せんだい月いちワークショップ2016年5月・広田淳一(アマヤドリ)「自分の機能に気づく! ~カラダとコトバのワークショップ in 仙台~」まとめ

せんだい月いちワークショップ2016年5月・広田淳一(アマヤドリ)「自分の機能に気づく! ~カラダとコトバのワークショップ in 仙台~」の実況ツイートまとめです
0
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 広田さんのワークショップ開始しました! まずは自己紹介から。(横山) pic.twitter.com/KOVT1SspDX

2016-05-08 18:11:50
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 今回のWS、高校生から五十代の方まで、幅広い年齢層の方にご参加くださっております。(横山) pic.twitter.com/mr4pwXjTNN

2016-05-08 18:14:48
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 自己紹介も終わり、ウォーミングアップがてら名前を覚えるためのエクササイズを行います。 両隣の人の名前を覚え、リズムに合わせて名前を回してゆきます。(横山) pic.twitter.com/wTsBeJKQF6

2016-05-08 18:21:05
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 今度は名前を呼んだ人の元へタッチをしに向かっていって、その人がタッチされる前に他の人を呼びながら向かってゆくゲームです。 あっという間に場が暖まってます。(横山) pic.twitter.com/BjeBzsOVaf

2016-05-08 18:25:01
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 今度は、「名前を呼ばれるゲーム」です。 輪になっている状態で、名前を呼ばれた人が呼んだ人の元へ歩いてゆき、呼んだ人が今度は誰か他の人に呼ばれて、、、という繰り返し。(横山) pic.twitter.com/KyCBiSkYhG

2016-05-08 18:28:48
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 呼ぶゲームと呼ばれるゲームでの違いって? 「呼ばれる方が落ち着いて取り組めて楽しめた」 「呼ぼうとすると色々と考える情報量が多く、大変だった」 などなど。 (横山)

2016-05-08 18:30:40
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 広田さん「どうだったかをこれからちょいちょい聞いてゆくけど、それによって言葉にしづらいことを言葉にしてゆきたい」(横山)

2016-05-08 18:34:02
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 広田さんは、 自由 空間 コミュニケーション の三本柱でワークショップを考えているとのこと。(横山)

2016-05-08 18:35:15
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 続いては拍手回し。 二人で同時に拍手してゆくのを回してゆく。 なるべく音がずれてゆかないよう心がけて。(横山) pic.twitter.com/GbrqvGclDb

2016-05-08 18:37:35
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 広田さん「どういう時に拍手がずれる?」 「相手のことを見ていなかった時」 「誰が主導権を持っているのかわからなくなってしまった時」 などの返答。(横山)

2016-05-08 18:39:21
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 合間合間で広田さんから様々な言葉が飛びます。 「意識のフォーカスを絞って」 「相手へどのようなオファー(提案)を行うのか」 「相手へのオファーを出す時に、自分がどう見られているのか」 (横山) pic.twitter.com/RjH3WPlyTy

2016-05-08 18:45:41
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 今度は、拍手を回す毎に回数が1~5回の間で増減します。 拍手の回数が変わっても、拍手の音はずれないよう意識して行います。(横山) pic.twitter.com/EfNWQY1Qv9

2016-05-08 18:49:34
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 お次は、同じことを歩きながらで行います。(横山) pic.twitter.com/RSruxAIJbL

2016-05-08 18:53:42
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 回数増減バージョンの歩行版。(横山) pic.twitter.com/PqnOBDZKQn

2016-05-08 18:54:54
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 再び歩かないバージョンで。 見違えるようなスムーズさになりました!(横山) pic.twitter.com/91rVJB8jm5

2016-05-08 18:58:33
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 ふりかえりタイム 「歩いてやったら渦を巻いていゆような感じで大変だったけど、でも、最後の円でやったのが一番難しかった」 それに答えて広田さん「集中の分散をしていったものをぎゅっと収束させて行うのだから、その感覚は全うな感覚だと思う」(横山)

2016-05-08 19:02:35
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 次はジャンプでタイミングを合わせます。(横山) pic.twitter.com/i3iZ8wCt33

2016-05-08 19:04:58
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 ジャンプと拍手で何が違うか? 「前のモーションが入る分、合わせづらくなった」という意見が出た反面、飛ぶ前のモーションが拍手よりもわかりやすくなるため、オファーを受け取りやすくなる人もいるだろうとのこと。(横山)

2016-05-08 19:08:25
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 回すものを数字に変えます。 カウントダウンで回す毎に数字が減ってゆきます。(横山)

2016-05-08 19:10:12
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 広田さん「10の集中力を出そうと思った時に、出せるようにする」「結果としての最大が出せるように」(横山)

2016-05-08 19:14:36
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 すみません、実況者も急遽混じっていたのでしばらくツイートができませんでした。(横山)

2016-05-08 20:01:34
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 この間やっていた内容としては ・一人5ターン持った状態でのカウントアップ ・四人で同時に歩く(1人→5人→1人) ・全員で合図なしで全員で3つ(歩く、走る、止まる)の動作を行う ・流行をつくる です。 細かな内容については、明日の実況にて呟くかと思います。(横山)

2016-05-08 20:05:24
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 続いては、インタビューのワークです。 インタビュアーは相手へ質問し、それに話し手が答えます。 ただし、相手から話の内容が離れていかないようにだけは気を付ける(例:聞き出したスポーツのルールだけ聞く、など)。(横山) pic.twitter.com/xA6qdLqLB7

2016-05-08 20:12:08
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 広田さん「質問の仕方にも色々あるけれど、エクステンド(広げる)とアドバンス(進める)の繰り返しによって話は進んでゆく」(横山) pic.twitter.com/rIQV6e3KRp

2016-05-08 20:18:36
拡大
C.T.T.sendai @cttsendai

【月いち】 広田さん「自分にとってどこが気になるのかを自覚してゆくことと、同時に、相手にとって聞かれたくないことが何なのかをちゃんと感じとることも大事」 「観ている側の聞きたい欲求もそこに絡めてゆくと、話の面白さに繋がる」(横山) pic.twitter.com/gQrpEE2Wgj

2016-05-08 20:21:54
拡大
残りを読む(79)

コメント

C.T.T.sendai @cttsendai 2016年5月10日
まとめを更新しました。
0