「愛国戦隊大日本」と「チーム★アメリカ」に感じる「構造的パロディ」の危険性

小林信彦による「構造的パロディの危険性」という問いかけから連想した、「愛国戦隊大日本」や「チーム★アメリカ/ワールドポリス」についての呟きです。
42
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「野球につれてって」 小林信彦による実験的なジョーク小説集「発語訓練」に収録された短編で、戦後の米国による占領が終わらなかった、もう一つの日本を描く。米国ではなくソ連に占領された日本を描く「サモワール・メモワール」と対になった作品。 pic.twitter.com/EbQidm6Ldi

2016-05-17 18:23:33
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「野球につれてって」には、日本文化に詳しくてジョークの好きな情報将校が登場して「米国の占領政策プロパガンダのパロディ」番組を放送するのだが、パロディを理解されず、そのまま受け止められてしまうというエピソードが出て来る明るい「サモワール・メモワール」に比べ、どこか重い作品だった。

2016-05-17 18:27:10
ウディすすむ @woody_susumu

小林信彦に、戦後の米国による占領が終わらなかった、もう一つの世界を描いた「野球につれてって」という短編がある。その中で主人公が呟く「醜悪なプロパガンダのパロディが、醜悪なプロパガンダそのものになってしまうことがあるのではないだろうか?」という言葉が印象的で、ずっと頭に残っている。

2016-05-11 19:58:57
ウディすすむ @woody_susumu

私が「醜悪なプロパガンダのパロディが、醜悪なプロパガンダそのものになってしまう」というフレーズで最初に連想したのは、庵野秀明がアマチュア時代に撮った「愛国戦隊大日本」だった当時SFファンダムで大受けした作品だが、私は後の日本のネトウト的右傾化を予見したような作品だと思っている。

2016-05-11 20:46:57
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「愛国戦隊大日本」 1982年に、アマチュアだった赤井孝美監督、庵野秀明特撮で制作された、後のガイナックスの出発点ともなった実写作品冷戦時代のソ連脅威論を背景にした戦隊ヒーローもののパロディで、愛国戦隊大日本が悪の社会主義と戦うpic.twitter.com/ciXasjXOzq

2016-05-17 18:10:32
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「愛国戦隊大日本」は、庵野秀明によるアマチュアの域を超えた本格的な特撮で、当時のSFファンダムで大人気となったが、「愛国ヒーローが悪の社会主義組織を倒す」ストーリーに「反社会主義的」ではないかとの批判もあり、論争が起きた。どちらかと言えば保守的なスタンスの筒井康隆も批判的だった。

2016-05-17 18:14:48
ウディすすむ @woody_susumu

岡田斗司夫は「愛国戦隊大日本」や「トップをねらえ!」を例に挙げて「構造的パロディは理解されない」と受け手を批判していた。しかし、パロディとは本来、対象への批評だと思うが「構造的パロディ」には、パロディがいつの間にか批評していた筈の対象そのものに転換してしまう危険性があると思う。

2016-05-11 20:53:18
ウディすすむ @woody_susumu

近年ではトレイ・パーカーとマット・ストーンが作った「チーム★アメリカ/ワールドポリス」がアメリカ版「愛国戦隊大日本」みたいな作品だった私にはここに描かれている「リベラルへの憎悪」はジョークというより本気に思え、それまで「サウスパーク」に感じていた違和感の理由が判明した気がした。

2016-05-11 21:06:00
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「チーム★アメリカ/ワールドポリス」 サウスパーク」のクリエイターとして有名なトレイ・パーカーとマット・ストーンによる「サンダーバード風人形劇」の政治風刺映画アメリカの正義を過剰に追求する「チーム★アメリカ」が悪の北朝鮮と戦う。 pic.twitter.com/JCSvPZplyH

2016-05-17 18:18:11
拡大
ブックストア ウディ本舗 @woody_honpo

「チーム★アメリカ/ワールドポリス」は「サウスパーク」と同様に「可愛いキャラクターが過激でブラックなギャグを放つ」作品で、市民を巻き添えにしながらアメリカの正義を信じて戦うチーム★アメリカは、ブッシュ政権を批判しているとも言われたが、共和党支持者はこの作品を無邪気に楽しんでいた。

