『フィクションは重なり合う』感想等まとめ

シノハラユウキ『フィクションは重なり合う』の感想ツイート 及び自分の補足ツイート等のまとめ 目次 ・『フィクションは重なり合う』について 続きを読む
人文
1
『フィクションは重なり合う』について
シノハラユウキ @sakstyle
分析美学・フィクションの哲学で『SHIROBAKO』『キンプリ』などのアニメ評論している本『フィクションは重なり合う』は、COMIC ZINにて販売中です。shop.comiczin.jp/products/detai…
シノハラユウキ @sakstyle
分析美学により『SHIROBAKO』や『キンプリ』に見られるメタいような表現について論じた『フィクションは重なり合う』を冬コミにも持っていきます。後半には、「二次元アイドル比較」も。#C91 d.hatena.ne.jp/sakstyle/20161…
シノハラユウキ @sakstyle
フィクションの哲学とアニメ批評・文芸批評を架橋する! 『SHIROBAKO』や『プリティーリズム』に見られる「分離された虚構世界」とは何か。長編評論「フィクションは重なり合う」と付録「二次元アイドル比較」を収録し、kindle版販売中amazon.co.jp/dp/B01F3FDCPQ/
シノハラユウキ @sakstyle
【宣伝】「フィクションは重なり合う――分離された虚構世界とは何か」目次&冒頭試し読みpdf公開中→drive.google.com/open?id=0B75ur… 5/1文学フリマ東京(於東京流通センター)にて【自動投稿】
シノハラユウキ @sakstyle
【宣伝】「二次元アイドル比較」目次&冒頭試し読みpdf公開中→drive.google.com/open?id=0B75ur… 5/1文学フリマ東京(於東京流通センター)にて【自動投稿】
10月以降にいただいた感想など
ふぇいせっと @facet31
その点で分析哲学は大陸哲学系の(文学的とも言える)厄介なハイコンテクストさを抜きに議論しているのでいいと思う。青山拓央先生の「分析哲学講義」とか良いだろうし。あとは分析美学ベースにアニメ表現を論じたシノハラユウキさんの「フィクションは重なり合う」がとっつきやすいんじゃないかな。
ふぇいせっと @facet31
これですね。kindleで読めるし安い。/ フィクションは重なり合う: 分析美学からアニメ評論へ amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%8…
Sensyuraku @Sensyuraku
『フィクションは重なり合う』読んだ。作中事実・何かの隠喩・メタ表現のいずれでもないけれども、視聴者には物語世界と合一性を持つように思える表現についての話。確かにプリズムジャンプはどれでもない。それと、この考え方を使えばイクニ作品の面白さを解説できる気がする
シノハラユウキ @sakstyle
初期の構想段階では、イクニ作品も念頭に置いていたこともあった
jabrafcu @ja_bra_af_cu
特によかったもの:『分析美学基本論文集』『生成文法の企て』『若い読者のための世界史』『美術の物語』『読んでいない本について堂々と語る方法』『フィクションは重なり合う』
jabrafcu @ja_bra_af_cu
@sakstyle ものごとがより良くわかるようになったという手応えがあった昨年中の数少ない経験のひとつでした
継堀雪見 @tsugihoriyukimi
シノハラユウキさんの『フィクションは重なり合う』を読み進めているけど、『テヅカ・イズ・デッド』の「マンガのおばけ」に対する捌き方が見事だし、分析美学の効能も伝わってくるので良いです
継堀雪見 @tsugihoriyukimi
『フィクションは重なり合う』の前半部を読んで、ようやく「キンプリ」とクリストファー・プリーストのSFに対する向き合い方が掴めた気がしている
Warehouse @Nebulosa807
シノハラユウキ『フィクションは重なり合う』前半部は分析美学の理論と実践という感じで、キンプリやネルリを対象とした評論。そういう学問があるんすね、くらいの距離感だったけど、意外にというかかなり面白かった。フィクションを受容する上で実感するものに近いというか。
Warehouse @Nebulosa807
後半部が二次元アイドルのデータブックになっている謎。
かみん @fearfulicecream
文フリ 「ビンダー」と「psychA」、「フィクションは重なり合う」もゲトっていた。
Fumi @inflorescencia
シノハラユウキ先生より『フィクションは重なり合う 分析美学からアニメ評論へ』をご恵贈頂きました。ありがとうございます!いろいろ落ち着いたら、分析美学とかフィクションの哲学とかも勉強してみたいです。そして後半の二次元アイドル比較は地味にすごい情報量なのでは…。 pic.twitter.com/zp3uuR1lEq
 拡大
fifth @fifthP
Kindleは技術書以外は買えない宗教上の理由のため、読めなかった『フィクションは重なり合う』、ようやく読了。主旨はわかるが、難易度高かったので、文献案内あたりから、改めて読み進めるか…。(積みそうではある…) 【付録が圧倒的な充実度なので、資料価値としてもとてもよかった。
真塚なつき @truetomb
#新着図書 #同人誌 #書籍購入カウンタ アニクリ、PRANK!、アレ、フィクションは重なり合う、阪大SF研、レトリカ、エクリヲ、クリテイア、草獅子、ゆらぎの神話断片集、人工言語友の会、コンテンツマーケティング協会。 pic.twitter.com/lMOfN6lpU1
 拡大
tricken/Muneyuki Takahashi @tricken
ところで分離された虚構世界の話は、『この世界の片隅に』鑑賞中も大いに分析ツールとして使いました。
荻野 @OginoYou
『フィクションは重なり合う』@sakstyle を最初に読んだときはサンホラだ!(信頼できない語り手、分離された虚構世界など)って思ったんだけど、エリザベートも「重なり合う虚構世界」だよなぁ、と思うなど。ルキーニは信頼できない語り手だし、トートの存在の虚構と現実入り混じる感じも。
リンク booklog.jp min2flyさんのレビュー min2flyさんのシノハラユウキ『フィクションは重なり合う: 分析美学からアニメ評論へ [電子書籍]』についてのレビ...
残りを読む(286)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする