てんたまさんによる、JASRACの仕組みと音楽二次利用事情あれこれ

JASRACだけじゃなくそこにお金を払う施設や音楽出版社や他の著作権管理団体の存在も気にしてみよう!
JASRAC ライブハウス isum
lenchroot 9589view 14コメント
66
ログインして広告を非表示にする
  • てんたま @tentama_go 2016-05-14 23:29:36
    さて、ほとんどJASRAC曲を使わないお店まで包括契約を契約を結ぶのはなぜか、権利者はなぜJASRACを使うのか、元の作曲者に入って来ないお金はどこにいっているのか、そしてJASRACがなくなると本当に音楽利用の風通しはよくなるのかなどのお話をしようと思います
  • てんたま @tentama_go 2016-05-14 23:33:34
    わかりやすいのでライブハウスの例を。このくらいだとJASRACの包括契約は大まかな計算で月150曲くらいで元がとれます。けど、実際にはそれ以下の利用曲数でも契約してる店が少なくないです。これは著作権法などの法の仕組みおよびJASRACの契約システムが関係してきます
  • てんたま @tentama_go 2016-05-14 23:38:56
    ライブハウスは実は曲数に応じたお金をJASRACに支払うこともできます。ただ、著作権法などは事前の許諾を要求しますので、この場合、お店は実際に曲を使う日の5日前までにJASRAC管理曲のどれを使うかを調べ、それを明細として許諾申請を出す必要があるのですね。そしてこれが毎回です
  • てんたま @tentama_go 2016-05-14 23:44:01
    皆様がライブハウスのオーナーで、曲を使う5日前までにその日に使うJASRAC曲を全部調べ上げ、毎回許諾申請書を書く毎日を想像してみて下さい。しかももしもドタキャンの穴埋めしようにも5日前を過ぎていたら代わりのバンドには非JASRAC曲でやってもらうか、穴を開けるしかないわけです
  • Y.FUKUDA 猛白虎 @y_fukuda62 2016-05-14 23:53:04
    @tentama_go しかも、穴を開けて使わなかった曲の使用料も支払う事になるんですね。 現実には、JASRACとの契約内容が「定額をJASRACに払って、JASRAC曲をいくら使っても良い様にしている」ライブハウスもあります。
  • てんたま @tentama_go 2016-05-14 23:56:24
    @y_fukuda62 そうなんですよね>穴を開けて使わなかった曲の使用料も支払う事になる なので客側にも利便性があるからと、おっしゃるように包括契約を結んでいるライブハウスというのが少なくないわけです
  • Y.FUKUDA 猛白虎 @y_fukuda62 2016-05-15 00:01:45
    @tentama_go 包括契約の負担をレギュラー出演者に「レギュラー出演会費」で、分担させる、というのが、私の経験です。 オリジナル曲中心の人と、カバー曲中心の人の区別はなく、同じ金額です。
  • Y.FUKUDA 猛白虎 @y_fukuda62 2016-05-14 23:56:04
    @tentama_go 私の経験では、レギュラー出演の約束をライブハウスとしているメンバーが「レギュラー出演者会費」をライブハウスに納め、その「定額(金額は知りません)」を払うために使用していました。
  • てんたま @tentama_go 2016-05-14 23:49:45
    包括契約だとどうなるか。定額料金以外にも実は「JASRACからは全てに事前許諾が出ている」形になるんですね。当然毎回許諾申請書を書く必要もゼロ。そのためお店はドタキャンの穴埋めのバンドの使う曲を気にしないでいいし、「実際にやった曲を“5日後”までに明細提出」で済むのです
  • てんたま @tentama_go 2016-05-14 23:53:38
    このようにJASRACの包括契約はお店の負担がかなり軽減する仕組みなんですね。そのため、実際の利用曲数は少ないお店までがJASRACと契約を結ぶ形に。テレビやラジオ局などは利用曲数も多いし、事前許諾の申請毎回やってられるわけないので、同じく包括契約を結んでるわけです
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:06:28
    実は利便性がJASRACの大きな武器で、他の団体は「JASRACほどの利便性を利用者や権利者に提供できていない」んです。イーライセンスの「利用者の方へ」を見ると演奏権は徴収できず、放送で使われた分についても制限があることがわかります elicense.co.jp/u/01.html
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:13:58
    初音ミクさんなどのボカロ曲がカラオケに入った際、「非JASRAC曲なので歌われても作曲したPさん達はお金がもらえない」という、ウソのような状態でした。クリプトンの頑張りでPさんにもお金入るようにはなりましたが、今でも業務用通信カラオケではJASRAC以外は店からはお金がとれません
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:18:35
    カラオケでボカロ曲を歌った方は沢山いると思いますが、お金がもらえないのにカラオケに曲を提供して下さった大勢のPの方々に感謝をしてあげて下さい。非JASRACって商業に打って出るにはハンデだらけなんです
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:25:03
    JASRACの包括契約については完全定額だと他の著作権管理団体の参入を妨げるということで独禁法違反となったものの、包括契約そのものが違法とされたわけではないため、現在は他団体の利用分は割り引く形にはなったのですが、結局は利便性の点からJASRACの牙城は崩れてないのです(・・;)
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:28:43
    さて、色んなお店や局が結局はJASRACを利用する理由をお話しましたが、実は作曲者が商業音楽に打って出る上でほぼ通らざるを得なくなる関門がもう一つ存在します。それが音楽出版社と言われるものです。出版というと本を思い浮かべるかもですが、強さは比べ物になりません
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:41:26
    いきものがかりの「ありがとう」。作詞作曲は無信託とありますが、その下に「キューブ」「NHK出版」という出版者がいて、ともに“全信託”となっているのがわるかと。これは音楽出版社を通して作曲者と作詞者が著作権を譲渡してるという意味です www2.jasrac.or.jp/eJwid/main.jsp…
  • JASRAC/作品データベース検索サービス J-WID
    http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/

    このサービスで検索すると、たいていの楽曲の著作権管理状況を調べることができます。

  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:45:21
    以前からお話していますが、本の出版社は作者と著作権の譲渡契約は結ばす、出版権と呼ばれるものだけを認めてもらっています。音楽出版社は出版というものの、作曲家や作詞家と著作権譲渡契約を結び、その上でJASRACに全権委任してるわけで、権利構造は全く異なります
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:52:34
    先日、たまの曲の多くがカラオケで歌えなくなったと騒ぎがありましたよね。その時に残った曲は、実は音楽出版社がJASRACに全信託してる形のものです。そうじゃなくて曲の作曲者や作詞家がJASRACと契約をしている場合、その契約が切れれば曲が使えなくなります。あの騒ぎはそれが理由だと
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 00:59:42
    ところで1000円のCDの売り上げの分配ってご存知でしょうか レコード会社:546 小売:300 原盤制作者:90 作曲家・作詞家:ともに17 音楽出版社:17 アーティスト:9 JASRAC:4 実は権利料的にはJASRACの取り分は多くないんです
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 01:05:16
    それよりも音楽出版社のが持っていってるし、レコード会社にいたっては半分超えてるんですよね。CDの金額でJASRAC叩かれがちですが、実は皆さんの払ったお金は6割以上がレコード会社と原盤制作者に消えています。だからJASRACがもし消えてもCDはほとんど安くならないでしょうね・・
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 01:14:51
    ところで音楽出版社って何をやってるかといいますと、曲のプロモーションや印税の分配などがお仕事。通さない場合プロモーションは自分で行わなければならず、JASRACは実績ない個人との信託契約を結ばないので、通さない場合は非JASRACと合わせ商業的に二重のハンデを背負います・・・
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 01:19:06
    結局のところ、商業に出るには音楽出版社の力が必要になり、ここがJASRACへ全信託をして、結果「曲の元の作者なのにお金払わないと曲が使えない」という、よく耳にする事態が続いてることになります(;´▽`A``
  • てんたま @tentama_go 2016-05-15 01:39:46
    さて、最近聞くようになった「結婚式で自由に曲が使えない」という不満。これもJASRACがやり玉に上がりがちですが、実はちょっと違います。むしろこれは例の「JASRACに払っていません」紅茶店のブログでもあった「JASRACは管理しない著作隣接権」それに絡む話だからです

