があったので置いていきますね… > なにより重要なことは、公布後七十年もの長きにわたり、主権者たる国民自身が憲法改正という政治選択をしなかったことです。憲法に耐えがたい不都合があるのなら、賢明なる先人は憲法を改正する道を選んだはずです。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016050202000140.html
6
小川靖浩 @olfey0506 2016年5月3日
本来「憲法改正」ではなくアメリカのように「修正条項」みたいに「未来に生まれた権利」の保証を追加していく形がモアベターだったのが「不磨の大典」と自尊しているうちに現実との乖離まで起き始めているのが話をややこしくしているんだよなぁ。公明が公言していた「加憲」が本来改憲賛成反対の落としどころだったのに反対派が「触れること能わず」を続けていたために状況が変わって一気に改憲勢力が強くなったわけだからなぁ…
13
キャロル @gato1150 2016年5月3日
研究職公務員の鑑のような人だ。ああいうおかしな絡み方する奴にもちゃんと対応している。
2
東亜人 @SelfObliterator 2016年5月3日
歴史的に見れば、日本は8世紀に制定された律令を1000年以上にわたって(名前だけだが)維持してきた国である。であるならば、制定からわずか70年で修正というのは早すぎるし、律令末期(戦国時代~江戸時代)に比べれば十分実情に即しているといえる。憲法改定は条項がもっと空文化したとき、例えば国会や内閣が選ばれし人の仮眠室になるくらい、でも遅くないのではなかろうか。
0
neologcutter @neologcuter 2016年5月3日
憲法改正問題なんて一部メディアにとっては「政局」のための道具でしかないよ。だから2009年の政権交代の再来を願って感情的に煽るんだよ。違います?
6
Ruat Caelum🌈 @Fiat_Justitia 2016年5月3日
この人は、安保法案の合憲性を論じるのに9条1項だけに触れて、一番問題の9条2項を無視した議論を展開していた人ですね。法解釈論としてありえない態度で、これで学者をやれるのかといたく失望したものです。実務家は相手にしません。
5
東谷 @higasitani_k 2016年5月3日
Fiat_Justitia 実務家は相手にしません。←こんな捨て台詞を吐いても多くの国民は相手にしませんよ。
11
バルドネさん @jfk_tigers 2016年5月3日
個人的には解釈改憲でいいかなと思うんだけど、これって筋悪なのかなぁ?
2
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年5月3日
条文的には首相の自由な解散権はないとも読める(から改正が必要)、はわかりますが、それは置いといて、仮にその厳密解釈でも、与党が形式的に不信任案を出し解散できませんかね?(ドイツがそうでしたか) QT @inotake77  内閣の衆議院解散権を明文化…芦部先生も「憲法の条文の不備」とはっきりと指摘…現状は憲法上権限がなく解釈による権限創出
0
ゴイスー @goisup 2016年5月4日
「9条の文言を抱きしめていたい人」ってのは秀逸な表現だなぁ
13
NTB006 @NTB006 2016年5月4日
今日本が戦争に巻き込まれた場合、様々な法が邪魔をしてまともに防衛できない。だから実際戦時になったら超法規的措置でそれらが停止されるのは必然。なのに護憲派ってその辺を無視するんだよねぇ。憲法停止の方がうれしいのか?と、疑うレベルで
6
游鯤 @yusparkersp 2016年5月4日
「自衛隊を含め軍事力を持たないための改憲派」が少しだけいて、コヤツら以外の護憲派が如何に論理破綻しているかわかって草w
2
白閃 @WhiteGlintNo9 2016年5月4日
「議論」と「主張」の区別は大事よね
1
たちがみ @tachigamiSama 2016年5月4日
「彼を評価しない」みたいなこと言っている人がちらほらいるが、井上氏の憲法解釈や主張が正しいかどうかはこの際どうでもいい そういうことを議論する空気すらできてないことを問題視していることを支持しているだけだよ 彼が間違っているなら学問的にそう主張すりゃいいのだ
13
ベイシル @BasilLiddlehear 2016年5月4日
そう、これこれ。私が教わった多くの学者は、容易に政治的主張に乗っからないイメージがあったんだけど、去年の安保談義以降なんか乗っかってしまう学者が増えたような気がする。党派性を出してしまうことの危険性は、その立場に固執してしまいやすくなることなんだよね。やっぱり自分の主張より整合性が取れた主張が出てきたら、それを吟味する必要があるし、場合によっては「転向」も辞さない、そういう知的誠実さが学者として大切だと思う。
10
筆寫近衞(きんえい) @CurseJewelDemon 2016年5月4日
こういうお話ができる人になりたいな
1
ベイシル @BasilLiddlehear 2016年5月4日
Fiat_Justitia 二項を無視した議論とは具体的にどのようなものでしょうか?彼は逆に、(現状学者の)通説の「一項で自衛戦争は許されているが、二項で自衛隊は許されていない」という解釈こそ、一項と二項のリンクを読み落としているとおっしゃっていたと思いますが。
1
真砂 @okayasumasa 2016年5月4日
70年物の骨董品で時代との摩擦で間違いなくガタが来てるのが現憲法であって、問題は「そのものを変えるか変えないか」ではなく「どこをどう変えるか、変えないか」だと思うんだがねぇ…… 僅かの改変も許さないって宗教の聖典かよ。
5
JojoTomochan @JojoTomochan 2016年5月4日
higasitani_k 主語がでっけえぞw 何様だお前?