2016-05-17 18:20:33
ウディすすむ @woody_susumu

右翼のパロディみたいな芸風の鳥肌実が登場し、サブカルチャー界で持て囃された時も、すぐに「醜悪なプロパガンダのパロディが、醜悪なプロパガンダそのものになってしまう」という言葉を連想し、危うさを感じていただから、その後の鳥肌実については「やはり、そうなったのか」という感想しかない。

2016-05-11 21:15:55
ウディすすむ @woody_susumu

「構造的パロディ」とは、例えば軍国主義をパロディにする時「過剰に軍国主義(パロディ対象)に同化しカリカチュアする事で、軍国主義のバカバカしさを暴きだす」という手法なのだが何故かミイラ取りがミイラになるように、いつの間にかパロディ対象に取り込まれ、そのものになってしまう事が多い。

2016-05-11 21:37:34
ウディすすむ @woody_susumu

新著が大評判で、一躍「時の人」みたいになっている人物が「やっぱり庵野の代表作は『愛国戦隊大日本』だと思う」と呟いていたので、以前から気になっていたことを書き留めてみた私は「愛国戦隊大日本」を観て笑っていたSFファンの多くは、あそこから「批評」を読み取ってはいなかったと思うのだ。

2016-05-11 22:05:07
ウディすすむ @woody_susumu

「発語訓練(素晴らしき日本野球)」ってマニアックな短編集だった。この作品集をちゃんと噛み砕いて笑っている読者は少ないのではないだろうか?私は、自信がない。当時の批評も表面的なモノばかりだった。小林信彦本人に、全作品を解題して欲しい。そういうヤボなことは、してくれないだろうけれど。

2016-02-20 08:23:55
ウディすすむ @woody_susumu

小林信彦が、第二世界大戦後に日本がソ連に占領された世界を描いた「サモワール・メモワール」と、アメリカの占領が終わらなかった日本を描いた「野球につれてって」は、セットで読んでこそ価値があるこの連作はSF的な設定だけれどSF小説ではなく、現代日本のカリカチュアであるのがユニークだ。

2016-02-20 07:26:42
ウディすすむ @woody_susumu

「小林信彦の作品の多くが入手困難な状態にあるなんて、この国は本当に滅びるぞ」と、思うのであった。

2016-02-20 07:30:29

コメント

言葉使い @tennteke 2016年5月17日
「醜悪なプロパガンダ」のパロディが?醜悪な「プロパガンダのパロディ」が?
1
言葉使い @tennteke 2016年5月17日
「愛国戦隊大日本」は一話しか作られていないのに、「構造的パロディ」が持つ悪魔的な魅力(?)を心配するほどのものなの?当時批判していた人も、右翼左翼とも素材としての扱われ方に鼻白んだんでしょ?
18
nekosencho @Neko_Sencho 2016年5月17日
パロディとしてではなく本気にしちゃってる人もみかけるからねえ。 そういう人がどのくらいの割合なのかは知らんけど
9
天たくる @ten_tacle 2016年5月17日
あー、数年前にバーホーベンのスターシップトルーパーズをネタに盛り上がってた話題と同じネタかな。
10
天たくる @ten_tacle 2016年5月17日
で、この人達は「愛国戦隊大日本」を見て何を思って、「愛国戦隊大日本」を見て楽しんでいた人達に何をしてほしいのだろう?
8
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年5月17日
イスカーチェリ(Искатель:ソ連/東欧SFファンジン)が当時マジギレしていたという話は聞いたが、今でもマジギレしている人がいるとは意外だった(25号以降を読みたい) http://www.kaibido.jp/iska/iska4.html#NO25
8
nimkanjinno @nimkanjinno 2016年5月17日
そもそも隊員の名前がカミカゼスキヤキゲイシャハラキリテンプラフジヤマの時点で国辱ネタだからな。「どちらかと言えば保守的なスタンスの筒井康隆も批判的だった。」そら保守は批判するだろ。
30
蟻塚叡 @ariariariariah 2016年5月17日
オタキングも言ってたが、大日本って出てる役者に照れがあるからなあ ウインドブレイカー着てるだけの庵野が、一切照れなく運動神経悪いアクションかましてる 帰ってきたウルトラマンのがはるかに本気度が高いと思う
7
AoVA @AoVA 2016年5月17日
cinefuk 愛国戦隊大日本エンディングの掲載誌一覧に「イスカーチェリ」があるぐらいだからこの事例では作品に対する批判もまたカリカチュアの一部として取り込まれているのであった
5
かえでこ @KaedekoSakura 2016年5月17日
マニアや知識人の間だけ回覧するようなチラ裏ならともかく、映画などにするのを想定した場合。ハイコンテクストな文脈をきちんと理解していなければ批判として成立しないパロディは、対象にメッセージが届かないという事なのだから、「危険性がある」というよりも、単に「完成度が低い」のではないかな。
4
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年5月17日
大日本知ってるほどのディープなオタクでネトウヨって見たことないんだが
16
天たくる @ten_tacle 2016年5月18日
大日本が構造ギャグとしては微妙ってのは、作り手がこの手のネタを料理するには技量不足というか、そもそもネタの選出が拙かったというか、突き詰めればこれギャグに使うべきネタじゃないだろって話だと思う。大日本側はあんだけ滅茶苦茶なデフォルメしてやっと戦隊ヒーローっぽくなってるのに、赤側は淡々と事実に即したネタを入れるだけで極悪非道の悪の組織になってしまう。一歩間違えれば真面目に赤を批判しているようにとられてもおかしくない。
8
天たくる @ten_tacle 2016年5月18日
「チーム★アメリカ」のことはよく知らないけど、「チーム★アメリカ」の敵であるらしいリベラルへの憎悪が本気に感じられるってのは同じことで、現実のリベラル勢力()がもうギャグで描くことがすまない危険な存在になってるってだけのことではないのか? 国内の自分達が正義のつもりで内ゲバ起こして悪びれもしないリベラル団体とか、どうギャグとして描いても不快な存在にしかならんだろう。
2
天たくる @ten_tacle 2016年5月18日
じゃあどうしろってに話になったらこういうネタをギャグとして扱うこと自体が間違い、て答えは過激だろうか? まとめ主はそこまで言ってるのか、こういうネタやるにしてももっと上手い方法あるだろって言いたいのかよく分からない。今のままじゃ、これらのネタで対象になってる一方の陣営に肩入れしているだけの、政治的立場で語ってるだけにしか見えないけど。
5
marumushi @marumushi2 2016年5月18日
大日本に悪の幹部として出演後「思想的な作品に出演するつもりはない」としてクレジットNGを出し、顔にボカシを入れさせた大物SF作家の悪口は辞めるんだ
8
marumushi @marumushi2 2016年5月18日
本筋とは関係ないけど、同時進行で製作された「帰りマン」ならともかく、基本メカデザインとナレーション(ロボの操演もやってたらしけど)でしか参加してない大日本を庵野の代表作とする時の人やらも気になるな
12
Ukat.U @t_UJ 2016年5月18日
国防挺身隊は?右にしか曲がらない国防挺身隊には誰も触れてくれないの?
6
言葉使い @tennteke 2016年5月18日
marumushi2 富士山将軍なら大日本側じゃないかな?
5
Ukat.U @t_UJ 2016年5月18日
marumushi2 菅野完さんですね。こういう話の好きそうなクラスタで新刊が話題になってると言うと、とあたりをつけてググってみたらつぶやいてました。
0
まっつん @mazdadesu 2016年5月18日
慰安婦問題と「つくる会」以後の教科書問題を経た今の時代に教科書問題を取り扱った愛国戦隊大日本はどこがギャグになっているのか分からないもんな
5
nimkanjinno @nimkanjinno 2016年5月18日
「マニアや知識人の間だけ回覧するようなチラ裏ならともかく、映画などにするのを想定した場合。」愛国戦隊大日本は、SFオタのためだけに製作された同人映画なんだが。
8
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2016年5月19日
本筋には同意。重箱の隅をつつくと、愛国〜での庵野氏は特撮担当で監督は赤井孝美氏。
3
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2016年5月19日
ニコ動で愛国〜観るとガチのアカ叩き米がついてる。「死ね死ね団のテーマ」も反日だの、中韓や民主党のことかだの書かれてたり。
8
nekosencho @Neko_Sencho 2016年5月19日
この手のジョークやパロディをやめろってわけでもないのだけれど、本気にとっちゃう人はそれなりにいるよね。
2
まんりき @manriki 2016年5月19日
2016年に観賞されることを意図してない30年前の8ミリに多くを求められても困るだろう。
25
まんりき @manriki 2016年5月19日
当時は東西冷戦期で、いくら共産主義が嫌いだろうと資本主義が嫌いだろうと、本気でやりあったら人類が滅亡すると右も左も知ってた時代なんだよ。
19
asada134 @asada1236 2016年5月19日
愛の戦士レインボーマンがアップを始めました
1
言葉使い @tennteke 2016年5月19日
「愛国戦隊大日本」を批判した保守の考えって、「地雷魚さんの宮崎駿「風立ちぬ」評~「貧困の描写」や「苦悩」について」の内容も同じベクトルかな、と思いました。http://togetter.com/li/976971
1
asada134 @asada1236 2016年5月19日
そもそもパロディは批評じゃない
10
天たくる @ten_tacle 2016年5月19日
あ、後で考えたら俺も書き込みもずれてたかな
0
天たくる @ten_tacle 2016年5月19日
当時(wikiによると大日本の完成は82年)の時勢をもっと考えようよ。浅間山荘事件から10年は経つが、日本赤軍は勢いを落としたとはいえ 活動を継続中。ソ連も健在で冷戦は継続中。北朝鮮の拉致はまだ明確化はしてなかったっけ? 当時の赤の脅威は まだ目に見える形で残っていた。大日本以外のフィクションの世界でもソ連は普通に悪の国扱いじゃなかったっけ。 ウォーズマンだって最初はヒール扱いだった。大体何でレッドマンでもシベリアマンでもなくウォーズマン?ソ連=war?
7
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年5月19日
nimkanjinno manriki 冗談のわかる、ハイコンテクストを共有するSFファンだけのために作られた身内ウケのパロディ映画を、まさか30年後に社会や政治批判として使われるとは作り手も苦笑するしかないね。世界は『天使墜落』に近付いているのかな http://njb.virtualave.net/web/item/obi/obi.htm 「SFファンなら反逆せよ! 歌え! 宇宙開発に手を貸せ! もしそれで軌道にたどりつけるのなら、ぼくはお尋ね者のSFファンになろう!」
12
天たくる @ten_tacle 2016年5月19日
当時の大日本を叩いていた人って右傾化を気にしてたの? 上でも保守の筒井康隆なら叩くのは当たる前(なのになんで右傾化を叩いたみたいに誤読を誘発してんの?) って突っ込みも入ってるけど、赤が世界中に破壊と混乱を招いたころガキでよく覚えていない大学生がギャグでそういうネタを使うことに難色示してたんじゃないの?
6
天たくる @ten_tacle 2016年5月19日
当時、紛れもなく赤=悪 扱いだった。そこを赤の表現を丸くして子供番組の悪の組織に収まるようにおとなしくして、逆に正義側を狂った方向に戯画化してバランスとろうとしたのが大日本じゃないのか? 上でも書いたけどこういう本来デリケートなネタをこう料理すること自体の是非はあると思うけど。
10
天たくる @ten_tacle 2016年5月19日
赤=悪の組織という表現は当時自明の理みたいなものだから、そこの表現はポイントではない。対する大日本側をデフォルメして描いたのがあの作品のポイントじゃないのか。
6
天たくる @ten_tacle 2016年5月19日
大日本時からさらに赤は衰退し、今や存在自体がギャグ化しているから、当時を知らない若者が大日本見て妙な感想持つのはおかしくない。だが、当時のこと知ってる筈の人間が、当時の赤の所業や赤への世間への空気が忘れられてるのを良いことに、妙ななんくせつけるのって、よほど感覚がずれているのか、さもなくば政治的な意図を感じざるを得ない。
10
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年5月19日
たけくま氏のTweetにもあるけれど、1980年代は右翼であれ、左翼であれ、若者からは嘲笑の対象だったのです。 t_UJ さんの挙げた『国防挺身隊』と同様、お笑いネタ(不謹慎ジョーク)として消費されていたのだが、 y_arim さんのようなエヴァ世代からは冗談に見えないのか…というショックがある https://twitter.com/kentaro666/status/699092632857763840
16
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年5月19日
不謹慎ジョーク、例えばアネクドートが平井吉夫編「スターリン・ジョーク」として、さらにビアス「悪魔の辞典」(岩波版)が流行ったのもこの時期かな。ゼネラルプロダクツからも販売されていた同人誌『よい子の匪歌集』には、大日本の裏返し『共産戰隊ダイロシアン』が収録されていた。少々完成度が低くても、不謹慎というだけで(ひそひそと)(仲間内だけで)楽しむ文化があったのですよ。
9
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年5月19日
しかし、人類の英知の全てが即時に入手できる巨大コンピュータ・ネットワークに誰でも無償でアクセスできる時代にこんなマヌケな話をしているとはね。30年前世界から眺めると、21世紀人は実に愉快だなあ
7
ハドロン @hadoron1203 2016年5月19日
当時ゲラゲラ笑いながら見てたけどな。あの内容を真面目に受け取るアタマの不自由な人が出てくるとは思わなかった。共産主義も軍国主義もまとめて笑い飛ばす作品やぜ。ネタにマジレスしてどーすんだよ笑。
18
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2016年5月19日
キャプテンアメリカは、公式で赤狩りとかファシスト狩りをしてる時期があったんだぞ パロディで済ませてるだけまだマシなんじゃない?
7
取鳥族ジャーヘッド/CMDR INABANIUS @torijar 2016年5月19日
逆シャアの纏めでも思ったんだけど「当時まともに真意を理解しているオタは殆どいなかったーあ」みたいな煽りはこのご時勢生き証人がなんぼでも出てきて前提覆るから辞めた方がいいんじゃなかろうか
10
王党派土龍 @Noblese_obl1ge 2016年5月19日
言いたいことは分かるがお前の態度が気に入らない プロパガンダが云々とか言ってるのに右翼とかネトウヨとかいってレッテル貼りしてる時点で君自身が恐れていた「ミイラ取りがミイラ」になってるんだよなぁ皮肉だなぁ
13
春待長秋 @n_harumachi 2016年5月19日
ネトウヨ的右傾化とか言い出した辺りでそっ閉じ案件
20
狆猛 @SINTAKE 2016年5月19日
ノイホイなんぞ追っかけてると目が腐るぞ
5
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2016年5月19日
cinefuk イヤ、当時は不謹慎ジョークだったけど今は当時の文脈と乖離してベタに受けとられているという理解だが、俺がそうだと仰るの?
2
(新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2016年5月19日
これかあ >シン・ゴジラの予告編で流れる、土手崩壊のシーン及び、ゴジラの尻尾が家屋をかすめるシーンは、「愛国戦隊大日本」みたいで、まことに庵野っぽくてよろしい。やっぱり庵野の代表作は「愛国戦隊大日本」だと思う。https://twitter.com/noiehoie/status/720927344878166016
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年5月19日
しかしこの議論、いまだと真っ先に「共産趣味」が批判されてしまうだろうけどねえ。
2
(新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2016年5月19日
しかし「日本会議の研究」の中の人、ツッコミどころ満載だなあ。