コメント

  • れんちるーと @lenchroot 2016-05-16 00:24:14
    まとめを更新しました。
  • てんたま @tentama_go 2016-05-16 10:54:08
    一部誤解を生む表現があり、指摘を頂いた分の補足。JASRACとの信託契約に必要な実績は公にどの程度利用されたという基準で「ヒットがなければダメという意味ではありません」。詳しくはここを→ http://www.jasrac.or.jp/contract/trust/condition.html
  • てんたま @tentama_go 2016-05-16 11:00:33
    あと、結婚式場で商業CDから直接流す場合の「原盤作成時に権利処理は済んでいる」は「(CD再生では著作隣接権に絡む複製が行われないため) 原盤作成時の権利処理が済んだままになっている」とお考え下さい。結婚式でCDを流すyための権利処理が原盤作成時に行われているわけではないので・・
  • Dcdcxr @Dcdcxr 2016-05-16 11:50:00
    アーティストが承諾してないのにベストアルバム作られちゃうみたいなのには関連してるのかな?
  • Kanna☆ケンタウロス @ospf_area0 2016-05-16 14:38:33
    Dcdcxr それは原盤権の話かと。アーティストはCD発売時に音楽出版社やレコード会社に原盤権(録音した楽曲の販売等に関する権利)をすべて譲渡しているので、ベストアルバムを勝手に出されても権利上はまったく口出しできないようになっています。←おおまかな話なので、詳しい方フォローお願いします。
  • てんたま @tentama_go 2016-05-16 15:16:23
    Dcdcxr ospf_area0 アーティストは音楽出版社と著作権譲渡契約(そのままJASRACに信託されるアレです)、録音契約(こちらは著作隣接権)といったものを結び、権利を移転してしまってるケースが多いです。そのため、ベストアルバムなどの二次利用に口が出せなくなってるんですよね・・
  • てんたま @tentama_go 2016-05-16 15:27:13
    録音契約ですが、複製権(録音権や録画権も)、送信可能化権、貸与権、権利についての報酬請求権、二次使用料請求権。ほかに私的録音録画補償金請求権などが移転します。これと著作権譲渡契約を合わせることで音楽出版社はアーティストの代わりに利用料を集めることができ、印税として分配してる形です
  • てんたま @tentama_go 2016-05-16 15:30:12
    音楽出版社とアーティストの方が結ぶ契約ってかなり色んな権利を出版社に譲渡してるんです。権利にそれなりに明るくないとお気づきにならないかもしれませんが(・・;)
  • てんたま @tentama_go 2016-05-16 15:36:15
    音楽出版社の主張としては、「アーティストや作曲・作詞家は作品を作ったり歌ったりする方が得意だろうし、曲のプロモーションとか細々した事務はこちらでさせてもらう。なのでそれに必要な権利は全てこちらに渡してくれ。手数料はこちらで引いておくから」こういった辺りと理解して頂いていいかと・・・
  • ハドロン @hadoron1203 2016-05-16 17:09:32
    JASRACは権利者に代わって著作権使用料を徴収してるだけですからね。けど、信託契約結ぶまでがハードル高い。音楽出版社との契約はもちろん著作権使用実績が要る。同人CDではダメだけど、通信カラオケで採用されれば実績が認められるから、カラオケメーカーにリクエスト送るのが一番の近道かも。
  • endersgame @endersgame3 2016-05-18 19:59:38
    J-OPUSがどうなのかを知りたいな。折角作ったのにそんなに申請面倒なのかという。 あと包括でも利用報告しないと結果として権利者に金が行きにくい事になっちゃうんだよなあ。
  • endersgame @endersgame3 2016-05-18 20:18:34
    そもそも制作やプロモーションに金使ってるとこが多く持っていくのは当然なわけで。 「JASRACが介在しなければCDが安くなる」なんて思ってる人いるのかねえ。 「JASRACでなければもっと正しく権利者に配分される・(人によっては)もっと権利料が入る」って考えで引き上げたりイーライセンスその他に移管してる人は多かろうけど。 http://www.jasrac.or.jp/contract/01.pdf http://www.elicense.co.jp/doc/tesuryo.pdf
  • Eimi1003 @Eimi1003 2016-05-20 11:03:44
    洋楽ファンなので、海外の音楽ファンと話する事が多いです。海外でも、JASRACに相当する団体よりも、レコード会社の方への分配が高いですし、海外の音楽ファンも結構それを知っています。JASRACは色々言われている団体ですが、JASRACがなくなったとしても、音楽業界は劇的に変わらないと思いますね。
  • やましよ @kkr8612 2016-05-20 11:13:49
    本の印税が6~10%なのにCDの場合歌手に行くのは0.9%って中々えらい数字やなと思った。

カテゴリーからまとめを探す

「マンガ」に関連するカテゴリー