10周年のSPコンテンツ!
123
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto
以前何度かツイートしてますがマンガ家は廃業しても退職金がありません。その金を自分で積み立てておく小規模企業共済というのがあります。数年ではたかがしれてますが十年単位で続けると何百万かになり、病気とかで困ったとき借りられるし節税対策にもというのは若いころ税理士さんに教わりました。
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

漫画家1959年山口県防府市に生まれる。メタルマックス等ゲームのキャラデザや本の挿絵も。防府高校、中央大学卒(哲学科教育学専攻心理学専修)ツイートが下ネタから形而上まで時にかなり偏りますので付き合いきれんと思われた際はご遠慮なくリムーブ再開何度でもどうぞ。善悪死生観は人により異なりますので一切不干渉で願います。

https://t.co/JAC58hRGnm
星崎真紀@魔法のリノベ全4巻 @hoshizak
私も税理士さんに勧められてずっと加入してます。掛け金丸ごと最大84万控除取れる上に退職金積立られるので、漫画家さんは年金にこれ加えるのオススメです。 掛け金は途中で変えられるので、年収が上下しても安心。 自分の未来は自分で守るのだ! twitter.com/buhii_dayo/sta…
星崎真紀@魔法のリノベ全4巻 @hoshizak

「魔法のリノベ」全4巻発売中! 「家のリノベは人生のリノベでもございます。」https://t.co/sEnxUPkiYz「虎蛇とブー子」「ひみつな奥さん」「新ひみつな奥さん」「ステージママの分際で!」「結婚クッキングBOOK」「Drクージョ危機一髪!!」等、多数電子書籍サイトで配信中

https://t.co/9LXy0BWKwh
赤松 健 @KenAkamatsu
>RT 漫画家先生ご本人の退職金を用意するシステムですね(^^)。私も以前加入していました。
赤松 健 @KenAkamatsu

別冊マガジンにて『UQ HOLDER !』連載中。1968年生まれの漫画家。海城高校・中央大学卒。 代表作に『魔法先生ネギま!』『ラブひな(第25回講談社漫画賞)』など。公益社団法人・日本漫画家協会の常務理事。マンガ図書館Zを運営。

