ラノベ関係者は今日も仲良し(2016/05/14)

取りとめも無くまとめます。
書籍 ライトノベル 文学
0

 

suzu編集長のひとりごと
ラノベニュースオンライン @lnnews
ラノベニュースオンラインアワード2016年4月刊のアンケート投票開始 - ln-news.com/archives/37042… pic.twitter.com/mvFUdtpQcG
拡大
suzu@ラノベニュースオンライン編集長 @suzuLnews
4月刊アンケートが本日より開始となりました。ふるってご参加ください。
suzu@ラノベニュースオンライン編集長 @suzuLnews
期間がそこそこあるので、投票を焦らなくてもいいですし、一方でそんなに数が読めていなくても、該当するタイトルを読んで、その時に少しでも「感動した」や「笑った」など当てはまると感じたらぜひ投票してみてください。少しでも感情を揺らされた作品なのであれば、それは投票に足るのわけです。
suzu@ラノベニュースオンライン編集長 @suzuLnews
これまでの実施期間を振り返る再投票の機会もありますので、遠慮して投票しないよりは、思い切って投票した方がよいのです!
suzu@ラノベニュースオンライン編集長 @suzuLnews
また今月から年間アワードへのノミネート済作品も一覧に登場してきているので、投票自体は問題ありませんが、選出の対象にはなりません。未選出の作品も含めて、幅広い投票をお待ちしております。
suzu@ラノベニュースオンライン編集長 @suzuLnews
ただ並べただけなんですけど! ずらっと並んだところを見ていただければ! twitter.com/lnnews/status/…
suzu@ラノベニュースオンライン編集長 @suzuLnews
言うても、2016年のまだ4分の1やさかい……(なぜかエセ関西弁)
suzu@ラノベニュースオンライン編集長 @suzuLnews
第一四半期記事の一番下には4月刊投票へのリンクもあるよ!

 
 

書店員さんの一見解
偏りのある書店員 @aiamanos2mayumi
さて、店アカではさすがに愚痴れないしここで失礼します 最近、なろう系のライトノベルが売れてますみたいな煽りがいろんなところで見るようになって、何も知らない人がみれば 確かに売れているんだと思う。そりゃ売れるさ。売れるだろうね。
偏りのある書店員 @aiamanos2mayumi
まずはネットで連載しているから前評判がありや周知がある程度なされている点。普通のラノベが、口コミや書店や出版社のプロモーションで売れていく、半年分くらいの売り上げが最初の1か月くらいに集約されている感じ。 だから、やたら初動がいいみたいな言い方をされる。
偏りのある書店員 @aiamanos2mayumi
だから発売から数か月でぴたって動きが止まる。 そして、続刊がでても5巻以内でどこかで新刊の動きがすごい鈍る。 おそらく、マンネリとほかのなろう系の本にお金を割くようになるから。 だいたい 1巻が一番おもしろいからな。 おそらく、ネットでの連載とは勝手がやっぱ違うんだろうな
偏りのある書店員 @aiamanos2mayumi
この前とある作家が「なろう系はスタートが一緒なだけで行き着くとこは作家によってそれぞれ」みたいなことを言っていたけれども、そりゃ ネットで無料で読めればそれはいいんだろう。ただ、書店員からすればスタートの一緒な部分にお金を払ってもらわないといけない。というところが一番難しい
偏りのある書店員 @aiamanos2mayumi
そして たどり着くところが違うといっても結果的にというところで 一巻を読んだときにその行き先が見えないんだよ。だから続刊を読んだときに終わりに近づいた感がないから飽きられる 読んでる立場として売る側の立場としてお客さんに この続刊の展開が想像できなかったみたいなこということがない
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
RT>結局、売れるお店と売れないお店がある……っていうのが主な理由なのかなーと。立地とか客層とか諸々で。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
今も掲載してるかは分からないけど、数年前のこのライトノベルがすごいに、秋葉原の専門店と某一般書店のライトノベル売り上げランキングが載ってたけど。ランキングに載ってる作品が、これ本当に同じ時期のランキング? ってくらいに違ってた記憶が。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
特に顕著だったのはアニメ化作品で、専門店では最新刊が。一般書店では1巻の売り上げが最高だったらしく。明らかに客層違うんだろうなと。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
自分自身秋葉原にはよく行って、どんな本が売れてるのかなーとのんびり見たりしてるんですが、やっぱり秋葉原のお客さんは新刊を、続刊・新シリーズ問わず買っている印象で、これはタイミングの問題って部分も大きいとは思うけどweb発祥作品の売れ行きが好調だなー、とか。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
じゃあ、それを見てウチでもweb発祥小説仕入れるかーってやってみるとほとんど売れなかったり。これはその小説がどうってより、単純にウチの客層はそういう本を買う人がほとんどいないだけみたいで。実際読んでみるとどれも面白いんですけどねー。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
だからあれです、他所は他所はうちはうち、みたいな感じで自分のお店の客層を見極めて商品拡充してみると売り上げ伸びるよ、伸びたよ! みたいな。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
個人的には小学生ヒロインの作品がとても好きで全体的に平積みしたいけど、客層的にロリが全く売れなくて絶望する……とか、ままある。ありすぎて辛い。でも展開しちゃう。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
あと、単純にお客さんは「ライトノベルありすぎて、なに買えばいいか分からん」な状態なんだろうなと。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
そこに手書きポップを書いて平積みするじゃろ? 売り上げがガチマジで増える。いきなり動き出す。ちょっと引くくらい売り上げ伸びるのじゃ。
K原(DX文庫編集) @honyasannohito
ウチみたいな平台の7割がメディア化か大量入荷した新刊で埋まる小規模店舗だと、アニメ化等してないのに平積みしてる本はそれだけで売り上げが桁違いに伸びたりも。 平積みして表紙が見えるだけでも、宣伝になる感じ。
残りを読む(468)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする