2016年5月20日

「自然豊かな田んぼ」はどこへ向かおうとしているのか

オイカワマル@oikawamaru さんの一連のツイートとそれに対するリアクションをまとめました。
8
オイカワ丸 @oikawamaru

とても良い水路。なお地域の満場一致で便利なコンクリ水路への転換が決定している様子。不便なものは少しでも便利に、そして少しでもお金につながるように、それは今のこの世の中では正論ではある。 pic.twitter.com/UMoNGRiviO

2016-05-19 17:22:37
拡大
オイカワ丸 @oikawamaru

ここに限った話ではないけど、よくある展開。「希少種がいるって、別にここにだけいるわけではないのでしょう?」「地域の人がずっと待っていた改修なんですよ?」と言われるともはやなんとも。「風景じゃ食えない」ごもっとも。「将来的な価値なんて誰が保証するんですか?」ああそうですよね。。

2016-05-19 17:27:53
オイカワ丸 @oikawamaru

この水路の風景もこの夏が最後かと思うと悲しい。まあこんなことはここに限らず全国各地で現在進行形で起こっていることだけども。隣の水路もその隣の水路も数年前に改修が終わってピカピカの白いコンクリート。安全に効率よく農業ができているよ。誰だってそっちの方がよいよね。当然だよ。

2016-05-19 17:45:35
おはドジョウ @mushisakana

@oikawamaru それでもなんだか悲しいですよね

2016-05-19 17:48:09
オイカワ丸 @oikawamaru

@mushisakana そうですね、なんだか悲しいと思ってくれる人が今よりももっと増えれば、良いのだと思います。身近な生き物が好きな人を増やしていくことは、遠回りではありますが一つの確実な良い手段でしょう。

2016-05-19 17:50:05
ぼんきち @yotsubato10

@oikawamaru @sekihang_MYBK 圃場整備をした田畑を見て、自然がたくさんあって良いとか言う人がいるので、なんともかんとも、、、、。

2016-05-19 18:06:38
せきはん🚗ぜっしゃか!3巻発売中 @sekihang_MYBK

@yotsubato10 当事者ではない僕たちにはどうすることもできないことが多いですね

2016-05-19 18:07:54
オイカワ丸 @oikawamaru

なんだか生き物がいなくなって残念だな、と思う人を増やすと同時に、生き物が棲んでいる環境を(結果的にでも)守っている人たちに対して、その環境を維持し続けることができるように金銭的な援助を行う枠組みがないことには、どうしようもないのだろうと考えている。

2016-05-19 22:07:52
オイカワ丸 @oikawamaru

ちなみに言えば、身近な生き物がいなくなるのは単に「残念」で済む問題ではない。クロマグロとかニホンウナギとかの激減&価格高騰もそういうところとつながっているのである。それはほんの一例で、身近な生き物がいなくなることは長期的には人類にとって色々な面で大きな損失である。

2016-05-19 22:10:24
オイカワ丸 @oikawamaru

まあでも身近な生き物がいなくなるという損失、というのはやはり金銭的な経済的な文脈ですべて語るべきではないと思う。いなくなったら残念、さびしいというところ。そこが大事なのではなかろうか。昔はいっぱい生き物がいたよ、捕まえて遊んだよ、って楽しそうに語ってるでないか。そういうところ。

2016-05-19 22:14:46
オイカワ丸 @oikawamaru

金銭的な援助、とはようするに税金が主になるわけで、まあそういうのにお金使ってもいいんじゃない、と言う空気が世に出てくるためには、生き物好きを増やさねばならない。と、こう思うわけです。そしてそれは、好きになれ、という形ではなく、かっこいいでしょう?共感する?という形であると良い。

2016-05-19 22:22:25
ラオス活動開始の蟲喰ロトワ(むしくろとわ) 著書「おいしい昆虫記」by おいしい昆虫生活™️ @Mushi_Kurotowa

@oikawamaru 税金を使って水路をコンクリ化したものの、その後整備不良や耕作放棄で使えず、本来の環境も破壊されたような最悪な結末を懸念しています。 単に金銭面で環境保護は開発に勝てない、のではなく開発計画そのものの杜撰さが無駄な環境破壊を招いているような気もしています。

2016-05-20 16:04:14
オイカワ丸 @oikawamaru

@Mushi_Kurotowa 実はそれは現実に起こっています。耕作者が居ないのです。することになっているからする、という部分があるのは事実です。お金も生き物も風景もすべてを失って何も残らないのでは、あまりに悲しいので、なんとかしたいのですが。

2016-05-20 16:12:08
ラオス活動開始の蟲喰ロトワ(むしくろとわ) 著書「おいしい昆虫記」by おいしい昆虫生活™️ @Mushi_Kurotowa

@oikawamaru 耕作放棄地問題が放置されつつ、コンクリ水路が新設される状況はなんとも変です。「長期的に誰も儲からず、儲かるからと破壊された自然がうかばれない」という状況はなんとも子孫に申し訳ないです。

2016-05-20 16:18:28
オイカワ丸 @oikawamaru

@Mushi_Kurotowa まさにその通りです。しかし、以前に話し合いの中で、きれいに改修したら若い人が参入してくれるかもしれない、この汚い水路を改修せずそのままにしておくのは子孫に申し訳ない、という意見を年配の農家と行政担当者から言われたことがあります。

2016-05-20 16:34:42
ラオス活動開始の蟲喰ロトワ(むしくろとわ) 著書「おいしい昆虫記」by おいしい昆虫生活™️ @Mushi_Kurotowa

@oikawamaru そう思うヒトがいてもいいですが、農地に関わる意思決定が年配の農家(とそれに同意するだけの行政)に残ったまま、という意味で、若い人に任せる構造になっていないですね。農地を私的財として守り過ぎ、所有者の意思が過保護で公共の利益を損なっているように見えます。

2016-05-20 16:47:55
オイカワ丸 @oikawamaru

@Mushi_Kurotowa そう思います。農地は私有地で改修には負担金もありますが、事業には多額の税金が使われるわけで、その落としどころは、もっと広い視野をもって決定されるべきと思います。とにもかくにも当事者以外にほとんど興味をもつ人がいない、といのも問題です。

2016-05-20 17:15:02
ドリトル柴田 @shibalabo

水田は稲の生産の場であるので水路をなんとかするしかないと思っています。 twitter.com/oikawamaru/sta…

2016-05-20 17:52:15
オイカワ丸 @oikawamaru

@shibalabo そう思います。なんとかできそうなのはおそらく水路ですね。

2016-05-20 18:01:21
ラオス活動開始の蟲喰ロトワ(むしくろとわ) 著書「おいしい昆虫記」by おいしい昆虫生活™️ @Mushi_Kurotowa

@oikawamaru バランスとしては農家を儲けさせる立場の農協や消費者、販売の側の人がもっと農地の環境保全に興味を持ったほうが健全な気がします。今のバランスだと儲けようとする農家に非当事者がマッタをかけているような構図が多いです。

2016-05-20 18:26:08
マルコ・K @KawanokoI

@oikawamaru 嫁実家の爺さんと議論したことがあります(^^ゞ 昔のままの用水路の方が環境に良いのは解っているけど 半年ごと村をあげての労働奉仕 草刈・土かき 三ちゃん農業の農家にはきつい作業だと・・ なにか良い解決方法は無いものでしょうか・・・

2016-05-20 18:40:45
haino @haino1974

@Mushi_Kurotowa @oikawamaru 改修工事には地元の建設業が関わってて税金で収入を賄いハッピー、その知り合いor親戚筋の農家もハッピーなんて場合も。私有地の農家も初期から関わり、自身の負担金を拠出する覚悟を決めた後だと、旗を翻すのが恥ずかしく思う事も。

2016-05-20 19:26:48
オイカワ丸 @oikawamaru

水田水路は人工的なものだから野生生物の保全の場として挙げるのはいかがなものか、というような意見はしばしば聞くのだけど、そもそも平野部の水田水路地帯は自然の氾濫原湿地を改造したものが多いので、かつてそこにいた生き物が改造後もいるのであれば、居続けられるように努力することに理はある。

2016-05-20 11:03:49
オイカワ丸 @oikawamaru

人間が水田水路をつくったから棲めるようになった、のではなく、人間が氾濫原湿地を水田水路化したあとにも、なんとか頑張って棲んでいた、ということ。いまの水田水路にいる生き物たち、かつて氾濫原湿地にいた生き物たちは、今の水田水路に棲めなくなったら、もう生きる場所がほとんどないのです。

