ライター・作家・漫画家と税理に関してのお話

実際に手続きしてみないと分からない事もあるし個人での情報収集には限界あるからこういう事にはやっぱりプロが一番頼りになりますね。 SOWさんの税理士さんとのエピソードを中心に構成しました。
経営 法務 作家 税理士 税理 ライター 漫画家
25147view 12コメント
126
きっかけは2013年とあるツイートがRTで回ってきたトコロから
永山薫@マンガ論争編集長 @Kaworu911
初めてライターや作家とかかわった税理士は腰を抜かす。「えーっ! 振込があるまで正確な原稿料がわからないんですか!」「売り掛け、買い掛けって概念ないんですか!」「納品日は原稿渡した日じゃないんですか?
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
そういうことがあるから、作家や漫画家の業務経験のある税理士さんは重宝がられるのよね・・・アタシは初めて確定申告したとき、相談窓口にいいた税理士さんが「名前は言えないけど、結構有名な作家さん」の担当してた方でね、すごくいろいろ丁寧に教えてくれて、おかげですごく助かったよ。>RT
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
「そうなの、作家さんなの? デビューは? 二年目かい。ふむふむ・・・家は、どれくらいのとこ住んでる? ワンルーム? よし、この間取りならこれくらい行ける・・・光熱費は? ああもう、毎月平均最低これくらいっての教えて。よし、ならこれくらいはいけるね!」
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
「本とか買う? マンガでも雑誌でも大丈夫。よしよし・・・なら月最低これくらいはいくね。交通費は? う~ん、これからはスイカでチャージのたびに領収書とっときなさいね。とりあえずこんくらいは行っとこう
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
「いいかい? 君のお仕事ってのはね、何がどうなって、仕事に結びつくか、わかったもんじゃないんだ。だとえボツ原稿だって、業務の一つなんだからね? あと、今は役に立たなくても、あとに役に立つ可能性がゼロじゃない。である以上、必要経費なんだよ」
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
「ネット代や携帯代も、プライベートで使うかもしれないけど、仕事でも使うでしょ? プライベートでなくてもなんとかなるけど、仕事ではなくなるとできなくなるでしょ? ならこれ必要経費なんだよ
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
「いいかい? 税務署の仕事っていうのはね、『取れるだけ取る』、じゃなくて『適正な額を取る』なんだよ。だからね、納税者はとにかく必要かと思ったものは全部申告する。ダメなときはこっちもプロだちゃんとダメっていうよ。一番ダメなのは、言う前に遠慮すること。それが一番不健全な納税なんだよ」
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
「もし違ったとして、税務署が聞きに来ても、いきなり脱税だって罪になんてならない。ちゃんと説明して、その上でダメなら再計算して差額を支払う。それだけ。だからお巡りさんじゃなくて税務署の人が来るんだから」
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
「フリーランスでやっていくって、すごく大変なことだけど、こういうのをちゃんと1つずつこなしていくことも大切だから。頑張ってね!」
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
あの時東村山税務署で出会ったダンディなナイスミドル税理士さんのおことばシリーズ・・・税金作業の一番大切なことをっきちっと教えてもらえた。あの出会いは幸運だったと今でも思う。
葛西伸哉 @kasai_sinya
@sow_LIBRA11 前世紀にデビューした時、まだ勤め人だったため右も左も分からずに申告したら追徴が。その後当分低空飛行だったので自力白色で特に問題もなし。その後、表に名前が出ない仕事で結構な額の臨時収入が来て大ピンチになり、某氏に税理士さんを紹介してもらいました。
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
@kasai_sinya どうしてもあの手の会計仕事は個人じゃ限界ありますものね・・・そらプロ雇わんとやってけないです
野山風一郎@新作開発中 @fnoyama
@sow_libra11 今でも自力申告余裕な程度しか収入がないでござる(T_T)
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
@fnoyama でもあれ、結構忙しいのに、全部自分でやっているって人もいるので、一概にいえないとこありますよ?
シギサワカヤ@「魔法少女は死亡する」発売中 @ktos_tw
その昔どこまでが経費か解らずまごまご相談に行ったら「作家かあ、光熱費や自宅兼仕事場の家賃は按分しなきゃならないけど、ネット代と電話代は全部経費でいいよ、どうせ仕事以外で使わないでしょ!?」って豪快に笑ってくれた税理士さんありがとう確かに本当に仕事関係者としか話すことないやフフ
永山薫@マンガ論争編集長 @Kaworu911
初めてライターや作家とかかわった税理士は腰を抜かす。「えーっ! 振込があるまで正確な原稿料がわからないんですか!」「売り掛け、買い掛けって概念ないんですか!」「納品日は原稿渡した日じゃないんですか?」
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto
@Kaworu911 私や妻も昔税理士さんに言われました。信じられないという顔でした。おはようございます。
鍋島雅治 漫画研究所 @SANNDAIME29
@atsuji_yamamoto @Kaworu911 ボクは出版社からの紹介で既に作家をたくさん持っている税理士さんについたので大丈夫でした。有能な方でしたね。高いけど(笑)
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto
@SANNDAIME29 @Kaworu911 やはりそういう方はそうなるのでしょうね;何よりでした♪ノおはようございます
残りを読む(6)

コメント

じーさん @GAS474 2016年5月5日
創作なんて特別なことができて税務処理ができないのが不思議だなと思ったこともありますが、得手不得手が私とツイート主(漫画家さんたち)と真逆なだけなんですよね。  あと、税務署員との意見が食い違った場合には、税務訴訟として裁判所にどっちが正しいかを決めてもらうことが出来ます。 その場合、刑事訴訟と同じく、税務調査の正当性を証明するのは税務署の仕事です。 (もっとも、刑事訴訟と同じく、裁判所の判断は行政よりになりがちなんですが)
たろ @ne_taro 2016年5月5日
アーケードゲームはOP価格未定発売日未定の状態で予約締め切られるし、価格決まったら1週間ぐらいで入金せんといかんかったりすることあるので当てずっぽうで資金用意しなきゃいかんことも多いんだけど、銀行にそれ言ったら毎回毎回そんなことないやろ考えられんって言われるんだよおんなじ人に。
たろ @ne_taro 2016年5月5日
出版だけが特殊ってことはないと思うんだよね…
ヘルヴォルト @hervort 2016年5月5日
村山税務署で出会ったダンディなナイスミドル税理士さんかっこ良すぎる。コレは惚れますわ
なす @NushHtc 2016年5月5日
どうでもいいことだけど、税理って士つけないで使うの初めて見たな。そんな言葉あるのかな
こぎつね @KogituneJPN 2016年5月5日
NushHtc まー普通は税務って言いますね
Ara.D.Maro @D__AKI 2016年5月5日
つうことは、権利確定主義スルーの毎回現金主義or管理支配基準って?
ならづけ @nara_duke 2016年5月6日
こんな状況で、出版社や編集側は企業として適正な財政処理できてるのかな?
如月 宗一郎 @S_kisaragi 2016年5月6日
そもそも契約(書)自体が…
neologcutter @neologcut_er 2016年5月6日
西原理恵子の「脱税できるかな」(SPA!で連載)は名作だったよね(←ボケ)
狼吼 @wolf_howling 2016年5月7日
経費の領収書とっといて申告しないルーズさと、会社名義で隠蔽して悪質と判断された脱税のマメさは真逆だろうけどな
Kanna☆ケンタウロス @ospf_area0 2016年5月7日
nara_duke 会社側としては誰にいくら払うというのは最初から決めてあるけど、それを毎回伝えたりするシステム(慣習)がないだけなのでは。でもそれってまったくダメなことですよね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする