【日本人の政治的反応度⑤】言葉が失われる”心機一転(ローテーション)”の天秤体制(バランスクラシー)/~政治問題における「純粋な人間」による暴行が、法に優越してしまう日本教の世界~

イザヤ・ベンダサン『日本教について~あるユダヤ人への手紙~』/日本人の政治的反応度/「物理的な力」=physical power?/空名の絶対者/97頁以降より抜粋引用。
1
山本七平bot @yamamoto7hei

①北森教授が「物理的な力」を受けたのが9月1~2日ですが『教団新報』…によりますと、このような事件があったにも関わらず、最後には全員で「祈祷」をして散会したと記されております。 これと非常によく似た事は…二・二六事件の時にも行なわれた記録があります(五・一五事件では…不明です)。

2016-04-28 14:38:52
山本七平bot @yamamoto7hei

②すなわち、殺した人間を中心にして殺害に関与した全員が祈祷(黙祷)をして引き上げたという記録です。 さらに中世ですと暗殺しておいて、死体に向って「手を合わせて」祈るという場面が多々あります。

2016-04-28 15:09:08
山本七平bot @yamamoto7hei

③従って北森教授殴打事件の時も、日本教のこの伝統に従ったわけで、後述するように、彼らは当然のこととして、この事件はこれで全てが結着がついたと考えた筈です。

2016-04-28 15:38:52
山本七平bot @yamamoto7hei

④ところが翌々日…東京神学大学教授会がこのような非人間的取扱いと暴力はキリスト教者の集会として遺憾であり、たとえ万博には反対でも、学生・青年達を指導すべき立場にあるはずの、現場で指導した牧師たちに反省を求めるという声明を出しました。

2016-04-28 16:09:02
山本七平bot @yamamoto7hei

⑤ところが、この声明が逆に、各方面から非難をうける結果となりましたのは、ちょうど五・一五事件のときの検察官の論告が、まるで弁護ではないかと思われるほどであったにもかかわらず、多くの方面から非難されたのと似ております。 また非難の仕方も同じで、これは二種類に分けられます。

2016-04-28 16:38:51
山本七平bot @yamamoto7hei

⑥第一は、最も過激な型で 「万博は犯罪だから、この万博という犯罪に加担した共犯者に対する当然の罰だ」 とする主張で、前述のような一種の天誅説です。

2016-04-28 17:09:09
山本七平bot @yamamoto7hei

⑦これは日本教の伝統的考え方で、従って昔の日本の暗殺者は「天誅」と叫んで暗殺したのですが、この場合、暗殺者は、天の刑罰を執行する一種の死刑執行吏ですから、刑を執行した後で祈祷を捧げるのは、当然のことかも知れません。

2016-04-28 17:38:49
山本七平bot @yamamoto7hei

⑧第二の型は 「暴力は確かに行きすぎだが、純粋な青年の真剣な神学的問いかけに正しく応答しない北森教授が悪い」 とする言い方で、これは一種の天譴説です。 そしてこれがほぼ支配的な考え方と思われます。 この場合も勿論悪いのは北森教授で、悪いが故に天から懲戒をうけた訳ですが、(続

2016-04-28 18:09:02
山本七平bot @yamamoto7hei

⑨続>ただこの懲戒において執行者に逸脱があったのではないか…という疑問を抱いているが故に「『物理的な力』は確かに行きすぎだが…」という言葉になっているのであって「北森教授が悪い」ので「懲戒をうけた」としている点では、基本的には変りがありません。

2016-04-28 18:38:50
山本七平bot @yamamoto7hei

①【空名の絶対者】この考え方はキリスト教徒だけでなく、今日本人に非常に広くかつ深く浸透しています。 この事件に先立って起った一連の大学紛争でも、リンチを受けた教授達に対して 「純真な学生達の真剣な問いかけに正しく応答しないのが悪い」 といった非難がましい論評が支配的でした。

2016-04-28 19:09:03
山本七平bot @yamamoto7hei

②その後…「九・三教授会声明」に抗議して東京神学大学の学生がストライキに入り、ついに一部の学生が教授宅への家宅侵入や反対派学生へのリンチ事件を起し、結局はこの神学大学の校内にすら、自らが擁護していると主張している「信教の自由」も「政教の分離」も皆無である事を立証した上で、(続

2016-04-28 19:38:51
山本七平bot @yamamoto7hei

③続>当然の結末として警察官に排除されたのですが、これがまた、各方面からの非難の的となりました。 そしてこれらの非難に共通したものもまた、前例同様に 「純真な学生たちの真剣な神学的問いかけに正しく答えないで、政治権力を導入した教授会が悪い」 でした。