2
時計じかけのミカン @mkn_inv 2016年5月19日
愛國戦隊大日本と同じ頃、「ツービートはファシズムの兆しだ」と言ってた奴もいたが、30年以上経ってもファシズムになってないのは確かだ。社会主義以外はファシズムだと言うのなら別だが。
2
アレクシィ @alexy0216 2016年5月20日
仮に当時作り手がその意図無しに作っていた大日本が現在プロパガンダ化しているとして、それを問題視されたんじゃなんもできん。後からならなんとでも言えるだろこんなの。
7
ありよし/コアロン @TnrSoft 2016年5月20日
「ペンタゴン」をソ連の「ウォーズ」マンがフルボッコにすることを政治的に結び付けられてもなあ
9
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2016年5月20日
筋が悪い批判が一般化してるんだな… 愛国戦隊大日本が笑いものにしたのは「左右の対立」なので、バブリーだと批判すべきなんだけど、そこに届かずプロパガンダと読む昨今の社会って一体ナンヤネン…
5
ひろ@猫もふ欠乏症 @hiro_h 2016年5月20日
大体、構造的パロディが悪魔的って、弁証法どうすんのさw 恥じるべきは、取り込まれてしまう弱さだと思うぞ。
2
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年5月20日
ten_tacle アメリカは共和党も民主党も大統領選なんかでは対立候補が論戦するのなんて普通だろ。それをリベラルだからアカだ、アカだから内ゲバだってならアメリカは共産主義国家ってことになるな。
1
(新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2016年5月20日
「日本会議の研究」の中の人に、「それ、愛国戦隊大日本じゃなくて、帰ってきたウルトラマンじゃ?」って、誰も教えてあげないのかな?まあいいけどさ https://www.youtube.com/watch?v=zQJU19MBjg0
1
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年5月20日
色々と考えることはあるが、こういう批判で「危険」とされる時の対義の「安全」ってのは、どういう作品なんだろうなあ…とは思ったりはする。
1
ぼにゅそむ(からくち) @yokoshimanaruko 2016年5月20日
パロディはパロディであると見抜ける人でないと(作品を鑑賞するのは)難しい
4
AJE@プリコネR陽性 @Pm2010Aje 2016年5月21日
この種の論法を認めてしまうと、読解力のない輩からの言いがかりから身を守る術がなくなって表現の自由は死ぬんだよね。
4
天たくる @ten_tacle 2016年5月24日
TnrSoft 政治的なんてレベルじゃなくて安易にソ連が「悪い国」の象徴みたいに扱われていた(ことを前提に大日本が作られた)時代があったという話です。ウォーズマン対ペンタゴンにしたって、ウォーズマンは勝利こそしていますがヒール的に描かれていた筈ですが。実況も普通に米ソの代理戦争みたく煽ってませんでしたっけ。
1
黄昏特急(真田太平記ファン) @mty01ef81103a1 2016年11月21日
そういえば、『仮面ライダー』の右翼的パロディ自主制作映画である『ライダー神風』のさらなるパロディにして、 左翼側が喜びそうな内容の、『ライダーヒロシマ』という自主制作映画シリーズもありましたよね。 広島県内にて活動する、BOX MAN FILMというアマチュア映画製作集団が製作し、奥一浩氏が監督を努めた 作品なのですが、こちらの作品は、どのように評価されているのでしょうか(2005年のヒロシマ平和映画祭で、 反戦・反核をテーマにした様々な映画とともに上映されたそうです)。
0
黄昏特急(真田太平記ファン) @mty01ef81103a1 2016年11月21日
(続き) それから、Wikipediaの『ライダーヒロシマ』のページのノートを見ると、「『愛国戦隊大日本』や『ライダー神風』 も右翼をギャグにしていますし、『ライダーヒロシマ』も、平和運動の頑迷さを笑いものにしている面があります」 と書かれていましたが、これについては、どのように思われますでしょうか。
0
村雨カマンベールまみ @murasame753 2016年11月22日
※ここは質問サイトではありません※然るべきサイト(教えて!Goo、Yahoo!知恵袋等)の方が探してる答えに辿り着ける可能性は高まりますし(マルチポストは嫌われるので気を付けてね)、このコメ欄ではなく御本人様のTwitterへリプやDMで失礼が無い様に丁寧なやり方で問い合わせた方が手っ取り早いのではないでしょうか。後はその該当の「よい子の卑歌集」とやらを中古で売ってる店を探したりオークションで落札する方法もあるかと。少しでも自分で調べる努力もしましょう。
0
黄昏特急(真田太平記ファン) @mty01ef81103a1 2016年11月23日