2016-05-20 11:17:21

コメント

空宙花草/八重 @Fl_scaled 2016年5月21日
時系列のままのため一部関連がわかりにくい部分がありますが、後々修正していきます。
0
horizon @over_thehorizon 2016年5月21日
オススメ。「あぜをコンクリートで固めるのは自然破壊ではないか?」→「日本住血吸虫症 地方病でググれ」→ウィキペディアの記事が感動的だった http://togetter.com/li/883236
7
delphinus @Delphin_apterus 2016年5月21日
食料としての米は減反をしている今でも供給過剰気味です。飼料米だけでは収入が乏しいです。米を増産すれば、米価は最悪半分ぐらいまで下がるでしょう。そして、米は捨てられます。豊かな自然がほしいなら、農地の交換をして、耕作していない農地を、湿地帯に戻すのが手っ取り早いのでは?
3
yukiti @yukit5447 2016年5月21日
気持ちだけはわかるが土の水路は維持管理の手間がかかりすぎるし、必要な水の量も増加すると見込まれる。高齢化しつつある農業にとって、こういったインフラの公共事業化は不可欠だし、公共事業化にあたって各々の土地を整理し、また供出しているわけで。
8
yukiti @yukit5447 2016年5月21日
湿地帯に戻せばという意見もありますが、管理されていない、水が流れるままの湿地帯というのは要するに出水地であり、定期的に水底を掘り起こす必要があります。掘り起こさなければ堆積した土砂により増水時そこから水が溢れるとなりかねません。
7
yukiti @yukit5447 2016年5月21日
むしろ人の手がかけられないからこそ河川水路をコンクリート化する必要があるのです。河川に土砂岩石が流れ込まなければ、その量が最小限で済めば最低限維持がかないます。
10
緑川⋈だむ モデルナフルチン @Dam_midorikawa 2016年5月21日
この種の人は自動車工場に電力を送る鉄塔を地中ケーブルに交換したら「鉄塔の景観が失われた」とか言うんだろうか。水田という高度に人間が構築した「勾配ゼロ、必要に応じて自由に水の出し入れを行うことが出来るコメ生産システム」に自然とか天然とか関与する余地は存在しないんだが
4
緑川⋈だむ モデルナフルチン @Dam_midorikawa 2016年5月21日
地方病 (日本住血吸虫症) https://goo.gl/Bj5I8x やはりコレを貼らざるを得まい>ミヤイリガイ対策のために甲府盆地の水路はコンクリート化された
2
茨 二科 @ibaranika 2016年5月21日
ビオトープに金を出すという人が増えればそれで済む話だし、それ以上でもそれ以下でもない。用水路の水にしたってタダで無尽蔵に使えるわけではないのです。大規模耕作に向いてない場所、山間部の圃場なら、作付をしないで水を張っておくだけという選択も将来的には視野にあるでしょうが、しかしそういう場所の圃場は用水路がない場所が多い(ポンプで地下水を組み上げてるところが多数)のです。
8
おばた はじめ @yamamoto1208815 2016年5月21日
それほど強い主張をしてるわけでもないまとめにもうここまで反論が来てるとは…まとめ文中にもある通り、生態環境を改造することで長期的に見てクロマグロ・ウナギの減少のように人間にマイナスになることもあるから改造自体は否定しないけど、慎重に考えるべき、と至極もっともに思えます
5
緑川⋈だむ モデルナフルチン @Dam_midorikawa 2016年5月21日
yamamoto1208815 水田というのは「コメ生産工場」だからそこに自然とか感じる方がおかしい
9
Hornet @one_hornet 2016年5月21日
昔の人が平地を水田にすることで起きた生態系の変化は肯定し、今の人が水路をコンクリ化することで起こる生態系の変化は否定するのが違和感しかない。
1
fatseal @fatseal_WoT 2016年5月21日
このまとめに出てくる農業用水路なら土地改良区の管理下にあってその運営資金は地域の農家が負担している。コンクリ化する部分に関してもその費用は最終的に農家負担となるのだよ。もしコンクリ化を回避したいなら地元の農家を巻き込む形でしかまともな運動にならないのだがね。農家の立場からいえば、普段の維持管理・補修に関わる労力・資金負担を改良反対者が全面的に負担するのであれば別段コンクリ化する必要はない。この手の主張をする輩でそういう具体的な提案をするのを個人的に見たことはないが。
9
Dcdcxr @Dcdcxr 2016年5月22日
都会民がノスタルジーのために金をだしてくれるわけじゃないしね。
1
ooi@n_m @JDSDE214 2016年5月23日
あとまあ、水路と農地の間にある土地の保全な、いわゆる土手、アレコンクリでやると金かかるんで丸太のくいと泥上げでやってはいるんだけど、これがまあ数年もしない内に侵食で崩れるのな、放置しておくと今度は農地を侵食して崩れてしまう、これは土地土地の状況にも寄りけりなんであるが。コンクリならもうチョイ持つんだけど。>どうしても金と手間のトレードオフになる。
0
蓬莱人 @houraijin1981 2016年5月23日
米が過剰だからという意見もあるけど、水田で米以外の作付を進めるためにも、圃場整備事業による水田の汎用化があるのだけどね。農業に対しては、一方で非効率・小規模だから大規模化しろという意見もあるけど、効率化・大規模化には圃場整備は不可欠(日本の整備率は6割程度)。ちょっと古いけど、この資料を見てもらえるとありがたいかな。http://www.maff.go.jp/j/study/kome_sys/11/pdf/data2.pdf