2016-04-28 20:09:09
山本七平bot @yamamoto7hei

④「神は空名(空体語)なれど、名あれば理あり、理あれば応あり」 従って学生たちの、この「理ある空体語」に正しく「応」じない教授会は、確かに日本教では、非難されて然るべき存在なのでしょう。 では最終的にはこういう事態がどのように収拾されるのでしょう。

2016-04-28 20:38:51
山本七平bot @yamamoto7hei

⑤では最終的にはこういう事態がどのように収拾されるのでしょう。 結局は日本教の教義に従って収拾されるわけですが、それはこれら事件の当事者たちが「純粋でない」ことを証明すれば良いのです。

2016-04-28 21:09:07
山本七平bot @yamamoto7hei

⑥上記の事件の前に起った一連の大学紛争では、すでに新聞等で手の裏をかえしたように紛争を起した学生たちが非難されていますが、それが 「学生たちは純真でない」 という判定に基づいてなされるのです。

2016-04-28 21:38:51
山本七平bot @yamamoto7hei

⑦まず 「学生運動は純粋でなくなった、初心を忘れるな」 といった一種の警告(?)が発せられ、ついで純粋でなくなったと判定されると、彼らがそれまでと全く同じ行動をとっても(否、はるかに温厚な手段をとっても)、それが普通の刑事事件として扱われるのが当然といった論調になります。

2016-04-28 22:09:09
山本七平bot @yamamoto7hei

⑧これを私は前便で流動的アパルトヘイトと呼んだわけですが、これももちろん戦前も戦後も同じで、従って彼らを弁護しようとする者は、何とかして彼らが純粋であることを証明しようとするのです。

2016-04-28 22:38:54
山本七平bot @yamamoto7hei

⑨従って五・一五事件の弁護人は始めから終りまで被告の「純粋」のみを強調し、その証拠として前日に神社に参拝した事から褌を取りかえた事まであげています。戦争直後には東条以下の戦時中の指導者達が実は純粋でなかった事が新聞で強調されており、東条氏が家を建てた事が実に強く非難されています。

2016-04-28 23:09:08
山本七平bot @yamamoto7hei

⑩マッカーサー司令部の調査では…彼らの資産は当時の評価で最高が二百万円、最低は七千余円…で、そのうちの多くは相続した遺産であったにもかかわらず、またナチスやファシストの首脳と比べれば、この点でははるかに潔白であったといえると思える状態であったにかかわらず、(続

2016-04-28 23:38:50
山本七平bot @yamamoto7hei

⑪続>これが、彼らが純粋でなかったことの証拠として強く打ち出されております。 この点は、もちろん戦後のキリスト教会でも同じで、純粋であるかないかが、常に、決定的な判定の基準になっています。

2016-04-29 08:09:07
山本七平bot @yamamoto7hei

⑫しかし「行為は言葉である」から「暴力は暴力という思想」であり、この思想と「信教の自由」とは相容れないが故に、キリスト教会内のその「思想」を追及するといった考え方は、私の調べた範囲内では全くありませんし、第一、あるはずもありません。

2016-04-29 08:38:50
山本七平bot @yamamoto7hei

⑬以上のことから、この問題に関する日本教の教義として、次の3点が明らかになったと思います。 1.政治問題における「純粋な人間」による殺害もしくは暴行は、空名の絶対者の委託をうけた「審判者」による告発・判決。 刑の執行と見なされ、従って法律による規制の対象とはならない。

2016-04-29 09:09:11
山本七平bot @yamamoto7hei

⑭従って一見被害者と見られる者も、実は被告であって、刑を執行されたにすぎず、問題は執行の際に逸脱があったかどうかに限られる。

2016-04-29 09:38:51
山本七平bot @yamamoto7hei

⑮2.ただしこの告発・判決・執行は、政治問題に限られる。 宗教上の問題、経済上の問題、個人的倫理的問題では、いかに「純粋な人間の真剣の問いかけ」においても「天誅」は認められず、暴力は通常の暴力事件として処理される。

2016-04-29 10:09:04
山本七平bot @yamamoto7hei

⑯3.上記の行為も、行なった人間がもし「非純粋人」ならば、その行為は「空名の絶対者」の委託をうけたとは認められず、従ってその行為は通常の犯罪として法律によって罰せられる。

2016-04-29 10:38:52
残りを読む(7)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?