@cinefuk様  『共産戦隊ダイロシアン』についてネットで調べたのですが、ゼネプロから出ていた「よい子の匪歌集」の 「ダイロシアン」のページには、主題歌(『サンバルカン』の主題歌の替え歌である『愛国戦隊大日本』の 主題歌の更なる替え歌)の歌詞とともに、5コマほどのイラストが掲載されていたそうです。
1
黄昏特急(真田太平記ファン) @mty01ef81103a1 2016年11月23日
『国防挺身隊』や『明治天皇宇宙の旅』の安原監督が手掛けた『ライダー神風』は、ここではスルーなのかな。
1
矢野健太郎 @yanoja 2017年2月9日
「赤=悪の組織という表現は当時自明の理」ってどこの世界線の話なんだろう。私の知ってる80年代日本とは違うなあ。
6
廃墟/怖音 @haioku 2017年2月9日
やっぱり僕ら世代がちゃんとしてなかったのが尾を引いてる(;´Д`)すいません
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2017年2月9日
とあるオタクライターが「兵頭新児はガンダムの女子ファンが少ないと言った」と発言を捏造して一大キャンペーンを張ったことがあるんだが、それを思わせる。 「自分たちが正義であるために必要な悪」の捏造。 それが全てだろう。
1
nekotama @nukotama001 2017年2月9日
いま気づいたが、大日本もゼネプロ帰りマンもシンゴジラも予告しか見てない。のーてんきは見たんだけどな。
1
聖夜 @say_ya 2017年2月9日
まあ実際ギレンのあのセリフを書かれたパーカーの生活保護の担当者もいたようですけど「だからガノタは~」とか言われても知ったこっちゃないのです
1
深井龍一郎 @rfukai 2017年2月9日
1982年といえば、「ロシア語で考えるんだ」のセリフで有名な映画「ファイヤーフォックス」が公開された年なんですな。東西冷戦期はスパイもの作品の中ではソ連は格好の敵役として扱われていたわけで、そのジャンル愛好者の中では「ソ連が悪役なのは当然」であってもそれほど不思議じゃないかもしれません。日本製作品は珍しいかな。
2
威岡公平 @Kouhei_Takeoka 2017年2月10日
「読者にはテキストを誤読する権利がある」とは佐藤優さんの言ですが、「誤読したからといって読者が作者に文句を言う権利はない」もまた真実だよなぁ、と思うのです。 付け加えるならば、作者に読者の誤読の責任を問うようなオタクにはオタク名乗るのやめちまえ、と言ってやりたい。
4
神宮寺(エーテル滝川)まこと @jingu77 2017年2月10日
(=-ω-) 大日本作った話、大昔のアニメックに出てたけど。そんな深くはなかったはず。
0
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2017年2月10日
Dam_midorikawa ( ×H×)y-~~もしも日本が弱ければロシアがたちまち攻めてくるー♪
0
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2017年2月10日
( ×H×)y-~~全部平等に相対化出来ない人が見たらこういう感想になるのかもなあ…
0
Chariot @BLACK_RX_24 2017年2月10日
そしてここに「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」も入れよう(提案)
1
ことだま けむりん @kemrin2011 2017年2月10日
赤っていうと全部包括しちゃうんで、ソ連と東ドイツ、あたりに限定したほうがまだわかりやすいんじゃないかな。で、60年代の岡林や高田渡、その後の加川良といった流れを笑い飛ばす、ありていにダサいと感じる程度のものだったと思うけどなぁ。
3
言葉使い @tennteke 2017年2月10日
戦時中までは「アカ」と呼んでいて(戦後も?)「赤」とは微妙にニュアンスを変えていたような気がします。
0
jpnemp @jpnemp 2017年2月10日
「話か聞かせてもらった、貴様ら全員シベリア送りだ」(AA略)もそのうちこんな風に言われるのかなぁ
0
Randolph Carter @RandolphCarter 2017年2月11日
パタリロ!でも007でもゴルゴでも、KGBとかGRUと言えばテンプレ悪役だった時代があったんだよ……
3
AJE@プリコネR陽性 @Pm2010Aje 2017年12月4日
「作品そのものではなく受容のされ方が問題」を認めると、誤解や曲解による言いがかりから作品を守る術が無くなって表現の自由は死ぬ。 要はオタクファンダム批判がしたいんだろうけど、どんな解決をお望みなのだろう。
3
あいうえお @kinoko20202 2017年12月5日
鳥肌実はほんとうに残念なことになってしまった。在特会の街宣に出ていっちゃダメだろ
2
happy_world @happy_world2 2018年1月21日
作品の賛否については様々あって当然と思いますが、私は「愛國戦隊大日本を見て愛國に目覚めました!」って人を見たことがないのですが……
0