0
JojoTomochan @JojoTomochan 2016年5月4日
okayasumasa その能書きは大日本帝国憲法に立ち還れとか言ってる奴らにぶつけろや、情弱w
0
radio_hidetaro 🇯🇵 反消費税 @Hidetaro_Tosj 2016年5月4日
安倍内閣・特に本人の国会における答弁を見たら。言葉さえちゃんと行き交わない。数的優劣のみが改憲の拠り所じゃ議論にさえならん。
0
タツコマ@一夫多妻 @TATukoma1987 2016年5月4日
そもそも、9条に関して言えば警察予備隊を作らされた時点で破綻しているのだ。つまり、5年すらもたなかtった。
6
NTB006 @NTB006 2016年5月4日
TATukoma1987 自衛隊合憲判決の時点で、解釈改憲はフリーハンドを得てますね。
1
NTB006 @NTB006 2016年5月4日
まぁ憲法の創造主たるアメリカからの要求で警察予備隊は創設された訳で、理想と現実の間で破綻してしまったのでしょうね。
6
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2016年5月5日
憲法学者にとって現憲法は利権の源泉なんだよ。彼らは「50年間ずーっとCOBOLしか存在しなかった世界のプログラマー」みたいなもん。それをJavaだかC#だかへ切り替えようしているのが安倍政権。だからプログラマー(憲法学者)からしてみれば不倶戴天の敵
7
Ukat.U @t_UJ 2016年5月5日
アメリカからの要求の一方、政府もやっぱり自衛戦力持たないとマズいと思ったんじゃいかと思います。1950年頃って、国共内戦で国民党が台湾に撤退したり、朝鮮戦争で韓国が釜山まで押し込まれたり日本の国境周辺で派手にドンパチやってた時期。政府じゃないけど旧軍関係者が台湾に白団として渡ったりもしてたので相当危機感あったはず。
0
nullmajor @nullmajor 2016年5月5日
まとめにしても、コメにしても、小室直樹先生の「まだ日本人には憲法は書けない(意訳)」が重く響きますね。あと、"超法規的措置"っていうのは、国家権力が"法律の外に出る"という意味であって、"憲法の外に出る"という意味ではありません。
3
𝕦𝕤𝕪𝕠𝕜𝕒𝕤𝕒🦐🐟🦖 @usyokasa 2016年5月5日
学問的論議をしたいってツイッタ民と? 何でだろう。 どうせならメディアで学者同士の公開討論とかしてもらいたい
1
杏子 @kyoko_oshino 2016年5月5日
井上武史先生のような方々で憲法論議を盛り上げて欲しいなぁ。
1
杏子 @kyoko_oshino 2016年5月5日
ぜひ改憲の論議を盛り上げて欲しい→
1
左倒憂右@固定ツイート読んでください @USK_Sato 2016年5月5日
stflaver 双方というけど、大半が護憲派でしょう。改憲派の中に、@Rstv9Rstv が言うような「憲法いじって国民をどうにかしてやろう」的な考えの人なんて1割もいないよ。
3
左倒憂右@固定ツイート読んでください @USK_Sato 2016年5月5日
kkr8612 理屈としてはそうなんだ。だけど現実問題としてそのような時間的猶予はないし、宗教的護憲派を説得するのは不可能に近い。格差問題では「”事実上”逆転不可能な格差」を問題にするくせに、憲法問題では「”事実上”説得不可能な世論」を問題にしないのは違うんじゃないかな。それでも世論が絶対だというのであれば代議制を廃止して直接民主制にすればいい。まあそれをやるにも憲法改正は必要だけどねw
4
コーリー(贋) @boguscorey 2016年5月7日
憲法のために社会があるのではなく社会のために憲法があるだけの話なんだと思うんですよねえ。
0
乙カレー @unknownOtsu 2016年5月8日
所謂「護憲派」が「憲法典」に固執して「憲法」に言及していない不思議。
0
あわじまさき @hijmsawaji 2016年5月9日
かつて憲法を「不磨の大典」とし、憲法の統帥権なる条項を盾に軍が政治の手を離れて暴走し滅んだ国家があってな。その国ではかつての反省から「憲法は変えられるもの」となりそうなものだが、今も憲法を「不磨の大典」としているそうだ
3
国際協調派 @kaz005 2017年8月17日
やっぱりこの先生の話が一番納得できるんだよな。
0