編集可能
2016年5月11日

『きみとダンスを 百合詞華集』まとめ

『きみとダンスを』 オンデマンド/新書版/128頁/2015.4.19発行 18名の執筆者による、百合短歌と百合俳句、そして既存の短歌を百合読みしたショートストーリーを集めたアンソロジー。 頒布終了にともない、執筆者さまによる収録作の再録と、ご感想などのツイートをまとめました。 続きを読む
2
執筆者さまによる作品のWeb再録

鳥葬の前日譚として | ひらたゆう [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56789263

リンク pixiv 「【百合短歌】星ぼしの荒野から【再録】」/「mai」[pixiv] 百合詞華集『きみとダンスを』に収録された分の短歌です。ジェイムズ・ティプトリー・Jrを目指しましたがあえなく挫折。短歌への道のりは長く険しいです……。
リンク skazka.o-oi.net はいからいおんパート2 ナチュラル・ボーン・ウィナーズ ツイッターに書いたりして行き場のなかった文たちを置きます。
リンク note(ノート) 「舞台袖」5句 | 松本てふこ | note 初出/柳川麻衣さん主催の百合詞華集「きみとダンスを」(2015年発行/完売)百合俳句、やってみました。五句。再録をご快諾頂いた柳川さん、ありがとうございました!もっとたくさん書ければ良かったな。----------------------------------------------------------------------------------------------------------リラ冷えの台詞少なき主役かな野外劇あだ名も役も王子なり緞帳に夜露の匂ふ立ち稽古文化祭あなたのための血糊煮
リンク カクヨム - 「書ける、読める、伝えられる」新しい小説投稿サイト 三十振袖(磯崎愛) - カクヨム 柳川麻衣様主宰の百合詞華集「きみとダンスを」に掲載していただいた掌編です。 式子内親王の和歌にインスパイアされた、夢使いの出てくるお話しです。

「三十振袖」/「磯崎愛」の小説 [pixiv] http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6765137

リンク samisii.mamagoto.com はいからいおんパート3 想像力が足りない故に(花山周子) 自分が作ったのでない好きな短歌を好きなように読む用のところ。
リンク note(ノート) 『きみとダンスを』寄稿小説 | 正井 | note 七実が来たのは、働き出して数年、お金も貯まったしとえいやっと一人暮らしを初めて一年目の冬だった。「ひさしぶりー」と玄関先で迎えた七実は、とても美しく装っていた。うすいピンクの唇がつやつやで、おいしい食べ物のようで、見上げながらかな子は、ああちゃんと手入れをしているんやなあと思って、七実が手に下げている小さな花束にも一瞬、気がつかなかった。「ひさびさやね」「ねー! 入って入って」 七実が手に花束を持ったままアンクルブーツを脱ごうとしているので、持とうか、と言って受け取った。小さな花束だったが、紫と白と、薄い
リンク http://mondekind.hatenablog.com/ いつか、パディントン駅で(短歌中心百合アンソロジー・きみとダンスを 寄稿作品) - つきのこども/あぶく。 2015年4月19日発行の百合詞華集「きみとダンスを」(頒布終了)寄稿作品。中山明さんのオンライン歌集ラスト・トレイン の一首の解凍小説を書きました。ちなみに本では一番最後に掲載されていました。実はちょっとした仕掛けを入れたりしてるのですが、結構気づいて頂けたり、ご感想を頂けて嬉しかった記憶があります。 短歌、俳句、イラスト、小説の合計18名によるアンソロジーでした。 主催の柳川麻衣さま、有難うございました。
ご感想など
森村直也<出歩けない隠居> @hpjhal

「きみとダンスを(百合詩華集)」読み始めている。短歌も俳句も読み慣れないのもあるけれど、濃い。一つ一つで止まって考えてしまう。とっぷり浸れる深さ。掌編は最後の短歌が鮮烈。短歌の解釈。この詩からこれだけの、と。 とりあえず読書時間(=昼飯)が終わって…読み終わってないよ!!

2015-05-03 11:58:04
あずみ@北ティア6/12 * あまぶん~7/31 @azumi_kuritani

「きみとダンスを 百合詞華集」あまりの素晴らしさに、もったいなくて、ランダムに1P開いては一行だけ拾い読みして溜息、閉じる、を繰り返してます…。重い。宝石粒。短歌・俳句は、自分の想像力で補う部分が多くて、でもすごく想像を広げてくれる綺麗で強い言葉選びで、好みの百合過ぎて、辛い…

2015-05-07 01:13:31
yen(留守がち) @golden_wheat

そういや東京文フリもう終わったから言うけど「きみとダンスを」は百合俳句が凄かったです。二人いらさるのだけど、事前打ち合わせでもしたんですかと言いたくなるくらいうまくばらけてて、でも勿論どちらもちゃんと百合だという。俳句すごいなーと思った。

2015-05-07 19:11:31
yen(留守がち) @golden_wheat

あと、小説は知ってたけど磯崎さん凄かったです。知ってたけど。磯崎さんの話のあるなしで本の読後感が全然違うんでないかしら。あずみさんのお話は「ワスレナウタ」シリーズを読んでる人の方がびっくりするんでないかなあ。タイトルが好きー。

2015-05-07 19:15:40
yen(留守がち) @golden_wheat

あ、あと正井さんのお話も好きだった!方言女子は方言ネイティヴ(?)にしか書けないので羨ましい……羨ましい……。 #きみとダンスを

2015-05-07 19:50:24
ソントン @sontooooon

文フリの戦利品、『きみとダンスを 百合詞華集』を読みました。短歌・俳句・短文。松本てふこさんの一句、 “文化祭あなたのための血糊煮て” が好きでした。 穂崎円『いつか、パディントン駅で』内に短歌らしきセリフがあって、それがまさに百合って感じで良かった。

2015-05-08 22:13:14
ドーナツハンター正井 @kelmscott_masai

#きみとダンスを 届いてた。平田さんの連作を何度も読んでる。そのたびにぐっと涙がこみ上げる。悲しいとか嬉しいとか、名前のつくような感情をひといきに飛び越えてことばがすとっと入って来る感じ。

2015-05-10 00:27:13
ドーナツハンター正井 @kelmscott_masai

(好きすぎてノートに書き写した)

2015-05-10 00:27:49
ドーナツハンター正井 @kelmscott_masai

解凍小説、自分が書いたからかもしらんけど見られる事、選ばれる事、変身を描いているお話が多い気がして、そのあたりBLを書いたり読んだりするのと(私は)繋がっているなと思う。そういうちっちゃい傷でがしがしになってるんよね鍵と一緒に入れた携帯電話みたいに

2015-05-10 00:36:01
ドーナツハンター正井 @kelmscott_masai

がしがしになったり、そういうがしがしを見ちゃったり気づいたり、するのはしんどいんだけど、『きみとダンスを』を読んでいると何かそこに救いがある気がして。哀れみとか私だけじゃないんだ、っていう安心、じゃなくて「私たちはここにいるよ」って言われた気がする。そういう意味で百合、だと思う

2015-05-10 00:43:21
壬生キヨム @kiyomumibu

ここ数日の心労からそこそこ(気分だけでも)回復したかも……(・w・)というわけで、金沢文フリから購入した本をずっと読めてなかったのですが読んでますよー!柳川麻衣さん(@asa_co)企画の百合詞華集『きみとダンスを』読みましたー! pic.twitter.com/SuD77VrKwQ

2015-05-17 09:26:20
拡大
壬生キヨム @kiyomumibu

短歌中心の百合アンソロジーで、百合をテーマにした短歌・俳句、そして解凍小説が集まっており、私は解凍小説を読んでぼろぼろ泣いたのでした。どれもとても美しいなあ

2015-05-17 09:30:18
壬生キヨム @kiyomumibu

それぞれ気に入った短歌など あくまでも大人は遠く甃はだしのゆびで撫でているだけ(笠木拓) 季節が春から夏に変わる連作。時間が過ぎるということは少しずつでも大人(という瞬間?)になるということなんだなあ

2015-05-17 09:39:32
残りを読む(64)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?