2
蓬莱人 @houraijin1981 2016年5月23日
まあ、日本の米過剰は続いており、4割が減反の状況。言わば「水田過剰」でもある。だからといって、自然の湿地帯に戻すのは無理がある(費用はだれが払うの?しかも、水田は「私有財産」です。)。であるが故に、国内の食料需要(水田での飼料作物の生産・麦類・大豆類生産への切換え)にあわせた農業生産が行われるわけで…。
1
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2016年5月23日
いずれ「自然豊かな団地」「自然豊かな長屋」などのまとめも出てくるのかな
4
蓬莱人 @houraijin1981 2016年5月23日
そのためにも、水田を畑作利用ができるようにする汎用化の圃場整備は必要なのですね(無論、圃場整備においても、簡易整備や環境に配慮した整備事業はありますが)。 また、昨今のTPP等への対応のため、大規模な担い手農家の形成支援のためにも、圃場整備事業は重要であり、推進が加速する可能性があります。
1
蓬莱人 @houraijin1981 2016年5月23日
ただ、個人的には、新規の圃場整備事業は重要と思うのですが、昭和50年代に整備された圃場整備水田(30a区画・汎用化・パイプライン・コンクリ排水路等)の補修・改修、必要に応じた再整備(1ha区画化)もこれからは行う必要があるだろうなあと愚考中。
1
どりドリ@ピコリーノ @d_doridori 2016年5月23日
「自然豊かな田んぼ」という言葉に矛盾を感じない時点で何を言っても話が通じないと思う。
6
Legna @bindweedkc 2016年5月23日
桜の木も、管理者曰く「花がきれいなのは一週間だけで、そのあとは花びら、ガク、毛虫の糞、葉っぱが下に落ち、それらと花見客の捨てたゴミを掃除しないといけない。周りの人は勝手に残してくれというが、当事者は大変だ」というような話があったり。価値があるというなら、問題提起だけでなく、それを支えないといけないよなあ
3
空宙花草/八重 @Fl_scaled 2016年5月25日
おおー初まとめでしたが、意外とコメントがあり驚いています。
0
空宙花草/八重 @Fl_scaled 2016年5月25日
d_doridori まとめ主です。申し訳ないです。私の語彙センスの問題です。「生き物豊かな~」にしようかとも思ったのですが、より耳目を集める表現にしようとしたことが裏目に出たようですね。議論されてる方がたは思われたような愛護思想の持ち主ではないので。他にも愛護関係者と思われているかたのコメントが多く、私のミスリードだったのかも、と反省です。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年5月25日
おいらが中学とか行ってたころから3ちゃん農業だ2ちゃん農業だとか言われてたわけで(2ちゃんねる農業ではない)後継者とか考えると、農家が土地貸し出して大規模業者が農業するしかないような気はするんだよな。あるいはもう農業やめちゃうか。そういったことを考えてでないと、水路がどうこうとか考えてもしょうがない気がするんだよ
3
nekosencho @Neko_Sencho 2016年5月25日
農業やめちゃうなら、用水路なんて整備するだけ無駄だしさ。水路整備した程度で若い人戻ってくるとかたぶんないよ。(おいらの地元は平地にある分はだいたい整備済み)
3
野洲 @say_3a 2016年5月25日
まー、水生生物の生息地という観点もあろうけど、日本においては牛のゲップに次ぐメタンガス発生源でもある訳だしなあ。メタンガス=地球温暖化ガス説が正しいんだとなった場合、郷愁とか呑気なことを言っていられる時期でもない気がするが。
0
空宙花草/八重 @Fl_scaled 2016年5月25日
fatseal_WoT まさしく正論です。 おそらくオイカワマルさんもそうした農家の方々の意見に真っ向から反対することはなかったかと思われます。 問題は多様な(かつ固有な)生物のいる水田という機能が不可逆的に失われることが、将来何世代にわたって後悔がないかをだれも確認できない、ということです。 そうした意味で後継者がきちんと確保されてるのか?という部分が問題点として挙げられているはずです。
1
空宙花草/八重 @Fl_scaled 2016年5月25日
Dam_midorikawaone_hornet 土水路などの中程度に構築された水田環境では、生態系の変化はありましたが、意外に多様な生態系が残存していました。固有種が残っているほどに。また、高度な整備で起こっているのは生態系の変化ではなく消失といえるでしょうね。
1
空宙花草/八重 @Fl_scaled 2016年5月25日
まとめを更新しました。タイトルの「てにおは」間違いと、一部時系列順を修正してコメントの関連を優先しました。
0
やし○ @kkr8612 2016年5月25日
あぜのコンクリート舗装はミヤイリガイとの戦いの歴史ってのもあると言おうとしたら既出だったでござる。
0
ぱんどら @kopandacco 2016年5月26日
コンクリートに代わる環境負荷が低い材料って作れないかなあと素人考えしてみるが、したら蚊とか増えて意味ないのかも知れんな。(中学生程度の考察)
0