http://t.co/WrZ70K61Pj
赤松 健 @KenAkamatsu
連載が2年以上続きそうで、アシスタントも比較的固定している場合に限り、アシスタント達の退職金を(自然発生的に)用意できる方法があります。実際、赤松スタジオでは「魔法先生ネギま」が終わった時に一旦スタジオを解散し、退職金をレギュラーに400万円ずつ、新人にも150万円支給しました。
赤松 健 @KenAkamatsu
このシステムは保険会社ならどこでも知っています。まずガン保険をアシスタント達全員にかけて、その保険料は漫画スタジオ側が全員分を支払います。その保険料は全額が損金扱いになるので、スタジオの収入から引くことが出来ます。つまり節税になるわけです。アシ代から積立金を引くこともありません。
赤松 健 @KenAkamatsu
それで2年くらい経つと、「節税額」が保険料の総額を上回ります。スタジオに長く勤めれば勤めるほど、退職金はどんどん上がっていき、スタジオの節税効果も上がっていきます。そして退職するとき、保険を解約して退職金として受け取ります。退職金は税率がとても低いので、殆ど全額を受け取れます。
赤松 健 @KenAkamatsu
ネギまの連載9年で、アシスタント達の退職金の総額は2000万円になりました。更にアシスタント本人がガンになったら保険が利きます。先生も加入できます。ただし、2年以上やらないと返戻金が掛け金を下回ってしまいます。また、ある程度売れないと節税自体が実感できず、保険料も負担に感じます。
ぱたぱずお@面会交流調停2回目09/13 @diz108
@KenAkamatsu 貯蓄性の高い保険を、スタジオの経費に出来るのですね。このスタジオとは(有限?株式?)会社を指すのでしょうか? 私は個人事業主をしており(漫画系ではありませんが)勉強のため質問させて頂きました。
赤松 健 @KenAkamatsu
@diz108 これは法人ですね。個人なら、小規模共済や国民年金基金などの方が効率が良いような。
ぴ ろこ @nyan49363765
別にこれ漫画家さんじゃなくて普通の会社でもオススメ。社員になにかあったときには保険おりるし会社的には損金だから節税になるし
くらげ 9/14TGS/CCN第1幕11番Ryu-En @kurage4410
漫画家さんの退職金の話。最近になって職業柄、税金のことを色々学んでいるのだけど、本当に知っているのと知らないのとでは全然違うんだなぁと思いますよ…。とりあえずできることは少しずつやるべき。ふるさと納税もいいよ。
ゆうす湖♨️ジュンク展示9/2~29 @yousko_2nd
漫画家だとかイラストレーターだとか、仕事してお金もらう上では普通に働くのとなんら変わらないし、税金だって健康保険だって払うわけだけど、それ忘れて、普通に働くの嫌だから楽しそうな絵描き仕事目指すみたいな思考パターンの中に、『絵は楽、安くていい』みたいな思想が芽吹く土台がある気がする
頑張れない @idepopver4
漫画家アシスタントの退職金って課税対象なのかな。そのあたりどーなってんのか知りたいけど。
赤松 健 @KenAkamatsu
日本漫画家協会に入ろう! jca.j-comi.jp ★健康保険料が高すぎて嘆いている漫画家さんへ。漫画家協会に入ると加入資格が得られる「文芸美術国民健康保険」を検討してみては。収入に関わらず保険料が均等で、2年目からは人間ドックの補助金が出るなど安心便利。
リンク jca.j-comi.jp 39 users 360 日本漫画家協会に入ろう!

コメント

じーさん @GAS474 2016年5月6日
漫画やイラストの専門学校は、こういったことをカリキュラムで教えているのでしょうか?  漫画の書き方のほかにも、漫画で生活する術も教えた方が良いと思うのですが、認知度の低さからいって、教えていないような気がします。
trueよりも浅い場所 @ibaranika 2016年5月6日
法人のがん保険節税に関してはネギま連載時は、全額損金扱いだったのが、今は1/2の損金となっていますので注意。マイナス金利のせいもあって解約返戻金のある保険は軒並み利率や掛け金の見直しも始まってるようなので、かつてのような節税商品ではなくなってるようです。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2016年5月7日
いろいろ、最新の知識を調べとかなきゃだねぇ
CD @cleardice 2016年5月7日
というか普通の企業だって退職金って普段の利益から積み立てておくもので誰かが会社辞めるとき突然天から降ってきたりはしないんだけどね
夢の夢 @__Y_Y 2016年5月7日
年金もその内なくなるorひと月で生活出来ないほど少額になるだろうから、個人年金の積み立てもおすすめしとく。
T.Nakagawa @nora1962 2016年5月7日
サラリーマンもそうですが住民税は昨年の所得を基準に課税されるので退職・廃業後の課税のための備えが必要です。
テャ。@ゴブスレはいいぞ @hira_tha002 2016年5月8日
個人事業主と法人とでは有効な手段も異なるのよね。 こういう話は儲からない(売れるようになる訳ではない)ので、売れるまでは知ってても意味ないし、売れてからは勉強する時間が無かったりするので難しい。 編集もサラリーマンなので、基本的にそんな話は遠い世界の話なので普通知らないし、同業の他の先生も大抵知らないので、赤松先生みたいな人はとても貴重。 ただ、専門家ではないし、置かれた状況はそれぞれ違うので専門家としっかりと相談するのが大切。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年5月9日
実際に事業をしている人にとってはあたりまえのことだけど「節税策」ってのは本業が儲かっていないとほぼ意味がないので、本業が軌道に乗るまでは余計な出費は極力避けましょう
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする